愛はぽろぽろ-あらすじ-61話-62話-63話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チェリンはウヒョクとパンウルが付き合っていると知っても諦めません。
パンウルにウヒョクの家族に気に入られている自分の姿を見せつけ諦めさせようとしているようです。
さすがのパンウルも自分の育った環境や経歴に自信がなくなり落ち込みます。
そんなパンウルに慰めるサンチョルです。

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

61話

酔ったパンウルを支えて帰るサンチョル。
そこにやってきたウヒョクはなんでそんなに飲ませたのかとサンチョルを怒る。
パンウルは大して飲んでいないからサンチョルを怒るなと言う。
なぜ偉そうにサンチョルを虐めるのかと言う。

ウヒョクはサンチョルに帰るからパンウルを頼むと言う。
パンウルはウヒョクに話があるからサンチョルは帰ってくれと言う。

ウヒョクはパンウルにコーヒーを渡し、なぜ電話に出なかったのかと聞く。
パンウルはチェリンと別れたのだろうと聞く。
ウヒョクは、今はただの部下だと言う。
パンウルはそれならなぜエプロンをしてあなたの家から出て来たのかと聞く。

ウヒョクはなぜ知っているかと聞く。
パンウルはチェリンに渡すものがあって家まで行ったのだと言う。
それになぜチェリンは会長から祖母の形見のブローチをもらったのかと聞く。
ウヒョクは、チェリンがわざとブローチを見せたのかと聞く。
パンウルは会長との会話を偶然聞いたのだと言う。
見せつける機会を待っていたのですよ

パンウルは、私は会長が怖くて会うと気後れするのにチェリンと会長は仲良しだと言う。
惨めな気分になると言う。
あなたと会う前は劣等感なんてなかったと言い、泣くパンウル。
パンウルを抱きしめるウヒョク。

ウヒョクは姉のウギョンとチェリンの伯父が恋人なのだと説明する。
ウヒョクはパンウルに黙っていたから誤解させてしまったようだと言う。
ウヒョクは、チェリンはなぜ君にソースを持って来いと言ったのだろうと言う。
ウヒョクはブローチを渡した時も俺は怒ったと言う。

ウヒョクはパンウルが気分を悪くするのは無理ないけれど、母とチェリンは仲良しだから理解してほしいと言う。
ウヒョクは機嫌が悪かった理由はわかったが、なぜサンチョルと酒を飲むのかと言う。
パンウルは落ち込んでいた時にサンチョルに出くわしたと言う。

ウヒョクは他の男の前では酔った姿を見せるなと言う。
パンウルは焼きもちかと聞く。
ウヒョクは恋人が他の男にもたれているのを見て喜ぶ男はいるかと言う。

サンチョルはパンウルのことを心配して待っていた。
パンウルは誤解だったと言う。
サンチョルはそれなら良かったと言う。

パンウルはサンチョルにいつも感謝していると言う。
私がつらいと思うたびに現れると言う。
無理をして付き合ってくれたのかと聞く。
サンチョルは僕も飲みたかったと言う。
相手に負担をかけない! これがサンチョルの愛です

ウヒョクはチェリンに頼みがあると言う。
母と親しいのはわかるが距離をおいてほしいと言う。

ウヒョクは先週末にパンウルを母に紹介しようと思ったが姉と伯父さんの件で延期したのだと言う。
チェリンはもう紹介するのかと聞く。
ウヒョクは君と母の距離が近いとパンウルに誤解されるかもしれないと言う。
ウヒョクは頼みごとばかりして申し訳ないがもう少し気を配って欲しいと言う。

ヨンスクはヨンモクに尾行され、疑われてからずっと機嫌が悪い。
ヨンモクは謝ったのにこれ以上どうすればいいのかと聞く。
ヨンスクはもう疑わずに尾行もしないと言う念書を書けと言う。
今まで反省文や念書など書いたことがないから嫌だと断るヨンモク。

パンウルはウヒョクにもう料理は習わないのかと聞く。
ウヒョクはパンウルの気を引きたくてやっただけだと言う。
ウヒョクはパンウルに姉に料理を教えてほしいと言う。
姉に料理人を紹介してほしいと頼まれたと言う。
君が適任だし、姉も親しくなれると言う。

ウヒョクはウギョンにパンウルが料理を教えてくれると言う。
ウギョンはパンウルが絶対味覚の持ち主だと聞き喜ぶ。
ヘウォンは家に来て教えるのかと聞く。
ウギョンは私が会社に行ったら母さんが嫌がるだろうと言う。

ウギョンはガンジャに他の人から料理を習うことになったから、その時間は外で好きなことをしていいと言う。
ガンジャは時間が出来て喜ぶ、

パンウルはサンチョルにウヒョクの家に行って料理を教えることを相談する。
サンチョルは行くべきだと言う。
パンウルは口実をつけて訪問するのは気が進まないと言う。
サンチョルは、ウギョン姉さんは色眼鏡で人を見ないから真心をわかってもらえると言う。
確かに! 人の差別はしませんね

パンウルはサンチョルにそう言ってもらって安心したと言う。

パンウルはウヒョクの家に行く。
ウヒョクはパンウルに緊張しなくていいと言う。
パンウルはウギョンとヘウォンに挨拶をする。

さっそく料理を教え始めるパンウル。
パンウルはウギョンに優しく丁寧に指導する。
それを見ていたウヒョクはヘウォンに、パンウルの性格はいいだろうと言う。

料理を終えて帰るパンウル。
パンウルはウヒョクにお姉さんに料理を教えて良かったと言う。
会長の前でも気持ちが少し楽になったと言う。
ウヒョクはそれが俺の狙いだったと言う。

ウヒョクはパンウルに母に挨拶する心の準備はできたかと聞く。
パンウルは100%ではないけれど大丈夫だと言う。
ウヒョクは週末に一緒に俺の家に行こうと言う。

週末ウヒョクはパンウルを連れて来た。
ウギョンはパンウルに今日は料理のレッスンの日ではないと言う。
ウヒョクは俺の好きな人を正式に紹介すると言う。

ヘウォンはパンウルにご主人と死別したのは本当かと聞く。
パンウルははいと答える。
ヘウォンはそれなのにうちの息子と付き合うなんて身の程知らずだと怒鳴る。

62話

ヘウォンはパンウルに身の程知らずだと怒鳴る。
ウヒョクは自分が説明すると言う。
ヘウォンはパンウルにあなたがウヒョクを誘惑したのだろうと言う。
顔を見るだけでムカつくと言う。
ウヒョクは言い過ぎだと怒鳴る。

ヘウォンはウヒョクに頭を冷やせ、チェリンよりこの女がいいのかと言う。
ヘウォンは2人に出て行けと言う。
パンウルは申し訳ありませんと泣きながら出て行く。

ウヒョクはヘウォンにあんな残酷なことを言うなんて信じられないと言う。
母さんを見損なったと言い出て行くウヒョク。

パンウルはウヒョクに家に戻れと言う。
会長はあなたが寡婦の私と交際していると知りショックを受けたはずだと言う。
ウヒョクは今母に何を言っても無駄だと言う。
今は君の気持ちを落ち着かせることが先だと言う。

パンウルは早く帰ったらスンボクたちが心配するから店舗で料理をしてから帰ると言う。
料理をすると元気が出ると言うパンウル。
ウヒョクは一人で大丈夫かと聞く。
パンウルは、私はたくましいと言う。
泣くくせに!

ヘウォンにパンウルが未亡人だと教えたのはヨンスクだった。
ヨンスクはパンウルのことを22歳で夫と死別してその後は地方の厨房で働いて苦労をしていたようだと話していた。

ウギョンは気難しいウヒョクが夫と死別した女性を選ぶなんて信じられないと言う。
ヘウォンはパンウルがしたたかな女だと言う。
ウギョンは、ウヒョクはそれだけ愛しているのかもしれないと言う。
ヘウォンはウギョンに出て行けと言う。

落ち込んでいるパンウルを見かけたサンチョルは会長に会えたかと聞く。
パンウルは会えたけれど、私が夫と死別していることを知っていたと言う。
サンチョルは気分転換に酒でも飲むかと聞く。
パンウルは店舗で気持ちを静めてきたと言う。
サンチョルは屋台に寄ってパンウルのためにおでんを買ってあげる。

帰ってきたパンウルにスンボクはどうだったかと聞く。
パンウルはお茶を飲みながらゆっくり話をしたと言う。
ジヨンは夫が亡くなったことは話したのかと聞く。
パンウルはもう知っていたと言う。

スンボクはウヒョクの母親の人柄がいいようだと言う。
私が向こうの立場ならあなたに会わないと言う。
ドンミンはドンジュンの交際を知った時お母さんは激怒していたと言う。
ジヨンは反対しないウヒョクの母親がおかしいのではないかと言う。

ヘウォンは寝込んでしまった。
お粥を持っていくウヒョク。
ヘウォンはそれを払いのけ、あんな女は嫁にはできないと言う。
裕福でなくてもまともでなければだめだと言う。
ウヒョクは、パンウルはまともな人だと言う。
ヘウォンは母親もいないし、食堂で働いていたのだろうと言う。
そのうえ22歳で夫に死なれて、そんな疫病神と結婚したいのかと言う。
その言葉はひどすぎる

ヘウォンは、ウヒョクにウギョンならともかくあなたがなぜこんなことをするのかと言う。
ウヒョクは初めて胸が高鳴ったのだと言う。
ヘウォンは胸の高鳴りなんてすぐに収まると言う。
ウヒョクは自分も別れるべきだと何十回も考えたと言う。
しかし今パンウルを失ったら一生後悔すると言う。
ヘウォンは私もあなたを止めなければ一生後悔すると言う。

翌日ウヒョクはパンウルを呼び出す。
パンウルは、お母さんはどうかと聞く。
ウヒョクは予想以上にショックを受けたようだと言う。
君には悪いが長期戦になりそうだと言う。

ウヒョクは君には申し訳ないと言う。
反対されると思っていたがまさか追い出されるとは思わなかったと言う。
これからもっとひどい目にあうのでは?

パンウルは、これからは解決策を考えて行こうと言う。
しかしビョルのことはどうしようと言う。
チェリンと義姉が親しいから隠せないだろうと言う。
パンウルは他から聞かされるより、この際打ち明けてはどうかと言う。
ウヒョクは少し考えてみると言う。

ヘウォンはチェリンを呼んだ。
ヘウォンはチェリンにウヒョクとパンウルが付き合っているのを知っていたかと聞く。
チェリンは最近知ったと言う。
ヘウォンは教えてくれれば良かったと言う。
チェリンは会長に知られずに別れさせようと思ったと言う。

チェリンはウヒョクに内緒にしてくれと言われたのだと言う。
ヘウォンは私にも言えずつらかっただろうと言う。

チェリンは何か手を打つべきではないかと聞く。
ヘウォンは今すぐにでも会社から追いだしたいけれど、そうはいかないと言う。
チェリンは心の中で早くクビにしろと思っていた。

サンチョルはパンウルを元気づけるために包丁をプレゼントする。
やっと渡せましたね~

パンウルはその包丁を見て有名な職人のものではないかと驚く。
パンウルは順番待ちでしか買えないと聞いたがいつ注文したのかと聞く。
サンチョルは実は随分前に出来上がっていたと言う。
いつ渡そうか悩んでいて、今がその時だと思ったと言う。

パンウルはとても嬉しいとお礼を言う。
サンチョルは、君は入社した時は夢を持っていたと言う。
パンウルは大勢の人に私の料理を食べてほしかったと言う。
サンチョルはこの包丁で美味しい料理を作って欲しいと言う。

ウヒョクはヘウォンに話をするためにヘウォンの車に乗り込む。
しかしヘウォンはウヒョクに降りろと言う。
ヘウォンはパンウルと別れるまで何も話はしたくないと言う。

63話

ヘウォンと話もできなかったウヒョクを力づけるためにパンウルはウヒョクの好物のカニのスープを作る。
パンウルは私にできることはないだろうかと言う。
ウヒョクは僕だけに集中してくれればいいと言う。

ウヒョクは寝ているヘウォンに話しかける。
母さんを失望させて悪かったと言う。
しかしパンウルと出会ってから毎日が幸せだと言う。
これをいつ伝えられるかとつぶやくウヒョク。

ヘウォンは起きてウヒョクの言葉を聞いていた。

新商品の味付けカルビのプレゼンテーションを行うことになった。
ウヒョクはチームみんなに準備は大丈夫かと聞く。
パンウルは24時間肉を付け込むので今から準備をすると言う。
チェリンが何かやりそうな予感が…

パンウルが肉の下ごしらえをしているところにサンチョルがやってきた。
パンウルはこの包丁のおかげで手首に負担がかからないと言う。
サンチョルは想像以上に喜んでくれて嬉しいと言う。

ウギョンの元夫が店にやってきた。
ウギョンに食事に行こうと言う。
ウギョンは服を買わないなら出て行けと言う。
元夫はウギョンの腕をつかみ強引に連れて行こうとする。

そこにワンが入って来た。
俺の女に何をすると言うワン。

元夫とウギョンとワンは3人で話すことにした。
元夫はワンに職業を聞く。
ウギョンはミュージカルの演出家だと言う。
元夫は聞いたことがないが見込みがあれば投資してやると言う。

ワンはなぜウギョンの店に来たのかと聞く。
元夫は復縁するためだと言う。
ウギョンは馬鹿らしいと言いワンを連れて出て行く。

プレゼンテーションの日。
ウヒョクはパンウルに準備はできたかと聞く。
パンウルは肉を出してくる。
しかし中の肉はパンウルが作ったものではなかった。
やはりチェリンが…

ウヒョクは今から作り直せるかと聞くが、パンウルは24時間漬けこまなければだめだと言う。
ウヒョクはプレゼンテーションの時間を遅らせることができるか調整してみると言う。

パンウルは店舗に電話をする。
店舗に作り置きがあったのでなんとかなりそうだった。

パンウルが駄目になった肉の味見をすると、パイナップルの味が強くなっていた。

プレゼンテーションの時間は2時間遅らせることができた。

サンチョルは肉を届けてくれる業者が事故にあったので自分が取りに行くと言う。
それを聞いていたヘウォンは準備を遅らせたのは肉に問題があったのかと聞く。

ヘウォンはウヒョクにプレゼンテーションの時間を遅らせてまでなぜパンウルをかばうのかと聞く。
ウヒョクは俺の部下だと言う。
ヘウォンは他の部下でもそこまでかばうのかと聞く。
冷静なあなたらしくないと言う。
レベルの低い女と会っているからだと言うヘウォン。

ウヒョクはヘウォンに今はプレゼンテーションが第一だから待っていてくれと言う。

プレゼンテーションが始まった。
ウヒョクがコンセプトを説明し、パンウルが肉を持ってきた。
それを見てチェリンは驚く。
やっぱり!

ウヒョクたちはプレゼンテーションの成功を祝って乾杯する。
パンウルはサンチョルのおかげだと言う。
チェリンはどういう事かと聞く。
パンウルは実は肉に問題があって、店舗の肉をサンチョルが持って来てくれたのだと言う。

ウヒョクはパンウルに下味の計量ミスかと聞く。
パンウルは何度も計ったから間違いではないと言う。
誰かがパイナップルを追加していれたとしか考えられないと言う。
チェリンは誰がそんなことをするのかと言う。
ウヒョクはサンチョルに明日防犯カメラを確認してくれと言う。
平気な顔をしているという事は防犯カメラに細工をしたのでしょうね

ヘウォンはウヒョクにお願いだからパンウルと別れてくれと言う。
ウヒョクは心臓移植を受けられて俺は幸運だと思ったと言う。
だから一生懸命に生きてきたが幸せではなかったと言う。
しかしパンウルを愛してからは朝、目が覚めるのが楽しいし、一緒にいると胸が熱くなると言う。
俺の幸せを望んでいるなら俺のために折れてほしいと言う。
偏見を持たずにパンウルを見てほしいと言う。

ヘウォンは今日の出来事を見ただろうと言う。
あなただけでなくパンウルに会社が振り回されていると言う。
ウヒョクは、パンウルは悪くないと言う。
ヘウォンは名前を聞くのも嫌だと言う。

サンチョルは防犯カメラを調べるがパンウル以外の人は映っていなかった。
警備室の男が買収された?

サンチョルは研究室に落ちていたピアスを見つけた。
サンチョルはパンウルにこのピアスは君のものかと聞く。
パンウルは私には派手だと言う。
そこにやってきたチェリンはサンチョルが持っていたピアスを見て私の物だと言う。
サンチョルは研究室に落ちていたと言う。

61~63話感想

チェリンがパンウルの料理に細工をするのはこれで何度目でしょうね。懲りない人です。
想像通りヘウォンはパンウルを認めません。認めないどころか完全に見下しています。これで会社の会長が務まるのでしょうか。だから財閥は駄目なのですよ。ビョルのことを知ったらどんなことになるでしょう。
ビョルが傷つかないことを祈ります。

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください