悪い愛-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよホジンはヨンスを追い詰めそうですね!
自分をけがさせた犯人として。
でも、ヨンスは素直に罪を認めるでしょうか?

また、ジェヒョクとミニョクの競い合いがはじまりました。
ジェヒョクとソウォンチーム、ミニョクとヨンスチーム。
どちらが勝つのでしょう?

フェアな勝負とはいかないでしょうね。
ファランやヨンスが悪巧みをしてずるいことをしそうな予感が…。
正直者のジェヒョクやソウォンが悔し涙を流すようにならないといいんですが。

そして、ミニョクとヨンスの間に愛が芽生えはじめてる?
この2人の関係が今後どうなるのかも気になります〜。

では、31話から紹介していきますね〜♪

【悪い愛】ネタバレあり

31話

NOYUの屋上で真剣な顔をしてヨンスを待つホジン。
ヨンスがやって来ます。
なぜ技術を盗んだのかと、ホジンはヨンスに問い詰めます。
留学時代にお金がなくて大変だった、技術を盗んでないと、必死に言い訳をするヨンス。
追い詰められるヨンス。そんな言い訳、通用しないわ。

ホジンに尻尾をつかまれて不安でいっぱいのヨンス。
青ざめた顔をし、仕事も上の空です。
やっとホジンが電話に出てくれ、会う約束をします。
ホジンに再び言い訳をはじめるヨンス。
泣き落とそうとしてるの?

タク・セフンを捕まえてほしくないのは、会社で廃棄しなければならない洋服を売ったから。
技術が盗まれたことなど知らないと、あくまでしらを切ります。
納得がいかないホジンですが、ヨンスを警察に突き出すことはやめます。
結局、技術の件はうやむやにしてしまうの?

一方、ジェヒョクとソウォンは新素材開発のために奮闘中。
抗菌作用が不足していて、工房でいろいろ研究してもらうものの、なかなかうまくいきません。

ジェヒョクはソウォンの労をねぎらおうと、高級レストランへ。
メニューを見て、あまりに値段が高いことに驚くソウォン。
ソウォンはステーキを食べて、そのおいしさに再び驚きます。
セーター姿で高級レストランって、ちょっと…。

ソウォンの口にステーキソースがついているのを見たジェヒョクは
ペーパーナプキンで拭いてあげます。
そこに現れたのが、ファラン。
口についた汚れを拭いてあげるシーン、定番ですね!

ファランはソウォンのところに行き、
「アルバイトに高級レストランは分不相応だ」と侮辱します。
その通りだと落ち込むソウォン。
ジェヒョクはファランへの怒りをあらわにし、ソウォンを連れてレストランを出ます。
食べはじめたところだったのに…。高級ステーキが…。

場面変わって、ミニョクは自宅の自分の部屋で、ぬいぐるみを見つめます。
そう、ヨンスと一緒にクレーンゲームでとったぬいぐるみです。
ヨンスとの時間を思い出して、温かい気持ちになるミニョク。
そこにファランが入ってきます。
「ヨンスとは距離を置くように」と、ミニョクに釘を刺します。
ファラン、どこまで過保護なの!

32話

新素材開発に向けて頑張るジェヒョクとソウォン。
ただ、抗菌と通気性の件がなかなかクリアできません。

そんなとき、亡き父が母のダンシルに贈った洋服を目にしたソウォン。
何十年もたっているのにきれいなままであることに驚きます。
その秘密は洋服を収納していた箱にあると気づきます。
箱は沈香で作られたもの。
沈香を新素材の原料のひとつにすればよいとひらめいたのです。
いきなり昔の何十年も前の洋服が…。ちょっと不自然ではありますが。

一方、ミニョクのチームも新素材開発に苦戦中。
ヨンスは、相手チームの状況を探ろうと、ジェヒョクのチームのメンバーであるスホのパソコンを盗み見。「沈香」を発見します。
あたかも自分が気づいたかのように沈香のことをミニョクに話すヨンス。
ヨンスってモラルがなさすぎ! スホも脇が甘いのよね…。

ジェヒョクとソウォンは工房で夕食を食べたあと、焚き木にあたっています。
炭は空気が通ってとても軽いと気づいたソウォン。
しょうゆのかめにも炭が入っていることに気づき、通気性のカギを握るのは炭だと発見します。
さすがソウォン! 次々と解明していく!

場面変わって、副会長室でテソクとソウォンが話しているとき、テソクの携帯に電話が。
ソウォンが携帯の画面を覗くと、「息子」と表示されています。
電話に出たテソクは、「おお、ジェヒョク」と言います。
ソウォンは、ジェヒョクが会長の息子であることを知るのです。
今ごろ?な気もしますが…。

33話

ジェヒョクが会長の息子だと知ったソウォン。
なぜ今まで言ってくれなかったのかと、ジェヒョクに対して怒りと寂しさでいっぱいです。副会長になったジェヒョクに気兼ねしていたのに、実は会長の息子だったなんて。
ジェヒョクがさらに遠いところに行ってしまうようでつらいのです。
日本だったらあまり考えられないけど、韓国ドラマは階級社会だからなぁ。

それ以降、ジェヒョクを避けるソウォン。
そんなソウォンの態度が寂しいジェヒョク…。
あぁ、それほどまでにジェヒョクを好きだったのね。ソウォン…。

そんな中、ミニョクチーム。
ヨンスが盗み見た沈香を新素材にとり入れてみましたが、まだ目標値に達することができませんでした。
焦るミニョク。ジェヒョクチームの状況が気になってしかたありません。

そこで、ヨンスは悪巧み。
ジェヒョクのチームのスホがお金に困っていることを知って、情報を漏らしてくれないかと買収しようとしたのです。
しかし、スホは即答で断ります。
スホ、きっとお金に目がくらんで、情報を流しちゃうんだろうなあと思ってたけど…。
でも、ヨンスも簡単にあきらめないだろうし、油断できないわね。

ジェヒョクが会長の息子だと知ってから落ち込みがちなソウォン。
夜、自宅の庭でぼんやりしていると、紙飛行機がいくつも飛んできました。
紙飛行機にはいろいろな言語で「ごめんなさい」の言葉が書いてあります。
ジェヒョクが作って飛ばしたのです。

なぜ会長の息子であることを言わなかったのか、ジェヒョクはソウォンに誠実に話します。頑なだったソウォンの心が少しずつ溶けていき…。
紙飛行機だなんて甘すぎる〜。

31〜33話の感想

新素材の開発。なかなか決着がつきませんね。
きっとヨンスがまた悪いことをして、ジェヒョク側が負けちゃうのかな…と思うと、ハラハラします〜。
開発のヒントにいくつも気づいているのはソウォンなのに、ヨンスが横取りしちゃうし。
炭の件も横取りされちゃうのかな?

そして、ソウォンはジェヒョクが遠い存在になり、寂しそうですね。
大企業の会長の息子で副会長のジェヒョクと、シングルマザーの自分。
ファランが言う通り、自分とジェヒョクでは釣り合いがとれないという現実がつらいのでしょう。

それで、ジェヒョクに対して冷たい態度をとっちゃいますが、ジェヒョクはブレませんね!
今後もけんかしたり助け合ったりしながら、愛が育まれていくのよね、きっと。

それにしても、ヒロインとライバルの悪女が1人の男性をとり合うのが定番だけど、
このドラマはちょっと違う感じ。
ヨンスはジェヒョクじゃなくて、ミニョクに好意を持ってるし。

いよいよジェヒョクとミニョクの競い合いがどうなるか結果が出そう。
どんな展開になるか、楽しみです〜♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください