新米史官ク・ヘリョン-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-新米史官ク・ヘリョン-あらすじ-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

新米史官ク・ヘリョン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヘリョンを追いかけて行った森の中で、二人で雨宿りをするシーンが素敵でしたね。トウォンの顔がヘリョンに対して、どんどん緩んでいくのがいいです。自分ではきっと気づいていないでしょうけど(笑)
ウウォンとイクビョンの間にある関係性も見えてきて、ウウォンもイクビョンの被害者だったとわかります。
さて、一番気になるヘリョンと、トウォンの関係は今話ではどこまで進むでしょうか?

【新米史官ク・ヘリョン】(ネタバレあり)

11話

ヘリョンは王と左議政のイクビョン。
二人の会話を記録に残すために、王の寝殿にいくものの尚膳に追い返されてしまいます。

追い払われたもののウウォンに中にどうやっても、入らなければいけないと聞かされていたヘリョンは、隠れて会話を盗み聞きします。
隠れて聞いていたことがバレて捕まります

王に詰問されるものの、史財記だから言えないとヘリョン。
これに腹を立てた王は、ヘリョンを取り調べが行われるウィグムフへと送ります。

ヘリョンがウィグムフ(義禁府)へ連行されたと知ったトウォン。
サンボに公服を出すよう命じると、父親である王に嘆願しにいくと。

サンボに止められるトウォン。
サンボ、トウォンのことわかっていますね

ヘリョンは史官なので大丈夫だと話すサンボ
それでも嘆願しに行こうとするトウォン
サンボは自分の身の危険を考えるよう諭します。
足を掴んで必死のサンボ

芸文館ではヘリョンが連行され、牢屋に入れられたことが広まります。
史官たちはヘリョンを心配し、シヘンは陽動作戦を行うことに。

何かと理由をつけては、朝廷に行かない史官ら。
王はこれに激昂し、売られた喧嘩は買う。史官と戦い史上初、史官に勝った王になると言い放ちます。

その後、芸文館に乗り込んでくる、承政院のものたちと掃除道具を持って戦う芸文館の面々。

トウォンはヘリョンのいる、牢屋に忍び込みます。
食べ物を差し入れするトウォン
食べる気分じゃないかも・・・・

ヘリョンは芸文館のみならず、宮殿から追放されることを恐れています。
ヘリョンの心配を知ったトウォンは、その時は自分も一緒に出ていくと話します。

トウォンの優しさに感動するヘリョン・・・。
ヘリョンはトウォンの頰にキスを・・・・。

王に対して市政記の監査はしてはいけないと、王命を下げるよう嘆願をするウウォン。
ウウォンは目の前に斧を置いています・・

ウウォンに激怒する王はウウォンの前にあった斧を取り上げようとします。
そこにやってくる成均館の儒生たち。

成均館の儒生たちは、王に抗議をします。
そこに芸文館の史官らも加わります。

その後、イクビョンに王命を下げるのが賢明だと諭された王。
市政記の監査命令を取り下げることになります。

ヘリョンも無事、牢から出ることができますが・・・。

12話

牢屋から出ることはできたものの、王命によって早朝から深夜まで働かされることになったヘリョン。

イム大妃の寝殿へと向かいます。

王妃の寝殿にジン、セジャビン、王、トウォンが揃います。
王に対して皮肉を言う王妃。

王に一日中付いて回り、記録を取らされるヘリョン。
王はヘリョンにわざと大便をもたせて運ばせたり、長い長い上訴文を読ませたりなどの嫌がらせを行います。
いい年をした大人のすることなの?

これに憤慨するヘリョン。
ヘリョンに何があっても退くなと、はっぱをかけ激動する芸文館のシヘン。
ジンはサヒを伴い潜行に出かけます。
子供や市場の店主らと気さくに話すジンを見たサヒ。
ジンの意外な顔を見たような気がします。

殿下であるジンの笑顔を初めて見たとサヒ。
ジンはサヒと酒を飲みながら、子供の頃の話をします。
宮殿の外で育った話や、将軍になりたかった夢

冗談を交え話すジンにサヒは笑みがこぼれます。
なんだか憂いの瞳・・・・(^ ^)

一方のトウォンは勉学に励みます。
急すぎます・・・。今までしなかったのにぃ♪(´ε` )

勉学に励みながら王に気に入られれば、宮殿から出宮できる日がくるかもしれないと期待しているトウォン。

妄想は膨らみます。
♪(´ε` )

出宮すればヘリョンとも結婚して・・・。そのあとはもう永遠に幸せだと妄想が止まらないトウォンに呆れる侍女たち・・・。
甘い!あの王とイクビョンを忘れてはいけません

王はヘリョンを呼び出すと、酒を勧めます。
酔わせるつもりなら、酒には強いので無駄だとヘリョン

これに激怒する王。
王はヘリョンにわざとヘリョンをいじめ抜いているのに、気がつかない馬鹿なのかと罵ります。
知っていると答えたヘリョンは、史官の道理のためだと答えます。

書いた内容を言えないと言うのであれば、全て消し去って処理してしまえと話す王。
言うことを聞けばどんな願いも叶えると話します。

ヘリョンは王とイクビョンの記録を残していなかったと話します。
盗み聞こうとしたけれど、何もかけなかったと話すヘリョンに、自分を愚弄したのかと王。

ヘリョンは偉大な君主の姿を見たと話します。
偉大な君主・・・ヘリョンは何かを考えているのでしょうか?

優れた王は史官を恐れ、優れた史官は王を恐れない。
王は見習いである私を恐れ、権力を使用せずに最後まで話し合おうとされました。
その姿を記録に残すつもりでいます。と話したヘリョン。

ヘリョンは見事に王の心を掴み、王は芸文館の史官たちにどんな場所にも許可なく立入れる権限を与えます。

芸文館の史官たちは喜び、酒の宴を開くことにしますが・・・。

感想

王をも恐れないヘリョン。強い女性だと感心しきりです。
王は自分の感情に任せ怒りを爆発させますが、至って冷静なヘリョンは王の上をいく頭の持ち主ですよね。トウォンもヘリョンにどんどん夢中で一人、妄想を膨らませる姿は可愛い男の子。トウォンが書いた詩も素敵です。ヘリョンにあてた詩のようです。ヘリョンまたもや自らキス(笑)ヘリョンも積極的な感じがしますね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください