江南スキャンダル-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ソジュンの全ての権利を譲り受ける約束をするなど、ベクヒがLXグループの乗っ取りを画策している感じが伺えた前回。
そんななか今回、ソヒョンは夫がソユ家族に資金援助している事実を知り…。

スポンサーリンク

【江南スキャンダル】(ネタバレあり)

13話

夫・テウンがソユにお金を手渡そうとしている現場を目撃したソヒョンは激怒しその現場に突入。
テウンを問い詰め、このお金はソダムに手渡そうとしていたものだと知ったソヒョンは、夫がソダムと不倫関係にあるものだと勘違い。
テウンが否定するも聞く耳を持たないソヒョン。
するとテウンは苦し紛れに「SNSのヤラセを暴露すると脅迫されたんだ…」と嘘をつくのだった。
その後、ソヒョンはソダムと2人で話していた。
そこでソヒョンはベビーシッターであるソダムをクビにすると宣告。
これまで世話していた赤ん坊と引き離されたソダムは涙を流すのだった。

ソダムがクビになれば赤ん坊が可哀想ですね…。ソヒョン夫婦はこれまで子育てをほとんどソダムに任せてましたから…

一方、ジンボクとの駆け引きの末、会社におけるソジュンの権利を譲り受けることとなったベクヒは、久しぶりに出社。
ベクヒの意向により部署統合が行われることを知ったユンテは、部下たちとハンストを起こすのだった。
その後、それを知ったジンボクはユンテを呼び出す。
そして会社に意見があるならハンストなどのやり方ではなく、仕事で成果を出して意見を提示するようにと説教するのだった。
一方、ソダムがベビーシッターをクビになり、ソヒョン夫妻は新しいシッターを雇う。
しかし赤ん坊は新しいシッターに全然懐かず、仕舞いには辞めてしまいソヒョン夫妻は困ってしまうのだった。

やはりシッターはソダムでないとダメみたいですね…

そんななか、ソユの元同僚からスタイリストのヘルプとして手を貸して欲しいと頼まれ現場へ。
するとそこで番組収録を控えたソジュンと対面するのだった。

スポンサーリンク

14話

収録現場で対面したソユとソジュン。
そこでソユは苛立ちを覚えながらもスタイリストとしてソジュンの衣装を準備してあげるなど、スタイリストの仕事を淡々とこなすのだった。

どうやらソユの元同僚は2人の仲を取り持つためにわざとソユにヘルプを頼んでいたようです

その後、ソジュンのメイクをしてあげるソユ。
メイクをしながら2人の顔が近付くとソユは思わず笑ってしまうのだった。

スポンサーリンク

なんだがいい雰囲気ですね

一方、ソヒョンから赤ん坊・ウンビョルの世話を押し付けられたセギョンは、泣き止まないウンビョルに手を焼いていた。
「泣き止ませるにはソダムを呼ぶしかない…」
そう思ったテウンはソダムに電話し、ウンビョルの様子を見に来て欲しいと頼む。
ソダムはウンビョルの元に行くべきか悩むのだった。
一方、番組収録に臨むソジュン。
その姿を見たソユは、彼が少し輝いて見え、穏やかな表情で収録を見守るのだった。
その後、収録を終えたソジュン。
するとソユが転びぶつかったはずみでコーヒーが衣装にかかってしまう。
ソユが衣装を気にする中、ソジュンの元に経済界の大物が挨拶に来たことでソジュンは一緒に食事に出掛けるのだった。
その夜、ソジュンは衣装をソユに返すために彼女のバイト先の健康ランドを訪ねる。
しかしそこにソユの姿はなく、ソジュンは健康ランドの食堂の仕事を手伝わされるのだった。
その後、ソユが帰宅していないことを知ったソジュンは彼女が心配になりテレビ局へ。
するとソユはメイク室で疲れ果てて寝ていた。

スポンサーリンク

15話

テレビ局で寝ていたソユを見つけたソジュン。
その寝顔の美しさに見惚れているとソユは目を覚ました。
そしてソユは収録で使った衣装をソジュンと服屋へ返しに行くことに。
ソユは衣装にコーヒーをこぼしたことを隠して返却しようとするも、服屋の店主にそのことがバレてしまう。
どうしようかと慌てるソユ。
するとソジュンは「それ、買い取ります」と言い、その場を収めるのだった。
一方、ベクヒはセヒョンと食事をしていた。
そこでベクヒは今日ソユとソジュンが仲良さげにしていたまるで恋人関係みたいだったと話す。
それを聞いたセヒョンはその後ソユに電話し、「うちのデザイン室でバイトをしないか?」と提案。
ひとまずソユは翌日面接を受けることに決めるのだった。

セヒョンはソユのことが心配で、目の届くところに置いとおきたいようですね

一方、テウンは我が子・ウンビョルがぐったりしていることに気がつくと慌ててウンビョルを連れてソダムの元へ。
そして病院に連れて行った結果、ウンビョルは熱を出していただけで重症ではないことが判明するのだった。

ひとまず何ともなくて良かったですね

翌日、LXグループの会社で面接を受けたソユ。
するとそこでソジュンと遭遇し、彼のオフィスで少し話すことに。
するとそこにセヒョンがやって来る。
ソユは慌てて立ち去るも、ソユがソジュンのオフィスにいたことからセヒョンは2人の関係に疑念を抱き始めるのだった。
その後、ソジュンはセヒョンと2人で話していた。
そこでソユがセヒョンの提案で面接に来たこと、そしてセヒョンはソユに告白するも振られたことを知るのだった。
その後、ソジュンが自分のオフィスに戻るとそこでソユの手帳を見つける。

ソユが忘れて行ったんですね

中身を見たソジュンはソユの母の治療費537万ウォンの領収書を見つけ驚くのだった。
一方、家で1人で留守をしていたソユとソダムの母・グムヒの容体が急変。
帰宅したソユは倒れている母を見つけると病院に連れて行くため母を担いで外へ。
するとそこでソユを訪ねてやって来たソジュンと遭遇するのだった。

スポンサーリンク

感想

13話ではソヒョン夫妻の赤ん坊のベビーシッターをしていたソダムが、ソヒョンからテウンとの不倫関係を疑われ、ベビーシッターをクビになってしまいました。
感情的になり我が子のことを考えずに見切り発車で暴走するソヒョン、そして頼りなく家にいるのに子育てをソダムに全て任せていたテウン夫妻にはたびたびイライラさせられますね。
ソダムがシッターをクビになった一方、14話ではソユとソジュンが再び急接近する展開となりました。
ここから2人のラブストーリーが加速しそうな予感がしましたね。
そして15話では、ソユとソジュンの関係が親密になりつつあることを知ったセヒョンが2人の間に入るなど、ソユを巡る三角関係が展開されました。
この恋模様がどうなるのか楽しみななか、ラストにはソユの母・グムヒの容体が悪化し家で倒れてしまいました…。
グムヒは無事なのか、そしてソユの恋はどうなっていくのか、次回の展開が楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください