操作-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-操作-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

操作

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
橋の上から投身自殺したと思われていたユン・ソヌが生きていました!
愛国新聞の記者達もびっくりです!
ムヨンに協力するソラ検事にソクミン。
今後の世論の動きにも注目ですね!!

【操作】ネタバレあり

第11話

マスコミと検察の機能不全により、ユン・ソヌは被害者となってしまったのだ。
ユン・ソヌが本当の意味で生き返る為には、1度死んでもらう必要があったとソクミン。
ゆえに彼は自殺したこととなったのだった。

ソラ検事は裁判で、この事件に関し「抗告しない」と宣言する。
「マスコミの力を借り脱獄までしなければ、再審の機会さえ得られなかった」と。

ソラ検事は、事件の真相を明らかにする事に勤め、「ユン・ソヌが失ったものが少しでも取り戻せることを願う」と言う。

ソクミンと会うムヨン。
兄チョロの捏造記事のことを知る。

ソウル中央地検チャ部長検事はナム・ガンミョンと言う男を追っていた。
整形をし、顔を変えて生きているようであるこの男。

ソラ検事が捜査を進めているユン・ソヌの海洋警察官殺人事件。
元署長や服役中の男から話を聞くソラ検事たち。

そこである事実が判明。
ある実業家を密航させたとき、不始末が起きたと言う話だった。

既に死んだとされていた実業家を密航させたと言う奇妙な話。
実業家の名前は、ナム・ガンミョン。

チャ部長検事も追っている男だった。

なんだかつながって来ましたね

ク常務の妻は入院中だった。
二度目の心臓移植が必要のようである。

そこでチョ弁護士に頼み事。
最近2人の関係はあまりうまく行っていないようであるが・・・。

「心臓移植の待機順番を変更してほしい」とチョ弁護士に頼むク常務。

ク常務とチョ弁護士の上には何らかの大きな組織がある。
その組織の意に沿って動いている2人。

黒幕のその組織は、最近ク常務に対して信頼を失っていると言うチョ弁護士。
益々2人の間には亀裂が・・・。

チョン刑事の死因が判明。
毒物は検出されなかったという。

ソラ検事とムヨンは、遺体の検視からも毒物を免れる程の力がある大物がバックについていると確信していた。

ムヨンは1つ気になっていた。
死を前にしたチョン刑事がムヨンの目を見ながら、「タバコが吸いたい」と言った事。

「もしかして何かを伝えたかったのではないか??」と考えるムヨン。
「遺留品の中にタバコとライターは無かったか?」とソラ検事に尋ねるムヨンだった。

第12話

ソクミンはク常務に詰め寄る。
ソンシクが以前ク常務との会話を録音していたUSBを見せ、スプラッシュチームの編集権を求める。

するとク常務は、責任逃れの為にキム部長という身代わりを用意していた。

どこまでも用意周到なク常務です

ソクミンがク常務の部屋から出るときに渡されたUSB。
それはソンシクとク常務の会話のUSBではなかった。

ク常務の意図は、スプラッシュチームに全ての責任を取らせようとしているク常務の罠だった。

ソラ検事はチョン刑事の遺留品を確認しに行く。
そしてその遺留品の中にタバコとライターが。
ライターに見せかけたUSBを発見する。

ところが手首に入れ墨のある男が、ソラ検事の遺留品を狙っていた。
ムヨンはすぐにソラ検事に電話。

大通りでタクシーを拾ったソラ検事だったが、なんとそのタクシー運転手はあの手首に刺青のある男だった。

タクシーから逃げ出そうと必死のソラ検事。
首を絞める刺青の男。

殺されそうになったソラ検事は手に握っていたUSBのライターを座席に落とし、命からがら逃げだすのだった。

街を彷徨っていたソラ検事を見つけたムヨン。
恐怖におびえたソラ検事を抱きしめる。

ク常務に渡されたUSBに入っていたのは死んだとされているナム・ガンミョン。
生きていると思われるナム・ガンミョンについて調べ始めたスプラッシュチーム。
同じ頃、チャ部長検事もナム・ガンミョンを調べていた。

チャ部長検事もナム・ガンミョンの逮捕に1歩踏み出す。
そしてソンシク率いるスプラッシュチームもまたこの事件を調べ直す。

死んだとされるナム・ガンミョンの白骨化遺体。
疑惑が世論を渦巻いていたが、チョロの捏造記事により鎮静化したと言う。

大韓日報と言う大きな会社の名前は世間を簡単に騙してしまう。

ソンシクと、インターン記者のコン・ジウォン。
2人はナム・ガンミョンの白骨遺体を担当したと言う刑事に会いにやって来る。

遺体の確認は科捜研と家族が悪人したと聞くソンシクとジウォン。

第11話から第12話の感想

今回もとってもスリリングな内容でした。
ソラ検事があの手首に入れ墨のある男から殺されそうになったのです。
感情が全くなく、抑揚のない喋り方をする非情な男。
何人も手にかけてきた男です。
ソラ検事には脅しだったのか、本気で殺そうとはしていないようでしたがとても危険な目に遭った事は事実です。
この事件の真相を暴こうとする人間は、皆危険にさらされているようですね。
5年前の事件と繋がっているという全ての事件。
ユン・ソヌが犯人に仕立て上げられた海洋警察官殺人事件にチョロのひき逃げ事件。
そしてチョロの捏造した記事・・・。
スプラッシュチームで記者として働いているユギョンにとっても、チョロが記事をねつ造していたことが信じられずショックのようですね。
政治的な大物も絡んでいると思われる事件の真相は、いつか明らかにされるのでしょうか。
これ以上被害者が出ないことを祈りつつ、続きがとっても気になります!!