愛はぽろぽろ-あらすじ-49話-50話-51話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-49話-50話-51話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チェリンはウヒョクがパンウルのことが好きだとも知らずに、パンウルにウヒョクに近づくなと命令します。ウヒョクの母や姉から認めてもらおうと必死です。
反対にウヒョクもパンウルとの仲をスンボクに認めてもらおうと必死です。そんなウヒョクの強い味方はビョルのようです。ビョルはスンボクに伯父さんをいじめるなと言いました。

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

49話

スンボクに帰れと言われたウヒョクをかばうビョル。
ウヒョクおじさんに意地悪をしないでくれと言うビョル。

スンボクはしかたなく家の中に入れ、用件を言ってくれと言う。
ウヒョクはパンウルもビョルのことも大好きだと言う。
ゲヌンはパンウルのどこが好きなのかと聞く。

ウヒョクは、最初は変な人だと思ったが、実際は明るくて温かくて正義感のある人だったと言う。
ゲヌンは、パンウルはたくましさが魅力でうちの息子もそこが好きだったと言う。

スンボクは、パンウルは実の娘と同様だと言う。
ゲヌンは実の娘なら再婚に反対しないはずだと言う。
ウヒョクは、自分は未熟だがいい婿になりたいと思っていると言う。

スンボクはあなたの家族からビョルは邪魔者扱いを受けるはずだと言う。
ウヒョクは私の母親は理性的でものわかりがいい人だと言う。
僕を信じてほしいと言うウヒョク。
信じたいけれど…

ゲヌンは、反対はしないから時間をあけて妻と折り合いをつけてほしいと言う。
ウヒョクは希望が見えてきたと喜んで帰る。

ウヒョクはパンウルに報告に行く。
ウヒョクはビョルが味方してくれて助かったと言う。
ウヒョクは義理の両親を大切にすると言う。

ウギョンはチェリンにワンが10年前に失恋した話を聞く。
チェリンはウギョンにおじさんのことが好きなのかと聞く。
ウギョンは、先生は私の気持ちに全然気づいてくれないと言う。
チェリンは告白したらどうかと言う。
ウギョンはそんなことをしたらリカの代役まで外されるかもしれないと言う。
チェリンは、私たちは片思いの仲間だと言う。

ウヒョクはパンウルに会いに行く。
あの曲を聞かせるウヒョク。
この曲が好きなのだろうと聞くウヒョク。
パンウルは私ではなくビョルのパパが好きだったのだと言う。

この曲を東大門で本部長と聞いた時、ビョルのパパもこの歌を聞いて泣いていたから驚いたと言う。
ウヒョクはビョルのパパと自分は共通点が多いと言う。
もしかして僕にひかれているのは彼に似ているからかと聞く。

パンウルは正直それも影響していると言う。
ウヒョクはビョルのパパには申し訳ないし、感謝をしていると言う。

ヨンモクは怒って帰ってきた。
ヨンスクは私の友達が病院に行って悪かったと言う。
ヨンモクはお前がきちんと言わないからだと言う。
もうあの友達には会いたくないと怒鳴るヨンモク。

中東の会社との契約に行くウヒョクとチェリン。
チェリンはウヒョクに相手の国のカラーのネクタイを着けて行くと成功する可能性が高いと言って、ウヒョクにネクタイをプレゼントする。

エレベーターの中でチェリンはネクタイが曲がっていると言い、直し始める。
そのときエレベーターの扉が開いた。
外にはパンウルが立っていた。
パンウルはウヒョクのネクタイを直しているチェリンを見て驚く。
まずいところを見られてしまいました

ウヒョクは会議のためにネクタイを直してくれたのだと言う。
チェリンはなぜパンウルに説明するのかと聞く。
ウヒョクはただ言ってみただけだと言う。

ウギョンはミュージカルがヒットするようにとワンの部屋にお札を置いた。
ワンはそこまで考えてくれるのは君だけだと言う。

ウヒョクはチェリンに、君のおかげで中東のバイヤーと契約ができたと言う。
チェリンはお礼に夕食をご馳走してほしいと言う。

ウヒョクはチェリンをレストランに連れて行く。
ステーキ肉を細かく切るウヒョク。
チェリンは自分のために切ってくれていると思い待っていたがウヒョクは自分で食べ始めた。
(笑)

チェリンは、以前は切ってくれたという。
ウヒョクはあの時は付き合っていたけれど今は違うだろうと言う。
チェリンはそうだったと言う。

ウヒョクはサンチョルに今日は店舗に行けないとパンウルに伝えてほしいというメールを送る。

ウヒョクを待っているパンウル。
サンチョルがやってきて今日、本部長は来られないと言う。

ドンミンはゲヌンに健康食品の代理店契約書を渡す。
ジヨンは、契約金はどうしたのかと聞く。
ドンミンは会社から借りたと言う。
ジヨンは怒り出す。
ゲヌンはジヨンが同意していないのなら返すと言う。

ジヨンは解約して契約金を返してもらえと言う。
ドンミンは俺のお小遣いから出すから大丈夫だと言うが、ジヨンはこんなことをするなら別れると言う。
ドンミンを連れて出るジヨン。

代理店契約書を見たパンウルは私も返済を手伝うと言う。
サンチョルも僕も手伝うからやってみたらいいと言う。
スンボクはサンチョルまで助けてくれるのになんて嫁だと呆れる。

結局、代理店は解約せずにやることになった。
良かった! 良かった!

ビョルはパンウルに、ウヒョクおじさんがお爺さんやお婆さんの前でママや僕のことを好きだと言っていたと言う。
それなのになぜお婆さんは怒るのかと聞く。
パンウルは、お婆さんはパパだけがママを好きでいてほしいのだと言う。
だからウヒョクおじさんに好きだと言われるとパパのことを思い出して心が傷むのだと言う。

パンウルは昨日のネクタイのことで怒っている。
ウヒョクは不満があるなら言ってくれと言う。
パンウルはなぜ自分で直さずにチェリンがネクタイを直すのかと聞く。
ウヒョクは嫉妬しているのかと喜ぶ。

50話

ウヒョクはパンウルに嫉妬しているのかと聞く。
パンウルはチェリンはお弁当を持って来たり、まるで恋人みたいだと言う。

ウヒョクはチェリンと契約期間を設けて付き合っていたことを説明する。
2ヵ月の約束だったが、君のせいで2ヶ月ももたなかったと言う。
チェリンと付き合って君への気持ちがわかったのだと言う。
パンウルは二股だったのかと聞く。
ウヒョクはチェリンにはっきり断ってから君に告白をしたから二股ではないと言う。

パンウルは人前でチェリンとくっつかないでほしいと言う。
ウヒョクは君以外誰にも触らせないと言う。

ウギョンはワンの枕にお札を入れるために来た。
ウギョンはワンが、自分がバツイチだと知っていたのに黙っていたので怒り出す。
ウギョンは今まで私のこと嘲笑っていたのかと聞く。
ワンはなぜ離婚したのか聞いてほしかったのかと言う。
ウギョンはあの結婚は私の恥だと言う。
ワンは旦那に浮気されたと言うから黙っていたと言う。
ウギョンは怒って帰る。

ウヒョクは契約が成功したので祝いに社員全員にタンブラーをプレゼントする。
チェリンはそのタンブラーを使っているパンウルを見て、私のおかげで契約できたのだと言う。
パンウルはチェリンにお礼を言い大切に使うと言う。

パンウルのタンブラーの底にはウヒョクのステッカーが貼ってあったのだ。
気付かずタンブラーのお茶を飲むパンウル。
底のステッカーに気付いたのはチェリンだった。

事務所に戻ったチェリンは全員のタンブラーをチェックしパンウルだけに貼ってあることを知った。
ばれてしまいました

チェリンはサンチョルを待っていた。
この前パンウルにお弁当を頼んだのは本当かと聞く。
そうだと言うサンチョルに嘘だと言うチェリン。

チェリンはパンウルがウヒョクに色目を使っているのかと言う。
お弁当を作ってきたとき雰囲気が変だったと言う。
サンチョルは君こそウヒョクに色目を使っているだろうと言う。

チェリンは、私たちは交際中だと言う。
サンチョルは別れたと聞いたと言う。
チェリンは誰がそんなでたらめを言っているのかと言う。
サンチョルはウヒョクから聞いていると言う。
みっともないから未練を捨てろ、君もストーカーになりたいのかと言うサンチョル。
もうストーカーに近いかも

チェリンはヨンスクにパンウルとウヒョクの関係を調べると言う。
ヨンスクはばれたらウヒョクとは終わりだと言う。
パンウルのいる店舗に行く時間もないと言うチェリン。
ヨンスクは自分が店舗に行ってみると言う。

ヘウォンはウヒョクに契約が取れたお祝いにチェリンと3人で食事をしようと言う。
ウヒョクは3人で会うのはまずいと言う。
ヘウォンは正直、逃がすには惜しい子だからよく考えてみろと言う。
逃したほうがいい子です

ウヒョクは、気持ちは変わらないと言う。

ウヒョクはゲヌンに詐欺を働いた教え子ヨンチャンを見つけた。
逃げようとするヨンチャンを捕まえたウヒョク。

ウヒョクはヨンチャンを連れてゲヌンの家に来た。
ヨンチャンはゲヌンの前で土下座をして謝る。
ドンミンは親父の大切な金を奪ったと言いヨンチャンを殴ろうとする。

ゲヌンはとりあえず話を聞くと言う。
ヨンチャンはお詫びの言葉もないとひたすら謝る。
母親が入っている施設の費用を借りて返せなくなったのだと言う。
ドンミンは2億ウォン全部使ったのかと聞く。
ヨンチャンは、1億ウォンはカバンに残っていると言う。

スンボクは警察に連絡しろと言う。
ゲヌンはヨンチャンにご飯は食べたかと聞く。
ゲヌンはヨンチャンを食堂に連れて行き、ご飯を食べさせる。

ゲヌンはヨンチャンに昔から母親孝行だったから道を踏み外してしまったんだろうと言う。
ヨンチャンは恩師を裏切った罪は一生背負っていくと言う。
ゲヌンは施設の費用以外は使わなかったのだろうと言う。
この件は見逃すと言うゲヌン。
できた先生です!

パンウルはウヒョクを呼び出し、お礼を言う。
ウヒョクはパンウルに本部長ではなくウヒョクさんと呼んでくれと言う。
恥ずかしがってできないパンウル。
ウヒョクは自分への感謝が足りないからだと言う。
パンウルはウヒョクさんと呼ぶ。

チェリンは中東のバイヤーの奥さんが韓国ドラマ好きで韓国の実際の家庭にお邪魔したいと言っていると言う。
ヘウォンは誰の家にするかチェリンに任せると言う。

ゲヌンはスンボクに本部長を食事に招くべきではないかと言う。
スンボクはパンウルとの交際を許すようで嫌だと言う。
ゲヌンは、それは違うとくぎを刺せばいいと言う。

チェリンはパンウルが来る前に研究室に手紙を置いた。
その手紙にはウヒョクの名前を使って屋上で会おうと書いてあった。
屋上でパンウルが来るのを待っているチェリン。

51話

屋上で待っているチェリン。
そのときドアが開いた。
屋上に来たのはサンチョルだった。

サンチョルは誰を待っているのかと聞く。
風邪に当たっているだけだと言うチェリン。
サンチョルはパンウルを待っているのだろうと言う。

ポケットからチェリンが置いた手紙を見せる。
サンチョルはどこまで落ちぶれるつもりかと聞く。
チェリンはパンウルがウヒョクを誘惑しているのを確かめるためだと言う。
サンチョルはそうだとしてもウヒョクとは別れたのだから君には関係ないだろうと言う。
チェリンはまだ終わっていないと言う。
必ずウヒョクを手に入れると言う。

サンチョルは本部長の気持ちは君から離れていると言う。
チェリンは私のやることに口を出すなと言う。

サンチョルは今日のことはこっそり処理をしておいたから二度とするなと言う。
チェリンは、2人は付き合っているのかと聞く。
サンチョルは知らないと言う。
チェリンは自分で調べるから邪魔をするなと言う。

チェリンはヨンスクにパンウルが店舗に戻るから夜まで見張っていてくれと頼む。

ワンはウギョンが電話にでないから家まで来た。
ウギョンは、用件は何かと聞く。
ワンはあのお札は女性関係だろうと聞く。
それを問いただしに来たのかと言うウギョン。

ワンはなぜあのお札を置いたのかと聞く。
その話を聞いていたカンジャは先生のことが好きだからだろうと言う。
カンジャは2人ともいい年なのに鈍感だと言う。

ワンはウギョンに俺のことを好きなのかと聞く。
ウギョンは好きだと言ったら負担ではないかと聞く。
ワンは好きと言われて悪い気はしないが、貧乏男のどこがいいのかと言う。
ウギョンは好きなのに理由はないと言う。
くっついちゃえ~

サンチョルはウヒョクにパンウルの店に行くのは控えた方がいいと言う。
会長が本部長の行動を怪しんでいると言う。
誰かに見られたらパンウルが困ることになると言う。

サンチョルはデートの場所まで自分が連れて行くと言う。
ウヒョクはサンチョルに感謝すると言う。
サンチョルはパンウルとの仲を早く会長に報告してくれと言う。

ウヒョクはパンウルの姑に許してもらうのが先だと言う。
1つずつ解決していくと言うウヒョク。

サンチョルはパンウルに本部長はここには来られないから別な場所に連れて行くと言う。
パンウルは一人でいけると言うが、サンチョルは仕事だから気にしなくていいと言う。

サンチョルと店を出てきたパンウルを見ているヨンスク。
2人の仲良さそうな姿を見てチェリンの勘違いではないかと思う。
2人の後をつけて行こうとするが、ヨンモクから電話が来て急いで店に戻る。

ヨンスクはヨンモクに店にいると嘘をつくが、実はヨンモクが店に来ていたのだった。
急いで店に戻ったヨンスク。
チェリンに頼まれごとをして店舗まで言っていたと言うヨンスク。
ヨンモクはチェリンに電話をして母さんに頼みごとをしたかと聞く。
店舗に行ってくれと頼んだと言うチェリン。
疑いぶかい夫ですが、怪しまれることをするから悪い!

ウヒョクはパンウルを空港に連れて行く。
今からパリに行こうと言うウヒョク。
驚くパンウル。

今日は空港に来る練習で、次は飛行機に乗ると言うウヒョク。
空港は初めてだと言うパンウル。
ウヒョクは飛行機を見に行こうと言う。

飛行機を見て子供のように目を輝かせるパンウル。
ウヒョクは、新婚旅行はチェジュ島に行かなかったのかと聞く。
パンウルはソウルめぐりをしたと言う。
ウヒョクはいつかビョルと飛行機に乗って行こうと言う。

パンウルは約束をしないでくれと言う。
ビョルのパパと多くの約束をしたけれど何も守れずに亡くなったと言う。
誰かと約束をすると不安になると言うパンウル。

チェリンはヨンスクからパンウルはサンチョルと仲良さそうに出かけて行ったと言う。
チェリンはそれならタンブラーの写真はどういうことかと言う。

ジヨンは妊娠していなかった。
ドンミンはもう一度検査をしてみようと言うがお金の無駄だと言うジヨン。

ゲヌンはパンウルに、ウヒョクにお礼をかねて食事をご馳走したいと言う。
スンボクは週末に家でお昼でもご馳走しようと言う。
ドンミンはジヨンと映画に行くつもりだと言う。
スンボクは家族全員がいる必要はないと言う。

ウヒョクはゲヌンたちから招待されたことを聞き喜ぶ。

チェリンはヘウォンに中東のバイヤーを招くのは自分の家にすると言う。
ヘウォンは大変ではないかと聞くが、チェリンは自分の担当だと言う。
チェリンはヘウォンにウヒョクも招きたいと言う。
ヘウォンはウヒョクには業務命令だと言い聞かせると言う。
自分の恋人のように紹介するつもりでは?

ゲヌンは健康食品の代理店をオープンさせた。

ヘウォンはウヒョクに明日チェリンの家に行けと言う。
バイヤーがチェリンの家で食事をするからあなたも行っておもてなしをしろと言う。
業務命令だと言うヘウォン。

ワンはチェリンにウギョンから告白されたと言う。
一時的にしろ、ウヒョクと付き合っていたのだから、俺が彼の姉とつきあってもいいのかと聞くワン。
チェリンは好きになったらその気持ちだけを考えた方がいいと言う。
ワンは告白されたのは嬉しいけれど今は恋人なんか作れないと言う。
チェリンは伯父さんもウギョンが好きなのかと聞く。

チェリンはパンウルを家に呼んだ。
バイヤーが来るので料理を作って欲しいと頼む。
ウヒョクに見せつけるために呼んだのですね

ウヒョクとバイヤーを乗せてきたサンチョル。
チェリンの家の前で、ちょうど帰ってきたヨンモクと一緒になった。
ヨンモクはサンチョルを見て驚く。
ウヒョクは秘書だと言い、サンチョルを紹介する。

家の中に入ってきたバイヤーとウヒョク。
ヨンモクは食事をしようと招き入れる。
中ではパンウルが料理を並べていた。

パンウルとウヒョクはお互いをみて驚く。

49~51話感想

チェリンはいくら頑張ってもウヒョクの気持ちを取り戻すことはできないのにいろいろな手を使ってきますね。早く事実を知ってウヒョクを諦めることです。
サンチョルは今回も優しい男でした。影でパンウルが傷つかないように支える思いやりは素敵です。きっとパンウルとは結ばれないのでしょうから、最後は優しい女性と出会って幸せになるサンチョルの姿が見たいです

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください