浪漫ドクターキムサブ2-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

サブが突然倒れたり、ウジンがかつて告発した先輩が病院にやって来たりと色々あった前回。
そして今回、ウジンは汎発性腹膜炎の患者の手術を行うことになるも、新たな問題が発生し…。

スポンサーリンク

【浪漫ドクターキムサブ2】ネタバレあり

22話

これまで長年トルダム病院に勤めるドイルに院長から突然クビが宣告される。
そして病院では汎発性腹膜炎の患者の緊急手術が行われることとなり、麻酔は従来のドイルではなくヘジンが担当することに。
ドイルがクビを宣告されたことなど知らないミョンシムは不審に思いながら手術室に向かうのだった。
その後、手術を行うウジン。
するとその患者が過去に手術を行った際に当時の執刀医がミスをしていて、それを隠していたことが判明。
何とかウジンはそれもリカバーし手術は無事に終わるも、麻酔医・へジンは「このことは患者の家族には黙っておきましょう」と告げる。
しかしウジンは「そんなことはできないと」と拒否するのだった。

ミスをしていた過去の手術の執刀医は一体誰なんでしょう…

そんななか、トルダム病院にあるVIP患者がやって来て、ミングクたちが出迎える。

どうやら有名人の息子らしいです…

そしてミングクはVIP患者の治療の邪魔にならないよう、今後は救急患者の受け入れを拒むよう方針を変える。
それを知った主任看護師・ミョンシムたちは身勝手な方針変更に憤るのだった。
一方、ウジンはミングク院長から呼び出され2人で話すことに。
そこで汎発性腹膜炎の患者への過去の手術ミスについて話すウジン。
ミングク院長は隠蔽するよう指示するも、ウジンは納得できずそれを拒否。
するとミングク院長はその患者に過去に手術を行いミスをした医師がウンジェだと明かすのだった。

エッ?ミスしたのはウンジェだったの…?

スポンサーリンク

23話

医療ミスを犯した執刀医がウンジェの兄だと明かされる。

ウンジェではなく兄だったのね…

それを知ったウジンは衝撃を受けた。
一方、ウジンに転職の話を断られたヒョンジュンはトルダム病院内でスタッフたちに声をかけスカウト活動を行っていた。
断るスタッフがほとんどだったが、なかには今よりも給料が高いと言うことで心が揺れるスタッフもいるのだった。
その後、サブはヨングク院長の指示により急患の受け入れを拒否していること、さらにヒョンジュンが院内のスタッフをスカウトして回っていることを知る。
一方、ウジンはウンジェに兄の医療ミスのことを話そうか迷っていた。
するとウンジェのもとに母から電話が。
どうやらウンジェの母が近くまで来ているようで、仕事を終えたウンジェは母と食事に出掛けるのだった。

結局ウジンはウンジェに兄のことを話せませんでしたね…

その後、ウジンはヒョンジュンと話していた。
そこで内部告発されたことを責められるウジン。
しかしウジンも「自分は正しいことをした!」と引かず、その場を後にする。
その後、1人になったウジンはロッカールームで涙するのだった。

2人は元々は尊敬していた大学の先輩後輩でいい関係だったようです…

一方、ウンジェは母から兄の医療ミスの話を聞かされ衝撃を受けていた。
さらに母は、今回の手術を執刀したウジンにも医療ミスのことは口止めしておいて欲しいと頼むのだった。

どうやらウンジェの母はその話をするのが目的だったようです

兄の医療ミスの件を聞き深くショックを受けたウンジェが病院に戻るとそこでウジンとバッタリ。
しかしウジンはそこでは何も話さないのだった。
一方、ドイルがクビを宣告されたことを知ったサブは「こんなのは認められない!」とドイルの解雇通知をビリビリに破る。
そして「今のトルダム病院の体制に納得できない」と言い、サブは立ち去った。

スポンサーリンク

24話

兄の医療ミスを隠蔽して欲しいという母の頼みを聞くべきか悩むウンジェ。
そんななか、トルダム病院の新体制に納得できないサブは救急患者を受け入れるホットラインを開設。
それによりトルダム病院に次々と急患が運び込まれて来て、スタッフたちは治療をはじめた。

スタッフたちの表情は生き生きしてますね

そんななか、サブはウンジェに手術の執刀を指示。
早速手術の準備を進めるウンジェだったが、麻酔医・へジンら「恐怖症があるあなたは信頼できない」と言い、ウンジェの手術室への入室を拒否。
するとそこにドイルがやって来てウンジェを助け、ウンジェは手術室へ。
その様子をサブは微笑ましい表情で眺めていた。
そしてウンジェによる手術がスタート。
サブたちがサポートするなか、ウンジェは見事手術ををやり遂げるのだった。

ウンジェ、成長しましたね

その後、ウンジェがスタッフルームに戻ると母が来ていて、ウジンと話していた。
のうのうと兄の医療ミスの隠蔽のためにやって来た母にウンジェは憤り、声を荒げ母を追い返した。
その後、ウジンに謝罪し涙を流すウンジェ。
そんなウンジェをウジンはそっと抱きしめた。
その後、ウジンはミングク院長と話していた。
「医療ミスをした執刀医にここに来て患者に謝罪するよう伝えてください」
ウジンはそう告げ、一方でウンジェは患者に先に兄の医療ミスの件を謝罪していた。
その後、仕事を終え帰宅しようとしたウジンの元に借金取りがやって来て…。

スポンサーリンク

感想

22話、23話ではウジンが患者の手術を行ったところ、過去の医療ミスが発覚し、さらにそのミスをしていた医師が実はウンジェの兄だったというという衝撃的な展開でした。
それを知ったウンジェはとてもショックを受けていましたね。
24話では過去のウンジェの兄の医療ミスを隠蔽するのか公にするのかというウジンとウンジェの葛藤が描れていて、上からの隠蔽しろという圧力に屈せずに自らの信念を貫く2人の姿はカッコ良かったですね。
さらにサブとヨングクの対立もどんどん深まっていて、古株スタッフへのクビ宣告や勝手な病院の方針変更など好き放題しているヨングク院長にサブが憤。、24話ではホットラインを開設するなどヨングク院長に反抗する動きを見せていました。
2人の対立は今後さらに激化しそうです。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください