愛の迷宮-あらすじ-1話-2話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-愛の迷宮-あらすじ-1話-2話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛の迷宮

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ある殺人事件の捜査をすることになったグァンホ。
なかなか犯人が見つからないもどかしさ。
そして、大好きな妻との時間。
サスペンスとラブロマンスの両方が楽しめる本作。
どんどん進んでいくストーリーに目が離せません。

それでは、1話からお伝えしていきますね〜

【愛の迷宮】ネタバレあり

1話

1985年、ファヤン警察署に勤める、グァンホはある殺人事件に遭遇する。
首にストッキングを巻き、皮膚の色が変色していた。
最初から衝撃的な始まりです。
同じ日グァンホは、所長に勧められ、ヨンスクとお見合いをすることになった。
グァンホは一目惚れをした。彼女は後に妻となる女性だった。
2人はお互いに気に入り、その後も連絡を取り合った。
そして数日後、また遺体が発見された。それは、この前と同様の
似たような遺体だった。共通点は、首にストッキング、スカートを履いている女性。
町の不審者は調べたはずなのに、半月も経たずにまた事件が起こってしまった。
新たに何人も取り調べを行なったが、なかなか犯人らしき人物が見つからない。
そして、警察署近くの喫茶店のママが、チュニが戻らないという。
印刷所に行ってからいまだに帰ってこないとソンシクに言った。
しかし、眠そうなソンシクは重要視せず、グァンホにも言わなかった。
ソンシクは、ダメですねーもうちょっとしっかりしなきゃ
ところが、翌日、チュニの遺体が発見されてしまう。
今まで同様の遺体であり、同一犯の疑いがある。
ソンシクは自分の責任を感じ、現場から逃げるように去っていった。
チュニは印刷所に行ってから亡くなったため、印刷所の人に絞り取り調べを行おうと
グァンホは警察署をでた。
すると、すぐ近くの階段で、ソンシクが泣いていた。
グァンホはソンシクに喝をいれ、一緒に印刷所へ行った。
印刷所に行き、当時のチュニの様子を聞いた。チュニは印刷所に好きな男の人がいて一緒に
食事をして帰ったという社員。
グァンホは毎日犯行時刻に現場に行くが何も得られない。
もどかしい警察署のメンバーだった。
場面は変わり…
グァンホとヨンスクの結婚式が行われていた。
暗い事件ばかりじゃやってられませんもんね!
日々デートをしたり、2人は幸せに過ごしていた。
しかし、また事件が起こった。
小さな子どもがいる、母親が殺害された。
彼女は必死に逃げようとしたが、犯人は必死に殺した。
家族はやり場のない悲しみとともに、警察へ犯人を捜すよう、
毎日のように警察署へ訪れた。
グァンホは彼女の帰り道を辿り、一緒にバスを降りた軍人にたどり着いた。
2人は知り合いだったが、特に犯人らしき証拠はなかった。
なかなか見つからず、辛いですね
軍人にも取り調べを行なったが、ダメだった。
犯人が捕まらず落ち込むグァンホ。遺族にも顔向けができない。
半年が経ち、犯人が見つけられないまま、日々過ごしていたグァンホ。
ところが、別の場所でまた同じようなな事件が起こった。
グァンホは、足になにかをみつけ、走り出した。

2話

グァンホは遺体のかかとに、丸い点があることに気づく。
キム先生のところへ行き、今までに亡くなった人のかかとに同じものがなかったか確認すると…
1人目は1つ2人目は2つ…と亡くなる順に数を多くしていることがわかった。
しかし、5人亡くなったはずなのに今回亡くなった人のかかとには6つの点があった。
もっと早くわかりそうですが…30年前だから仕方ないですね
グァンホはもう1人亡くなっている人がどこかにいることがわかり、総動員して探し始める。
聞き込みをしていると、ある女の子たちに合う。彼女たちの犬が行方不明になり、町周辺の犬もいなくなったと…そして彼女たちはある高校生が犯人だという。
その家へいくグァンホ。そこで犬の遺体を見つける。
その高校生チョン・ホヨンを警察に連行し、取り調べを行うと犬は殺したが人は殺していないと言う。グァンホは殴って自白させようとするが班長に止められる。
取り調べ室を出るとき、彼は笑った。
きっと彼が何か知ってそうですね…怪しいです。
グァンホは犯行時間にトンネルに行った。そこで、犯人らしき人物を発見し、
追いかける。しかし、犯人に殴られ、気を失ってしまう。
気を持ち直したグァンホは犯人が逃げた方へいくが、霧がさーっとかかり、
何かおかしいと感じるグァンホ。
車で通ったグァンホの変わりに、昔のグァンホが働くんですね、きっと
そのままファヤン警察署に行くが、そこには見知らぬ人が1人。
パソコンや携帯電話があり、おかしいと思いながらも、ふつうに過ごす。
翌日、警察署のみんながやってくるが、誰も知らないことに驚き、異動の書類を見直し2016という文字に驚愕する。
30年後にきてしまったとわかったグァンホ。
1985年のファヤンは、グァンホをみんなで探していた。
懐中電灯や笛がみつかり、更に血痕が見つかり、ヨンスクは崩れ落ち気を失う。
2016年ファヤン。
チーム長になったソンシクは、グァンホの写真を見つけ、グァンホを息子かと勘違いする。
ソンシクはチーム長になったんですね!夢が叶って良かったです!
グァンホは、ヨンスクと2人で歩いた道を思い出し、家へ向かうが、家はなくなって道路に変わっていた。
トンネルからここへきたことを思い出したグァンホは、トンネルに行けば帰れるかもと思い
トンネルへ行くことにした。

1話-2話 感想

想像以上に面白かったです。
あっとゆーまに見てしまいました。
グァンホの正義感、ヨンスクの彼を支える愛。
30年後の未来に行った後2人が
今後どうなっていくかも見ものですね!
グァンホとソンジェのタッグも楽しみです♪