最高の恋人-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-最高の恋人-あらすじ-4話-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はアルムの母ボベの再婚話が進み出しましたね。
ギュチャンの母はボベを受け入れるのでしょうか。ちょっと心配です~

アルムは一度エソンのドレス作りに失敗してしまいました。
もう一度エソンの気に入るドレスを作って、フンジャのもとでファッションの勉強を続けられるのでしょうか。
でもデザイナーとしては一流かもしれないけど、フンジャは人としてどうなのでしょう?娘のセランも嫌ですし・・・。

では4話からお伝えしていきますね。

【最高の恋人】ネタバレあり

4話

もう一度ドレスを作らせてほしいというアルムに、エソンは「次に失敗したらファッション業界から身を引く」という条件を出す。

アルムがバイトするカフェにガンホが調査に来る。
そこでアルムはガンホの足につまずいてケーキとジュースをこぼしてしまう。
ガンホは謝るアルムに、高いスーツを汚した事や飲み物の質も悪いと怒鳴り、店長が戻るまで待つと言う。アルムはガンホの偉そうな態度にあきれる。そんなアルムにガンホは接客態度が悪いと怒る
最初の出会いは最悪パターンですね。これから2人がどう接近するのか注目です。

次の日、ヨングァンがフンジャブティックに出社する。有能な人材をスカウトしてきたと皆も歓迎する。

生地市場ではフンジャブティックから手を回されていて、アルムにどこの店も生地を売ってくれない。
そして先日の件でガンホは秘書イ・ボンギルにアルムの働くカフェにクレームを入れさせ、アルムをクビにしてしまう。

その夜アルムは生地を探しにブティックに忍び込むが、フンジャに見つかってしまう。
アルムは「先生が手を回して生地を売らせないようにした」と言うがフンジャには心当たりがない。フンジャはセランの仕業だと気づく・・・

ギュチャンが仕事を終えた空港にボベが迎えに来ている。
ボベの家でみそチゲを食べる。
ギュチャンは「アルムもウチで一緒に暮らそう、アルムの良い父親になりたい」と言う。
ボベとギュチャンは順調に愛を育んでますね。このまま何事もないといいのですが・・・。

ギュチャンの家にギョーザスープを作りにきたボベ。
しかしボベはギュチャンの母に「手作りのギョーザしか食べない。」「他人に台所に入られるのは嫌い。」と言われてしまう。
お義母さんと親しくなりたかったのに、こんな事言われたら落ち込みますよね・・・

家に残っているものを思い出して生地の問題を解決したアルム。
ミシンが壊れて困っていたところへヨングァンから電話があり、こっそりブティックに入れてもらう。
そこへセランがバッグを取りに戻る・・・

5話

ブティックでドレスを作るヨングァンとアルム。
そこにセランが来て見つかりそうになるが、ちょうどガンホから電話が来て間一髪逃れる。

翌日、アルムはエソンのもとに出来上がったドレスを持っていくが、結果はパーティーの日に確認してと言われる。

アルムは帰りのエレベーターで偶然ガンホと会う。
アルムはガンホがイ・ボンギルだと思っている。ドリームグループの社員と知り、カフェには本社からの視察で来たと気づく。
怒ったアルムはガンホの足を蹴って倒す。
「あなたのせいでクビになった」と言い争いになる。
アルムも結構けんかっ早いですよね(笑)、ガンホもいつまで自分の正体を隠すのでしょうか・・・

エソンの家では会長の誕生日パーティーの準備が始まる。
アルムは自分の服だと分かったら見ずに捨てられると思って、フンジャブティックの箱でバイク便を使ってエソンに服を届ける。エソンはフンジャが送ってきたと勘違いする。
アルムは朝自分で届けた服と、バイク便で届けた服と2着用意したそう。考えましたね

パーティー会場でフンジャとセランに会うアルム。フンジャもエソンにドレスを作ったと聞かされる。

ついにパーティーにエソンが現れる。
着ていたドレスはアルムが作ったドレスだった。
アルムが感激してエソンにお礼を言ったことから、エソンはアルムが作ったドレスだと知る。
フンジャは青ざめる。
この時を待ってました!アルムの服が選ばれた喜び。エソンとフンジャとセランを驚かせたかった!でも見習いなのにホント凄いですねー

その頃、母から結婚の許しが出たギュチャンはボベに家族で顔合わせをしようと言う。
明日ヨングァンの彼女に会っていい人そうだったら、その席にヨングァンの彼女も参加させようと。
顔合わせにヨングァンの彼女はちょっと早くないですか?・・・

翌日アルムはフンジャブティックに出社する。
フンジャは体調不良で休んでいるが、セランが「あんだごときがブティックの箱でドレスを送って、お義母様を勘違いさせた」とアルムを叩く。
うーん。叩く必要あります・・・?

ヨングァンの父に会う約束の場所にアルムが向かっている最中に、フンジャから「確認したいことがあるから5分以内に戻ってきて」と電話があり、会うことが出来ない。
まだお互いの関係を知ることはできない・・・バレない・・・わけですね。

フンジャはアルムに誰のデザインを盗んだのかと問い詰める。
セランがアルムの机にあったヨングァンの写真を見つけて、ヨングァンに手伝ってもらったのではないかと疑う。

フンジャの運転手のマルスクはブティックに息子のヨングァンが入るのを見て驚く。

ボベはギュチャンの母に式の日取りを決めたと言われる・・・

6話

ギュチャンの母ボクナムに日取りを決めてもらい、結婚を認めてもらったことが嬉しいボベ。

一方エソンはフンジャに電話を掛け、「見習いの服を選んだのは事実だから、アルムをあなたが育ててみて。私がドレスを選ぶくらいだから、彼女には才能があると思うわ」と言う。
エソンはアルムが作った服だと知って選んでいた。
ガンホは電話のやりとりを聞きブティックの見習いだっだのかと驚く。
エソンはアルムが作った服だと知っていたんですねー。今回のターゲットはフンジャだったそうです。

その頃アジョンの夫で弁護士のビョンギは「自分の事務所を構えようかと思うんだ」と相談する。
アジョンは独立するのは大変と心配するが、ビョンギは「家を担保にお金を借りればいい」と言う。「政治家になる夢を叶えるには今動き出さないと手遅れになる」と・・・。
びっくり、ビョンギは政治家を目指してるんですね・・・

ギュチャンの家では体調を心配するボクナムに「早期退職を願い出た、カフェを開こうかと思ってるんだ。」と打ち明ける。
ボクナムとギュリはボベのせいじゃないかと勝手に心配する。

その週末、アルムとヨングァンは南怡島でデート。偶然ギュチャンとボベも同じ場所へ来ていた。アルムが一人の時にボベと会うが、今回はそれぞれ2人きりで過ごす。
ギュチャンはカフェを貸し切り風船やキャンドルなどで装飾してボベを感動させる。お互いを最高の恋人だと言う。
同じ時にヨングァンとアルムもお互いを最高の恋人だと言い、ヨングァンはペア時計を渡しながら「結婚してくれ」と言う。それぞれが幸せな時を過ごす。
ドラマタイトルの”最高の恋人“というフレーズが4人それぞれから聞けましたね~

南怡島からの船の最終便にボベが足をくじいてしまい、ギュチャンとボベは乗れない。
2人は南怡島で1泊する。
あるあるですね~

ヨングァンがアルムを家まで送るとアジョンと会い、ヨングァンは挨拶する。
アジョンはボベが外泊することに「お父さんに申し訳ないという気持ちになる」と胸の内を話す。アルムも父親が自分のせいで死んだという重荷に苦しんできた事を涙ながらに話す。
南怡島の宿でボベも前の夫が突然亡くなって、女手一つで2人の娘を育ててきた昔をギュチャンに泣きながら語る。

翌朝フンジャがエソンに電話し、ファン長官が嫁候補を探していたのでガンホの妹ガンミを推薦したと言う。エソンは喜び、そういう事ならとガンホとセランの結婚を急ぐ。

ギュチャンとボベの両家の顔合わせの日、先に着いたアルムとアジョンはギュチャンの家族をお出迎えにロビーに行く。そこでギュチャンを父さんと呼ぶヨングァンを見てしまう・・・

4話~6話 感想

ついにアルムがヨングァンの父がギュチャンと知ってしまいましたね~。
あんなステキにプロポーズされた後にこの現実・・・受け止められませんよね。

ボクナムは意外とすんなりボベとの結婚を認めましたね。母親のボベはこのまま幸せになれそうですが・・・やっぱり娘のアルムが心配でなりません。

ガンホとセランはこのまま結婚・・・とはならないですよね。
エソンにドレスを着てもらう事ができて、フンジャブティックに戻れたアルムですが、フンジャとセランにまだまだ意地悪されそうで仕方ありません。
ガンホとアルムの関係もこれから気になるところです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。