愛の不時着-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-愛の不時着-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛の不時着

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
一人はぐれて不安なセリを見つけ出してくれたジョンヒョク・・。セリが見つからないと聞いて、必死な表情で駆けだすジョンヒョクに胸キュンしてしまった方も多いはず♪
今回はどんなトキメキシーンを見せてくれるのでしょうか?

今回は5話からお伝えしていきますね♪

スポンサーリンク

    【愛の不時着】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    5話

    はぐれたセリの元にアロマキャンドルも持って、駆けつけたジョンヒョク。
    そのタイミングの良さに「前にもやったことあるんでしょ?ときめいたわ」と話すセリ・・すると「混乱しないように念のために言っておく、僕には結婚を約束した女性がいる」と打ち明けるジョンヒョク。
    政略結婚を受け入れるつもりなんですね~

    混乱なんてしないと強がるセリだが、明らかに動揺した様子。
    そんな2人が家に戻ると、家の前にはダンの姿が・・セリはダンが本物の婚約者だと悟り、ジョンヒョクとともに仕事をしているスパイだから心配ないと、その場を切り抜け、去って行こうとする。
    するとセリの腕を掴み「家はここだろ?戸締りをしっかりしろ。すぐに戻る」と言って、ダンを家まで送るジョンヒョク。
    セリを仕事仲間だとダンは信じているのでしょうか?

    一方、ダン家では母ミョンウンと伯父ミョンソクが、食事を準備して待っていた。
    強引に家に入れられるジョンヒョク・・そこでミョンウンは結婚を催促するような言い方をする。
    その後、ジョンヒョクは実家に戻り、父にダンとの結婚を受け入れる代わりに、あるお願いをしている様子。
    一体どんなお願いをしたのでしょうか?セリのことかな?

    その頃、ジョンヒョクにセリ以外の婚約者がいると知ったヨンエたちは、家に上がり込み、一緒にお酒を飲むことに。
    そこでセリは「ダンとジョンヒョクは政略結婚で、私たちは愛し合っているけど反対されている」と話す・・すると怒り出し、セリの味方をしてくれるヨンエたち。
    ヨンエたちとすっかり仲良しになったようですね~♪

    翌朝に帰ってきたジョンヒョクに「すぐに戻ると言ったのに!」と怒っている様子のセリ。
    するとジョンヒョクは「国際大会の陸上選手メンバーに入れてもらった。ヨーロッパに到着したら行方不明になり、韓国に戻れるよう手配する」と父に頼んできたことを伝える。
    セリのために自分が危険を犯しても構わないという事ですね・・かっこいい♪

    その事を盗聴しているマンボクはチョルガンに報告。
    チョルガンはセリがスパイだという話を疑っているようで、ジョンヒョクの後輩、チスたちを暴行し、セリの正体を暴こうとするも、誰も口を割らない。
    そんなチスらを助けに来るジョンヒョク・・。
    チョルガンのやり方は本当に汚くて、嫌いです・・

    翌朝、平壌にパスポート用写真を撮りに行くジョンヒョクとセリ。
    その道中で突然、停電し、電車が10時間止まることに・・そこで外に出て焚火をたき、暖を取ることに。
    そこで未来が思い描いていたものと違うと失望するから、未来のことは考えないと、兄の死を思い出すジョンヒョク。
    ジョンヒョクは、兄の死が相当辛かったのですね・・

    するとセリは「思い通りに行かなくても、未来について考えてみて。私が去った後、ジョンヒョクさんには幸せになって欲しい」と本心を伝える。
    その後、眠ってしまったセリに毛布を掛け、セリを支えるために傍に座るジョンヒョク・・。
    セリを見つめるジョンヒョクの表情が愛おしそうに見える気がするですが・・

    翌朝、平壌に到着。
    ホテルが指定写真館になっているため、ホテルに向かう2人・・そこでパスポート用写真を撮ったセリは「せっかくだから一緒に撮ろう」とジョンヒョクに提案するも断られ、落ち込んでしまう。
    せっかく出会った2人なんだから、写真撮ればいいのに・・

    そのホテルにはスンジョンも同じ日に到着していた・・すると死んだと韓国で報道されているセリが目の前にいることに驚き、声を掛ける。
    セリの手を取るスンジョン・・そんな2人を目撃するジョンヒョク・・。

    スポンサーリンク

    6話

    スンジョンはセリの手を握ったまま、エレベーターに乗り込む・・すると閉じかけた扉をこじ開けたジョンヒョクが入ってきて、2人の手を離し、スンジョンに殴りかかろうとする。
    ジョンヒョクの行動は、嫉妬の現れだと思うですが・・

    焦ったセリはスンジョンを知人だと紹介し、ジョンヒョクの事は「ボディーガードなの」ととっさに嘘をつく。
    その後、夜7時にホテルのカフェで会う約束をして別れるスンジョンとセリ。

    スンジョンとの関係を聞かれたセリは「私を海外に追いやろうとした兄が、外国籍であるスンジョンと結婚させようとしていた」とお見合い相手だったことをジョンヒョクに打ち明ける。
    家族よりも、地位やお金が大事な兄たち・・悲しいですね・・

    その後、部屋に戻った2人。
    すると「スンジョンが帰国する時に一緒に連れて帰ってもらうのはどう?」「結婚するはずだった人とここで再会するなんて運命じゃない?」と提案するセリ・・
    それを聞いたジョンヒョクは不機嫌そうに、俺たちの関係はどうなんだ!と聞くと「それは偶然でしょ?私と運命になりたいの?」と笑うセリ。
    やっぱりジョンヒョクは、スンジョンに嫉妬してますよね?ww

    部屋を出た2人・・するとジョンヒョクとセリがいると知人から連絡を受けたダンが立っていた。
    「同じ状況が2回起きていることに、怒るべき?」と嫌味を言うダン・・謝るジョンヒョク。その夜、両家で食事をし、結婚の日取りを決めることになったと話すダン。
    ダンは昔からジョンヒョクの事が好きだったようですね・・だからこそ、何としてでもジョンヒョクと結婚したいのでしょう・・

    一方、セヒョンは自分を騙し、お金を奪った詐欺師スンジョンを脅していた。
    するとセリが生きていることを告げると、騙したお金を返さなくていいから、セリを北朝鮮から出すなと指示するセヒョン。
    そこでチョルガンにセリを出すなと依頼するスンジョン・・。
    セヒョン、スンジョン、チョルガン・・何を企んでいるのでしょう・・

    その夜、スンジョンと楽しそうに歩くセリを見かけたジョンヒョクは、2人の後を追い、目の前に現れる。
    スンジョンと別れたセリと共にレストランへ向かうジョンヒョク・・すると窓の外には初雪が・・「韓国では初雪を一緒に見ると恋が叶うと言われているの」と話し、酔ったのかそのままジョンヒョクの肩にもたれかかり、寝てしまうセリ。
    ジョンヒョクとセリは、このまま本当に別れることになるのでしょうか?

    その後、ヨンエたちとお別れをし、チスたちともお別れのピクニックに行くなど、旅立ちの日を前に別れを惜しんでいるセリ。

    セリが出発する当日。
    ジョンヒョクは、グァンボムに空港までセリを送り届けるよう指示し、家の前で別れることに・・「私はきっとあなたに会いたくなると思う」と涙をためるセリ。
    しかしジョンヒョクは「全て忘れて、幸せな生活を送ってほしい」と話す。
    ・・その会話を聞き、涙するマンボクだったが、葛藤しながらもチョルガンに「出発しました」と報告する。
    ジョンヒョクはなぜ空港まで送ってあげないのかな?

    グァンボムの運転する車で空港を目指すセリ・・するとトラックが後ろから煽ってくる。
    必死に逃げるグァンボム・・するとそこにオートバイに乗ったジョンヒョクが現れ、そのトラックに向かって、射撃する。
    どうやらチョルガンの仕業のようですね・・

    その後、トラックにそのまま突っ込み、トラックを炎上させるジョンヒョク・・炎の中、セリの無事を確認しに向かってくるジョンヒョク。
    しかし、その瞬間、セリを狙う銃弾が・・ジョンヒョクはセリを守り、撃たれてしまう・・。

    スポンサーリンク

    愛の不時着 5話・6話 感想

    ジョンヒョクとセリは、お互いに心を開き、惹かれ合っていると思うんですが、やはりいつかは離れ離れになることが分かっているから、お互いの気持ちに蓋をしているのでしょうか?しかし、スンジョンの登場で、ジョンヒョクの嫉妬心が大爆発している気が・・そんなジョンヒョクの姿もまたかっこいいですよね♪ヨンエたちのアイドル的存在なのも頷けますww
    やっと韓国へ帰れるという時、チョルガンの仕業でまたまた命を狙われるセリ・・きっとジョンヒョクはそれが分かっていたから、自分では送らず、何かあった時のためにスタンバイしていたのでしょう。ジョンヒョクの容態は?セリは無事に空港へ行くことが出来るのか?気になりますね!

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください