江南スキャンダル-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ベクヒがセヒョンとソユの関係を壊すためにソダムを利用するなど本格的に動き始めた前回。
そして今回、セヒョンとソユを引き離したいベクヒと、ソジュンとソユを引き離したいソヒョンの互いの思惑が交差し始め…。

スポンサーリンク

【江南スキャンダル】(ネタバレあり)

25話

ソヒョンはソユをいびるもソユはそれをものともせず、さらに最終的にはソヒョンが辱めを受けることとなる。
これによりソヒョンのソユへの怒りはさらに高まるのだった。
その夜、ベクヒは部下と今後、どうやってソユとソジュンをくっつけようか作戦会議をしていた。
そこでかつてソダムを代理母にした理由が明らかになる。
実はベクヒは当時、息子・セヒョンの初恋の相手がソダムだと勘違いし、ソダムを代理母にしていたのだ。
「息子の初恋の相手はソダムではなく、姉・ソユだった…」
ベクヒはそう話し、セヒョンとソユを引き離すためにソジュンとくっつけようとしていることを明かす。
「セヒョンは将来LXグループのトップに立つ人間よ。あんなハエなど追い払わなければ…」
ベクヒはそう呟くのだった。

やはり代理母の件もベクヒの策略だったんですね…それにしても勘違いにより巻き込まれたソダムは可哀想…

一方、ソユとソジュンが仲良くなることが気に入らないソヒョンとジユンはどうにかして2人を引き離せないかと考えていた。
そしてソヒョンとジユンはジンボクに動いてもらうために、ここ最近ソユがソジュンを振り回していると告げ口をするのだった。
その後、ジンボクはベクヒを呼び出しそのことを相談。
するとベクヒは「ソユを利用しましょう…」とジンボクに提案するのだった。
一方、ジンボクから秘書をつけるよう言われたソジュンだったが、なかなか秘書に適した人がおらず決められずにいた。

そもそもソジュンは秘書をつけたいと思ってませんからね…

するとベクヒは秘書候補としてソユを推薦するのだった。

スポンサーリンク

26話

ソジュンと食事をしていたベクヒは、そこに「秘書候補者」としてソユを呼び出す。
ソジュンが驚く一方、ソユも驚き困惑している。

どうやら秘書の面接だとは聞いていたもののそれがソジュンの秘書だとは聞いていなかったようです…

ソユは「もし私が彼の秘書になれば私を嫌っている会長・ジンボクが黙っていないかもしれないですよ」とベクヒに言うと、ベクヒは「手は打ってある…」と告げる。
実は前にベクヒがジンボクに「ソユを利用しよう」と話していたのは、「ソユをあえてソジュンの秘書にして、前の動画の件の噂を無くして解決に導こう」という意味だったのだ。
しかし、ソジュンはセヒョンとの関係がネックになっていて、ソユを秘書にすることに反対する。
するとベクヒは「これはセヒョンのためでもあるの…」と言い上手い具合に口車に乗せる。
こうしてソジュンはひとまず検討することにするのだった。
その後、ソユとソジュンは2人で話していた。
そこでソユはソジュンの秘書を引き受けるつもりだと話す。
「お金のためだもの」
ソユはそうソジュンに話すのだった。
一方、ソダムはウンビョルとの別れの時を迎えていた。
会えるのは今日が最後ということで、最後の2人の時間を涙を流し寂しさを感じながら過ごすソダム。
そして夜になり、ソダムはソヒョンの家から立ち去るのだった。

スポンサーリンク

涙涙のお別れですね…

翌日、ベクヒがソユがソジュンの秘書になるつもりだと知るなか、セヒョンもそのことを知り驚く。
そしてセヒョンはソユがお金に困って秘書の仕事を引き受けたことを知るのだった。
一方、帰宅したソダムは母乳が溜まり体調を崩していた。
そして部屋で搾乳を行うソダム。
するとそれをソユは目撃してしまうのだった。

スポンサーリンク

27話

妹・ソダムの搾乳現場を目撃してしまったソユは驚き衝撃を受ける。
ソダムは姉にバレてしまい焦るも、自分のものではなくソヒョンの母乳だと嘘をつくのだった。
その後、ソユはソジュンの秘書として初出勤。
セヒョンはソユを出迎え、ソジュンのオフィスまで送り届け、「ソユを頼んだぞ」とソジュンに言う。
こうしてソユはソジュンの秘書として働き始めるのだった。

セヒョンはソユがこの仕事で金銭的に充実することを願い、優しく見守ることにしたんですかね…

その後、秘書として一生懸命仕事をするソユはセヒョンからランチに誘われる。
しかしソユは仕事が忙しく一緒にランチはできず、ソジュンとオフィスでランチを食べることに。

セヒョンがこのことを知るとショックを受けそうですね…

食事を終え2人で話していると、ソジュンはソユにイタズラを仕掛け、その弾みでソユの服はケチャップ塗れに。
これにはソユは激怒するのだった。
その後、セヒョンが外でソユの昼食を買い届けに向かうと、オフィスからソユとソジュンが言い争う声が聞こえて来る。
オフィスを覗くセヒョン。
するとソユが「ふざけないで!貧乏人の私を馬鹿にしてるの?なぜこんなことをするの?」とソジュンに詰め寄っていた。
ソユから詰め寄られたソジュンは「ついふざけたくなっちゃうんだ。君を笑顔にしたいから…」と呟く。
それを聞いていたセヒョンは複雑な少女を浮かべるのだった。

恋の三角関係激化の予感です…

スポンサーリンク

感想

25話では、ベクヒとソヒョンの互いのソユへの思惑が交差する回でした。
セヒョンとソユを引き離すためにソジュンとくっつけようとするベクヒと、ソジュンとソユを引き離すためにセヒョンとくっつけようとするソヒョンのせめぎ合いは見ていて面白かったですが、それに巻き込まれ翻弄されるソユは可哀想でしたね…。
26話では、ソユがベクヒの推薦によりソジュンの秘書になる一方で、ソダムが代理母として産んだウンビョルと涙の別れが描かれました。
涙涙の別れの場面は、観ていて辛いものがありましたね。
そしてラストにはソユがソダムの搾乳現場を目撃し、27話ではソユに代理母のことがバレそうになりましたが、嘘などをついて、なんとか言い逃れをし交わした感じでしたね。
しかしながら、家族に代理母のことがバレるのは時間の問題っぽいですね。
そしてラストにはソジュンの秘書となったソユを巡る恋の三角関係が激化しそうな予感がして、今後の展開が楽しみになりました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください