棘のある花-あらすじ-124話-125話-126話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-棘のある花-あらすじ-124話-125話-126話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジンテの自首によって釈放されたシニ。自宅に戻るもドンフンに追い出されてしまいます。
ただ、こんな事で引き下がるシニではありません!!次は何を企むのか?
徐々に終わりが近づいてきていますが、今回はどんなことが起こるのでしょう?

それでは、124話から観て行きましょう~♪

【棘のある花】(ネタバレあり)

124話

見かねたヨンスがシニに嘘を辞める様にと話を入れるが、それさえも逆手に取って「このように言われ続けて、誰も信じてくれない」と訴えるシニだった。
シニが潔白を主張中だと知らされたジョンヒョンは頭を抱える。シニは、記者たちの前で父に罪を着せた上でヨンスに濡れ衣を着せ苦しめたと深々と頭を下げて詫びた。ドンフン達もシニの嘘には、お手上げ状態だ。シニは記者を引き連れ自宅に戻りチャイムを鳴らし続ける。家に入れたシニだが、グムジャやドンフンから責められるが会見で述べた事が真実だとあくまでも自分の潔白を主張した。その姿に皆呆れ果てるしかない。
皆が呆れる程、シニは大胆な行動にでましたね。これじゃ、言ったもん勝ちになっちゃう(><)

ジュウォンは、父親が無罪だと分かればシニがまた拘束されるから少し辛抱しようとドンフンを説得する。
シニは、グムジャに対し「お義母様は私を助けるべきでしょう」と食ってかかる。判事を買収したことをドンフンに知られてしまったグムジャ。次から次へと知らされる事実に頭を抱えるドンフンだった。
一人、真実を知るタイミングが遅れているドンフン。色んな真実が一気に押し寄せ、整理しきれないでしょうね。

ジュウォンとヨンスは、拘置所から出てきたジンテの弁護士と接触した。ヨンスは、この事件で有罪になったと言って、話をすることに。ヨンス達は、この事件の真犯人はシニだと教える。しかし、父親が罪を認めているからと言う弁護士に、今迄の事件記録や証拠の数々を見せた。そして、ジンテを必ず無罪にするようにお願いする。
罪を被るなんて事はあってはならない事!!罪を犯した人がきちんと償う様にして欲しい。

そして、ジンテの裁判が始まった。関係者一同が傍聴席に集まる中、シニも現れた。弁護士は、ジンテは犯行を隠ぺいしただけで、真犯人はシニだと主張した。
傍聴席のシニは、驚いたでしょうね。また自分が捕まると焦ったことでしょう。

ドンフンは、ジョンヒョンを呼び出しひそかに調べていたことを話した。ジョンヒョンの父の工場で働いていた男が不良生地を納品した疑いで拘束されたという新聞記事だった。その男が実父に隠れて不良生地を納品していたということだった。真実を受け入れられないジョンヒョンに対し、自分が責任逃れをする為ではなく知る必要があったから教えたと話した。ジョンヒョンは、カン代理に指示してドンフンから聞いた男を調べさせた。結果、ドンフンが言っている事は事実だと分かりグムジャとジョンヒョンは自分達の過ちに気付くのだった。
意外な展開ですね。調査不足で憎むべき相手を間違え、殺しかけてしまうなんて・・・。
これまでグムジャとジョンヒョンがやってきたことが無駄になってしまいました(><)

当時の弁護士として補足事項を述べるジュウォン。ジンテの行動や言動に矛盾がある事、チョルチンがシニを脅していた事などを挙げ、ジンテではなくシニが真犯人であると主張した。ヨンスもまた証言にでた。そしてシニが証人尋問を受ける事になる。シニは、ジンテが犯人かという質問に対し、「はい。そうです」と答えた。

125話

ジンテが犯人だと答えたシニ。傍聴席の皆は呆れ果てた。ヨンスは、シニに唯一の味方であるジンテに罪を着せるのは酷過ぎると非難し、なぜそこまでするのか聞くと、ヨンスが引き下がらないからだと答えた。それで幸せかと問うヨンスに「死ぬほど幸せだ」と強がるが、「既に自ら地獄に足を踏み入れているんじゃないか」と言われ返す言葉を失うシニだった。
自分が助かる為に実父に罪を着せるとは・・・本当に恐ろしい。しかも、その言い訳がヨンスのせいだと。
もう、精神的に病んでいるとしか思えません。

ジンテの面会に行ったヨンスは、シニの為にならないからと真実を明かす様に説得するが受け入れられない。席を立つジンテを呼びとめたヨンスだが、ジンテはヨンスが誰だか分からず「誰?」と首をかしげた。ジンテのおかしな行動を不思議に思うヨンス。
病気である事を知らないヨンスには、ジンテの行動が不可解でしょうね。

ジュウォンは、ジョンヒョンの父親の件で新たな真実が分かった事をヨンスに知らせた。
ジョンヒョンが実父の墓参りに行くと先にドンフンが来ていた。驚いたジョンヒョンは、声もかけずにその場から立ち去ってしまう。
ジョンヒョンは、ドンフンに母と子を連れて家を出ると報告する。しかし、ドンフンはそれを拒否し、今迄自分が至らなかった部分もある事を認め、家を出る事はさせないと断言した。そして、固く握手を交わすのだった。
やっと本当に家族になれた感じですね。命を脅かされたのにこんな事が言えるなんて、一緒に暮らした絆が勝ったんですね。

ヤンスンが再びジンテの面会に行くが、ジンテはヤンスンをエスンと勘違いして話しかける。その様子をヨンス達に知らせるヤンスン。ヨンスは、ジンテが通っていた病院を調べジンテがアルツハイマー病である事を突き止めた。そしてそれを裁判で弁護士に証言させ、自白の信憑性がないことから無罪を主張するのだった。ジンテは違うと抗議するが、裁判中にシニに向かって「遠足はどうした?」と不可解なことを話し、病気であることを裏付ける発言を自らしてしまう。

126話

法廷で病状が出てしまったジンテ。ヤンスン達も何だか浮かない表情で帰宅する。ヤンスンは、ジンテの病状を知り哀れんだ。シニは、ジンテの愛情を知って涙を流した。
やっとジンテの気持ちを理解したシニに少しホッとしました。

チョルチンは、シニの前に姿を現し金をせびりに来た。シニの元には、ジンテが療養所に送られたと連絡が入る。相変わらずチョルチンから金をせびられ困っていると、社内で女子社員達が「闇の病院があり、密かに連れ去って精神障害に追い込む」という闇団体が居る噂話を聞きつける。それを聞いたシニは、また悪巧みをするのだった。
人を連れ去り、闇病院で精神障害に追い込むなんて(><)そんな恐ろしい団体が本当にあるのか?

フンソクは、偶然サウナでチョルチンに会い、一時間後にいつものカフェで待ち合わせしている事をジュニョンに知らせた。ジュニョンが到着する寸前でチョルチンは車で連れ去られてしまい、ジュニョンはチョルチンを捕まえる事が出来なかった。チョルチンの連れ去りに成功したシニは、ギャンブル依存症だと言って精神障害に追い込むよう闇の病院に依頼した。
シニもよく闇団体を調べあげ、利用しましたね。依頼金はどこから出てくるんだ?

カン代理は、ジュウォンが不審な点がある為、会計事務所を替えると言っている事をジョンヒョンに報告する。
酒に酔ったジョンヒョンは、ヨンスに電話し「会いたい」と呼び出すが断られる。そして、良い父親になれそうにないと弱音を吐くのだった。バーの店員からジョンヒョンを迎えに来て欲しいとヨンスに連絡が入る。その直後、ジョンヒョンの携帯にシニから電話が入ったのを店員が出て迎えに来るよう伝える。ヨンスが迎えに来たことを知ったジョンヒョンは「来てくれて嬉しい」とヨンスに抱きつく。その現場を目撃してしまったシニは、またヨンスに怒りが込み上げるのだった。
タイミング悪く見られてしまいました。嫉妬深いシニは、絶対に許せない光景を目にしてしまいましたね。

ジュウォンは、ヨンスがジョンヒョンを迎えにバーに行った事を聞くと慌ててバーへ向かった。
酔い覚ましのドリンクを渡しヨンスが帰ろうとした時、財布を落としてしまう。ヨンスが帰った後で、財布がある事に気付くジョンヒョンはヨンスの後を追い駆けた。一人、帰宅しているヨンスの背後から車に乗ったシニがヨンスの後をつけていた。ヨンスが歩道を渡ろうとした時、シニは車でヨンスをひき殺そうとする。その瞬間、ジョンヒョンがヨンスをかばいケガをしてしまう。

124-126話感想

記者会見をするとは、大胆な行動に出ましたね。現段階では、世間はシニの言葉を信じてしまうでしょう(><)。でも、ジンテが無罪だと分かれば大きなニュースになります。またまたシニが疑われるのも時間の問題です。ジョンヒョン達の復讐も調査不足から相手が違っていたと判明しましたね。何とも複雑な感じです。怒りの矛先がドンフンでは無かったと知った時は、崩れ落ちる思いだったでしょうね。
ジョンヒョン達は、ようやく自分達の過ちを認めドンフンの元から去ろうと決意しますが、懐が広いドンフンはそれを認めませんでしたね。素晴らしい人間性です。一緒に暮らした時間が長く、自分にも落ち度があったと反省するなんて、家族の絆って血の繋がりだけじゃないですよね。ヨンス達は、ジンテが病気で有ることを証明し自供に信憑性が無いことを訴えました。それが、裁判中にジンテの行動から証明する事ができたなんて、運命の悪戯ですね。
ようやくジンテの気持ちを汲み取ったシニ。少しホッとしましたが、それでも罪は認めないでしょう。それにしても『闇の病院』が怖すぎます。精神障害に追い込むなんて(><)日本でこんな団体があったらと思うとゾッとします。どんどん罪を重ねて行くシニ。タイミング悪く、ジョンヒョンがヨンスに抱きついている所を目撃してしまい、嫉妬深いシニは更に恐ろしい行動に出ます。エスンを殺めてしまったのは事故かもしれませんが、今度は明らかに殺意を持ってヨンスを車で跳ねようとしました・・・終わってますね。しかし、まさかヨンスをかばったジョンヒョンを轢いてしまうとは、シニも驚いたでしょうね。ジョンヒョン容体はいかに!?








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。