愛はぽろぽろ-あらすじ-112話-113話-114話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-112話-113話-114話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チェリンたちの罠にはまりひき逃げ犯人にされてしまったサンチョル。サンチョルは証拠を見つけるために大川に行きましたが、反対に逃げたと思われています。パンウルの家族だけはサンチョルを信じています。
ヨンモクはパンウルがヨンスクの娘だと知りました。DNA鑑定の用紙をヨンスクに見せました。

スポンサーリンク

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

112話

ヨンスクはDNA鑑定の結果を見てパンウルが娘だったことを知った。
そこにやって来たパンウル。

ヨンスクは店から急いで出て行く。
そこにガンジャがやってきた。
ガンジャもヨンモクに呼ばれたのだった。

ヨンスクはガンジャに私の娘は誰かと聞く。
まさかパンウルなのかと聞くヨンスク。
ガンジャはなぜわかったのかと驚く。

ヨンスクはジャンホの娘がパンウルなのかと聞く。
そうだと答えるガンジャ。
ヨンスクはその場に座り込み泣きだす。

店から出てきたヨンモクは無理矢理ヨンスクを車に乗せ連れて帰る。

ヨンモクはヨンスクに娘に会った気分はどうかと聞く。
死んだジャンホが生き返ったようで嬉しいかと聞く。
ヨンスクはもう止めてくれと頼むが、ヨンモクはこれからが始まりだと言う。
この夫! 恐ろしいです

チェリンは刑事に呼ばれた。
刑事は密売人のボンスと初めてあった時のことを聞くが、チェリンはヨンスクと口裏をあわせていた。

パンウルに会いに来た刑事。
刑事はサンチョルが指名手配になるから早く出頭するように連絡してくれと頼む。
パンウルはサンチョルにメールをする。
サンチョルは明日管理人に会うつもりだった。

ヨンスクは今までパンウルにしてきた仕打ちやひどい言葉を思い出して大泣きする。
だから後悔することになると言ったではないですか!

服のままシャワーに打たれているヨンスクの姿を見て驚くチェリン。
チェリンはヨンモクにママに何をしたのかと聞く。
いっそ離婚すればいいと言う。
あんなに泣き叫ぶなんてだいぶ追い詰められていると言うチェリン。
ヨンモクは黙れと言い行ってしまう。

サンチョルが店に来た。
パンウルは、体調は大丈夫かと聞く。
サンチョルは君を安心させたくて会いに来たと言う。
指名手配になったから電話もできなかったと言う。

パンウルは自首したらどうかと言う。
サンチョルは明日僕のアリバイを証明できる人に会うから明日まで待ってほしいと言う。
サンチョルは最後まで僕を信じてくれてありがとうと言う。

店を出て行こうとしたところにウヒョクが入って来た。
サンチョルは逃げて行く。
パンウルはウヒョクに追わないでくれと言う。
1日待ってくれと言うパンウル。

ガンジャはヨンスクのことが心配で会いに来た。
ガンジャはこの状況になってもパンウルに会わないのかと聞く。
ヨンスクはひどい言葉を浴びせたのにどんな顔して会えばいいと言う。
ジャンホの死んだことも…と言い黙ってしまうヨンスク。

サンチョルは管理人に会うことができた。
しかし管理人は事故の夜は早く帰ってしまいサンチョルの姿を見ていなかった。
どうする? サンチョルの危機!

ヨンスクはチェリンにお願いがあると言う。
ヨンスクは自首してほしいと言う。
チェリンはサンチョルが指名手配されているのに何を言い出すのかと言う。
ヨンスクはこの世に秘密はないと言う。
私の過去もすべてばれただろうと言う。

チェリンはママの過去と私の事件とは次元が違うと言う。
認めた瞬間私の人生は終わりだと言うチェリン。
もう少しでウヒョクとアメリカで暮らせるのに私に刑務所に入れと言うのかと怒る。
ヨンスクは今からでも罪を償おうと言うが、チェリンはこの話はもうするなと怒る。

ヨンスクはパンウルに会いに来た。
パンウルは何をしに来たのかと言う。
涙を流すヨンスクにパンウルはあなたは私の前で泣く資格はないと言う。
ヨンスクは謝罪の言葉も申し訳なくて言えないと言う。

パンウルは私に会うのを拒否していると聞いて母の存在を消したと言う。
だから二度と現れないでくれと言う。

ヨンスクは当時の私は未熟だったと言う。
怪我をした夫と貧しい暮らしで子供を育てる自信がなかったと言う。
パンウルはそれでも夫がいただろうと言う。
私は22歳で夫を亡くし独りで子供を育てたと言う。
母親だから子供を捨てることなど考えたこともなかったと言う。
それが母親です

ヨンスクと別れたパンウルは号泣する。

ドンミンはジヨンに会いに来た。
ジヨンはスンボクが持ってきた差し入れを渡し、持って帰れと言う。
ドンミンは、母さんは君がいなくなって寂しいのだと言う。

ジヨンはドンミンと家に帰った。
まだ離婚は成立していないから両親を支えたくて戻ってきたと言う。
ジヨンはスンボクに私を嫁だと思っているから差し入れを持って来てくれたのだろうと言う。

ヨンモクはヨンスクに土地を売ったのかと怒鳴る。
ヨンスクはあなたに尽くしたのだから慰謝料としてもらうと言う。
ヨンモクは実の娘に渡すのかと言う。
家族に尽くした代価としてもらっても当然だと言う。

ヨンモクは、金はどこにあるかと怒鳴る。
ヨンスクはないと言う。
告訴したいなら勝手にすればいいと言う。
もう我慢しないと言うヨンスク。

その会話を聞いていたチェリン。

チェリンはヨンスクを屋上に呼び出す。
チェリンはママの娘はパンウルだろうと聞く。
パンウルのために私を自首させたいのだろうと言うチェリン。

チェリンは屋上の柵に近づき、私かパンウルか選べと言う。

スポンサーリンク

113話

チェリンはヨンスクに私かパンウルかどちらか選べと言う。
ヨンスクは説明するからそこから降りろと言う。

あなたが自首しても私はずっとあなたのそばにいると言うヨンスク。
チェリンは自首してもパンウルの父親は生き返らないと言う。
パンウルを選ぶならママの前で死んでやると言うチェリン。

チェリンはヨンスクにママの娘になれて幸せだったと言う。
ヨンスクはチェリンにあなたがいないと生きていけないと泣き叫ぶ。

ヨンスクはチェリンを店に連れて帰った。
チェリンはヨンスクに一緒にニューヨークに行こうと言う。
犯人はサンチョルになったから早くアメリカに発とうと言う、

ウヒョクはパンウルにサンチョルからプロポーズを断ったことを聞いたと言う。
渡米する前に伝えたかったようだと言う。
ウヒョクは僕たちのことを一番考えてくれていたのはサンチョルだったと言う。
その通りです!!

ヨンスクはガンジャにお金を渡す。
2億ウォンの金額を見て驚くガンジャ。
ヨンスクはこれまで嫌な思いをさせたお詫びだと言う。
ガンジャは本気で旦那と別れるつもりなのかと言う。

ガンジャはパンウルにヨンスクが離婚するかもしれないと言う。
ヨンスクからお金を預かっていると言う。
パンウルは要らないと言う。
ガンジャはあなたを捨てた罪滅ぼしだと言う。
パンウルは私には母親はいないと言う。

サンチョルはパンウルに電話をした。
パンウルは、アリバイは証明できたかと聞く。
サンチョルはその人は当時別荘にいなかったそうだと言う。
アリバイを証明してもらうことはできなかったと言う。

サンチョルはもう終わりだと言う。
この電話のあと警察に出頭すると言い電話を切ってしまった。

警察署の前まで来たサンチョル。
そこで記念写真を撮っているカップルがいた。
サンチョルはチェリンにネックレスをプレゼントした時に一緒に撮った写真のことを思い出した。

ヨンモクはヨンスクに土地を売った金を返せと言う。
土地の売買を無効にする訴訟を起こすと言うヨンモク。
チェリンは妻を訴えるなんてひどいと言う。
ヨンモクは20億ウォンの大金だと言う。

ヨンモクは委任状まで偽造したのだから別れるつもりだったのだろうと言う。
離婚しないと言っただろうと言う。
チェリンは20億ウォンなんてパパにとったらほんの一部だろうと言う。
どれだけ貯めているのでしょう

スポンサーリンク

ヨンモクは医者の妻として今まで贅沢をさせて来たのに恩をあだで返すとはまさにこのことだと言う。
明日中に金を返さないと警察に行くと言う。
チェリンは私も5億ウォン貰ったら訴訟に私の名前も加えろと言う。
私も詐欺の共犯だと言うチェリン。

サンチョルは写真を探しに家に戻った。
部屋に入ると食事が用意してあり、ゲヌンからの手紙があった。
その手紙の内容は
「私たちはサンチョルのことを信じている。妻は毎日食事を用意している。
1人で悩まずに家族みんなで潔白を証明しよう」
と書いてあった。
いい人たちです

サンチョルはチェリンと撮った写真を保存してある携帯電話を見つけた。

ウヒョクが渡米する前に家族で食事をすることになった。
その席に呼ばれたチェリン。
チェリンはテレビ番組を降りることにしたと言う。
ウヒョクは会社の宣伝になるではないかと言う。
チェリンは、もともとはタンブラーの中の洗剤で味覚を失ったパンウルの代役だったと言う。

ヘウォンはパンウルがタンブラーで味覚を失ったとはどういうことかと聞く。
チェリンは思い出したけれど違ったかと慌てる。
ウヒョクはその時のことを説明する。

ウヒョクはパンウルに会いに来た。
医師はタンブラーに入っていた異物のことは何と言っていたかと聞く。
パンウルはアルカリ性の科学物質だと聞いたと言う。
ウヒョクは洗剤と聞いていないかと聞く。
聞いていないと言うパンウル。

ウヒョクは犯人がわかるかもしれないと言う。
おそらく俺の予想に間違いはないだろうと言う。
はい!その通りチェリンです

ヨンスクはウヒョクを呼び出した。
ヨンスクは5億ウォンを渡し、パンウルに店舗を持たせてほしいと言う。
会社からの褒賞金ということにしてほしいと言う。

ウヒョクはなぜかと聞く。
ヨンスクは私がパンウルの実母だと言う。
今の私が彼女に出来るのはこれしかないと言う。

サンチョルがチェリンの前に現れた。
チェリンはサンチョルに早く警察に行くべきだろうと言う。
サンチョルは偽物のネックレスを渡せと言う。
チェリンはネックレスなんて知らないと言っただろうと言う。

サンチョルは事故の日に君はネックレスをしていたと言い写真を見せた。

スポンサーリンク

114話

チェリンはサンチョルに私が悪かったと言う。
許してほしいと言うチェリン。
サンチョルは許してほしいのは、パンウルの父親を殺したことか僕を陥れたことかと聞く。
チェリンは事故の時は怖くて逃げだしてしまったと言う。

サンチョルは自首を勧めてやったのに無視した上にぬれ衣まで着せたと言う。
チェリンは土下座をする。
すべてを捨てる勇気がなかったと言う。
今から自首すると言うチェリン。

サンチョルは自首などさせないと言う。
この写真を警察に渡すと言うサンチョル。
チェリンはそんな写真は証拠にはならないと言う。
ネックレスは私が持っているものだと言えばいいと言う。

サンチョルは新たな証拠をくれてありがとうと言う。
今の会話は録音したと言う。
写真を警察に提出する前に君の自白を取りに来たのだと言う。
もう逃げられません!

2人の様子を見ていたウヒョク。

チェリンはサンチョルを追いかけ車に乗り込む。
サンチョルの録音機を取り上げようするチェリン。
チェリンは録音機を車の窓から投げ捨てる。

それを拾いに行ったウヒョク。
そのとき車がウヒョクに向かって走ってきた。
ウヒョクはそのまま轢かれてしまった。

病院に運ばれたウヒョク。
ヘウォンやウギョンが駆けつけた。
ヘウォンはサンチョルにウヒョクの容体はどうなのかと聞く。
サンチョルは多臓器損傷で手術中だと言う。

パンウルとスンボクはドンジュンが臓器提供をしていたことを知った。
パンウルはゲヌンになぜ勝手に決めたのかと怒る。
スンボクは我が子の体を傷つけていたなんてひどいと泣く。
ゲヌンはすまないと言う。

ゲヌンはパンウルに相談もせずに勝手に決めてしまって申し訳ないと謝る。
ドンミンは悲しませたくなくて黙っているつもりだったと言う。
パンウルは誰に提供したのかと聞く。
ゲヌンは規則で教えてもらえないと言う。

しかしドンジュンに心臓をもらった人は元気に暮らしているようだと言う。
ドンジュンの命日には必ず担当医師に会っているようで、その先生から元気にしていると聞いたと言う。

パンウルはドンジュンの心臓は生きていると泣きだす。
ドンミンはドンジュンがドナー登録をした時にたとえ死んだとしても誰かの中で生きていたいと言っていたのだと言う。
今また死にそうですよ

病院に刑事が来た。
刑事はサンチョルを逮捕して連れて行った。

サンチョルは刑事にチェリンがネックレスの持ち主だと言う証拠が見つかったと言う。
写真を見せようと携帯を探すが携帯は上着のポケットに入れて置いてきてしまったのだった。
上着は事故にあったウヒョクの体を温めようとしてウヒョクにかけたのだった。

チェリンは録音機を探しに戻った。
ヨンスクは何を探しているのかと聞く。

見つかった録音機は壊れていた。
チェリンはサンチョルの携帯電話も上着から抜き取っていた。
どこまで卑怯な女なのでしょう

携帯の写真を削除するチェリン。
そして携帯と録音機を踏みつけ、これで完全に証拠が消え去ったと言うチェリン。

刑事はサンチョルの上着を持ってきたが、携帯など入っていなかったと言う。
サンチョルはチェリンの仕業だと言う。
刑事は本当に携帯を持っていたのかと聞く。

パンウルは刑事からサンチョルが捕まったと聞いた。
ゲヌンと一緒に警察に行くパンウル。

ゲヌンはサンチョルに証拠がなくなったとはどういうことかと聞く。
サンチョルはウヒョクが交通事故にあったと言う。
介抱している間に証拠品がなくなったと言う。
思い当たる人を刑事に伝えたと言う。

パンウルは病院に向かった。

ウヒョクの手術は終わったが意識は戻らない。

駆けつけたパンウルにヘウォンは何しに来たのかと怒鳴る。
父親や夫の次はウヒョクまで死なせるつもりかと言うヘウォン。
あなたは疫病神だと言い、パンウルを突き飛ばすヘウォン。
この母親は本当に最低!

パンウルは隠れて大泣きをする。
その様子を泣きながら見ているヨンスク。

ウヒョクは、意識は戻らないが、集中治療室からVIP室に移った。

サンチョルは拘置所に移送された。

ウギョンはパンウルに電話をかけ今なら母さんがいないから病院に来いと言う。
パンウルはゲヌンと一緒に病院に向かった。

パンウルは意識のないウヒョクに目を覚ましてほしいと話しかける。
手を握り、この手を離さないと約束したのにごめんなさいと言うパンウル。

ヨンスクはヘウォンに会いに来た。
ヨンスクはウヒョクの心臓について話があると言う。
心臓を提供したのはパンウルの夫だと言うヨンスク。

スポンサーリンク

109話から111話感想

チェリンはどこまでも卑劣なのでしょう。サンチョルに自首すると謝っておきながらしっかりと証拠を消してしまうなんて恐ろしい女です。
ドラマなので最後は捕まると思いますが、それにしても許せないです。
ウヒョクの事故によって心臓を提供したのがドンジュンだとわかりそうです。
やはり最後にパンウルと結ばれるのはウヒョクなのかもしれません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください