棘のある花-あらすじ-61話-62話-63話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-棘のある花-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

棘のある花.jpg
貧しくても家族を大切に想い、真っ直ぐな気持ちでデザイナーを目指す主人公と
貧しい暮らしに嫌気がさし、セレブ生活を夢見る幼馴染が繰り広げる愛憎劇。
男女4人の恋模様と因縁の対決が今始まります!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジュニョンが良い働きしましたね。ボイスレコーダーは動かぬ証拠となります!!
工場での事故は予想外でした。まさかジュウォンが!?とドキドキしましたが無事で何よりです。
ヨンスも安心したことでしょう♪これでお互いの気持ちがハッキリわかりましたねぇ。
それでは、気になる61話から観て行きましょう~♪
【棘のある花】(ネタバレあり)
61話
シニとグムジャに嵌められたヨンスとジュウォンは、ホテルの部屋から出てきた所をドンフン達に見られてしまう。激怒したドンフンは、ジュウォンに状況を説明する様に求めた。誰かの罠だと説明するがジュウォンの事は信じてもヨンスは信じられないと言われてしまう。更に、ヨンスとの関係を再度聞かれると上司と部下であると説明し、それ以上の関係ではないと皆の前で否定せざるを得なかった。
ジュウォンは、今回の仕業もシニだと疑っていましたね。
そりゃ、バレますよね~、こんな事するのはシニしかいませんからね!!

ジョンヒョンは、二人の関係を疑い怒りが込み上げているのを抑えている様子だ。そして、ヨンスの自宅に行きヨンスに事情を確認する。偽装メールで呼び出されたと釈明するヨンスの言葉を聞き、軽率な行動を慎むように言うと、誤解されるような行動があったらウンソンには会わせないと忠告した。
ジョンヒョンも分かり易い態度ですねぇ。そんなんじゃ、またシニを刺激しちゃうよ~(><)
ジュニョンは、シニが以前使用していた携帯を見てチョルチンとの関係を探ろうとしていた。すると、ヨンスのデザイン画の写真があるが気付かない。ジンテが帰宅した事に気付き慌てて携帯をしまった。
この携帯、後で鍵になりそうですね!!
ジョンヒョンは、ジュウォンに軽々しくヨンスに近づくなと忠告するが簡単には聞き入れない。
シニは、ジョンヒョンにも偽装メールの仕業を疑われケンカになる。
シニは、キム理事の趣味が絵画収集であると調べ上げるとチョルチンに絵画を調達するように依頼する。そして、ヨンスが誰と会っているかなど行動を把握する為、尾行するように依頼した。
グムジャはウンソンを連れて会社に行くと、ウンソンを車に残しドンフンを迎えに行った。一人で車に残されたウンソンは外出先から戻るヨンスを見付けて車を降り、ヨンスの後を追う。会社のロビーで「ママ」と叫びながらヨンスに抱きつくがウンソンを抱きしめることが出来ずにいる。そこにシニが現れ、ドンフンとジョンヒョン、ジュウォンが通りかかった。ウンソンは、運転手に連れられ無理矢理車に戻されてしまう。
ヨンスが会社に居る事を疎ましく思うグムジャは、会社を辞めさせるようにドンフンにお願いをするが、「簡単に辞めさせる事は出来ない」と断わられると、今度はヨンスを呼び出し、自ら辞める様にと迫る。
グムジャの申し出を断るヨンスだが、息子を抱きしめる事が出来なかった事を後悔し自分を責めた。
やるせなかったでしょうね・・・事情があるとは言え、自分を責めてしまう気持ち分かります。
落ち込んでいるヨンスを励ます為に車に乗せて自宅まで送るジュウォン。ヨンスには尾行が付いており、二人の行動がシニに筒抜けとなっていた。二人が一緒に居る事をしったシニは、引き続き尾行を指示した。ジュウォンは、落ち込むヨンスを連れて思い出の場所に連れて行った。そこは、幼き頃に二人が初めて出会った場所だった。
ジョンヒョンがドンフンと仕事の打ち合わせをしていると、シニは二人の元へ行き「ジュウォンに関係する事だからついてきて欲しい」とドンフン達を誘いだす。ジュウォンは、かつて自分が励まされた場所で今度はヨンスを励まし、「君は僕の大切な人だ。僕が守る」と言ってヨンスを抱きしめて励ました。そんな事とは知らず、二人が居る場所に到着したドンフン達は抱き合っている二人を見て、またもや二人の仲を疑い激怒する。
62話
ジュウォンがヨンスを抱きしめて慰めている所をドンフン達に見られてしまった二人。「何をしているんだ!」と激怒し、ドンフンはジュウォンを平手打ちする。キム秘書に命じて、ジュウォンを自宅へ連れて行こうとするがヨンスを一人置いていけないと反抗される。しかし、ヨンスに言う事を聞く様に言われ仕方なく帰宅する事にした。自宅に帰ったジュウォンは、家族全員から質問攻めにあうと、とうとうヨンスが好きだと打ち明けてしまう。ドンフンの怒りは収まらず、ドンフンとジュウォンの間に亀裂が入ってしまう。
ドンフンとジュウォンが言い争っているのを見たシニとグムジャは、内心喜んでいるように見えましたね。
ジュウォンは、部屋に戻りヨンスに電話するが繋がらず心配する。一人残されたヨンスは途方に暮れ、考え事をしながら歩いて帰宅していた。ジュウォンは、何度もヨンスに電話をするが繋がらない。
ヨンスはミジンと電話で話し、今居る場所と歩いて帰宅している事を伝える。それを聞いたジュニョンが心配してバイクでヨンスを迎えに行くとヨンスはジュニョンの優しさに癒されたのだった。
どんなに辛い状況でも家族が信じてくれて、心配してくれるって何よりも心強いですよね!
口は悪いけどジュニョンの優しさを感じました~

ウンソンがジュウォンの部屋にやってきて落ち込んでいるジュウォンを慰めた。元気が出る様にと手作りの紙バッジとチョコミルクを持って来てくれたのだ。
なんて可愛い子なのかしら❤愛情を注ぐと、子供はちゃんと答えてくれるんですね!
翌日、出社するとヨンスに解雇通知が出ていた。納得がいかないヨンスはシニに抗議するが聞き入れて貰えない。ジュウォンもドンフンに抗議しに行くが同じく聞き入れて貰えない。ヨンスは、屋上でこの状況を自分で乗り越えるとジュウォンに誓った。何もしてあげられず自分を責めるジュウォンだったが、ヨンスの言葉を聞いて元気を取り戻した。ヨンスは会長室を訪ね、直接抗議するが解雇ではなく契約期間終了だと断ち切られてしまう。ミジンはヨンスの解雇を知り、シニに抗議するが相手にされなかった。
どう考えても不当な解雇ですよ(怒)仕事に私情を挟みすぎだろ!!!
チョルチンは、キム理事が欲しがっている絵画を持っている持ち主を調べて脅迫しながら高く買い取ると告げた。帰宅したミジンとヨンスは、怒りが収まらずヤンスンとジンテにクビになった事を話した。それを聞いて会社に怒鳴り込みに行こうとするヤンスンを引き止めるヨンス。翌日以降も出勤するが警備員に入れて貰えず、出社できない。そんなヨンスの姿を見て、気持ちを抑えて出勤するジョンヒョンとヨンスを追い出す事に成功し笑みを浮かべるシニ。
社内ではジョンヒョンの仕事の成果が報われ、理事会で新理事に就任したと発表される。シニが裏でキム理事に絵画を贈った事が理事就任の手助けしていたのだ。
これについては、ジョンヒョンも素直にシニに感謝しましたね。
ヨンスは、社内で受けた数々の嫌がらせやジュウォンに助けられた事などを思い返し、新たな決意をしてミン家を訪ねた。ドンフンが部屋に通す様に指示すると、ヨンスは解雇を撤回するようにドンフンに求めた。撤回されるまで帰らないと居座る事を告げるとウンソンがリビングに出てきてヨンスに抱きつく。ジュウォンもまたリビングに出てきて、初めて家の中でヨンスと顔を合わせることになる。ジュウォンが一緒に住んでいる事を知らなかったヨンスは驚き、ジュウォンも黙っていた事に対しバツが悪く微妙な雰囲気になる。
63話
ジュウォンがミン家に住んでいる事を知ったヨンスは動揺した。そこで初めてジュウォンがジョンヒョンの従兄弟だったと知る。動揺したヨンスは、会長に解雇取り消しについて出直すと告げて家を飛び出した。ヨンスが帰ってしまって泣き出すウンソン。ジョンヒョンがなだめるが泣き止まない。
ジュウォンはヨンスの後を追うが頭が混乱しているヨンスは聞く耳持たずして帰ってしまう。シニは、ドンフン達の前で火に油を注ぐような発言をして、ドンフンの怒りを煽る。帰宅したヨンスは、ミジンとヤンスンにジュウォンの素性を明かすと二人とも物凄く驚いたのだった。
ジュウォンが打ち明ける機会も沢山あったど、逆にヨンスが気付いても良さそうな場面も沢山あったよなぁ。
これに関しては、どっちもどっちのような気がしてしまう・・・

ヨンスはクビになったのに出勤すると言い、それを聞いたジュニョンがまた激怒する。出勤しても警備員に阻まれ中に入れないヨンス。ちょうどジョンヒョンが来て中に入れて貰えるが、ジョンヒョンはヨンスの行動を理解出来ず、ジュウォンとの関係について忠告するのだった。
チョルチンは、宝石の目利きの人物に接触して指輪を高く売るように依頼する。その時、以前シニから依頼された高級ネックレスの事を持ち出し、話が食い違っていることを怪しむ。ジュニョンは、鍵のかかった引出に入っているカメラを取り出し、金づるのネタを見付けようとするが何も出てこない。そんな時、チョルチンが外出先から帰って来た。依頼したネックレスを指示した業者に渡さなかったことを問い詰められ、咄嗟に知り合いの別の業者に依頼したと誤魔化した。
いや~バレるんじゃないかとドキドキしました。高校生のくせに度胸ありますね~!!
ジョンヒョンは、理事就任後、更に成果を上げるためにアウトドアブランドを立ち上げる事をドンフンに提案すると、調度ドンフンもウエア開発について指示をだそうと思っていた所だとお互いの意見が合致しドンフンに認められつつあるジョンヒョンだった。
チョルチンは、金が振り込まれていないとシニを呼び出す。シニがネックレスの件でしくじった事を責めると部下に仕事を任せたと話し、その部下が高校生であると知る。チョルチンは、ネックレスが何故ヨンスに渡ったのか、また高校生が裏業者に知り合いがいることを不審がっていると、それを聞いたシニは同じく考え込む。二人が会う事を知ったジュニョンは、こっそりと後を付けて二人の会話を盗み聞きしているとチョルチンがUSBをシニに見せて脅している所を目撃する。USBの中身が気になるジュニョンは、二人の後を追って更に探ろうとしていた。
ジュニョンの行動にはいつもヒヤヒヤさせられます(><)気を付けないと見付かっちゃうよ~
ヨンスがドンフンに解雇について直談判しに行くと、ドンフンはヨンスの前でジュウォンを呼び出し一切の業務から手を引くように指示をした。自分のせいでジュウォンの仕事がなくなる事を目の当たりにして悩むヨンスだが、ジュウォンは「自分は大丈夫だから諦めるな」と背中を押した。
ジュニョンは、銀行から出てくるチョルチンに見つかり話をしていると、話声に気付いたシニが振り返りジュニョンとチョルチンが話している所を目撃して驚く。高校生の部下がジュニョンだと知ったシニ。
ジュニョンは、チョルチンが寝ている隙に上着からUSBを盗み出す事に成功する。シニは、急いでチョルチンに電話して至急出てくるように呼び出す。シニがジュニョンの素性を明かすと、チョルチンは慌てて上着に入れたUSBを探すが無いことに気付く。その頃、ジュニョンはネットカフェでUSBの中身を確認していた。全ての真相を知ったジュニョンは慌ててネットカフェを出るとフンソクとぶつかりUSBを落としてしまう。落としたUSBはフンソクが拾っていた。ヨンスが犯人ではなかったと知り、過去にヨンスにした仕打ちを後悔するジュニョン。事務所では、チョルチンが必死になってUSBを探すが見当たらない。ジュニョンが持ち出したと考えたチョルチンは、フンソクにジュニョンの居場所を確認し、慌ててジュニョンを探しに行く。チョルチンに追われていると気付いたジュニョンは、逃げながらヨンスに電話をして「母親殺しの犯人が分かった」と告げた後、頭を殴られて倒れてしまう。
61-63話感想
シニとグムジャが手を組んでヨンスを追い出す為の罠をしかけましたね。まんまと騙されてしまったヨンスとジュウォンですが、状況からみて信じて貰うのは難しいよなぁ・・・。一難去ってまた一難。二人の気持ちを知っているシニは、その気持ちを巧みに利用して罠を仕掛けまくります。ドンフンも立て続けに疑わしい状況を見せられたら、黙っている訳にはいかないですもんね。唯一の血の繋がりがある可愛い甥が、誑かされてると思ってしまってもしょうがないのかな(><)
ヨンスとジュウォンを引き裂く為にヨンスを契約終了で辞めさせるなんて、酷すぎます!?可愛い甥を守るためとは言え、私情を挟み過ぎですよね。いい加減、ヨンスの人柄に気付いて欲しい!!
とうとうジュウォンの素性が明らかになりましたね。隠していた訳ではありませんが、逆に今まで気付かなかったヨンスも凄いと思ってしまった(笑)
とうとう母親殺しの犯人を見付けたジュニョン。やはり、チョルチンに素性がバレてしまいました。こうゆう所は高校生ですよね。詰めが甘い!!そんな事より、犯人が誰かヨンスに告げる所までいかず、襲われてしまいました(><)ジュニョンは大丈夫なのか?USBは無事なのか??続きがきになる~








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。