江南スキャンダル-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ソダムの代理出産の件が、ソユやグムヒなど家族にバレてしまうという怒涛の展開を迎えた前回。
そして今回、ソダムの母・グムヒは代理出産の件の真偽を確かめるためソヒョンの家に向かい…。

スポンサーリンク

【江南スキャンダル】(ネタバレあり)

61話

ソダムが自分の手術代のために代理母になっていたことを知った母・グムヒは衝撃を受け「何かの間違いよ!」と取り乱す。
しかしそれが事実だと知るとその場で泣き崩れるのだった。

どうやら自分のせいで娘に辛い思いをさせていたと心を痛めているようです…

その後、ショックから立ち直れないグムヒは自宅への帰り道に「こんなことなら手術なんて受けずに死んでいたらよかった…」と後悔し涙を流すのだった。
一方、仕事中のセヒョンはソジュンやソユたちと進めているプロジェクトが思うように進んでいないことに激怒し、部下を責める。
その様子を見たソジュンは止めに入ると、セヒョンは憤りながら部屋から出て行くのだった。
その夜、ソユがソダムのことで思い詰めるなか、ソジュンは仕事を休んだソユを心配し家を訪ねる。
すると家の前で元気を失いトボトボ歩くグムヒの姿を発見。
心配になったソジュンが声を掛けるとグムヒは「行きたいところがあるの…」とソジュンにある場所に連れて行って欲しいと頼んだ。
その場所はソヒョンの家で、グムヒはソヒョンと話すことに。
ソヒョンにソダムがなぜ代理母になったのか確かめるグムヒは、その経緯を知るとさらにショックを受け泣き崩れながらも、これ以上ソダムを傷付けられないとこのことは周りには黙っておくことに決めた。
しかしその様子をモニタリングしていたテウンとソジュンはウンビョルはソダムが代理出産して生まれた子だったという事実を初めて知る。
そして2人はソヒョンに対して憤りを感じるのだった。

ソヒョンからするとまさかの展開ですね…

その後、ソジュンがグムヒを家まで送り届けると家の前でソユと遭遇。
そこでソユとソジュンは2人で話すなか、突然ソジュンはソユを優しく抱きしめるのだった。
その後、ソヒョンはベクヒにこのことを電話で報告。
それを聞いたベクヒが激怒し「せっかく私がソユを黙らせたのに!」取り乱し声を荒げているとそこにセヒョンが現れる。
「どういうことだ?全て話してくれ」
セヒョンがそう問い詰めるなか、ベクヒは何とかその場を回避しようとセヒョンのお茶に睡眠薬を混ぜるのだった。

スポンサーリンク

62話

セヒョンとベクヒは2人で話すことになるも、セヒョンは睡眠薬入りのお茶を飲み意識が朦朧としてそれどころではなくなる。
そしてベクヒは何とか誤魔化し、その場を回避することに成功するのだった。

我が息子に睡眠薬を盛るとは相当ベクヒは追い込まれたんでしょうね…

一方、ソダムの代理出産の件を知ったテウンはソヒョンに大激怒。
そしてソヒョンも「あなたが子供を産まないと離婚すると言い私を追い詰めたからよ!」と声を荒げ、2人は口論になるのだった。
その後、ソヒョンはソジュンと2人で話していた。
そこでソダムの件は彼女の望みを叶えるためでもあったと説明。
しかしソジュンはそれに納得できず、姉・ソヒョンに対して憤る気持ちはおさまらないのだった。
翌日、目を覚ましたセヒョンは昨晩の一件から母・ベクヒは何か隠していると不信感を抱き始めていた。
一方、ミリはジンボクの自分への愛がちんけなものだと知り大激怒。
ジンボクの元へ行き別れを告げる。
突然のことにジンボクは驚き困惑するのだった。
一方、セヒョンはソユと2人で話していた。
そこでセヒョンは「母と何があったんだろ?何を隠してるんだ?話してくれ」と問い詰める。
しかしソユは「何のことだか…」と誤魔化すのだった。

スポンサーリンク

もしソユが真実を話して終えば妹や母に影響が出て、セヒョンも苦しむことになるので言えないですよね…

一方、セギョンはゴルフコーチと密会しキスをしているところを夫・ユンテの妹・スギョン、そして夫の前妻・チュンミに見られてしまう。
スギョンは激怒し、チュンミは「兄に報告するわ」とセギョンに告げるのだった。

あらら、セギョンはどうなってしまうのでしょう…

一方、ソジュンはソダムが所属するアイドルグループの衣装担当にハリウッドの大物を起用することを決める。
それを知ったソユは、ソジュンがソダムの代理出産の件を知ってしまったことを知る。
そしてソユはソジュンのことを好きになりそうな今の気持ちを吐露。
するとソジュンは優しくソユを抱きしめるのだった。

スポンサーリンク

63話

ソユが自分のことを好きだという気持ちを再確認し、ソユを抱きしめるソジュン。
するとそこにジユンがやって来てそれを目撃。
ソユが逃げようとするなか、ソジュンは「この悪循環を止めよう」とジユンにソユが好きだと宣言。
ソユがその場から立ち去ると、ジユンはソジュンに大激怒し目に涙を浮かべながらソジュンに別れを告げ立ち去るのだった。
一方、スギョンとチュンミに不倫現場を目撃されたセギョンは2人に連れられカフェで3人で話すことに。
そこでスギョンは兄嫁・セギョンの不倫に大激怒し、口に含んだ水を吹きかける。

コップの水をかけるのは見たことがありますが、口に含んだ水を吹きかけるのは初めて観ましたね…

しかし立場上何も反抗できないセギョン。
するとスギョンとチュンミは「このことを会長・ジンボクに告発する」とセギョンに告げるのだった。
一方、ジンボクは突然訪ねて来たミョンシムと話していた。
そこでミョンシムは「セギョンの持ち株を増やすから、セギョンをLXの理事にしなさい」と告げる。
実はミョンシムは前にLXの株を大量に購入したジユンの父と繋がっていてそれを譲ってもらいセギョンの持ち株を増やす作戦のようで、それを聞いたジンボクは驚くのだった。

もしそうなればセギョンの持ち株はソヒョンやソジュンよりも遥かに多くなります

その後、それを知ったベクヒは部下たちを集め「ジンボクの時代は終わりです」と今後のことについて作戦会議を行い、セヒョンの部署を会社からを独立させることに決める。
翌日、ベクヒはそれをセヒョンに提案するのだった。
その後、セヒョンは会社のエレベーターでソダムと遭遇し2人で話すことに。
そこでソユを助けたいという一心で、代理出産の件をソダムから詳しく聞こうとするも、ソダムは動揺し立ち去ってしまうのだった。
そんななか、アイドルデビューしたソダムは早々にソヒョンのベビーシッターをしていたことが知られ、ネットで「代表のコネでデビューしたのか」とバッシングされていた。

スポンサーリンク

感想

61話では、ソダムが代理母としてウンビョルを出産していたことを知った母・グムヒがソヒョンの家へ行き、改めてそれが事実だったことを知りショックから完全に元気を失ってしまうという、グムヒの立場を考えると観ていて辛い回でした。
またテウン、ソジュンも代理出産について知ってしまいました。
特にウンビョルの父親・テウンは相当ショックだったでしょうね…。
セヒョンとテウンの夫婦関係がどうなってしまうのか心配になるなか、62話では、冒頭からベクヒがセヒョンにソユとの秘密がバレそうになり睡眠薬を盛るという激ヤバ行動に出たり、セギョンのイケメンゴルフコーチとの不倫の事実があろうことが夫の妹と前妻にバレてしまうという波乱の連続でした。
そして63話では、ミョンシムによるLXグループへの復讐作戦が進行していて、それによりベクヒも動き始めるといった内容でした。
ミョンシムの作戦が果たして成功するのか気になる一方で、不倫の事実が夫の妹と前妻にバレてしまったセギョンの今後についても気になるところですね。
そしてラストにはソダムが世間からバッシングされるという急展開…。
せっかく念願のデビューを果たしたばかりなのにこのままだとまたしても可哀想な展開になりそうで心配になりました。
次回どんな展開になるのか楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください