棘と蜜-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-棘と蜜-あらすじ-28話-29話-30話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

棘と蜜

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ミンギュが亡くなってしまい、ダンジはもちろん家族の間にあった明るい火は消えてしまったかのように静か。ダンジは本当にミンギュを愛していたのだと思います。それゆえにミンギュの無実を信じることができる。夫婦の絆の強さでもあるのかなと感じました。
そしてジョンウクは、ミンギュの事故の真相を調べると会長に宣言しましたね。これでソジン一家の冷淡さが世に暴かれて仕舞えばいいのにと思ってしまいます。

【棘と蜜】ネタバレあり

28話

パク会長に提案されたミンギュの事故の件。
ジョンウクはソジンらの前で、引き受けることを話します。

ジョンウクの話にソジン、ウン女史にジェジンも驚きを隠せません。
パク会長は喜んでいますが?( ^ ^ )/□

ダンジもジョンウクの言葉に驚きながらも、便宜を図ってくれたパク会長にお礼を言います。

部屋を出て行く会長とジョンウク。
二人が出て行くとダンジを一斉に攻撃します。

図々しいと話すウン女史、ジョンウクから助けてもらうつもりがないのであれば、ジョンウクが助けるといったとしても断るのが筋だと話すソジン
ソジン顔が本気です

ソジンの言葉にショックを受けつつも、ダジンははっきりと言います。
夫は力のある人に媚びるような人間ではなかった。侮辱する発言はしないでほしいと。
よく言った( ^ ^ )/□
帰ろうとするダンジ。
ダンジはファヨンがジュシングループにやってきたことに気づきます。

車に乗り込もうとするファヨンを引きずり出そうとダジン。
そこである人物を見てしまいます。

ファヨンが乗り込もうとする、車に乗っていたのはウン。
ウン女史はダンジに、自分とファヨンが一緒にいるところを見られたと話します。

その後、警察でミンギュは加害者だと判断され激怒するダンジら。
ダンジはファヨンとウン女史の関係を調べて欲しいとお願いをします。
警察はどうして加害者だと判断したのでしょう

ダンジを恐れてウン女史の元へ押しかけるファヨン。
取り合おうとしないウン女史にファヨンは・・・・。

ミンギュが瀕死の状態だったのに、逃げるよう言ったのはあなたの息子ジェジンだ!
ミンギュを殺したのは息子のジェジンであり、すぐに救急車を呼んでいれば死ななかった!あんたの息子がミンギュを殺したんだ!!と叫ぶファヨン。

ウン女史だけでなく、ソジンも呆然とします。

この真実が暴かれれば自分たちの身が危うくなると思った、ソジンは夫であるジョンウクを脅迫します。

事故の真相を調べるのをやめろ。さもなくば会社に籍がなくなると。

その言葉にジョンウクは?

29話

窮地に陥ったソジンは夫のジョンウクに、事故について調べるのをやめるようよう警告をします。言うことを聞かなければ、会社の席もなくなってしまうと脅しにも似た言葉を発するソジン。

その言葉に・・・ジョンウクは・・・。

俺が何も知らないとでも?ミンギュを殺したファヨンの共犯がお前の兄であるジェジンだと!!

あーなんだかすっきり。言われっぱなしのジョンウクじゃない

ソジンに一枚の写真を出すジョンウク。
兄のジェジンがファヨンの車に乗っていますね

呆然としたソジンですが、ジョンウクを止めようと躍起になります。
ファヨンとウン女史の関係を問いただすジョンウク。

一方ミンギュの父親のハクボンは、ウン女史の元を訪ねるとこう言います。
ミンギュが死んだのは、おたくのムスメのソジンに会ったからではないのか。
もしもソジンのせいでミンギュが死んだのであれば、ソジンたちを絶対に許しはしないというハクボン。

ソジンはミンギュが眠る納骨堂にいます。
眠るミンギュに向かって、自分はこの先ミンギュの妻に何をするかわからないと話します。

その後ソジンの自宅に押し掛けたダンジ。
ダンジの自宅が差し押さえられたのは、ジュシングループの仕業だと聞いたんだよね

ダンジを冷たくあしらい非難するソジン。
そこへやってきたのはジョンウクで・・・・。

30話

私には関係ないと冷たくあしらうソジン。

そこへやってきたのはジョンウク。
ダンジはパク会長に言われ自宅に上がります。

その場にいたウンジョ氏に対し、なぜファヨンと同じ車に乗っていたのかを問うダンジ。
ダンジの質問に声を荒げるウン。
親子揃ってすぐに声を荒げるのは、やましい証拠でもあります

ダンジが帰った後、ジョンウクの母親がパク会長を訪ねやってきます。
ジョンウクが追い出されたのは事実なのかを尋ねる母親。
会長はジョンウクの母親に謝罪をし、ソジンにジョンウクを連れ戻すよう諭します。

しかし、自分には関係ないので知らないと席を立ってしまうソジン。
ジョンウク母親の怒りは増します

その間にもファヨンが、ハクボンを前科者だと言いふらしていることを知り、ファヨンの元に乗り込んでいくダンジとハクボン。

もみ合いになりハクボンを突き飛ばすマネージャー。
ハクボンは頭を打ち倒れてしまいます。

ダンジはどこの誰かかも、わからない男に電話をもらい会いに行きます。
危ないって( ;´Д`)

ミンギュの事故の証拠をジョンウクが掴んだようだ。ミンギュに事故について明らかにしたければ、ジョンウクの元へ行けと言われたダンジ。

急いでダンジはジョンウクがいるというホテルへと。
危ないよ( ;´Д`)ダンジ。水の中に男は何か薬を入れていたし、この男ソジンの秘書のチェに頼まれたやつだよ

意識が途中朦朧としつつ、ジョンウクの元を訪ねたダンジ。
ジョンウクは驚きます。

途切れ行く意識の中、ダンジは夫の事故の真実を暴いてくれると言ったのは有効か??
助けて欲しいと懇願し意識を失います。

それを見ていたソジンは・・・。

感想

言われぱなしだったジョンウクが、ついに反旗をひるがえす時が来たようですかっとします。あらゆるピンチを襲うダンジを守ってあげて欲しいと思いますね。それにしてもソジン。母親に負けず劣らず怖いですね・・。
ミンギュが死んだのは自分の兄と母親のせいなのに。ここで疑問が湧きます。あれだけミンギュを愛していると言いながら、結婚していながらもミンギュを愛していた人間が、ミンギュが死んだ原因を作った兄たちを守ろうとするのに疑問が湧きます。家族であろうと愛する人を自分から奪ったのだから、普通の考えとしては守るよりも恨むのではないかと思うのですが。
家族を守るために夫を脅迫するソジン。いうことを聞かなければ会社に籍はないと言っていますが、ジョンウクは会社を奪うことは考えていない気がします。