浪漫ドクターキムサブ2-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ウンジェの兄の過去の医療ミス隠蔽問題が発生するもウジンとウンジェが隠蔽せず患者に謝罪し無事解決しました。
そして今回は病院に事故で足を切断された患者が搬送されて来て…。

スポンサーリンク

【浪漫ドクターキムサブ2】ネタバレあり

25話

ホジュンはトルダム病院でスカウト活動をしているヒョンジュンと話していた。
「トルダム病院スタッフのほとんどがオファーに同意している」
そう話すヒョンジュンにホジュンは「邪魔なウジンもどうにかしてくれ」と頼むのだった。

ヒョンジュンはサブ主体のトルダム病院を自分のものにしたいヨングク院長の指示でスカウト活動を行なっていたんですね…

その後、仕事を終え帰ろうとするウジンの元に借金取りがやって来て、ウジンは連れて行かれてしまった。
翌日、VIP患者の手術を計画しているミングク院長だったが、麻酔医・ヘジンが同意せず日程が決まらないでいた。
どうやら心電図が不安定で先天性の不整脈の疑いがあるのだとか。
へジンが「内科のコンサル後に手術をすべきだ」と告げると、ミングク院長は至急その準備を始めるのだった。
そんななか、病院に事故により大怪我を負った患者が搬送されて来る。
その患者は仕事中に切断機で足を切断されてしまったのだとか。
早速サブたちが手術を行おうとするも、患者は手術を拒否。
理由は「元に戻る保証もないのに高額な手術費を払えない」というものだった。
その後、患者の妻と息子が病院にやって来るなか、サブは患者に手術するよう説得し、患者は泣く泣く手術することに同意。
「すまない…」と家族に言い涙を流す患者の姿を医師たちは複雑な気持ちで見つめるのだった。
そんななか、ウンジェはサブからもらっていた手術恐怖症を抑える精神安定剤が無くなったためそれをもらいに行く。
しかしそこでサブが渡していた薬は精神安定剤ではなく消化剤だったことが判明。

つまり前の手術でウンジェは精神安定剤無しで手術をやり切ったんですね

それを知ったウンジェは驚くのだった。

スポンサーリンク

26話

ウジンに手術に参加するよう呼ばれたウンジェは薬無しで手術をやり遂げた。
一方、足が切断された患者の手術を終えたサブ。
その後、患者の妻は夫の職場の上司と話していた。
そこで「今回の事故は労災保険の対象になるか分からないから、国からでは無く会社の補償である業務災害保証保険を使いましょう」と告げられる妻。
その会話を聞いていたサブは、その話がデタラメだと妻に告げる。

どうやら上司は今回の事故を会社に都合のいいように処理しようとしていたようです

「騙したことがバレれば罰金だぞ」
サブは上司に詰め寄り、論破するのだった。

患者の妻は騙されなくて良かったですね…

そんななか、ミングク院長はVIP患者の手術の準備が予定通り進まず苛立ちホジュンを叱責。
その後、ストレスが溜まったホジュンはヒョンジュンにミングク院長の苛立ちの原因のひとつであるウジンをどうにかして欲しいと頼んだ。
その会話を帽子を被った男が盗み聞きしていた。

この男は一体誰なのでしょう…

その後、ヒョンジュンは借金取りと共謀しウジンを拉致。
そこでヒョンジュンはトルダム病院を辞め別の病院に移るよう脅し、無理矢理雇用契約書にサインさせようとするのだった。
その後、うつむきながら病院に戻ったウジン。
するとウジンはサブにトルダム病院を辞め他の病院に移るを移ることを宣言した。

本当にウジンはこのままトルダム病院を辞めてしまうのでしょうか…

スポンサーリンク

27話

突然トルダム病院を辞め別の病院に移ると言うウジン。

どうやらそうしなければサブを始末すると借金取りに脅されたようです…

それを聞いたウンジェは辞める理由を尋ねるもウジンは真実を話さず冷たくあしらうのだった。
翌朝、ミングク院長にVIP患者の手術を急いで行うようにと急かされているホジュンは麻酔医・へジンに手術の許可をもらいに行くもへジンはそれを拒む。
するとホジュンは「あなたはミングク院長に恩があるはずだ」と迫る。
それによりへジンはVIP患者の手術室のスケジュールをミングク院長に手渡し、手術日程決定の段取りを始めるのだった。
その後、サブは「主治医なら私の腹の怪我など私の体の各所で起きている異常の病名を当ててから去れ。1週間やるから」と宿題を出す。
ウジンは何も言わずに部屋から出て行くのだった。

ウジンはこのままトルダム病院を去ってしまうのでしょうか…

その後、姿を消したウジンを探すウンジェ。
するとウンジェはホジュンとヒョンジュンが話す現場を目撃し話に割って入る。
「ウジンにこの病院を辞めるよう脅したでしょう?やっとここで再スタートを切れたのに」
ウンジェはそう言いヒョンジュンに迫る。
するとホジュンは「ヤツを庇うとは…もしかしてヤツと寝たのか?」とウンジェを挑発。
その言葉に憤ったウンジェはホジュンの頭を殴り「偉そうにするな!バカバカしい」と吐き捨て部屋から出て行くのだった。

胸スカシーンでした

そんななか、サブは院内にいるヒョンジュンと話していた。
そこでサブはヒョンジュンが違法にスカウト活動をしていることを問い詰め、ヒョンジュンにお灸を据えた。

これまた胸スカシーンでした

その後、VIP患者の手術日時が決まり、ウジンはミングク院長に指名されその手術を行うことに。

スポンサーリンク

感想

25話ではトルダム病院に事故で足を切断された患者が搬送されて来ました。
高額の手術費を払えば妻と子供に迷惑がかかると手術を拒否する場面、妻や子供が涙を流す場面は見ていて胸が痛みましたね。
26話ではホジュンとヒョンジュンが共謀しウジンをトルダム病院を辞めるよう追い込み、ウジンは脅されて辞めることを決めるという展開でした。
27話はウジンが病院を辞めることをサブに伝えるなか、ウンジェがホジュンに、そしてサブがヒョンジュンにお灸を据えるという胸スカ展開もありました。
ウジンはこのままトルダム病院を辞めてしまうのかなど今後の展開が気になるところです。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください