明日もスンリ-あらすじ-64話-65話-66話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-明日もスンリ-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

明日もスンリ.jpg
韓国で最高視聴率13.6%を記録した「明日もスンリ」。「スンリ」は日本語にすると「勝利」。ヒロインハン・スンリ(チョン・ソミン)は愛するソヌの子どもを身ごもるが男に裏切られてしまう。しかし、タイトルのごとく、自分の夢の実現のために逆境にも立ち向かい、乗り越えていくサクセスドラマです。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スンリとソヌとの過去がホンジュにばれそうになりましたが、なんとか誤魔化したスンリ。しかし、今度はスンリの子どもが死んだのはソヌのせいだと言う言葉をジェギョンに聞かれてしまいました。今度は誤魔化せるのでしょうか。

【明日もスンリ】(ネタバレあり)

【64話】

ソヌのせいで子供が死んだと言うのはどういうことかと聞くジェギョン。
俺が説明すると言うソヌ。
スンリは友達の恋人だった。しかし、その友達には結婚を約束した婚約者がいた。妊娠をたてに友達にせまるスンリを止めていた途中で流産してしまったと話すソヌ。
友達=ソヌ
親同士が友達で、今度は友達の恋人なんて信じられないと言うジェギョン。
しかし真実だと言うソヌ。スンリのことを嫌っているから言いだせなかったと言うソヌ。
その友達は誰かと行くジェギョンに今は海外にいると言うソヌ。
もしかしたらスンリの相手がソヌかと思ったと言うジェギョン。
正解!
翌日、スンリに話があるというジェギョン。
ソヌの友達の話をするジェギョン。スンリがしつこいから捨てられたのだろうと言う。
流産はソヌのせいではない、夫に嫌がらせをするならスンリの過去を暴いて表を歩けないようにしてやると言うジェギョン。
スンリはソヌに自分だけ助かって、自分を悪者にしたと怒る。追及を切り抜けるためにしかたなかったというソヌ。それが嫌なら真実を離せばいいと言うソヌ。
スンリは机の上にあった鉛筆立てを投げつけた。自分でも何をするかわからないから、これ以上刺激するなというスンリ。
切れたスンリにさすがのソヌも焦った
醤油の発酵のための決裁を申し出るホンジュに、どうせ失敗するだけだと決裁しないジェギョン。
発酵のテストを家でやってみようと言うスンリ。
家でやってみたがまたカビが生えてしまった。
方法を変えてみようというスンリは、祖母の机の下からでてきた白炭を見て、これを使えばカビを抑えられるだろうと言う。
ジェギョンはスンリたちの研究はやめて他の人達を手伝えと言う。
予算を無駄に使いたくないと言うジェギョンに、俺たちが成功しそうで怖いのだろうと言うホンジュ。
ジェギョンはホンジュに、スンリの過去の話をする。
ホンジュに嫌な思いをさせてごめんと謝るスンリ。
まさか相手がソヌの友達だとは思わなかったと言うホンジュ。
昔のことは蒸し返したくない、今が幸せならそれでいいと言うホンジュ。
相手がソヌとわかっても大丈夫だよね?
2人でときめく未来を作ろうと言うホンジュの言葉に泣くスンリ。
白炭を使ったことでカビが生えなくなった。
そしてできた醤油をソヌに提出する。
ソヌは味見もせずにゴミ箱に捨てた。
水分なのにゴミ箱?
生産が不可能は商品を生産することはできないというソヌ。単価が高いし機械の入れ替えも必要だから、そこまでして開発する必要はないと言うソヌ。
ホンジュはジェギョンに直接会長に直訴したくないから決裁しろと言う。
もめているところにジェギョンの母がやってきた。
母に娘をしつけ直せ、ソドンの恥だと言うホンジュ。
会長に首にしてもらうと言う母。
自分には非がないから好きにしろと言うホンジュ。
スンリは成功した醤油をドンチョンの秘書に渡す。
ジェギョンの母がドンチョンの部屋にいるときに、その醤油を持ってきた秘書。
醤油を味見したドンチョンは良い味だと褒める。
ジェギョンは資料室で高いところにある資料を取ろうとして椅子から落ちてしまった。そのまま気を失ったジェギョン。
妊婦がやることではないでしょう
ジェギョンの部下のミンジュンが倒れているジェギョンを見つけて人を呼びに行った。
そこにスンリが入ってきた。
病院に連れて行ってほしいとスンリに頼むジェギョン。
病院で目を覚ましたジェギョンは流産してしまった。
ありえないと言って泣くジェギョン。
倒れているジェギョンを救急車に乗せただけだというスンリに、スンリがやったと言うジェギョン。

【65話】

スンリが自分を押して椅子から落としたと言うジェギョン。
違うと言うスンリに出て行けと言うジェギョン。
ドンチョンまで出て行けと言う。
流産して号泣するジェギョン。
罰が当たった
家に帰ったスンリはジェギョンが流産したとホンジュに話す。
ソヌがンリに家の前にいるから出て来いとメールを送ってきた。
いくら自分のことが憎いからってジェギョンを流産されるなんて、なんてことをするのだと言うソヌ。自分はやっていないと言うスンリ。
ジェギョンが子どものことで嘘をつくはずがないと言うソヌ。
奥さんは自分を殺そうとした人だ、奥さんをわかっていないと言うスンリ。
ジェギョンを侮辱するなというソヌ。
ソヌもジェギョンが平気で嘘をつく人だと知っているはずですが
ソヌにつかまれているスンリを助けるホンジュ。
ソヌにさっさと消えろと言う。
スンリはホンジュに倒れているジェギョンを病院に運んだら、自分のせいで流産したと言われたと話した。
今は流産して気が動転しているだけだと言うスンリ。
まだ甘い!
会社でもスンリのせいでジェギョンが流産したと言われた。
なせ、見ていたミンジュンはだまっているの?
病室からいなくなったジェギョン。
屋上から下を見ている。
そこにソヌと母が走ってきた。
子どもが自分のすべてだったと言うジェギョン。
子どもがいなくなって生きていく意味がないと言う。
スンリへの復讐がすべてのように見えましたが
スンリはジェギョンの母に呼び出された。
水をかけられるスンリ。
娘を殺しかけておいて今度は流産させて、娘は自殺しようとしたと話す母。
同じ目にあわせてやると言って去っていく。
ジェギョンが死のうとしたことをドンチョンに話すジェギョンの母。
スンリを解雇しろと言ったのにしなかったからこうなったと言う。
今度は娘まで失いたいのかと言う母。
水をかけられたことを知ったホンジュはドンチョンに事実を話に行くと言う。
そこにジェギョンの母がきた。
スンリは娘を助けただけだ、無実の人に濡れ衣を着せるなというホンジュ。
ジェギョンがさっき死のうとしたと言うジェギョンの母。
ミンジュンが見舞いにやってきた。
ミンジュンは倒れていたジェギョンを見てびっくりしたと話す。
自分が倒れていたことは黙っていろと言うジェギョン。
この件を話したら首にするとミンジュンを脅す。
だから早く言えばよかったのに
ソヌの母はジェギョンの流産のことを聞いて病院にやってきた。
気をつけないから悪いのだとジェギョンを責める母にスンリのせいだと言うジェギョン。
タイ焼き屋に戻ったソヌの母はジェギョンの母にスンリのせいで嫁が流産したと言う。明日から来るなと言いスンリの母を追い出した。
ミンジュンは、ジェギョンにスンリは悪くないから本当のことを話したいと言う。
その話をきいていたソヌは、ジェギョンになぜ嘘をついたのかと言う。
嘘ではない、スンリのせいでストレスがたまっていたからそのせいだと言うジェギョン。やり過ぎだと言うソヌに説教は聞きたくないと暴れるジェギョン。
スンリは言いたい事があると病院にやってきた。
ジェギョンは、今は正気でないから帰れと言うソヌ。
真実を明らかにしてこそ人間らしく生きられると言うスンリ。
スンリはジェギョンの病室に入る。
自分も同じ気持ちを味わったからジェギョンのことを理解しようと思ったが、嘘をつくのは許せないと言うスンリ。もう我慢の限界だ、本当のことを言わないなら自分が話すと言うスンリ。
ジェギョンの母に追い出されるスンリ。
その様子を見ていたスンリの母はソヌがスンリにしたことを全て話してやると言う。
ジェギョンの病室にやってきたスンリの母。
ソヌがスンリに何をしたのか知らないだろうと言うスンリの母。

【66話】

病室にスンリとソヌが入ってきた。
うちの婿がスンリに何をしたって言うのかと言うスンリの母。
スンリとソヌは母を連れて行く。
ソヌは過去がばれたらスンリも無事ではないと脅かすソヌ。
スンリは苦しめられ、ソヌだけ無傷なのは不公平だと言う。
それなら何もかも話せばいいと言うソヌ。どっちが破滅するかやってみろと言うソヌ。
当然ソヌが破滅するでしょう
今ばれたら解雇されると言うスンリは母を止める。
友達の恋人だったというくらいでスンリの母があんなに怒るのはおかしいとソヌを疑うジェギョンの母。
ソヌはテソン醤油が食品偽造を起こした時に助けを求めてきたが、それを断り、そのあとで父親が亡くなったのでスンリ親子は自分のせいだとうらんでいるのだと言うソヌ。
よくそこまで嘘がでてくるのね~
ソヌに今度はどんな嘘で切り抜けたのかと聞くスンリ。
母親を監視しろと言うソヌ。
問題を起こしたのはジェギョンだ、ソヌこそ家族を監視しろと言うスンリ。
スンリの母はスンリに、自分は昔ある人に人間をしてはやってはいけないことをしたから、今その罰を受けているのだと言う。
赤ちゃんのホンジュを連れて行ったことだ
タイ焼き屋に働きに来たスンリの母。
スンリのために秘密を守るべきだと言うソヌの母。
そこにやってきたジェギョンの母。
スンリの母に話があると言う。
スンリの母にお金を渡し、これで店でも開け、ジェギョンがスンリのせいでストレスを受けていると言う。
お金を確認して、財閥のくせにケチだ、あなたのお金は絶対に受け取らないと言うスンリの母。
かっこいい!
明日、ジェギョンが退院してくるから今日中に謝るように言う上司。
退院したジェギョンは家で休む。
ジェギョンに何かあったら生きていけないと心配するドンチョン。
ソヌにスンリの母が近くにいると気が休まらないと言うジェギョンの母。ソヌにソドンの後継者はジェギョンだとくぎを刺す。
刑事からお金が振り込まれていないと電話がかかってきたソヌ。
今日中に振り込むと応える。
今度はジェギョンの母が株を買い占めているようだとの報告を受けたソヌ。
ソヌはジェギョンがスンリの父を車ではねた時の動画を持っていて、それはジェギョンの母を脅迫する時のために保管していたのだった。
だまし合いですね~
ソドンをホンジュに取られたくないなら会社に出勤しろと言うジェギョンの母。
ジェギョンが倒れた日にミンジョンが資料室に行ったことを聞いたスンリ。
ミンジョンに電話がかかってきた。ジェギョンからだった。
一人で椅子から落ちたことは言っていないと話しているのを聞いたスンリ。
スンリに聞かれたことに気付いたミンジョンは、ジェギョンに頼まれた、本当のことを言うと自分が首になるとスンリに謝る。
上司から資料が届くから駐車場に行くように言われたスンリ。
駐車場に行くとジェギョンがやってきた。
ミンジョンとの通話を聞いたと言うスンリ。
流産の根本的な原因はスンリだと言うジェギョン。本当のことを言えと言うスンリ。
そこにドンチョンが来たことに気付いたジェギョンは、わざとスンリに嘘をつくのはやめてほしい、自分は子供を失ったのだから気遣ってほしいと頼む。つい魔がさして自分を押したのだろうと聞くジェギョン。
ドンチョンはスンリに病み上がりの人を責めることはやめろと言う。
ジェギョンはドンチョンに今までスンリに嫌がらせを受けていたのだと話す。
ジェギョンにスンリに濡れ衣をきせたことを責めるホンジュ。スンリに謝れと言う。子どもを失った悲しみがわからないだろうと言うジェギョン。
またソヌに刑事から電話がきた。お金が足りないと言う刑事にいい加減にしろと怒るソヌ。
ソヌの態度に怒った刑事はスンリに再捜査をすると呼び出した。
そこにソヌがやってきた。

64~66話感想

ジェギョンは勝手に椅子から落ちて流産したのに、スンリのせいにするとはあきれますね~。嘘がばれても根本的な原因がスンリによるストレスだとはよく考えました。人を陥れることばかり考えているから、お腹の赤ちゃんはそんな母の子どもになりたくなかったのですよ。かわいそうですが自業自得です。