悪の花-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます。
クルミットです♪
幸せな結婚生活を送るヒソンとジウォンは、一人娘のウナと平凡に暮らしていた。
ただ、ジウォンがなぜかヒソンの両親に嫌らわれるという事実を除いては。
笑顔の裏で隠された過去、刑事のジウォンが知らないヒソンの事。
平凡は生活が終わり、秘密が徐々に明かされて行く。

スポンサーリンク

【悪の花】(ネタバレあり)

悪の花 1話

水に沈む男、手足は縛られ頭から血を流しもがいている。
力尽きてしまう寸前、水に飛び込む女がいた。
男を助け出し、男を見る目は悲しみに歪んでいた。

「教えてやろうか、俺がどんな男か」

その言葉を聞いても女は「自分がすべてを尽くす。大丈夫絶対に離れない」と言わんばかりに男にキスをする。

幸せな2人ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)とチェ・ジウォン(ムン・チェウォ)
朝の忙しい時間にキスを交わしている。
そして、忙しい朝が始まる、娘のウナとヒソンの両親の元に向かう。
可愛い孫を連れて行ったはずなのに、浮かない顔のミジャとマヌ。
息子のヒソンにも冷たい言葉を浴びさせる。
親子関係が冷え切りすぎていて、いきなり怖い

それなのに急な仕事が入ってしまいジウォンは席を外す事になる。
どうやら2人の結婚を良く思っていないようだった。
ジウォンが向かった職場は警察で職務は刑事をしている。

「あなたのような罪を持った人間が警察の嫁と結婚するとはね」というミジャは、何かを含んでいた。

呼び出されて担当した事件は、虐待が疑われるもので父親が12歳の息子を階段から突き落としてケガをさせたというものだった。
この事件は、子供が犯人は父親だといった事で混乱を招く。
父親はもちろん否定するし、母親は「息子は嘘をつくような子ではないと」意見がまとまらない。
その事件を追っているジウォンは、自宅で夫のヒソンが男を監禁しているとも知らずにいた。

スポンサーリンク

悪の花 2話

2人の出会いはコンビニだった。
ジウォンが警察官を目指しながらバイトをしていた時に知り合う。

鏡を見ながら笑顔の練習をするヒソン、幸せそうな顔のレッスンをしている。
この時、ヒソンの表情が怖すぎる。笑顔の後ろにある顔を想像してしまいます

幸せな休日の朝、ヒソンが準備した美味しそうな朝食をみてジウォンも何かをしないとと思い工房の掃除を思いつく。
しかし、工房の地下にはヒソンが拘束している男が監禁されていたのだ。
慌ててジウォンを止めるヒソンだった。
地下に監禁って怖いんですけど、いきなり怖すぎます

次の事件現場は、高齢者の惨殺死体の現場だった。

「連続殺人事件、すべての死体で親指の爪がはがされている」

スポンサーリンク

それは18年前の事件を模倣しているのではないかとジウォンが話す。
これにヒソンが関わってるという事?

地下に監禁していた男は、高校の同級生だった。高校時代ヒソンの名は「ヒョンス」今と名前が違う。
実の父親が人を殺し、それを一緒に手伝ったのだろうとひどいイジメにあっていた。

「俺は父さんと同じだ、同情して欲しいと思っていてもその気持ちを持っていない」

人を痛める事になんの感情も持たないのだ。
サイコパスという事?

ジウォンは、老婆を殺した犯人が介護サービスで被害者からも信頼をおかれていた若い女性だった事にショックを受ける。
殺した理由もそんな事でと思わず言ってしまうような内容だった。

スポンサーリンク

悪の花 3話

時はさかのぼり、金属加工工房で働くヒソンに何かとかまうジウォンは、彼の冷たい態度が気になる。
気になるから誕生日など知りたいのに、彼は「誰に命令されているのか」など人の心からかけ離れた問いかけをする。
ヒソンが冷たすぎる

でも、ジウォンは負けなかった「あなたが好きなんです」そう言うが答えは「二度と来るな」だった。
結婚する前のヒソンとジウォン。

夫婦になり、幸せではあるけれどちょっとした緊張感があるジウォン。
ある日の午前3時半、雷が鳴り響く中隣で寝ていたはずのヒソンがいなかった。
全身黒ずくめの姿で外から帰ってくる、一瞬緊張感が走るがビールを買ってきたと笑顔を見せるヒソンにホッとするのだった。
でも、映像では同じ服装した人が過去にヒソンをいじめた人を刺してたよね。ヒソンじゃないの?

翌日の朝、中華料理屋の社長が殺害された。殺害の手口は恐ろしく残忍で前回起こった殺人と酷似していた。
防犯カメラに映った黒ずくめの男の姿が、昨晩帰ってきたヒソンとそっくりだという事にジウォンが気づく。
似てるよね、でも違うと思いたいよね

ヒソンの工房に監禁されているキム記者の家にジウォンが乗り込む。
連絡がないと心配した会社からの連絡だった。
その部屋には少し前までパソコンの中身を調べていたヒソンがいた。
姿は見えないが、人の痕跡を感じたジウォンは隅々まで探し始める。ヒソンは部屋の外に張り付いて隠れていた。
この場面すごくヒヤヒヤしました。太陽の光加減でヒソンの影が見えたり消えたり・・

何とか切り抜けて家に帰ると、工房でキム記者が拘束を自らといていて、帰ってきたヒソンを襲った。
慌てたヒソンはキム記者の首を絞める、その時ジウォンは自宅に戻ろうとしていた。

スポンサーリンク

悪の花 1話・2話・3話 まとめ

イ・ジュンギさんがすごいサイコパスで怖すぎます!!!
切れ長の目が怖さを倍増していて、作り笑顔の裏にある恐ろしい顔がにじみでてくる時に演技が上手すぎて一旦テレビをオフにしようかと思ったほどでした。
名前を変えて復讐をしようとしているのか、幸せな生活を手に入れようとしているのか今の所全く分かりません。イ・ジュンギさん演じるヒソンは本当にサイコパスなのかな。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください