明日もスンリ-あらすじ-121話-122話-123話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-明日もスンリ-あらすじ-121話-122話-123話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

明日もスンリ.jpg
韓国で最高視聴率13.6%を記録した「明日もスンリ」。「スンリ」は日本語にすると「勝利」。ヒロインハン・スンリ(チョン・ソミン)は愛するソヌの子どもを身ごもるが男に裏切られてしまう。しかし、タイトルのごとく、自分の夢の実現のために逆境にも立ち向かい、乗り越えていくサクセスドラマです。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソヌはもうジェギョンの使い道がないと考えたのか、ジェギョンにも本性を明かしました。ソヌのために生きてきたジェギョンはどうなってしまうのでしょう。
スンリとソヌとの過去を知ったドンチョンは、ホンジュとの仲を認めません。
スンリの優しさを知っているはずなのに、過去は許せないのでしょうか。

【明日もスンリ】(ネタバレあり)

【121話】

ジェギョンから離婚届を突きつけられたソヌは、ついにジェギョンに本性を明かした。
ジェギョンを必としなくなった時に離婚してやると言うソヌ。
ソヌの本性を知ってショックを受けるジェギョン。
ドンチョンはジェギョンの母が理事になったと聞き、ジェギョンを後継者にするためだろうと考えた。
ソヌのことで落ち込んでいるジェギョン。
テソン醤油盗用の件で、ソヌが電話に出ないので刑事が訪ねてきた。
電話に出ろと言う刑事。
ソヌは刑務所にいるパク課長を尋ねた。
無実の自分に罪をきせるなというソヌ。
パク課長はもうソヌの指示には従わないと言う。
娘の援助をしてやるというソヌに、娘の前で正直に生きたいと言うパク課長。
そうだ!そうだ!
マンボクを捜すジヌとミンチョル。
急に態度を変えたソヌに、これ以上利用されたくないと離婚すると言うジェギョン。
そんなジェギョンにひき逃げの映像を見せる。
ソドングループの娘が人殺しと言われていいのかと脅すソヌ。
通報しようとした自分を止めたのはあなただと言うジェギョンに、証拠はない、自分はその場に居合わせただけだと言うソヌ。
ジヌがマンボクを探し当てた。
しかし、また男たちに連れ出されるマンボク。
スンリとホンジュはソヌにマンボクをどこに隠したのかと聞く。
自分に罪をかぶせるのかと言うソヌ。
がんを患っているマンボクに治療を受けせないなんてそれでも人間かというホンジュ。
ジェギョンにロンドンプロジェクトの情報を盗んで来いと言うソヌ。
スンリたちを潰せるチャンスだと言う。
ジェギョンは自分に命令をするなというが、断れない理由があるだろうと脅すソヌ。
最悪な男ですね
ジェギョンはスンリの机の上からロンドンプロジェクトの計画書を探し、ソヌに渡した。
そのプロジェクトで使うレシピをライバル会社に渡すソヌ。
見返りはなんだと行くライバル会社の男に、この情報をつかってもらうだけでいいというソヌ。
断ると言うライバル会社の男に、テソン醤油盗用のときから自分達は仲間だと言うソヌ。
スンリの母が使っている携帯電話の中に必要な録音データがあるから送って欲しいと頼むミンチョル。
その携帯電話の中からソヌと父の会話を見つけたスンリたち。

【121話】

父がソヌにテソン醤油を盗んだと会話をしている録音データを見つけたスンリたち。
ソヌを殺してやると騒ぐスンリの母。
警察に通報しようというセリ。
スンリはこのことは自分に任せてほしいと言う。
警察でテソン醤油盗用の件で調べを受けているソヌ。
自分は無実だと言うソヌ。
そこにスンリやってきて、ソヌが盗用を認めている音声を流して聞かせた。
弁護士を呼べと言うソヌ。
刑事にしっかり調べてほしいと頼むスンリ。
ジェギョンにソヌと別れないと自分のようにすべて失うと助言するスンリ。
ジヌはソヌに本当のことを言ってスンリたちに許しを請えというが、ソヌは自分は悪くないと言う。
兄さんのせいで世間に顔向けができないと言うジヌ。
悪い兄をもってかわいそうに
退院したドンチョン。
家に妻やソヌがいるので、出ていけと怒鳴る。
別荘は妻の名義にしたからそこに行け、それ以外は何も持っていくなと言うドンチョン。
ソヌは追い出したいなら法的な手続きをしろと言う。
ジェギョンの母はドンチョンを再逮捕させる方法はないかとソヌに相談する。
最悪な妻
ロンドンで発表するはずだったレシピがライバル会社から発表された。
ライバル会社の男に会いに行くスンリとホンジュ。
情報を盗んだだろうと言うスンリ。
シラを切るライバル会社の男。
ソヌに父の会社を潰すつもりかと怒るジェギョン。
スンリとホンジュが出て行けば、すぐに収拾すると言うソヌ。
会社に打撃を与えたら許さないと言うジェギョンに、もっと酷いこともやっただろうと言うソヌ。
それは同感! ジェギョンが会社のことを心配するなんて
ソヌはスンリとホンジュを解雇すると発表した。
B&Tの社長や他の投資家を集めるスンリたち。
しかし、未熟な会社には投資はしないとみんなに背を向けられてしまった。
スンリにテソン醤油盗用の調査を打ち切ると言う刑事。
スンリは以前、父と一緒に見た樹の下にやってきた。
スンリは父につらいと弱音を吐き、泣いた。
そのとき、以前父が辛いときはこの樹の下を掘ってみろといっていた言葉を思い出したスンリ。
樹の下からは壺の中に入った種醤油が出てきた。
種醤油を元に新しい醤油を作るスンリ。
その醤油が英国王室御用達と認定された。
展開が早すぎる
その醤油で漬けた漬物を投資家に試食させるスンリ。
会社から出て行かないスンリたちを力ずくで追い出そうとするソヌ。
そこに投資家が入ってきて投資を再開すると言う。

【123話】

B&Tの社長はスンリたちへの投資を再開すると言う。
スンリのおかげで会社が救われたと言うドンチョン。
スンリの父親の種醤油のおかげだと話すホンジュ。
スンリの英国出張のために洋服をプレゼントするホンジュ。
出張にしてはカジュアルな洋服ですね
ホンジュにスンリをロンドンに行かせようというドンチョン。
スンリを諦められないと言うホンジュ。
ソヌとの過去が問題だと言うドンチョン。
スンリはここでやるべきことがあると言うホンジュ。
スンリの父親のひき逃げ犯人を知っているが、証拠がないと言うホンジュ。
犯人は身近な人だが、今は話せないと言うホンジュ。
ドンチョンに呼ばれるスンリ。
ひき逃げ犯人は誰かと聞かれる。
今は言える段階ではないというスンリ。
ホンジュと離れずにいてごめんなさいと言うスンリ。
過去のことだから謝らなくていいというドンチョン。
セリが引き出しの中からソヌの万年筆の写真を見つけた。
それをきっかけに母とセリに事故のことを話すスンリ。
ジェギョンが犯人でソヌが隠ぺいしたことをきいて、2人を刑務所に入れてやると騒ぐセリと母。
ソヌの家に行くという母を、家にはドンチョンもいるからと母を止めるスンリ。
ソヌの母の家に来て、騒ぐスンリの母。
ソヌの母もそのことを知っていたとわかり罵る。
ソヌの母は土下座をして謝る。
自分は殺されてもいいからソヌを許してくれと頼む母。
絶対に許さない!
ソヌとジェギョンをスンリの前に連れてきて謝らせろ、そして自首させろと怒鳴るスンリの母。
ドンチョンを陥れた原因になった帳簿を調べるホンジュ。
ジヌはスンリの父のひき逃げ事故やテソン醤油の盗用のなぞと題して記事を書いた。
ジヌはスンリに自分にできることはこれくらいしかないと謝る。
よくやったよ
ソヌはジヌに記事を訂正しろと言い、ジヌを殴る。
自首しろと言うジヌに、やっと築いた場所にたどりついたのにお前が足をひっぱるなんてと怒るソヌ。
もう弟ではないと出ていくソヌ。
会社に来たジェギョンの母はスンリにまだ会社にいたのか、出て行けと言う。
ジェギョンを苦しめているのは自分ではなくソヌだと言うスンリ。
ドンチョンの病状を調べるソヌ。
それを知ったジェギョンは、今度は何をするつもりかと聞く。
自分を少しでも愛しているなら止めろと言うジェギョンに、一度も愛したことはないと答えるソヌ。
その話を聞いていたジェギョンの母。
2人に出て行けと怒鳴るソヌ。
ジェギョンにすぐにでも離婚しろと言う母。
事故の映像で脅かされていると言うジェギョン。
父やスンリやホンジュがソヌの本性を教えてくれたのにソヌを信じていた自分まだ間に合うよ
ドンチョンの容疑が晴れそうだと話すホンジュ。
ドンチョンはスンリにソヌが関係している事件をまとめてくれと言う。
それを理事会で公表してソヌを解雇すると言うドンチョン。
ソヌに離婚届を突きつけ、ジェギョンと離婚しろと言うジェギョンの母。
離婚したいのなら訴訟をしろというソヌ。
映像を公開したらソヌも終わりだと言う母。
自分の会長解任の理事会が開かれると知ったソヌ。
ソヌはドンチョンに理事会を欠席しろと言う。
会長になる資格はないと言うソヌは、ジェギョンのひき逃げの映像を見せる。
人殺しの父親が会長にはなれないというソヌ。
人殺しの夫はなれるの?

121~123話感想

ソヌは開きなおったのか、次々と本性をさらけだしていますね。ソヌだけを信じていたジェギョンはかわいそうですが、自業自得です。少しは反省にしてスンリに謝罪をしてほしいです。
ドンチョンひき逃げの映像を見せて会長になれないと言いましたが、さんざん悪事を働いて会長になったソヌが言う言葉ではないですね。そろそろソヌが破滅する日が近づいてきたようです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。