操作-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-操作-あらすじ-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

操作

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
パク・ウンモはビルの屋上から誤って転落。
愛国新聞にムヨンがいることを知ったソラ検事。
事件の黒幕は果たして・・・。

【操作】ネタバレあり

第5話

チョロが生前取材していた事件、海洋警察官殺人事件の犯人とされるユン・ソヌ。
彼を担当する弁護士は、法務法人ノアの敗訴担当弁護士だと言う。
有罪にする為に呼ばれる弁護士だと。

ムヨンに内部告発をする弁護士事務所ノアの職員チェ・スヒョン。

ムヨンは刑務所の中のユン・ソヌに面会を申し出るが頑なに断られる。
そこで、ヨンボム派のヤン会長に協力を依頼。
ヤン会長をヨンボム派の会長にしたのはムヨンだと恩を着せる。

ソクミンは大韓日報のク常務に頼み込む。
「チョロの事故は殺人だ」と言うソクミン。
「事件の真実を明らかにしたい。スプラッシュチームの復活を」と頼むのだった。

ユン・ソヌは、刑務所で自殺を図り仁川病院に入院中だった。
「無実を証明したい」とムヨンに連絡が来る。

病院から偽装誘拐を企てソヌを連れ出すムヨン。
自ら人質となり、ソヌは病院から抜け出すため悪役を演じる。

そしてやって来たのは愛国新聞。
驚く仲間達を尻目に、「捏造された事件の真相をインターネット放送しよう」と提案するムヨンだった。

ユン・ソヌは事件当時、酒場の店員だった。
常連客だった海洋警察官の殺人現場に居合わせただけで犯人にされてしまったと言うソヌ。

警察官や裁判官、検事だからと信じた結果がこれだと言うソヌ。

初めからソヌが犯人に仕立て上げられるよう仕組まれていたようですね

そしてこの事件には、大韓日報が関わっていると言う。
初めからソヌを犯人に仕立て上げようと、警察が現場にやって来た時間より早く記事を出している大韓日報。

インターネットでソヌは真実を語る。
世論を味方につけ事件の真相に迫ろうとソヌを手助けするムヨン達愛国新聞。

ソラ検事は、ソヌの人質がムヨンであることを知る。
そしてソヌが保護されていることを悟るのだった。

インターネット放送を見たソラ検事は。
大韓日報に捜査令状を請求したと言う。

報告を受けるク常務だった・・・。

第6話

ユン・ソヌの身柄を保護するのはヨンボム派のヤン会長達。

ソクミンは海洋警察官殺人事件の記事を書いたのがチョロだと知っていた。
そこで調べることに。

チョロをトラックで跳ねたという犯人の男の元婚約者は、ソクミンに話した事と同じ事を以前ク・テウォンに話したと言う。
ク常務がチョロの死に関わっていることを知ったソクミン。

今回の海洋警察官殺人事件にも常務が関わっていると思い、「証拠はデータに保管し持っている」と話すソクミン。

そうこうしているうちにソラ検事は大韓日報へとやって来る。
慌ててデータ削除を行おうとしていた大韓日報。

ノアの代表弁護士チョ・ヨンギ。
彼はソヌの15年来の友人をうまく抱き込み、ソヌがうその証言をしていると話させる。

翌日の新聞のトップ記事に。
ソヌはムヨンに電話。

「最後にお礼が言いたかった。信じてくれてありがとう」と話すソヌ。
橋の欄干にのぼり自殺を図るユン・ソヌ。

ムヨンは慌ててソヌの元に駆けつける。
ところがムヨンの前でソヌは飛び降りるのだった。

遺体がまだ発見されていませんが・・・まさか生きているの??

脱獄犯ユン・ソヌの自殺として大きく報道される。
ムヨンはソヌが目の前で飛び降りたと警察に話していた。

ムヨンはソヌの証言が、友人の嘘のせいで台無しになったとその友人を問い詰めていた。
チョ・ヨンギからお金をもらい、ソヌが嘘のと話をした事を認める。

そんなソヌの友人にムヨンは言う。
「俺はソヌの潔白を証明する。どんな脅迫にも屈しない、お前は俺の証人になってくれ」と話すのだった。

承諾するソヌの友人。

第5話から第6話の感想

チョロは生前記事の捏造をしていたようですね。
それに気づいた親友のソクミン。
チョロを問い詰めます。
チョロはク常務からの圧力で彼の指示を受け入れることしかなかったのでしょう。
それに気づいたソクミン。
チョロの事件の真相をこの手で明らかにしようと調べ始める。
ソラ検事の正義感にあふれた眼差しと行動には頭が下がりますよね。
かつて八百長事件の時にもソラ検事はムヨンを助けたかったのですが。
この時も上司からの指示で思うようにいかなかったのです。
大韓日報と言う大きな報道機関で、常務と言う立場の人間が関り、1人の人生をも狂わしてしまう。
そんなことが絶対にあってはいけないと強く感じさせる今回の内容。
法の元にもかなわない権力・・・。
色々と考えさせられる重みある内容です。