愛はぽろぽろ-あらすじ-103話-104話-105話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-103話-104話-105話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ウヒョクを手に入れるために記憶喪失の振りをしていたチェリン。
ウヒョクはパンウルがサンチョルの気持ちを受け入れたと思い込み、パンウルを諦めようと海外支社へ異動を申し出ました。それを聞いたチェリンは自分も海外に行くつもりのようです。
ヨンモクはヨンスクに子供がいたことを知りました。

スポンサーリンク

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

103話

ヨンモクは帰ってきたヨンスクを叩く。
ヨンモクは男がいたくせによくも嘘をついたと言う。
ヨンモクはガンジャとヨンスクが話している音声を聞かせた。

ヨンモクは娘まで産んでいたことまで隠していたのかと怒鳴る。
ヨンスクは事実を話したら捨てられると思って話せなかったと言う。
あなたに愛されたかったと言うヨンスク。

ヨンモクは私ではなく医者の妻になれるチャンスだと思ったのだろうと言う。
ヨンスクは本当にあなたを好きだったと言う。
ヨンモクは私を好きなら事実を話すべきだったと言う。

ヨンスクは私が悪かったと謝る。
ヨンモクは自分が子持ちだったから若い女性に愛されて感謝の気持ちでいっぱいだったと言う。
お前を殺してやりたいと言うヨンモク。
ヨンスクは土下座をして謝る。

チェリンが倒れたと聞いたウヒョクは医務室に入って来た。
会議に出ると言うチェリンにウヒョクは、会議は延期すると言う。
パンウルはウヒョクに家まで送ってあげたらどうかと言う。
ベッドから起き上がったチェリンはふらつく。
めまいがすると言いチェリンはウヒョクの腕にしがみつく。
下手な芝居ですこと!

ヨンモクはヨンスクに出て行けと言う。
ヨンスクは、言い訳できないことはわかっているがチェリンのために大目に見てほしいと頼む。
ヨンモクは一緒にいるだけでゾッとすると言う。
ヨンスクはチェリンが治ったら出て行くからチャンスを与えてくれと言う。

ヨンモクは家を出て行く。

ヨンスクはガンジャに電話をする。
夫に娘がいることを知られてしまったと泣き叫ぶヨンスク。
あなたのせいだ、もうおしまいだと叫ぶヨンスク。
自業自得です

そこにチェリンが帰ってきた。
ヨンスクは慌てて電話を切る。

チェリンはヨンスクになぜ怒鳴っていたのかと聞く。
ガンジャのせいで夫と喧嘩をしたと嘘をつくヨンスク。
チェリンは車を売った男と話をしていたのかと思ったと言う。
ヨンスクはなぜその男を知っているのかと聞く。

チェリンは今日駐車場で待ち伏せされたと言う。
脅されたことをなぜ黙っていたのかと聞く。

サンチョルはチラシを配っている。
パンウルは休憩時間なのに悪いと言う。
サンチョルにビタミンたっぷりのドリンクを飲ませるパンウル。

サンチョルは今度の休みに大川に行ってくると言う。
どうせチラシを配るなら事故が起きた地域で配る方が効果があると言う。
パンウルはそれなら私が行くべきだと言う。
サンチョルは一緒に行こうと言う。
元通りの仲良しになりましたね

ヨンモクはガンジャに会いに来た。
ヨンモクは妻の過去を知って黙っているのはつらかっただろうと聞く。
ジャンホと同棲して子供を捨てたのは妻だろうと言う。
ガンジャは私から言いつけるわけにはいかず、ヨンスクにも黙っているように言われたと言う。

ヨンモクは考えてみたらチェリンに優しくしてくれたのは罪悪感のためかもしれないと言う。
ガンジャは、ヨンスクは実娘の顔も知らないと言う。
捨てた娘より自分の将来が心配なのだろうと言う。

ヨンモクは、妻はチェリンによくしてくれたから私も実娘に何かしてあげたいと言う。
だから私と実娘の仲立ちをしてほしいと言う。

ガンジャはヨンモクがパンウルを痛めつけると思っていた。

もう少し早ければ良かったけれど娘はフランスに行ってしまったと言う。
実母に拒まれたのが原因だと言うガンジャ。
ガンジャの機転は素晴らしい

ウヒョクはヘウォンにニューヨーク支社への異動を希望した。
できだけ韓国から遠いところに行きたいと言うウヒョク。
早く発ちたいから手配してほしいと言う。

ワンは急ぐのはパンウルのせいかと聞く。
ウヒョクはお互いのためにも僕が早く出発した方がいいと言う。

ヨンスクはボンスを呼び出した。
ヨンスクは、取引は終わったはずなのになぜチェリンの前に現れたのかと言う。
ボンスはまた奥さんに要求するのは厚かましいと思って娘にしたと言う。
ヨンスクは私にくれた証拠が原本でなかったなんて卑怯だと言う。

ボンスはこれが最後だから5000万ウォンくれと言う。
娘はBHグループの社員、奥さんは江南の店主だから準備できるだろうと言う。

ウギョンの妊娠をお祝いしてウヒョクの家に招待されたチェリンの家族。
ヨンモクはヨンスクに異常に優しく接する。
何を考えているのか怖いですね

チェリンは食事中に記憶がないはずの時期のことを話してしまう。
ウヒョクは記憶が戻ったのかと聞く。
チェリンは同僚から聞いたと誤魔化した。
そんなことがあったような気もするが正確には思い出せないと言うチェリン。

パンウルとサンチョルは大川でチラシを配る、
水産市場で働く人たちはパンウルに協力してチラシを配ってくれると言う。

ドンミンと喧嘩をしてビョルの部屋で寝ているジヨン。
ビョルは元気になると言い引き出しからネックレスを取りだす。
これをつけると気分が良くなると言うビョル。
ジヨンはチェーンが絡まっているからママにほどいてもらうといいと言う。

ボンスに渡すお金を集めているチェリンとヨンスク。
チェリンは会社から3000万ウォンは借りられるがあと2000万ウォン足りないと言う。
ヨンスクは、2000万ウォンはどうにか工面すると言う。

大川から戻ったパンウルとサンチョル。
サンチョルは眠ってしまったパンウルの寝顔を見ている。
目が覚めたパンウル。
パンウルは起こしてくれればよかったのにと言うが、サンチョルは僕も寝ていたと言う。
またまたサンチョルの優しさ!

家に帰ったパンウルは机の上に置いてあるネックレスを見つけた。
翌日、休憩時間に絡まってしまったネックレスのチェーンをほどいているパンウル。
そこに入って来たサンチョル。
サンチョルは自分が直してあげると言いネックレスを受け取る。

それを見たサンチョルは驚く。
パンウルは父の形見だと言う。
事件の時に握っていたのだと言う。

スポンサーリンク

104話

サンチョルはネックレスを見て驚く。
サンチョルはこのイニシャルが何を意味しているのか知っているかと聞く。
パンウルはわからないと言う。
父親が事件の手掛かりを残してくれたのかもしれないと言う。

チェリンは銀行にお金を借りに来たが3000万ウォンではなく2000万ウォンしか融資できないと言われた。
3000万ウォン出せと言うチェリン。

そこにウヒョクが入って来た。
ウヒョクは金が必要なのかと聞く。
チェリンは友人にお金を貸してあげるのだと言う。

ウヒョクは俺が1000万ウォン貸すと言う。
さっそくチェリンの口座に振り込むウヒョク。
なぜこんな女にお金を貸すのでしょう

ビョルからの電話で幼稚園に行くウヒョク。
ビョルはウヒョクにあげたいものがあったと言い自分が書いた絵手紙を渡す。
幼稚園で一番感謝している人に絵手紙を書いたのだと言う。
ビョルは、ママは他の人には毎日会えるけどおじさんには会えないからこれをあげると言う。
ウヒョクは僕に書いてくれてありがとうと言う。

スポンサーリンク

休憩時間に食材を買いに行ったパンウルとサンチョル。
帰りに幼稚園にいるビョルを見に行こうと話す。

ウヒョクはビョルにプレゼントを渡す。
中身は歯ブラシがたくさん入っていた。
ウヒョクは次に会うのは相当先になりそうだからたくさん入れたと言う。
ビョルはこれを全部使うまで会えないのかと聞く。
ウヒョクはそうだと言う。

ビョルは遠くに行くのかと聞く。
ウヒョクは飛行機で遠いところに行くと言う。
ビョルは早く仕事を終わらせて帰って来てほしいと言う。
ビョルはなぜウヒョクなの? サンチョルも優しいのに…

それを見ていたパンウル。
ウヒョクになぜビョルに会いに来たのかと聞く。
ビョルは僕が来てほしいと電話をしたのだと言う。
パンウルはウヒョクに呼ばれたからと会いに来ては困ると言う。

ウヒョクは、今日はビョルに会いたかったと謝る。
パンウルは人に誤解されたら傷つくことになると言う。
仕事以外では会いたくないと言いビョルを連れて行くパンウル。

チェリンはウヒョクの部屋に入る。
机の上に事故現場の写真が置いてあった。
容疑者の中にヨンスクの名前を見つけたチェリン。
ウヒョクが戻って来たので急いでその紙を隠すチェリン。

サンチョルはチェリンに会いに来た。
サンチョルは昔1周年の記念に僕があげたネックレスはどうしたかと聞く。
チェリンはどこにしまったか忘れたと言う。
あのネックレスがどうかしたのかと聞くチェリン。

サンチョルはひき逃げの被害者はパンウルの父親だと言う。
遺体が握っていたネックレスは僕が君に送ったものはイニシャルまで同じだったと言う。
チェリンは不思議だと言う。

サンチョルはネックレスを探してくれと言う。
文字まで同じなんて妙だと言う。
チェリンは私が事件に関わっていると言いたいのかと怒り出す。
サンチョルはそうでないなら探してくれと言う。
チェリンは探してみると言う。

チェリンはヨンスクに私のネックレスが事件現場に落ちていたようだと言う。
パンウルが持っているのをサンチョルが見たようだと言う。
パンウルはどうやって見つけたのかと聞く。
チェリンは遺体が握っていたそうだと泣きだす。
ダイイング・メッセージです

ジヨンはゲヌンたちにドンミンとは離婚すると言う。
ドンミンは子供の問題で俺を捨てるのかと聞く。
ジヨンはあなたの愛が疑問に思えて来たと言う。
店の引継ぎが終わったらアメリカに帰ると言う。

ウヒョクはヘウォンに2ヵ月後に渡米すると言う。
私が追い出すようで気分が悪いと言うヘウォン。
ウヒョクは、3年は帰らないと言う。

ボンスはチェリンに会いに会社に来た、
金は用意できたかと聞くボンス。
ボンスは証拠品の布を渡す。
チェリンはこれが本当に最後だと約束できるかと聞く。
ボンスは今回が最後だと言う。
チェリンはもう一度脅迫したらあなたを始末してやると言う。
本当に殺すかもしれません

お金を渡すチェリン。
パンウルは2人を見ていた。
パンウルに気付いたチェリンは慌てて布を落としてしまう。

チェリンはネックレスを探しに貴金属店に行った。
当時のカタログの中から同じネックレスを見つけたチェリン。
これをオーダーしたいと言うが、従業員はもう生産ラインがないから無理だと言う。

ヨンスクはチェリンのコートに中から紙を見つけた。
チェリンはウヒョクが持っていたひき逃げ事件の資料だと言う。
お母さんの名前があるが車のナンバーは同じか確認しろと言う。
ヨンスクは紙を見てこのナンバーだったと言う。

スポンサーリンク

105話

ヨンスクは自分の車がひき逃げの容疑者のリストに載っていることを知った。
ヨンスクは私にはアリバイがあるから大丈夫だと言う。
チェリンは私が車を使ったと思われるかもしれないと言う。
ヨンスクはこんなときこそしっかりしなくてはならないと言う。

サンチョルから電話がかかってきた。
サンチョルはチェリンにネックレスは見つかったかと聞く。
チェリンはまだ探していないと言う。
サンチョルは事件の重要な手がかりだから急いで探してほしいと言う。
チェリンは見つかったら電話すると言い電話を切った。

チェリンはジュエリーショップ工房にネックレスの写真を持っていき、同じものを作るように依頼した。
費用はいくらかかってもいいと言うチェリン。
さらにインターネットに写真を載せ、同じネックレスを探していると流した。

ウヒョクは弁護士からもらった容疑者リストの数が足りないことに気付いた。
弁護士に電話をして容疑者の数を確認する。
足りないとわかったのでメールを送ってもらうことにした。

チェリンはパンウルがネックレスを着けているのに気付いた。
かわいいから着けさせてほしいと言うチェリン。
パンウルは父の遺品だから駄目だと断る。
人のネックレスを着けさせてほしいと言う人がいますか!

ひき逃げの目撃者が現れた。
白い車らしいという情報は確実なものとなった。

ウヒョクは渡米したら何もしてあげられないからとウギョンに大金の入った通帳を渡した。
喜ぶウギョンはみんなから祝いをもらったが、残るはチェリンだけだと言う。

ウヒョクは、チェリンはお金がないと言う。
友人に金を貸すために借金をしていたと言う。
ワンは、チェリンは人に金を貸すタイプではないと言う。

ジヨンは離婚する気持ちを固めた。
ドンミンは別れても平気なのかと聞く。
ジヨンはあなたに会えないのはつらいけれどあの家には住みたくないと言う。
私が夢見た結婚生活ではなかったと言う。
ドンミンは俺と一緒でも不幸だったのかと聞く。
ジヨンはそうだと言う。

パンウルは本社に行くためにバスを待っていた。
サンチョルも行くことになり車でパンウルを追いかける。

サンチョルはバス停に立っているパンウルを見つけた。
パンウルの隣には怪しい男が2人パンウルを囲むように立っている。
サンチョルは一人の男が後ろからパンウルの首に手をかけようとした。
サンチョルはクラクションを鳴らす。

車から降りたサンチョルは男に今首に手をかけようとしただろうと詰め寄る。
男は人を悪者扱いしてムカつくと言い行ってしまった。
サンチョルはパンウルにネックレスを盗もうとしていたと言う。
チェリンが雇ったのでしょう!

パンウルが着けているネックレスを見たサンチョルは大事なものだから家に置いとくべきだと言う。
チェリンが切れてなくなる可能性もあると言う。
パンウルはそうすると言う。

チェリンはネックレスを盗むのに失敗したと聞いた。

ウヒョクはパンウルに弁護士を紹介した。
弁護士はパンウルを見て違う人と間違えていたと言う。
弁護士はパンウルに容疑者を絞り込んだから確認してほしいと言う。
この中に知り合いがあるかもしれないと言う弁護士。
いますから早く見てください

パンウルが帰ったあと弁護士は元恋人を他の人と間違えて事件のことを話してしまったと謝る。
ウヒョクは誰に話をしたのかと聞く。
そのときチェリンが入って来た。
弁護士はウヒョクにこの人だと目配せした。

依頼したネックレスが完成した。
チェリンはサイズや色合いが違うように見えて満足できなかった。
しかしヨンスクが同じネックレスの持ち主を見つけた。
急いで取りに行くチェリン。
ネックレスは同じものだったが刻まれているイニシャルが違った。
チェリンはこれでは駄目だと言う。

ヘウォンはウヒョクの相手にチェリンを諦めていない。
ウギョンにチェリンなら家柄も育ちもいいから安心だと言うヘウォン。
母親に似て夫をしっかりと支えてくれるはずだと言う。
ウギョンは、ヨンスクはチェリンの継母だと言う。

ヨンモクはチェリンにパンウルの父親は何をしているかと聞く。
チェリンはなぜそんなことを聞くのかと聞く。
ヨンモクは患者で大川出身の同じ苗字の人がいるから関係あるのかと思ったと言う。
チェリンはパンウルと同じ水産市場で働いていたようだと言う。

ヨンモクはパンウルに会いに行った。
パンウルの持っているチラシを手に取るヨンモク。
ヨンモクは、故郷は大川かと聞く。
そうだと答えるパンウルに、ヨンモクはウン・ジャンホという人を知っているかと聞く。

スポンサーリンク

103~105話感想

チェリンが犯人だとばれるのは時間の問題です。ひき逃げ犯人だと知ったら一番驚くのはヘウォンかもしれません。そんなチェリンを嫁にしようとしていたのですから大会社の会長なのに人を見る目がまったくありません。
ヨンモクは怖いですね。ヨンスクへの執着心なのか騙されていた復讐なのか最近の行動はおかしいです。パンウルに危害を加えないといいのですが。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください