棘のある花-あらすじ-43話-44話-45話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-棘のある花-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

棘のある花.jpg
貧しくても家族を大切に想い、真っ直ぐな気持ちでデザイナーを目指す主人公と
貧しい暮らしに嫌気がさし、セレブ生活を夢見る幼馴染が繰り広げる愛憎劇。
男女4人の恋模様と因縁の対決が今始まります!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンスとジュウォンの中が深まってきたように感じます❤
上司と部下だけではない、信頼関係と絆が出来ているんですね。とてもいい感じです♪
さて、ブローチの件はどうなるのか?
それでは、43話から観て行きましょう~♪
【棘のある花】(ネタバレあり)
43話
ヨンスは、倉庫に居るシニに「事件当日に家にいた記録がある」と証拠を突きつけた。するとシニは、あっさりと家に行った事を認めた。叔母さんに酷いことをしたから謝罪に行ったと話し、「行った時間帯が違う」と強気に出た。
ヨンスと別れたシニは、直ぐにジンテを呼び出した。事件記録には、事件当時の時間帯にはジンテとシニは一緒に居たと記されていた。シニは、ジンテに口裏を合わせるように念を押した。
強気に出ているシニですが、内心ドッキドキですね。ふとした瞬間に動揺しているのが見られます!
ジョンヒョンは、ソンウ・アパレルの買収を成功させるとドンフンに提案するがジュウォンは慎重に進めるべきだと反対する。ドンフンも他の理事達が反対をしている事を挙げ、買収は見送られることになりそうだ。
シニは、ジョンヒョンに詫びを入れるが話す気になれないと突っぱねられる。新ブランド開発と衣装提供の件をヨンス達に任せる気かと聞くシニに対し、「君のせいだ」と話を聞こうとしない。シニは、会長室を訪ねて昨日酔った勢いで罵声を浴びせたお詫びを兼ねつつ、新ブランドの件で機会が欲しいと請うが自分と会社をコケにしたと断われる。しかし、シニは諦めずに衣装提供だけでも任せて欲しいと頼み込むが「もう決定したことだ」と断られた。
自分の失態を棚に上げて、よくあんなお願いができますね?シニの欲は尽きません!!
その頃、ヨンスはワン・チェリの衣装を完成させていた。ワン・チェリのスタイリストからアレルギーがあるから素材に注意するようにとの連絡が入った。電話の内容を皆の前で話し、使用した素材に問題がないことを皆に伝えた。
そんな話を聞いたらシニはまた何か企みますよね~。どんな手を使って邪魔してくるのか??
帰宅したヨンスは、正直に答えて欲しいと言い事件があった時にシニと一緒に居たのかと問うと「一緒に居た。本当だ」と答えた。
部屋に戻ったヨンスは、事件記録の状況をミジンに話していた。そこで、ワン・チェリの衣装の余り革で作ったカチューシャをミジンにプレゼントする。ミジンも同じアレルギーを持っていたが問題ないことを説明し安心させた。
ワン・チェリの元へ衣装を届けたヨンス。出来栄えにご満悦のワン・チェリは、自分がヨンスを後押しすると心強いことを言ってくれる。経歴を知りながらも自分を評価してくれたと感謝するヨンスだった。
そんな矢先、試着をしていたワン・チェリの肌に異変が生じた。革でアレルギーが出てしまったのだ。症状が重く入院する事になってしまったワン・チェリは訴訟を起こすと言い出した。
革がすり替えられたと察したヨンスは、収集されたゴミを漁り革がすり替えられた証拠を探した。証拠を見付けたヨンスはシニに安全な素材を使用していたことを証明すると言いに行くとシニが指をケガしている事に気付き怪しむ。
やはり革をすり替えていましたね。ケガをしながらも上手く縫製したのはさすがデザイン室室長!
でも、シニの縫製の腕前はちょっと意外でした。

そんな中、ジンテから会社近くまで来ているとシニに連絡が入り慌てて外出するシニ。ヨンスは、ワン・チェリに謝罪と安全な素材で製作した事を証明する為に出掛けて行った。
会社に向かっていたグムジャの車とジンテが交差点でぶつかりそうになってしまう。慌てて車から降りてきたグムジャと顔を合わせたジンテは驚きを隠せずにいるとシニがやってきてグムジャに駆け寄る。グムジャは、ジンテをみてシニに「お父様の友人よね?」と質問する。すると、外出で出てきたヨンスがジンテを見掛けて「おじさん!」と声を掛けてしまい・・・。
44話
シニとジンテ、グムジャとヨンスの4人が交差点で鉢合せとなってしまった。怪しむグムジャを急いで車に乗せて会社へと向かうシニ。会社に着くとグムジャは、なんでそっけない態度をとったのかとシニに確認すると以前グムジャに言われた通りにしたと答えた。グムジャは、ヨンスとジンテが知り合いだった事が気になっていた。
グムジャはシニを怪しんでいますね。ジンテの存在にも時期に気付くでしょう。さあ、どうなる??
ヨンスは、ミジンが働いている店舗に向かい同じ革で作ったカチューシャを借りてワン・チェリの元へ証明しに行った。誰かがワザと革をすり替えたと説明するが聞き入れて貰えない。ヨンスは、諦めずに説得を続けるが管理不足と仕事が無くなった責任を誰が取ってくれるのかと責められてしまう。
ワン・チェリにしてみればいい迷惑ですよね。怒る気持ちも分かるし、間違った事は言っていない!
ただ、ヨンスの気持ちを考えると少し理解して欲しいと思ってしまう(**)

ヤンスンは、仕事先でグムジャとトッポギの料理対決をしていた。どっちが美味しいか判決を下すのはウンソンだった。見事勝利したヤンスンは鼻高々と家を出るとシニと鉢合わせる。互いに嫌っている二人は、家の前で口喧嘩をして別れる。シニは、ヤンスンが家政婦として自宅を出入りする事を嫌がりグムジャに辞めてもらうように頼むが代理がいないから仕方がないと断わられる。そんなに口を挟むなら自分で家事をするように責められると渋々納得するしかないシニだった。
苛立ちを募らせ寝室に戻るシニですが今度はチョルチンからの呼び出しに更にイライラが増した様子ですね~
ヨンスは、革をすり替えたのはシニだと疑っていた。ジュウォンから誰の仕業かと尋ねられると目星が付いているから、一芝居打ちたいと相談した。ジュウォンは、皆の前でデザイン流出が続いているからデザイン室とパターン室に防犯カメラを設置したと作り話をして犯人を炙り出そうとした。それと同時にヨンスは革の発注者を確認して証拠を固めていた。
まんまと騙されたシニは、警備室に防犯カメラの映像を確認しに行くとヨンスが現れ、立て続けに証拠を突きつけられても平然と嘘を付き真実を語ろうとしない。それどころか逆切れする始末。呆れたヨンスは、自分の手段で犯人を明らかにする旨を伝えて反論した。すると、あくまでもシラを切りつつもデザイン室長として出来ることをすると言い出した。ヨンスはシニを哀れみながらも今回の件は見逃すからワン・チェリに心から詫びを入れるように条件を出した。ジュウォンは、ヨンスに説得され今回のシニの仕業を見逃すことを承諾した。
室長という立場を上手く利用して、手のひらを返したように謝罪を受け入れましたね。
シニはどこまで性悪なんだ?

ジュニョンは、帰宅すると部屋にあった雑誌を見付けてしまいシニがヨンスからジョンヒョンとウンソンを奪った事を知ってしまう。
ジュウォンは、シニを呼び出しこれまでの嫌がらせがシニの仕業であることは分かっていると話し、これ以上続けたら上司として厳しく罰すると警告した。
ジュニョンもシニへの怒りが頂点に達し、DH社に殴り込みに出掛けた。会社に着くとジュニョンはヨンスに電話してシニの状況を確認した。それを聞いたジュニョンは、更に怒りを募らせロビーに向った。入口で警備員にシニを呼ぶように声を荒げていた。調度近くを通り掛かったシニはジュニョンに見つかり罵声を浴びせられ、水を掛けられてしまう。
45話
シニを見付けたジュニョンは、皆の前で「人の男を奪い、子供を奪って幸せか?」と水をぶっかけて怒りを露わにした。「前からうちの家族を恨んでいたよな?」と罵られてしまう。それを見掛けたジョンヒョンはジュニョンを止めに入るが、「2人共最低だ!恥を知れ!」と叫び怒りが収まらない。ようやく警備員が到着してジュニョンは社外へと連れ出されてしまった。一部始終を見ていたヨンスは、ジュニョンの後を追って外に出ると、ジョンヒョンも出てきて話があるとジュニョンを連れ出した。取り残されたシニは、トイレで恥をかかされたことを悔しがっていると女性社員が噂をしながら入って来て白い目で見られてしまう。
スッキリしましたねぇ!良く言ったぞ、ジュニョンと拍手してしまいました♪
ジュニョンは、ジョンヒョンにも罵声を浴びせ怒りが収まらない。見かねたヨンスはジュニョンを連れ出し、事情を説明した。
どこまでもお人好しなヨンスに呆れるジュニョン。ジョンヒョンは、ヨンスに何故こんな事が起こったのかと尋ね、今迄の経緯を確認した。
シニは、恥をかかされたとヨンスに八つ当たりした。バイト先の事務所に戻ったジュニョンは、まだ怒りが収まらず事務所の物にあたり、雇い主のチョルチンにまで怒鳴り散らした。帰宅するとヤンスンやミジンと食卓を囲んでいたジンテを睨み付けてジンテにも怒りをぶつけた。
事情を知らないヤンスン達は、怒っているジュニョンを叱るがシニの父親であることを話すと状況が変わり、今度はヤンスン達がジンテを責めた。帰宅したヨンスは、皆に状況を説明するしか出来ず、ジュニョンは荷物を纏めて出て行こうとする。それを見たジンテは、出て行くのは自分だと荷物を纏める。必死に止めようとするヨンスだが、ジュニョンとミジンは引き止めなかった。
ヤンスン達にもバレて、それぞれの関係が明らかになりましたね。さすがにジンテはこのまま居座ることはできないでしょう・・・
翌朝、ジンテの仕事場を訪ねたシニは、ジンテに向かって「いっそのこと本当に失踪してくれたらいいのに」と酷いことを言って帰ってしまう。
娘にこんな酷いことを言われてしまうなんて(><)
やはり育て方が間違っていと思いますが、唯一の味方である父親に向かって放つ言葉じゃないですよね?

シニは、大事なパーティが有るからと美容院でヘアメイクをして貰っていた。業務報告をしにジュウォンの所に行ったヨンスは、衣装プロデュースを依頼され一緒に外出する事になる。ブティックで同伴者が着るパーティ用の服を選ぶ事になったヨンスは、自分がデザインした服を選び試着して見せた。そこで同伴者はヨンスだと聞かされて驚く。服に合わせてヨンスもヘアメイクをして貰う事になった。ジュウォンは、パーティ会場に着くと「遊びではなく戦いに来た」と言ってヨンスにネックレスを付けてあげる。
ドレスアップしたヨンスを見る目は、愛しい人を見る感じでしたよね?二人の恋が始まるのか???
会場には、VIPばかりが集まっていた。ジュウォンは、DH社のデザイナーとして皆にヨンスを紹介した。それを見掛けたシニは焼き餅を焼く。
パーティ会場の化粧室では、シニの一言で皆がヨンスの過去をネットで調べていた。ジュウォンの連れとして噂されたヨンスだが、過去を調べられた女性達から白い目で見られてしまう。ヨンスは、世界的なデザイナーにも紹介され談笑していると、化粧室に居合わせた一人のブレスレットが紛失したと騒ぎになり真っ先にヨンスが疑われてしまう。何故ヨンスを疑うのかと問うと、前科があるからと決めつけ、ヨンスのバッグの中身を確認させろと言ってきた。相手にせず立ち去ろうとしたヨンスのバッグを奪い、テーブルに中身をだした女性はバッグに隠していると疑う事を辞めない。すると、連れの女性が化粧室にあったとブレスレットを持ってくると「失礼したわ」とバッグの中身を戻さずに立ち去ろうとした。それに逆上したジュウォンは「バッグの中身を戻せ」と声を荒げヨンスへの謝罪を求めた。嫌だと断わる女性に対し、ジュウォンは女性から指輪を奪いケーキに向かって投げつけた。その行動に会場に居た誰もが驚いた。
40-42話感想
自宅に来ていた証拠を突きつけても言い逃れするシニ。自分が犯人だとバレないように必死ですよね。
ワン・チェリの衣装提供を邪魔するのは予想できていましたが、ヨンスを陥れるだけではなくワン・チェリにまで危害を加えるとは酷いやり方ですね。アレルギーを持っている人なら、アナフィラキシーが起きてしまう可能性だってあるのでは?命にかかわる症状が出るかもしれないのに・・・恐ろしい(><)
とうとうジュニョンニもシニの悪事の数々がバレてしまいました。お姉ちゃんの仇をうったと言うか、水を浴びせ皆の居る前で悪事をバラしたのは少しスッキリしました。なんだかんだ言っても、やはり姉弟ですよね♪
家族思いの良い弟で良かった~!
シニが悔しがる姿はちょっとスッキリしました。他の人からも白い目で見られていい気味です!でかしたぞ、ジュニョン♪やはり、真実は隠し通せるものじゃありませんね。
それより、ジュウォンはヨンスに惹かれつつあるように感じます。ヨンスと接していく内に人柄や真実を明らかにしたいという気持ちが伝わっているんでしょうね。ただの部下にドレスアップさせてパーティに連れて行ったりしないですもんね?個人的には、早く二人がくっついて欲しい❤








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。