愛はぽろぽろ-あらすじ-82話-83話-84話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-82話-83話-84話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヘウォンのせいでビョルは夢でもうなされ、トラウマになってしまいました。ヘウォンは、パンウルは嫁にしてもいいがビョルは認めないと言っています。スンボクはパンウルにそれでも結婚したいのかと怒り出します。
ガンジャはヨンスクの娘がパンウルだと知り、ジョンホとパンウルを捨てたヨンスクに復讐してやると誓いました。

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

82話

チェリンはパンウルが会っていた相手が刑事だと知り焦る。
タンブラーの件を調べているのかと思うチェリン。

チェリンはヘウォンに会いに行き、海外進出するソースの企画を話す。
チェリンはパンウルが絶対味覚の持ち主だから一緒に進めたいと言う。

チェリンはパンウルに砂糖をたくさん入れたコーヒーを渡し、パンウルの味覚が戻っていないことを確認する。

ヘウォンはパンウルを呼ぶ。
ヘウォンは海外進出向けのソース開発を辞退したのかと聞く。
パンウルは、外国料理はよく知らないので辞退したと言う。
ヘウォンはメニュー開発の第一人者だろうと言う。
社員賞にも選ばれたし、社内の評判もいいのだから外すのは公平ではないと言う。
パンウルはベストを尽くしてみると言う。

サンチョルはパンウルの味覚を戻すために漢方薬を煎じる。
店の従業員は、恋人は本部長なのにサンチョルのほうが熱心だと言う。
サンチョルは仲間だろうと言う。

寝坊したガンジャはヨンスクになんで起こしてくれなかったと言う。
ヨンスクは、昨日は酔った振りをして子供の話をしたのかと聞く。
ガンジャは覚えていないと言う。
ヨンスクはガンジャを叩く。
弱みを握られているのによく叩けますね~

ヨンスクは思い出させるためだと言う。
ガンジャは私を叩くなんてとんでもない女だと言う。
自分の過ちを悔やむどころか私に手をあげるのかと言う。

ヨンスクはガンジャの顔にお金をたたきつけ、毎月この金をあげるから夫とチェリンの前には現れるなと言う。
ガンジャはヨンスクの頭を掴み、裕福だからと馬鹿にするなと言う。
ヨンスクはなぜ私を苦しめるのかと言う。
ガンジャはあんたが捨てた子供に謝る姿を見届けるためだと言う。

ヨンスクはガンジャの首を絞め、私の前から消えろと叫ぶ。
ガンジャは私を殺すつもりかとヨンスクを突き飛ばす。
私を殺してもあんたの罪は決めないと言う。
今日のことを死ぬまで後悔させてやると言うガンジャ。
ガンジャ! 頑張れ!

ドンミンが不妊だと聞いたスンボクは寝込んでしまった。
スンボクは病院で再検査をしてもらおうと言うがドンミンは本当だと言う。
ジヨンはスンボクに謝るが、スンボクは今まであなたを責めて悪かったと言う。

ヘウォンは外泊したガンジャをクビにすると言う。
下品でうるさくても真面目だから雇っていたのにもう許せないと言う。
ウヒョクは許してあげろと言う。
ウギョンも一度のミスで解雇はひどいと言う。
ガンジャは次にミスをしたら辞めるから許してほしいと言う。
ヘウォンは勝手な行動をするなと言う。

ビョルは、おねしょをしてしまった。
夢でヘウォンに叩かれた夢をみたせいだった。
スンボクはあの女は夢にまで出て来てビョルを虐めるのかと怒る。
ビョルは怖かったと泣いている。

ウギョンとワンは、結婚式はあげずに入籍だけすることにした。
2人はウヒョクとチェリンに証人になってくれと頼むことにした。

ジヨンはメイクをしてもらいに来たヘウォンにビョルに優しくしてほしいと言う。
会長を怖がっていると言うジヨン。
ヘウォンは私が悪いことをしたのかと聞く。
ジヨンは、ビョルはみんなに愛されて育ったので軽く注意された程度でもビョルにはショックだったようだと言う。
今朝は会長の夢を見ておねしょをしてしまったと言う。
ジヨンはビョルをかわいがってくれと頼む。

ヨンスクはヘウォンにジヨンは不妊なのだと言う。
義理の両親はビョルを溺愛しているようだと言う。
ビョルをジヨン夫婦に育てさせるのではないでしょうか

スンボクはウヒョクに会長の態度を見たからにはこのままビョルをお宅に送ることはできないと言う。
一緒に暮さなで済む方法を探せと言う。
そうでないとビョルは渡さないと言う。

ウギョンは週末にワンの荷物を運ぶと言う。
ウヒョクはヘウォンに姉さんが同居するなら俺が家を出ると言う。

83話

家を出ると言ったウヒョクにヘウォンはパンウルの差し金かと聞く。
ウヒョクは、パンウルは知らないと言う。
母さんの許可を得てからパンウルに話すつもりだと言う。

ウヒョクは1年くらい離れて暮らせば母さんとビョルも心の準備ができるだろうと言う。
ヘウォンは子供一人になぜ大人が振り回させるのかと言う。
ウギョンは母さんが嫌うからだろうと言う。

ウヒョクは母さんが俺とビョルが一緒にいる姿を見たくないならこうするしかないだろうと言う。
ヘウォンはこんな話なら結婚は白紙に戻すと言う。

ヘウォンはパンウルを呼ぶ。
ヘウォンはあなたの姑の無礼に耐えたが、あなたは誤りにも来なかったと言う。
ウヒョクから同居しないと聞いたが私を馬鹿にしているのかと聞く。
パンウルは初耳だと言う。
ヘウォンはあなたがそう仕向けたのだろうと聞く。
パンウルはそんなことはしていないと言う。

ヘウォンはウヒョクを外に住まわせるつもりはないと言う。
ビョルのことで家族が干渉するならこの結婚は考え直す必要があると言う。

パンウルはウヒョクになぜ勝手に同居しないと言ったのかと聞く。
ウヒョクは母さんに聞いたのかと言う。
ウヒョクはビョルのためにも母さんのためにも1年くらい離れた方がいいと思ったのだと言う。
パンウルは何かを決めるときは相談してくれと言う。
ウヒョクは軽率だったと謝る。
いつもウヒョクはこうですよね

パンウルのソース作りに協力する料理長や従業員。
サンチョルも協力してパンウルを助ける。

仕事を終えたパンウルにサンチョルは、今日は、ウヒョクは迎えに来ないのかと聞く。
パンウルは、今日は会議があるそうだと言う。
サンチョルはそれなら一緒にオートバイで帰ろうと言う。
そこにウヒョクがやってきて会議を早めに終わらせたと言う。
サンチョルはデートを楽しんでくれと言い一人でバイクに乗って帰る。
かわいそうなサンチョル

チェリンはジヨンにビョルを養子にしたらどうかと言う。
パンウルも喜ぶかもしれないと言う。
ジヨンは、パンウルは心からビョルを愛していると言う。
チェリンは、会長はビョルを嫌っているからそのせいでウヒョクは家を出ると言ったのだと言う。

ヨンモクはハヌル学園の元園長に会いに行く。
認知症になっていた園長だが、ときどきまともになるときがある。
園長は、ヨンスクはジャンホ一筋だったと言う。
ガンジャと3人の仲が良かったと言う。
認知症のせいでその先は聞けずに終わった。

ガンジャはヨンスクに会いに来た。
ガンジャはこれだけは話すべきだと思ったと言う。
あんたの娘は金持ちと結婚すると言うガンジャ。
ヨンスクは感心ないと言う。
私の子供はチェリンだけだと言う。
ガンジャは会えと言ったから後悔するなと言う。

ヨンスクはスンボクに会いにきた。
ヨンスクはパンウルが結婚してしまったらビョルに会えなくなるだろうと言う。
スンボクは孫に会えないことはないと言うが、ヨンスクは会長の家には頻繁に出入りできないだろうと言う。

スンボクはビョルの幼稚園の迎えをヨンスクに頼んだ。
ビョルはヨンスクになぜ叔母さんが来たのかと聞く。
ヨンスクはおばあちゃんが毛染めをしているから代わりに迎えに来たと言う。

ヨンスクはビョルに大きな家で暮らせるから羨ましいと言う。
ビョルはずっと今の家で暮らすと言う。
ヨンスクはウヒョクとウヒョクの母さんと一緒に暮すのだと言う。
ビョルは嫌だと言う。

ヨンスクはウヒョクの母さんが怖いのかと聞く。
ビョルは嫌いと言う。
あの人はビョルが思っている以上に怖い人だと言う。
子供を怖がらせるなんてこいつは人間ではない!

スンボクはウヒョクに会うために会社を訪ねる。
スンボクは家を出ることは許してもらえたのかと聞く。
ウヒョクはまだだと言う。
スンボクは、ビョルはあなたの家には住まわせないと言う。

ヘウォンが入って来た。
ヘウォンは私もビョルと住みたくないと言う。
スンボクはあなたがこの先もビョルを怖がらせるのは目に見えていると言う。
ヘウォンはうちに嫁がせる以上口出しをしないでくれと言う。
スンボクがそんな態度ならビョルは差し上げられないと言う。
ヘウォンはそれならパンウルだけ貰うと言う。

84話

ヘウォンはパンウルだけ貰うと言う。
スンボクは、ビョルは受け入れられないという事かと聞く。
ヘウォンはそうだと言う。
スンボクは、結婚は考え直すと言い帰って行く。

ウヒョクからその話を聞いたパンウルは泣き出す。
私たちにはなぜこんなに試練が多いのかと言うパンウル。

パンウルは幼稚園にビョルを迎えに行く。
ビョルの顔を見で泣きだすパンウル。
ビョルはなぜ早く迎えに来たのかと聞く。
パンウルはビョルとアイスクリームを一緒に食べたかったと言う。

ビョルはパンウルに聞きたいことがあると言う。
ママとウヒョクおじさんが結婚したらおじさんの家で暮らすのかと聞く。
この家で暮らしたいと言うビョル。
ウヒョクおじさんの家のおばあさんが怖いと言う。

パンウルはウヒョクおじさんのことは好きだろうと聞く。
ビョルは前より好きではないと言う。

ウヒョクはヘウォンにビョルを受け入れてくれと言う。
ヘウォンは、絶対に受け入れないと言う。
ウヒョクは、それは結婚するなということだと怒り出す。
子供より男を選ぶ母親がこの世にいるかと言うウヒョク。
ヨンスクがいます

ヘウォンはそれなら別れるしかないと言う。

スンボクはパンウルにウヒョクと結婚するならビョルを私たちに任せろと言う。
パンウルは、ビョルは私の命だと言う。
スンボクはそれなら結婚を諦めてくれと言う。
ビョルはあの家には渡さないと言うスンボク。

スンボクはパンウルにビョルを置いていってもあなたを決して恨まないと言う。
まだ若いのだから自分の人生を進めと言う。
子育てだけではもったいないと言う。
パンウルは泣きながら家を出て行く。

サンチョルは公園で泣いているパンウルを見つけた。
パンウルはサンチョルに、ウヒョクとは結ばれない運命なのに欲張り過ぎたのかと聞く。
サンチョルは一人で決めずにウヒョクに相談した方がいいと言う。
つらいだろうがこんな時こそウヒョクを信じた方がいいと言う。

ヨンモクはヨンスクにジャンホに会いたいと言う。
困ったヨンスクはガンジャに責任を取れと言う。
ジャンホが亡くなったことをヨンモクに伝えろと言う。
ガンジャは病院に行ったときに話すと言う。

明日、外国人試食団を迎える予定だが、パンウルの味覚は未だ戻っていない。
料理長は味覚がわからないならレシピ通りに作るしかないと言う。
その話を聞いていたチェリンは喜ぶ。
チェリンはパンウルにソースを味見したいと言うが、パンウルは未完成だから明日にしてほしいと言う。
明日までに治りますように!

パンウルはヘウォンに会いに来た。
スンボクの言葉を謝るパンウル。
ヘウォンは子供を連れてくると複雑な問題が想像以上に起こるかもしれないと言う。
パンウルはビョルが迷惑をかけないように気を付けるので息子も受け入れてほしいと頼む。
ヘウォンは私が悪者みたいではないかと怒る。
パンウルはビョルと離れられないのでお願いに来たと言う。
ヘウォンはウヒョクと結婚したいのならビョルの問題を解決しろと言う。

帰ろうとするパンウルに声をかけるガンジャ。
ガンジャはいったんビョルを預けて結婚して、ウヒョクとの子供を産んでからビョルを引き取ればいいと言う。
まずは目の前の問題を解決した方がいいと言うガンジャ。
パンウルはビョルなしでは生きていけないと言う。
ガンジャは子供を産んだことのない私の言葉は忘れてくれと言う。
子供を捨てて幸せを求める女とは違うとパンウルを褒めるガンジャ。
母親似ではないのですよ

パンウルと話しているガンジャを見て、チェリンはいつからパンウルと仲良くなったのかと聞く。
ガンジャはチェリンにウヒョクを狙ってこの家に近づくなと言う。
チェリンはガンジャにママの親友ならパンウルより私の味方をするべきだろうと言う。
ガンジャは親友ではないと言う。

ヨンモクはヨンスクにジャンホと恋仲だったのになぜ嘘をつくのかと聞く。

82~84話感想

スンボクが心配する通りビョルはヘウォンの家に行ったら毎日泣いているかもしれないですね。ビョルと離れられないパンウルはウヒョクとの結婚を諦めることになるのでしょうか。
パンウルの味覚は戻らないのでしょうか。よくある韓国ドラマでは当日ギリギリに治り、チェリンが悔しがると言うパターンが多いと思うのですが、そうなることを期待したいです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください