棘と蜜-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-棘と蜜-あらすじ-43話-44話-45話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

棘と蜜

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソジンに冷血に責め立てられ、脅されたダンジはハクボンたちとは離れてたった一人で暮らす事を選びましたね。
それはやはりソジンという悪から、ハクボンら家族を守りたかったから。ジョンウクを守ろうと思ったからだと感じます。しかし結局、ジョンウクはありもしない不正の罪で刑務所へ・・・。それから1年が過ぎ、ミンギュの法事のためにソウルへやってきたダンジ。ダンジがソウルへと出てきたことで、このドラマの第2章が始まるのではと期待が高まります。ダンジはソジンにどう対抗していくのでしょうか?

【棘と蜜】ネタバレあり

43話

1年が過ぎダンジはある、会社の社員食堂で働いています。

刑務所を出所したジョンウク。
ジョンウクはいなくなってしまったダンジを探し続けています。

ダンジは1年ぶりにイェウォンに会いに行きます。
立派なアナウンサーになったイェウォン。

ミンギュの命日のため納骨堂へ行ったダンジ。
そこでジョンウクが張ったメモを見つけます
ジョンウクが探していると知ります

ある日、ジュシングループ会社のエレベーターの中に、ダンジを探すためのビラがたくさん貼られているのを見たソジンは気を失ってしまいます。
ダンジを探しているのは、ジョンウクなのでこのビラもジョンウクが??

ソジンを病院へ運ぶチェ秘書。

チェ秘書はエレベーターの中で貼られていた、ソジン書きを失う一員になった原因をウン女子に見せます。

ソジンは目を覚ますと、エレベーターの中のビラを思い出し、ダンジが何かを企んでいるのではないか?と考えます。

家族と一緒に暮らすことにしたダンジ。

ジョンウクがそこへ訪ねてきて、裁判で証言をして欲しいとお願いをします。
ソジンから養育権を奪い取るためですね

しかしダンジは留守にしており・・・・。

44話

ダンジが暮らす自宅へ行ったものの、ダンジと会うことができなかったジョンウク。

ダンジもジョンウクが、自分をずっと探していたことを知ります。
過去のことを忘れたいダンジはジョンウクに電話すると、自分をこれ以上探すなと話しますが・・。
ソジンがダンジを脅迫した日のことを思い出すんですよね

ジョンウクは落胆を隠せませんが、あきらめるつもりはありません。
エイジーグループの法務部で勤務する、部長検事にジョンウクは呼び出されます。

ジョンウクをスカウトする部長検事。
養育権裁判にも経済力があってこそ、有利な方向へ働くと話す部長検事

ソジンはジョンウクがソンヒョンと、月に一度であっても会うことが許せません。
迎えに来たジョンウクに泣きつくソンヒョン。

ジョンウクに苛立つソジン。
ジョンウクがソンヒョンの父親ですらないのに、父親としてソンヒョンに会うのが許せないみたい
チェ秘書はダンジらが暮らす、自宅を見つけソジンに連絡をします。
ハクボンは秘書らによって、連れ去られてしまうことに。

ハクボンに脅しをかけるソジン。
ダンジが自分に近づかないようにしないと、家族に二度と会えないようにすると話すソジン
脅迫以上じゃないですか!殺人予告にもとれますよね

ハクボンが連れ去られたことを聞きつけ、ハクボンを追ってきたダンジ。
ダンジはソジンとハクボンの会話を聞き、ソジンに怒りがこみ上げます。

ハクボンが倒れ怒りを抑えることができないダンジは、イェウォンの元へ行くと記者であった頃にイェウォンが調べていた、ソジンのスキャンダルについての資料を出せとまくしたてますが・・・・。

45話

エイジーグループに連絡をもらうジョンウク。
ダンジがいるとの情報に、ジョンウクは急いで向かいます。

そして社内の食堂で働いているダンジを見つけたジョンウク。
ジョンウクはダンジを見つけると、二度と逃げるなとダンジに言います。

ダンジを引っ張ると、ハクボンたちの元へ行くジョンウク。
突然やってきた、ジョンウクに驚き困惑していますね

ダンジは起こるジョンウクに理由を話します。
ソジンに脅されたこと。隠れて暮らさなければ、家族をタダでは済まさないと。

それを聞いたジョンウク。
ソンヒョンの養育権をソジンから奪うためには、過去のスキャンダルがすくまれたものだったと証明する必要があることを話します。
ダンジに証言をして欲しいと頼むジョンウク。

イェウォンはダンジを呼び出し、ソジンのスキャンダル資料をどうするつもりなのかを尋ねます。
ソジンの男の存在を公表すると話すダンジ。

静かに平穏に暮らしたいイェウォン。
借金取りに追われた日々、アナウンサーになった今のこと、自分はやるだけのことはやったので、静かに暮らしたいのだとダンジを止めます。
気持ちはわかるけど、ダンジをソジンにかなり追い詰められているから

その後イェウォンは、自分を後押ししてくれた人間がジェヨンだと聞かされます。
悩むイェウォン・・・・。

ダンジはイェウォンの部屋に料理を持っていくことにします。
誕生日(^ ^)

インターホンを押したダンジ・・・。

感想

ジョンウクがようやくダンジを見つけたことで、ソジンに取られてしまったソンヒョンの養育権を取り戻すために、裁判で証言をして欲しいとお願いすることができましたね。ソンヒョンも実の母親ではなく、ジョンウクと暮らすことを願っています。ジョンウクと暮らせるよう、裁判で勝って欲しいですよね。鍵を握るのがダンジ。ダンジには辛い過去になりますが、是非とも裁判で証言してあげて欲しいと思います。