棘のある花-あらすじ-103話-104話-105話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-棘のある花-あらすじ-103話-104話-105話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いつになったらUSBが手に入るの~!!もどかし過ぎます(><)
シニは、隠しカメラに気付かず、またまたヨンスを陥れようとしますが・・・
今のヨンスは、そんな簡単には騙されませんよ~!!

それでは、100話から観て行きましょう~♪

【棘のある花】(ネタバレあり)

103話

警察に行ったヨンスは、再捜査が可能か確認し、証拠のボイスレコーダーを警官に託し連絡を待つことにした。ボイスレコーダーを警察へ持って行かれたと聞いて焦るシニ。ヨンスは「母を脅していたのは事実か」とジョンヒョンに問われると、認めた上でシニも同じことをして養父の件の乗り切ったと話した。帰宅したジョンヒョンは、シニにも同じ問いかけをすると「二度と脅迫するな」と釘をさす。
とうとう再捜査の依頼をする事が出来ましたね!良かったぁ~(^^)y

ヨンスは、ドンフンを見舞い元気づける言葉を語りかけ、本を読んで聞かせた。そんな姿を後から来たジュウォンが目撃し、感謝するのだった。ミジンとヒョンスも見舞いに来て、折角だからとヨンスとジュウォンを食事へと行かせた。家まで送ったジュウォンは、ヨンスから昔貰った三つ葉のクローバーの押し花を渡される。しかし、ジュウォンは「いつも僕の隣には君が、君の隣には僕が居る」と言って、ヨンスが持ってて欲しいと返した。
心優しいヨンスの一面が見れましたね。ジュウォンもそんなヨンスの姿を見て惚れ直したでしょうね!

ジンテは新聞の記事でドンフンの容体が変わらない事を心配し、シニを呼び出してお見舞いに行くと言い出した。
警察から呼び出されたシニは、ボイスレコーダーの内容について問われるがしらばっくれる。直ぐにチョルチンを呼び出し、警察に疑われた事やジュニョンが記憶を取り戻しつつある事を心配する。
話しを終えて店を出た所をグムジャに偶然目撃される。
警察から呼び出され、またジュニョンの記憶が戻りつつあり、シニは不安でたまらないでしょうね。

ジュニョンは、外で食事をしている時にフンソクに見張られている事に気付き不思議に思う。ヨンスは、警察から連絡があり再捜査が難しいと言われた事をジュウォンに報告した。
ジョンヒョンは、何とかウェイピン社と提携をしたいと考えているが先方から断られて困っていた。そして母親を呼び出し、ドンフンを禁治産者にすると話す。その為にドンフンの後継者になって欲しいと依頼する。
ジョンヒョンも悪の道へと進んでいってますね(><)考えている事が怖い・・・

ジンテがドンフンの見舞いに来て心配そうに語りかけていると、ジョンヒョンが入って来て帰る様に急かされ病室を出て行く。帰ろうとした時、病室に携帯を忘れた事に気付いたジンテは戻ろうとする。その時、ジョンヒョンがドンフンに対し酷い言葉を浴びせているのを聞いてしまう。ジョンヒョンは、用意した診断書と他書類を直ぐに裁判所へ持って行くようにカン代理に依頼する。
ジョンヒョンの企みを知ったジュウォンは、キム先生に連絡して診断書に問題があることをジョンヒョンに知らさせるように依頼した。それを聞いたジョンヒョンは、病院へと急ぐがドンフンは居ない。病院中を探し回って病室に戻った時、ジュウォンとドンフンが病室へ戻ってきて驚くのだった。

104話

ドンフンを禁治産者にしようとしていた事がジュウォンにバレて、阻止されてしまったジョンヒョン。ドンフンが回復していた事を知って驚くが、ジュウォンにいつも出遅れていると挑発的な態度をして立ち去った。
ドンフンが無事が良かった~。一時はどうなってしまうのかとヒヤヒヤしてました~

ジンテはシニを呼び出し、病室でジョンヒョンがドンフンに浴びせた話を確認し、ドンフンの病状についてシニも関わっているのか確認すると、ジョンヒョンとグムジャの3人で協力し会っていると開き直り、席を立った。
それを聞いて、また胸を痛めるジンテだった。
ジンテの心はズタズタですね。でも、娘の過ちを隠した時点でジンテも罪から逃れられません。
さあ、どうやってシニを説得させるのか?

ジュウォンは理事達を集め、ドンフンの意識が回復したことを話した。それを聞いたジョンヒョンは、何としても成果を上げて会長の座を守ることを考えた。シニにウェイピン社のショッピングモールに出店を成功させるように指示をした。
ジュウォンは帰宅した際、ジョンヒョン達に「叔父の体調が回復したら家に戻すから、皆出て行く様に」と強気な発言をするが、既にジョンヒョンが名義変更を済ませており、出て行くのはジュウォン達だと言われてしまう。ヨンスは、家まで奪うとは許せないと怒りを露わにして会長室へ怒鳴り込みに行った。ヤンスンは、ジュウォンの状況を聞いてお弁当を作りヨンスに持って行くように仕向けた。
家の名義を変えておくなんてジョンヒョンも抜かりがないですね。ただ、遣ることが汚い!!

我慢の限界に達したヨンスは、チョルチンとシニが写っている写真をジョンヒョンに送りつけた。ジョンヒョンに呼び出されたシニは、仕入れ先の社長だと嘘を付き通すがカン代理に調査をさせたジョンヒョンは、あっさりと仕入れ先の社長ではないと見破る。ジョンヒョンは、ヨンスを呼び出し「写真を撮ったのは君か」と確認し、「この写真を俺に見せた意図は?」と続けて問うと、ヨンスに罪を着せる偽証をしたキム・チョルチンだと明かした。思いもよらぬ回答に驚きを隠せないジョンヒョン。ウェイピン社について業務報告に来たシニは、ジョンヒョンから「また俺を騙して、この男と会っていた理由は?」と怒鳴りつけた。

105話

ヨンスの裁判で偽証した男と会っていたことについて、借金をしていたと誤魔化したシニだが、ジョンヒョンは信じておらずカン代理にチョルチンを調べるようにと依頼する。そのことをグムジャに話すジョンヒョンは、ヨンスの裁判で偽証したのは偶然かと疑い始める。
ヨンスの事件の真相が明らかになりつつありますね。ジョンヒョンもしっかりと真実を受け止めて、改心して欲しいのですが・・・

ジュウォンは、ヤンスンに呼び出されてヨンスの家で夕食をとることになる。その際「ホテル暮らしは勿体ないから家に来ればいい」と言われ嬉しく思いながらも返事につまる。
なんて良い家族なんでしょうね。そんな嬉しいこと言われたら二つ返事で甘えちゃえば良いのに!!

ジンテは、再びドンフンの見舞いに来た。すると、目を覚ましたドンフンをみて安堵すると共に必死に話しかけた。
ジュニョンは、未だに何も教えてくれない事に腹を立てていた。みかねたヤンスンが「借金があったから金を稼ぎに行くと言って出て行った」と話した。
ジョンヒョンは、カン代理からチョルチンの居場所を聞くと会いに行く。直接、チョルチンにシニとの関係を確認するが、借金の返済の為だと言われる。ヨンスの裁判で偽証したのは、誰に頼まれた訳でもないと答えた。
シニとチョルチンは何だかんだ言ってもお互い裏切らないですね。ある意味、強い絆で結ばれている?

ジュニョンをずっと尾行してるフンソクだが、ジュニョンに尾行がバレてしまう。そこで、「口髭の男を知ってるか」と聞かれ、つい社長だと口走ってしまう。何か知っていると悟ったジュニョンは、逃げるフンソクを追い駆け何か聞き出そうとするが、追い駆けている途中で自転車とぶつかり転んだ拍子に事件当日の記憶が蘇る。帰宅したジュニョンは、思い出した記憶について考えていた。そして、ヨンスが部屋に来た際、「母さんは死んだのか」と聞くと、事故で亡くなったと話した。少しずつ記憶を取り戻してきたジュニョンは、ヨンスが母親を殺したと勘違いしてしまう。

103-105話感想

折角に手に入れたボイスレコーダーの証拠も再捜査までの役には立たなかったですね。残念です。でも、少なからずシニを追い詰めることはできたでしょう。ジュニョンの記憶も戻りつつあり、シニは相当不安な気持ちになっているに違いありません。しかし、ジョンヒョンは怖い事を考えますね(><)
今回は、ジュウォンが先回りをしてドンフンを助ける事ができました。本当に良かったぁ~。そして、次々とシニの悪行をジョンヒョンに知らせていくヨンス。ジョンヒョンは、シニに何度騙されているのでしょう?
ジョンヒョンのヨンスへの想いは複雑でしょうね。信じきれなかっただけじゃなく、自分の妻や母親が陥れていたと知り、やり切れないでしょう。でも、そうは言っても最終的に別れを選んだのは自分ですから仕方ない。これからヨンスに対して、心を入れ替えてくれると良いんですが・・・無理かな?ジュウォンは、家族の温かさに触れ嬉しかったでしょうね。そんな中、ジュニョンの記憶がまた昔に戻ってしまうとは、どうなっちゃうの?








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。