愛はビューティフル人生はワンダフル-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ジヌと一緒に事故に遭ったヘランが昏睡状態から目を覚ましました。
ソラとヘラン、ソラとファヨンなど女のバトルが激化しそうな予感…。
また、交通事故の真相はこのまま揉み消されてしまうのか…。

スポンサーリンク

    【愛はビューティフル、人生はワンダフル】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    19話

    ヘランの父で警部のジュニクはジュンフィに今回の交通事故について真相を明らかにするため調査を始めると宣言。
    それを聞いたジュンフィは感謝を告げた。
    一方、チョンアはリムと話していた。
    そこでチョンアは交通事故の当事者であるヘランが目を覚ましたことを知る。
    「彼女の証言により、リムの潔白が証明されるかもしれない」
    チョンアはそう期待する一方、リムは「もしそれでもダメならマスコミに告発する」と話した。
    その後、リムは院内でジュンフィと遭遇し2人で話すことに。
    そこでジュンフィはリムがチョンアに想いを寄せていることを知るのだった。

    チョンアが気になり始めているジュンフィにとっては複雑な心境でしょうね…

    その後、テランはヘランのお見舞いに来ていた。
    そこでテランはジヌの病室に行こうとしていたヘランに「彼には妻がいるんだぞ!」と語気を荒げる。
    するとヘランは「彼の妻は彼を愛していない。金目当てよ。私はあの人を愛している」と言う。
    ソラはその会話を病室の外で聞いてしまい、憤る気持ちを抱えながら病室に乗り込む。
    そしてソラは、ヘランとテランに罵声を浴びせ立ち去った。
    その後、テランはソラを追いかけ車の中で2人で話すことに。
    するとソラは「実家に帰りたい…」と胸の内を明かし涙を流し、その姿を見たテランはソラを実家へと送り届けた。
    久しぶりに実家に帰宅したソラを両親と妹、そしてチョンアは優しく迎え入れるのだった。
    その後、ソラとチョンアは2人で外を歩きながら話すことに。
    そこで2人は長年のわだかまりを解消するのだった。

    スポンサーリンク

    20話

    ソラが実家に帰って来たことを喜ぶ父は母と話していた。
    そこで父は9年前にチョンアが死のうとした理由が学校でのいじめだったことを母から聞かされる。
    その後、父はチョンアに優しい言葉を掛けるのだった。

    これまでチョンアを落ちこぼれだと冷たくしていた父も真相を知り優しくなりましたね

    翌朝、ソラは実家から帰宅するとファヨンからテランとの関係を追求される。
    ソラは浮気を否定するも、ファヨンは信じていない様子で部屋に入って行った。
    その後、ソラが病院に行くとヘランがジヌの病室に来ていた。
    ヘランはソラが来ていることに気付いておらず「愛してる」とジヌの手を握る。
    その様子を見たソラは憤りヘランを病室から追い出そうとする。
    するとヘランは動じず強気に「奥様・ファヨンは彼の財産を、そして私は彼をもらいます」と宣戦布告するのだった。

    ヘランの真っ直ぐな眼差し怖っ…

    その後もヘランは「会長・ファヨンと約束があるから」とジヌの病室に居座るなか、ファヨンがやって来る。
    そして2人で話をするということでソラは病室から追い出されてしまった。
    ヘランと2人になったファヨンは、事故について警察に相手の過失だと嘘の供述をして欲しいと頼む。
    少し悩んだヘランは「わかりました」と答えるのだった。
    その後、ソラは病院を出たところでヘランの父で警部のジュニクと遭遇し2人で話すことに。
    ソラはジュニクに夫とヘランが不倫関係だと明かそうとするも、そこにヘランがテランと共にやって来たため、ソラはその場から立ち去った。
    その後、ジュニクはヘランに事故のことを尋ねると、ヘランは「向こうが突っ込んで来た」嘘を話す。
    それを聞いたジュニクはヘランが嘘を言っているとすぐに気付くのだった。
    その後、リムのお見舞いで病院を訪ねたチョンア。
    するとそこでヘランとすれ違ったチョンアは学生時代にいじめられていたことを思い出すのだった。

    ヘランは学生時代にチョンアをいじめていた生徒だったでぽいですね…

    スポンサーリンク

    21話

    事故に関してファヨンがヘランに嘘の供述をさせていることを知ったチョンアは、リムに過失がないとファヨンに直談判しに行くことに。
    そしてジヌの病室の前でソラと遭遇しらチョンアはソラと2人で直談判へ。
    するのそこでチョンアとヘランの関係性が明らかになる。
    実はチョンアとヘランは高校の同級生でチョンアをいじめていたのはヘランだったのだ。

    世間は狭いですね…

    そしてチョンアはヘランに偽証の件を、ファヨンに証拠捏造の件を追求するも状況を変えることはできず2人は病室を後にした。
    一方、ジュンフィはジュニク警部の元を訪ねていた。
    ジュニク警部は事故当時ジヌの後方を走っていた車のドライブレコーダー映像を入手していて、明らかにジヌの過失だと知る。
    初めは娘を守るためにそれを公にしないことを決意したジュニク警部だったが、それでは娘のためにはならないと思い直し、その映像のメモリーカードをジュンフィに手渡すのだった。

    ジュンフィの話がジュニク警部を改心させたようです

    その後、ジュンフィはファヨンの家を訪ねていた。
    そこでファヨンがチョンアに渡した1億と、ジヌの過失だと証明する事故映像のメモリーカードを渡し、事故について真相を公にするよう説得。
    するとファヨンは「お前が責任を取り海外支社に行くなら従おう」と告げる。
    それを聞いたジュンフィは「ある人に会ったら発つ」と答え、交通事故についてはリムの過失を撤回に示談にする方向になるのだった。
    一方、ソラの元に弁護士から電話が入る。
    どうやらソラとテランが食事をする写真がSNSで出回り、ファヨンから改めてソラにテランとの関係を問い詰める。
    するとそこにテランが仲裁に入りその場は収まったが、ファヨンの疑念はますます深くなるのだった。

    ここでテランが仲裁に入るとファヨンからますます怪しまれるのは当然ですよね…

    スポンサーリンク

    感想

    19話では昏睡状態から目覚めたヘランとソラが対峙しジヌを巡るバトルが繰り広げられた回でした。
    さらにソラが9年前に家出した実家に久しぶりに帰る場面もあり、温かく家族から迎え入れられる様子はハートウォーミングでした。
    20話ではソラとヘランのジヌをめぐるバトルがさらに加熱していました。
    ヘランがソラに宣戦布告する場面は少し怖かったですね。
    ラストにはチョンアとヘランが知り合いだということを伺わせる場面もあり、21話では高校時代にヘランがチョンアをいじめていたという事実も判明しました。
    交通事故に関しては隠蔽・捏造などは無しになり真実が公になる方向で進みつつあるのでとりあえずひと安心でした。
    ラストにはチョンアが9年前に電車で出会った高校生だとジュンフィが気付いたっぽい一幕があり、次回どんな展開になるのか楽しみです。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください