悪い愛-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ついにヨンスとミニョクは結婚式を挙げましたね。
あんなに反対していたファランですが、ヨンスに弱みを握られてしまい…。
ミニョクがテソクの子ではなく、パク室長との間にできた子だという秘密。
さすがのファランも、どうすることもできませんでした。

ヨンスはこれで怖いものなしかと言うと、記憶の戻ったホジンがヨンスを追い詰める勢い。ヨンスの過去が少しずつ暴かれていくのでしょう。
ミニョクが知ったら、どうするか楽しみです!

一方、ソウォンとジェヒョクは掲示板につき合っていると投稿され、困った状況に。
2人の仲をテソクに尋ねられますが、ソウォンもジェヒョクも、そんな関係ではないと否定します。
せっかく2人が近づいているのかな…と思っていたのに、どうなっちゃうのでしょう?

では、さっそく52話から紹介していきますね〜♪

【悪い愛】ネタバレあり

52話

すべり台から落ちたハウンを抱き上げ、「ミナ、ミナ」と叫ぶホジン。
そんなホジンを見てソウォンは驚きます。

ハウンを病院で診てもらい、家に帰るソウォンとホジン、ハウン。
幸いハウンは軽症でした。
ソウォンとダンシルに記憶が戻ったことを話すホジン。

記憶が戻ったのは、実は随分前のこと。
タク・セフンを追っているときに何者かに頭を殴られ、記憶をとり戻したのでした。
ホジンはソウォンに「ハウンを自分の子として育ててくれてありがとう」と言います。
そして、ハウンに本当のことを話し、自分の子として育てたいと。
やっぱり頭を殴られたときに、記憶が戻ったのね!

ソウォンにとって、ハウンは大きな存在。
ハウンが大きくなるまでは今のまま、母親でいさせてほしいとホジンに言います。
ホジンもハウンのために納得します。
そうよね、ホジンが父親だと公表すれば、ヨンスが黙っていないだろうし…。

そんな中、新婚旅行から帰ってきたミニョクとヨンス。
テソクやファランと一緒に暮らしはじめます。
2人を優しく迎えるテソクですが、ファランはずっと不機嫌な顔。
ヨンスを嫁として認めたくないのです。
嫁いびりがはじまりそう…。

ホジンの記憶が戻ったのではないかと気が気でないヨンス。
ミニョクにうそをついて、ホジンの家に向かいます。
家の前で2人は会い、ホジンは記憶が戻ったことをヨンスに言います。
「ヨンス姉さんが、ぼくとミナを捨てた」と話すホジン。
ホジンはだいぶ苦しそうね。ヨンスに対する復讐心が大きいみたい。

場面変わって、ジェヒョクと議員の娘が順調そうだと聞いたファラン。
なんとかして縁談を壊そうと考えます。
そんなファランに、ヨンスが提案します。いい案があると。

ヨンスは、ジェヒョクとソウォンがキスをしているように見える写真をファランに渡します。
ファランはその写真をマスコミに流し、2人がつき合っているという記事を出させます。
もうヨンスったら、自分は幸せになったくせに! ジェヒョクとソウォンを邪魔するのね!

記事を見たテソクはソウォンを呼び、ジェヒョクを下宿先から追い出してほしいと頼みます。ソウォンのほうからジェヒョクを突き放してほしいと。
悩むソウォン。

つらい気持ちを忘れようと、ソウォンは工房の社長と居酒屋でお酒を飲みます。
お酒が入って酔っ払ってしまったソウォン。
工房の社長は内緒でジェヒョクを店に呼び…。
工房の社長が出てくると場が和むわ〜。

「ジェヒョクのことが好き。でも、あきらめなきゃいけない、辛い…」と酔って言うソウォン。
そんなソウォンの前にいたのは…。

53話

酔ったソウォンの前に現れたジェヒョク。
ジェヒョクはソウォンに「ぼくも君のことが好きだ」と言います。
やっと自分の気持ちに気づいたのだと。
抱きしめ合う2人。
わあ、やっと思いが通じ合ったわね!

帰宅した2人は庭で話をします。
自分の気持ちに気づかなかったけど、ずっと前からソウォンのことが気になっていた。
それはソウォンのことが好きだったからなんだと話すジェヒョク。
ソウォンも気持ちが通じ合って幸せそう。

一方で、ジェヒョクと釣り合わないと考えるソウォン。
気持ちのまま行動してよいのか迷いもあります。
しかし、ジェヒョクは「ぼくを信じてついてきてほしい」と言います。
ジェヒョク、頼もしいわね!

会長室で。テソクはジェヒョクを呼び、お見合い相手のミヨンに連絡して、誤解を解くように言います。
「ミヨンと結婚する気はない」とはねつけるジェヒョク。
ソウォンが好きだとテソクに告白しようとしますが、邪魔が入って話せません。

そんな中、ヨンスへの復讐心を燃やすホジン。
ファランはホジンを家に招待し、ご馳走を振る舞います。
ホジンが家に来て不安を隠せないヨンス。
ホジンの目つきが変わってきたわね。

場面変わって、ソウォンのパジャマを着て、顔にはパックをし、庭のベンチに座っているダンシル。
すると、ジェヒョクが隣に座り、「好きだ」と言って抱きしめてきます。
驚くダンシル。

そこにソウォンがやって来て、何をしているのか尋ねます。
ソウォンだとばかり思っていたジェヒョク。
抱きしめていたのはダンシルだったとわかり、驚きます。
ダンシルは激怒し…。
ソウォンのパジャマを着てるからって、気づかないなんて…。

54話

ダンシルに2人の仲を知られたジェヒョクとソウォン。
おたがいに思い合っていることを告白してしまいます。
「ぼくがソウォンさんを守る」とダンシルに言うジェヒョク。
驚くダンシルですが、ジェヒョクの熱意に負けます。
いよいよ2人が公認の仲に?

一方、幸せそうな新婚のヨンスとミニョク。
相変わらずファランに冷たくされるヨンスですが、気にしていない様子。
ミニョクは、忙しいヨンスに代わって、ヨンスのスーツケースを片づけてあげようとします。
中にバッグを見つけ、バッグの中を見てみると…。
スーツケースを目につくところに置きっぱなしにしておくなんて、無理が…。

バッグの中には赤ちゃんの超音波写真とキーホルダーが入っていました。
キーホルダーにはジェヒョクとウネの写真が。
ウネのバッグだと気づくミニョク。
ヨンスはなぜ捨てていなかったんだろう? 見られたらまずいのに…。

そこにやって来たヨンス。
ミニョクはヨンスを問い詰めます。
なぜウネのバッグを持っているのか、自分が車でひいたのがジェヒョクの妻だと知っていたのか、知っていてなぜ黙っていたのかと。
ヨンスは、ミニョクのためを思って言わなかったと言い訳をします。
ミニョクはヨンスのことを少しずつ疑いはじめていそうね…。

場面変わって、ダンシルはソウォンとジェヒョクのためにファランに取り入っておこうと、ファランの家を訪れます。
2人が話しているところに帰ってきたのがミニョク。
ミニョクはダンシルを見て、驚きます。
自分が技術を買おうとした店の社長だと気づきます。

ダンシルも帰宅後、ミニョクのことを思い出し、ソウォンに話します。
昔、店に泥棒が入り、荒らされたことがあったが、そのときの犯人はミニョクではないかと疑うソウォンとホジン。ホジンは本格的に調べることに。

一方、ミニョクもタク・セフンから買った技術は実はダンシルから盗んだものだと気づき、大金を渡したことを後悔します。
タク・セフンを捕まえなければとファランと話すミニョク。
ヨンスはそんな2人の話を盗み聞きし、タク・セフンが捕まったらまずいと焦ります。
ヨンスはいつもの盗み聞き…。

会長のテソクから自宅で囲碁をしようと誘われたホジン。
ハウンを連れて会長宅へ訪れます。
会長は急に予定が入ってしまい、ホジンはとりあえず食事をご馳走になることに。

会長宅でハウンとかくれんぼをするホジン。
ハウンはミニョクとヨンスの寝室のクローゼットに隠れます。
ホジンはクローゼットを開けてハウンを見つけます。

クローゼットを閉めようとしたとき、ホジンの目に入ったのがバッグ。
それはホジンがウネにプレンゼントしたバッグでした。
バッグの中を見てみると、ウネのものだとわかるものがいくつか入っています。
驚くホジン…。
ウネのバッグをクローゼットに無造作に置くって、ちょっと無理が…。

52〜54の感想

やっぱりホジンは記憶が回復していたのですね!
ヨンスやハウンを見る目が違うと思っていました…。
そして、ヨンスに復讐をはじめます。

自分が捨てられただけならあきらめもつくものの、2人の子どもまで捨てたのですから、許せるはずがありません。
一方、ヨンスはホジンに追い詰められ、不安の色を隠せません。

ミニョクに認められ、信頼されているホジン。
もっともっとヨンスを追い詰めていくのでしょう。
ヨンスに子どもがいることがわかったら、ミニョクはどんな反応をするでしょうか?
ヨンスのことを心から愛しているようだから、許すのかな??

そして、ジェヒョクもソウォンに告白し、相思相愛になりました!
ダンシルは説得できましたが、テソクやファランを説得するのは難しそう…。
2人がめでたく結ばれる日は来るのでしょうか?

そして、かつて店を荒らしたのがミニョクだとわかりましたね。
ヨンスがウネの事件に関係していることも判明。
少しずつ悪事が明かされていくのでしょう。

次回が楽しみです〜♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください