検事ラプソディ-7話-8話-9話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

さて、前回まででだいぶチャ検事のキャラクターやバックグラウンドが見えてきました。
エリートチャ検事が、癖のあるジニョン支庁で揉まれてどう変わっていくのか今後も楽しみですね♪
それでは、その他刑事2部の皆さんのキャラクターも見ていきましょう!

スポンサーリンク

【検事ラプソディ】ネタバレあり

スポンサーリンク

第7話

突然やってきたイ検事の息子に
“家出?いじめられた?”と、居合わせたメンバーは想像を膨らませますが、
どうやら“いじめた方”だったようです。
オーマイガー!

イ検事は息子を連れてお母さんの待つ家に向かいますが、
息子は自分が何をしたかわかってない様子です。

イ検事は相手方の父親と直接会い
「子供なんだし、警察沙汰にまでしなくても」と言いますが、相手は納得がいきません。

一方、チャ検事は別件で女子高生のいじめ問題を担当します。
チャ検事は、“未成年だからと言って見逃すわけにはいかない”と
きちんと一人一人から話を聞きます。

数日後、イ検事の奥さんは一人で学校に向かいます。
相手方の両親は弁護士と共にやってきてすごいプレッシャーを感じる中
被害者の日記まで読み上げられ、奥さんは成すすべがありませんでした。
サッカーをして遊んでいる息子を見て泣き崩れてしまいます。

イ検事は“検事であること”を利用して息子のいじめ問題を解決してしまおうか悩みます。

チャ検事が担当しているいじめ問題の件はニュースにもなっています。
「生徒たちが謝罪文を紙飛行機にして被害者に届けた」と報道されますが、
被害者は「許せない、みんな死ねばいいのに」と訴え、自分が弱いからだとも責めます。
チャ検事は「許さなくてもいい、こんなことで許されることではないから」と伝えます。

そしてついに、イ検事家族は警察署に向かいます。
イ検事は、事の重大さがわかり足がすくんでしまう息子に
「簡単なことじゃないけど、君がわかってくれることを願う」と肩をにぎります。

3か月後、イ検事と息子さんは二人で釣りをしています。
あれから転校して彼もいろいろと気を遣うようになったとのことです。

スポンサーリンク

第8話

それぞれの朝の出勤風景と、「どこにでも女○○の存在がある」というナレーションで始まります。

オ検事に、“子供が熱を出した”とお義母さんから連絡が入ります。
仕事を抜け出して子供を病院に連れていき急いで戻ってきますが、
大事な取り調べがあったことを忘れていたようです。
部長に口酸っぱく言われたあげくチャ検事からも小言を言われ、怒りをあらわにしてしまいます。

挙句の果てに裁判でも負けてしまい、またチャ検事から責められます 。
そんな姿を見て、ベテラン捜査官のチャンさんは「(女性の地位は)昔と変わってない」と嘆きます。
うぅっ(´;ω;`)

一方、あの金の棒のことですが、実は拾ったものだということが判明しますが、イ検事と部長は上司にそのことを言えずにいます。

そんな中、オ検事はついに体が限界を迎え熱を出して倒れてしまいます。
運ばれた病院で、お義母さんと旦那さんにもワーキングママの複雑な気持ちを上手く伝えられません。

しかし翌日、“オ検事が消えた”と騒動が起きます。
とりあえずチャ検事が子供たちの面倒を見て、イ検事が探しに行くことになります。
誘拐まで疑われましたが、実は家に帰らず事務所に戻って仕事をしていたところ
そのまま眠ってしまっていたとのことでした。

チャ検事も、子育ての大変さを味わってからか
法廷に向かうオ検事に「頑張ってください」と声をかけ、心境の変化が見えます。

エンディングで、イ検事は同居しているキム検事の部屋に勝手に入り
飾ってあったエアガンでフィギュアを破壊してしまいます。

スポンサーリンク

第9話

前回イ検事が壊したフィギュア達は、応急処置こそしたものの
“勝手に人の部屋に入った”ということもあり、キム検事には言えずにいます。

しかし、キム検事が事件を起こします。
キム検事がゲーム関連の内容で告訴するというのです。
自分が関係していると勘違いしたイ検事が、この件を担当することになります。
キム検事の「こういう問題は告訴してはじめて悪かったと認めるんです」といった言葉を聞いて
イ検事はますますビビってしまいます。

一方、チャ検事は検事界で有名な厄介者おじさんの案件担当になります。
ちょっと法の知識があるからと、若い巡査相手に告訴するという内容です。
しかしこのおじさん、チャ検事が不起訴にしたことに火がついて
支庁長や部長、もちろんチャ検事も含めて全員に手書きの手紙を送って攻撃してきます。

キム検事の事件はというと、
ついに詐欺相手の女性と対面して言い合いになりますが、
君主のカミュロス登場で一件落着となります。
なんと、その正体は無口事務官のソン・ミラン氏だったのです。
ここからキム検事の態度変わりすぎw

チャ検事は厄介者おじさんをやっつけるために
あらゆる資料や法律を夜通し確認して逮捕に向かいます。
最初は抵抗するおじさんですが、チャ検事の知識量に論破され逮捕されてしまうのです。
つづく

スポンサーリンク

感想

7・8・9話は、イ検事・オ検事・キム検事の家族関係や素性がそれぞれ描かれています。
韓国っぽいドタバタ劇こそあるけれど、財閥が登場するわけでもなく、一般的な人々の感覚で進んでいくので共感がもてました。
途中からキム検事がゲームの世界に入っていくのですが、この設定は面白いなとおもいました。
急に態度が変わったキム検事の今後のミラン氏との関係が気になりますね。
暇人おじさん相手でもムキになるチャ検事がかっこよくもかわいくもありました。

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください