漆黒の四重奏-あらすじ-67話-68話-69話-最終回までネタバレありで詳しく!

韓国ドラマ-漆黒の四重奏-あらすじ-67話-68話-69話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
親子鑑定でガオンがハジンの子供だと証明されドユンも知ることとなりました。
そこにジョンウと理事長の戦い、セヨンとテユンの恋も絡んできています。
果たしてミニはガオンを隠し続けることは出来るのか…いやばれて欲しいのが本音ですが、ますすます面白くなり目が離せません。
今回もお付き合いよろしくお願いします。

【漆黒の四重奏】ネタバレあり

67話

ドユンはハジンが何を言ってるのか意味がわからなかったが、自分達の子供ガオンが生きていていることを知りショックを受ける。
ドユンはドユンの力でガオンを捜してというハジンを抱きしめ、自分が捜してやるとハジンを強く抱きしめる。

ついにドユンもやっと知った!

ハジンの家族は帰宅したハジンからガオンがハジンの実の子供だと知らされ驚き、妹は義父がなぜ8年前ハジンの子を奪い米国に行かせ養子にしたのかと憤る。

ドユンはハジンとガオンの親子鑑定書を見て8年前に見た超音波写真の子供が生きていたのかと涙を流し、ナム室長にチャンの移住地とガオンが養子になった経緯、米国での生活を調べるように命じる。

ハジンの母は自分の本当の孫をいじめて追い出そうとしていたことに自ら嘆き苦しんでいた。
一方、ハジンはこれからは利己的になると妹に宣言し、ガオンを取り戻すことだけを考え自分の力で無理ならば誰に頼んでも見つけ出し、今はガオンのこと以外考えないと誓う。

ハジンの母は仕方ないとして、ハジンはその調子でミニに負けるな!

ジョンウは検察の件で本社から問責書類とLKからの損害賠償の書類を受け取るはめになり、LKに出勤するとロビーでは一般市民がジョンウを雇用するなと、貯蓄銀行の被害者金額を賠償しろとデモを行われていたが、理事長と父のしたことだから逃げはしないと女社長を伴って行く。

ジョンウは悪くない!

ジョンウががらんと片付けられた誰もいない監査室に行くと会長が来て、会長はジョンウが外国から来たせいか韓国の事情をよくわかっておらず自分の味方に手を出したからだと警告し、ジョンウの後釜は従順な人間にし、食品業界で不買運動は致命的でジョンウは終わったと最終宣告をする。

どこの業界でも不買運動はまずい…。

ミニはギヒョンからハジンがLKにいるドユンに会いに行ったと連絡を受け動揺するが、引き続きハジンを監視するように命じ、ドユンがハジンとまた付き合うつもりなのか、ハジンが子供を捜すようにドユンに頼んだのかと戸惑う。

ドユンは尋ねてきたハジンを待てと言ったじゃないかと咎めるが、ハジンは待つことなど到底できるわけがなかった。
ガオンのものは全部持って行かれ写真も撮ってないことからチャンの会社へ行く事になる。

チャンは車の中から秘書の女性に金庫から書類を持ってくるように連絡し、同乗しているガオンにお姉さんが来るから自分が来るまで一緒に待っていろと命じるとガオンははいと返事する。
ガオンは無事みたいで一安心。

落ち着かないミニの元にチャンが現れると、ミニは事務所を早く閉めないからだとチャンに怒り、チャンは会社はすぐに閉め子供は秘書が見ていると伝える。
ミニはチャンが人捜しではトップの実力ならば隠れるのも得意だと航空券を渡して子供を連れてどこかへ行くようにチャンに命じる。

ミニは本当に横暴な女。

ミニの元にドユンがチャンの会社に向かっていると連絡が来て、チャンは会社の近くにガオンがいると動揺し、ミニは一体何を考えてるのだと激怒。
秘書はコンビニ前のテーブルでのんきにガオンとパズルで遊んでいるとチャンからすぐ行くから交差点の前で待ってろと連絡が入り、早く行きましょうと慌てる。

秘書は人目につく場所にいたことを怒られるがもっともである…。

交差点へ向かう途中、車を降りたドユンとガオンがぶつかり身体が触れ合い、ガオンが落としたパズルを拾う時にドユンと目が合うが、ドユンはナムに促されチャンの会社に向かい、ハジンも遅れてやって来る。

秘書とガオンは車で脱出し、やきもきしていたミニはチャンから大丈夫だと連絡を受けると捕まったらお終いだとすぐに出国するようにと命じる。
上手くいくかしらね。

ドユンは警備員に無理を言ってチャンの事務所のドアの鍵を開けてもらい、ハジンはすでに痕跡がなくても指先に怪我をする程必死に捜し冷静なドユンをまるで他人事のようだと責め、見つけ出すというドユンを信用できない。

ドユンは不器用ながら自分も切実であり子供の死をやっと受け入れたのに生きていたのは有り難いが守れなかったことが申し訳なくて会えなくて怖いと心中を吐露し、自分が出来るのは捜すことであり子供が見つかるまでは何も考えないと宣言する。

ドユンの言葉にハジンも涙…本当に実直なドユンを表したいい場面。

愛人は担当の店にしか行かず仕事に没頭するテユンを会長に頼んで調べさせるが、仕事ばかりのテユンからは何も出てこず、会長は最近のテユンの仕事ぶりからだと本部長のポストもやれると言われ愛人は喜ぶが何かひっかかっていた。

愛人は急いで帰宅し引き出しから写真を取り出し妙な服な女は社員でもないのになぜテユンと一緒なのかとテユンにどんな関係なのかと迫る。
テユンはセヨンに振られたことを明かし暴力しないように頼み、こんな女に振られたのかと愛人は呆れ振られたのになぜ店に行くのかと怒る。

ついにばれてしまった~!

愛人はテユンが担当が別の人に変わってもセヨンに会いたくて遠くから顔を見るだけであったことを聞きあんな女が忘れられないのかと怒りが収まらない。
テユンは会いに行っちゃダメだというけど…果たして黙っていられる性格なのか…。

マルスンは帰宅したミニにヘリンの父親の話をするがミニが惚けるので、その件でミニを責めるつもりはなくヘリンを父親に渡す気はないのなら安心して育てられ、ヘリンにはミニや理事長とは違う人に育って欲しいというのでミニは立腹する。
確かにミニ2世は勘弁して欲しい。

マルスンはヘリンを立派に育てられる人が現れたら渡すが、理事長には絶対に渡せないとミニに宣言する。
マルスンはジョンウにヘリンを託したいのか…??

ドユンはミニが離婚してまで隠したかったことはガオンなのかと思い出し、ミニに今もチャンと取引をしているのかと尋ねるが、ミニは以前に何度か取引しただけだと惚けハジンとまた付き合うのかとカマをかける。

ドユンはハジンにあることを頼まれたが全部話すことなのかとミニにカマをかけるが、ミニは気にならないと答え、ハジンでさえ実の子を知らないのだからドユンが知るわけはないと高をくくる。
険悪な2人…ミニの誤算は高くつきそう。

落ち着かないドユンの元にナムからガオンの動画が見つかったと連絡が届き、連絡が届いたハジンが慌てて出ていこうとすると母が自分の子供を心配するのはわかるが、自分も娘を寒空に薄着で行かせられないとハジンの首にマフラーを巻き手袋を持たせる。
心温まるシーン!母の苦しみが十分に伝わります。

ガオンの動画は精神科の先生の元にあり、ドユンとハジンは治療過程の動画を見せてもらう。
ドユンはガオンの動画を見てガオンが義父母から暴力を振られたていたことを知り動揺するが、無邪気に撮影しているのかと笑顔で手を差し出すガオンの映像にドユンは自分の手を重ねる。

今回いい場面多すぎ…またまたドユン役キムスンスの神演技!

ドユンは画面のガオンに君なんだねと話しかけながらハジンの手を握り、ハジンもドユンの手を握り返す。
この2人がよりを戻しても咎める人は誰もいない。

ハジンはガオンの以前の養父がガオンを捨てようとしていたのをチャンが養子にして韓国に連れて来たことに感謝の気持ちがあるが、ドユンはチャンが連れ去ったのだと怒りが収まらない。
しかし皮肉にもチャンが養子にしなければガオンはどうなっていたのかはジョンウ情報。

ドユンはチャンに子供を盗ませた真犯人はミニなのかと何度もハジンに問うが、ハジンは今は何も証拠がなく答えることは出来ないが、ドユンの妻をかばう気はないと宣言する。

ドユンは1人車の運転中にミニと連絡を取るが、ミニは理事長が出頭するため検察庁にいた。
ドユンはずっとそこにいるのかとミニに尋ね、ミニが会議があるから店に行くと言うと、ドユンは返事をせずにハンズフリーのイヤホンを怒りから叩きつけて電話が切れ、ミニは不信に思う。

ドユンは怒らせたら怖いからな~。

ドユンは車を運転しながらミニが以前死ぬ前に教えてあげると言い放った言葉を思い出し、人通りの多い道路をユータンさせてミニの店へと車を走らせ、真に迫る表情を浮かべてミニの店へ訪れる。
韓国で運転出来る気がしない!

ミニは視線を感じて振り返るのだが…。

68話

ハジンが現れミニに怒りをぶつけそうなドユンの腕を掴んで止め、ミニが振り返る前に2人は店を出、ハジンはミニにガオンのことを話してもミニが罪を認めるわけはなく逆にガオンのことを隠すとドユンに怒り、怒るのも復讐するのも自分だと叫ぶ。

ガオンを捜すだけでいいと言われたドユンは気が変になりそうだと叫び、ハジンと自分に子供までミニに苦しめられることに腹を立てるが、今は捜すことだけを考え他のことはガオンが見つかった後に考えるようにハジンに諭される。

ドユン、慎重に動いて~!

ドユンはナム室長からチャンの家族は韓国の住まいを引き払い米国に移住したと報告を受け、チャンの出国記録を確保し法的に捕まえることは出来るかと尋ねるが、チャンが保護者で訴訟に時間がかかり今手は出せない為、空港に人を連れ何人動員しても逃がすなとドユンは息巻く。

ミニとチャンは電話で連絡を取り合い、チャンはドユンに睨まれて誘拐犯にさせられたらおしまいだと出国をしないというが、ミニは自分を巻き込む気かと夫の動きは自分が調べるから出国準備をしろとチャンに命じる。

理事長は検察から取り調べを受け、二重帳簿の件は検察のミスだが別件の調査の証人だとジョンウが現れ財団の裏金に株価操作、不正蓄財と財団運営費の不正を裏付けるファイルを検察に提出し、20年前に盗まれた美術品の返還訴訟をすると訴えると、さすがの理事長もうろたえる。

理事長、余罪多すぎ!ジョンウは王手をかけた!

ジョンウと女社長はテレビから流れる理事長の証言が虚偽であり20年前の銀行事件の黒幕と注目されているというニュースを眺め、女社長はこれで終わりかと尋ねるとジョンウはこれで終わっていいのかわからないと答える。
どういう意味?

総長は8年前にジョンウが会計試験の準備を兼ねて経理を見ていたが記録を盗んでいたことに驚き、ミニは8年前からジョンウが復讐の準備をし二重帳簿が災いの元になったのだと狼狽する。

総長は問題は妻ヨンスクの話が嘘だったことで貯蓄銀行の件まで掘り起こされ、時効関係なく事件の被害者の数万人が黙っていることなくそうなったら財団は終わりだと嘆く。
ミニは母が出てきたら方法を考えましょうと提案するが…。
こう見るとジョンウの父は全ての罪を被せられて殺されたのね。

会長も立場上危うくなり愛人の相手をしてられず、早急に役員会議の準備をするように命じ深刻な状況となっていた。

ジョンウは総長の親戚に8年前に養子や出生届に関わらず子供はおらず理事長の親戚も同様だと女社長に知らされ、ミニはハジンの子供を誰に預けたのかとジョンウは動揺する。

ドユンは帰宅した自分を迎えてくれるヘリンの相手が出来ず今日だけ1人にして欲しいと、書斎に行くと椅子を壊し机の書類を叫びながらぶちまける。
圧巻の演技…それにしても椅子が壊れたのには衝撃!

ドユンの後に帰宅したミニは書斎に鍵がかかっているのでノックし何故鍵をかけているのかと呼びかけると、無言でドユンが現れ理事長のことを聞いたかというミニに対しドユンは憎しみが募る。

ミニは悠長に見えるドユンを非難するが、ドユンは無言でミニを睨み書斎へ戻ると再び叫び机を叩いて怒りをぶつける!

ナム室長は真っ暗な代表室の中でギヒョンと連絡を取り、ミョンハの後援で勉強したという手を汚す必要はないと今の仕事を辞めるように説得していた。
ナム兄弟は苦学生だったりしたのだろうか…。

テユンは愛人からお見合い相手の紹介をセヨンに手を出さないならいいとつらいながらも引き受けるが、愛人はテユンの方が女に夢中だと気にいらず1号店へセヨンに会いに行く。
愛人は派手なコートで悪目立ちし大家はあれは服なのかと思わずセヨンに尋ねる(笑)

セヨンは愛人に注文を取ろうとするが、愛人は食事は結構と引き下がろうとはせず注文が決まったらお呼び下さいというセヨンに自分を甘く見ているのかとイチャモンをつけ息子を振ったことを怒り、セヨンと大家は愛人がテユンの母親だと知り驚く。
大家はこっそりテユンに母親が来ていると電話する。

理事長は帰宅し裏金を渡した相手に電話するが留守電にされ着信拒否にされてるといらつき、総長も訪ねたが会えずに追い出され、ミニもさすがに検察の件は諦めた方がいいとお手上げで理事長はこうも簡単に嵌められるとはと激怒する。
身から落ちたサビですよ!

愛人はテユンの母親と知ってから笑顔のセヨンに猫かぶりかと文句をつけ、セヨンはテユンと別れたことを主張するが、愛人はあなたごときが息子を振るなんて不愉快すぎるから来たと不満を露わにし、セヨンにオモニと呼ばれることも気に食わない。

愛人は別れたのに何故会いに来たのかというセヨンに腹を立てたところにテユンが駆けつけ勘弁してくれと愛人を連れ出し、店を出ていく際にセヨンに悪かったと頭を下げて行く。
生意気なところは誰かに似ているという愛人にテユンが痩せたと心配するセヨン。
またひと波乱ありそう!

少年は車の外でチャンと秘書が身分証の受け渡しをしているすきに車の中からこっそり抜け出しコンビニの中の倉庫に隠れる。
コンビニに店員もいないなんてあるの!?

総長とミニは理事長が拘束されたらどうするかを2人で相談し、総長が財団を運営することになるが打撃が大きすぎ、ミニは母が拘束されたら義父が黙っているわけはなくLKを追い出されると自分の身を案じるが、総長はヨンスクの件が先だと拘束を避けられるように弁護士に話してみると席を外す。

理事長がいなくなるとみんな大変ね。

ミニの元にチャンから子供が逃げたと連絡が来て子供1人も監視出来ないのかと立腹するが、チャンはガオンがハジンに電話したのではないかと恐れ、ミニはとにかく捜すように言って電話を切り動揺する。

ガオンは隠れているのを店員に見つかった際、電話を貸してもらえないかと頼みハジンの元へ電話する。

ハジンはじっとしていられないとドユンが止めるのも聞かず空港に行くと準備をし、母が大量に買ってきたガオンの服を眺めていた。

ハジンはガオンからの電話を受けおじさんは怖くないかと心配し今どこか聞くと、ガオンはおばさんみたいに優しい両親の所へ行くと言い、ハジンは慌てて迎えに行くから隠れるように命じ、ガオンがハジンと一緒にいるとダメだというのは誤解であり、どこにいようと迎えに行くから泣かずに待つように言うと、ガオンは笑顔で待っていると答える。
親子を引き裂こうとするのは許せない!

ハジンは店員に電話を代わってもらいコンビニの場所が京畿道であることを聞き道案内してもらうとガオンのことを頼み、ドユンにガオンが見つかったと連絡をするとドユンに会社の工場の近くにあることからドユンの車で向かうことになる。
ハジンの家族も涙を流して大喜び!よかった!

ジョンウはチャンの書類を見てチャンの雇用主はミニでチャンがガオンを養子にし、ハジンがDNA検査に必要なものを捜していたのはガオンがハジンの子ではないかと考え、女社長はそれはあり得ないと言うが…。
今更そこ!?とっくに気づいてもおかしくない??ジョンウの高感度アップのため?
話の流れ的に気づかないのはあり得ないよ!

情報を得たミニは京畿道の工場に行くようにギヒョンに連絡し、子供は絶対にドユンに渡さず手段を選ばずに足止めするように絶叫して命じる。

ガオンが隠れている部屋の扉が開き、中年の男性が工場の責任者だと自己紹介してハジンおばさんい頼まれて来たと言ってガオンを外に連れ出しドユンにガオンと一緒ですぐ工場に行くと連絡を入れるのをチャンが物陰から覗いていた。

ミニはチャンからガオンがすでに工場の中に入ったという連絡を受け、もう方法はないのかとショックでスマホを手から落とす。
ついにミニが負ける!?

ドユンは工場長にもうすぐ着くと連絡をいれ、ハジンにガオンがパズルで遊んでいるという話をして安心させ、ハジンはまたガオンを失ったら生きてられなかったと涙を流す。
ドユンはハジンにガオンと会ったら何をしたいのか尋ね、ハジンは本をあげて一緒に映画を見たいと言い2人涙する。

ドユンはハジンにそれからとガオンにしたい希望を聞き続けそれに答えるハジン。
今度はハジンがドユンにガオンに何をしたいか聞くと、ガオンは一緒に暮らしたいと答え、同じ家で一緒に寝て目覚めてケンカしながら暮らしそうやって年をとるのはそんなに難しいことかと涙を流しながらハジンに尋ねる。

本当に感動的なシーン…ミニと一緒では温かな幸せすら望めないドユン…。

ハジンは涙を流しながらドユンを黙って見つめるのだった。
もう、とっとと再婚しちゃって!

ミニはギヒョンにチャンに会えば子供の所へ連れて行ってくれると連絡し、何をしてもいいから手段を選ばないでと命じ、ミニが多くを失ったらギヒョンは兄を含め全てを失うとギヒョンを脅し全てをかけて子供を夫に会わせないように命じるのだった。

69話

ガオンは工場長に工場の事務所に連れて来られ代表が来るから待つように言われるが、ドユンが誰なのかガオンは全く知らない。
そりゃそうだ。

ハジンの母はガオンが帰ってくると思うと病気も吹き飛ぶと張り切って料理し、セヨンは姉の顔色を伺うのは母には似合わないと元気な母を嬉しそうに見守る。

ハジン達は工場に到着し、ドユンがハジンを案内しようとするとハジンはドユンの手を握り同じ家で一緒に寝て目覚めケンカしながら一緒に暮らそうと言うと、ドユンはああとハジンの手を握り返し、2人は笑顔を浮かべて工場の中へ向かう。
再婚までもう少し!

ハジン達が事務所に行くとすでにガオンはいなく、工場長は代表が車で待っているとナム室長が連れて行ったとナム室長の名刺を見せ、ドユンが慌ててナム室長に連絡するとナム室長は本社にいると答え、ドユンは途方に暮れる。

全身黒い服装のギヒョンはガオンを連れ裏道を走るのをチャンが待ち伏せ逃げたガオンを怒るが、ガオンはハジンが来ると言ったと反発するのでチャンは大人は嘘をつくんだとガオンをギヒョンと一緒に車の中へ押し込む。
ギヒョンが兄の名刺を利用した!?

ドユンは必ず見つかるとハジンを励まし工場内を捜すように頼むと、ドユンは自分は裏口を捜すと工場長に出入り口を塞ぎ車を通さないようし警察を呼ぶように指示する。
そこへガオンを後部座席に乗せた車が通って行くのをドユンは見つけ車の後を追う。

ギヒョンはミニに子供はチャンが連れて来たがドユンの車に追われていることを連絡し、ミニは止めなさいと叫びドユンさえ止めればチャンが出国でき全てが終わると企む。

ハジンは工場の事務所からドユンにどこにいるのかと連絡し、ドユンはガオンが乗っているチャンの車を追い逃がさないから安心するようにとハジンに言う。
必ず連れて来てというハジンにドユンはすぐに戻ると約束するのだった。
ドユン、絶対戻ってきて!

ごちそうを沢山作った母が待ちきれずに外に出るとハジンの家の様子を伺っているジョンウを見つけ孫が見つかったから知らない人にもごちそうしたい気分だと遠慮するジョンウを無理やり家に招きいれる。
ジョンウは母から孫が見つかったと聞き驚く!

ミニは空港に向かって運転しているチャンにドユンを追っていると連絡し、ドユンの名を聞いたガオンは後部席のガラス越しにドユンを見て手を振り、ドユンもハンドルを握る手を開く。

チャンは後ろにいる車がドユンが運転していると知るとアクセルを踏み猛スピードで飛ばし、2台並んでカーチェイスのようになっているドユンの車にギヒョンが乗った車が突っこんできて、ギヒョンは車の車体ごとおもいきりドユンの車にぶつける。
おいおい、またすごいアクション始まったよ。

ドユンは車のタイヤが道路の溝に落ち、更に壁に挟まれ走行不可能となったドユンの車は道路上にあるプラスチックのものにぶつかった衝撃で横転し、ギヒョンは更に車を正面からドユンの車にぶつけ、ギヒョンの車は崖に落ちて行く。
これ何のドラマだっけくらいの迫力!

ドユンは割れたフロントガラスに激しく頭を打ち付け、ドユンの車は崖に落ちる寸前で止まりシートベルトをした意識不明のドユンの身体が揺れる。
崖に転落したギヒョンの車は爆破して炎があがる。
ここにきてなんということ!ギヒョン死んだか!?

ドユンは大破した車の中、ハジンと一緒に暮らそうと約束を思い出し混沌とした記憶の中瞳を閉じ一筋の涙を流す。
工場長の元にドユンの情報が入り、ドユンが意識不明の重体で手術室へと運ばれる病院へハジンはいた。

ドユンは大丈夫なのか!?

ジョンウはハジンの母に勧められ食卓につくが食事をせずに孫のことを尋ねると、母はジョンウに捜してくれたことに感謝し自分の孫がガオンでありガオンの養父が誘拐犯に仕立てたこともありジョンウに連絡出来なかったことを明かす。

ジョンウはチャンがハジンを誘拐犯にしたことは初耳で驚き、母に謝り食事せず帰宅するとミニがガオンが幸せに暮らしていると嘘をつきガオンが虐待されていたことを思い出すと激しく怒りミニの名前を叫びながら机の上の書類をぶちまけ怒りの拳を机にぶつける。
ここでジョンウが知る展開なんか納得できない…もっと早く気づいてもいいはず…。

理事長と総長は連絡がとれない会長の元へ行くが、会長は苦い顔をし犯罪者に出入りされては会社の恥だと言い放ち、よくもあれだけの財産を横取りしたものだと理事長達を非難する。

理事長は8年前にLKに投資したお金はチェ家の財産だと知ってたはずだと反論すると、会長は言わないから大人しく刑務所に行くようにと言うが、理事長は8年前自分の投資がなければ今のLKはなく裏契約を作ったことが世に出たら会長も自分もお終いだと会長を脅す。
持ちつ持たれつの正に悪縁だね。

そこへテユンがドユンが事故に遭ったと知らせに来て、会長とテユンは病院に向かい、理事長達はドユンが事故に遭ったことに動揺し、理事長は総長にドユンがどれほどの怪我なのか調べるように頼む。

総長はまだドユンが事故に遭ったことを知らないミニの元へ知らせに行き、ミニは驚く。
みんなあんたのせいだよ!

テユンは帰宅しヘリンを自室に行かせるとマルスンにドユンが事故に遭ったことを知らせ病院に一緒に来るように言うと、ドユンが事故に遭ったと聞きつけた愛人もやってきて車が崖から落ちてドユンが意識不明だとマルスンに知らせると、マルスンは倒れてしまう。
ドユンまで崖に落ちた??

ハジンが手術室前で待っていると会長達が来てハジンの存在に気づくと、会長と愛人はハジンと一緒にいてドユンが怪我したのかと責め、テユンが医師の話を聞こうと会長たちを止めて医師の元へ連れて行く。

ハジンは1人ドユンが一緒に暮らそうと言ったのを思い出し泣き崩れる。

LKではナム室長がギヒョンの遺品を手に持ち、遺品の中からスマホを取ると涙を流し瞳は怒りに満ちていた。
ギヒョンやっぱりダメだったか…。

女社長はジョンウがハジンが誘拐犯にされたことに憤怒しているのを過ぎたことだと諌め、ドユンがガオンを捜し事故に遭ったことを伝える。

理事長は夫が交通事故で手術中なのに事務所にいるミニに腹を立て、総長はそれよりもミニの下で働いていたギヒョンがドユンの事故で即死したのが大問題だと言い、理事長はドユンの事故はミニの仕業なのかと驚く。

ミニは事務所で1人震えながら怯え、理事長が来てドユンの事故はミニの指示なのかと尋ねると、ミニは会えないないようにしろと言っただけなのにギヒョンが自分の命を捨てたのは自分のせいじゃないと叫び錯乱する。
さすがのミニも精神的に来たようね。

理事長はミニのせいじゃないと宥め、我が家は代々名門の教育者だったがこれだけの富を蓄積したのはジョンウの父親の死んだ後であり、臆病なジョンウの父親を説得しやっと大金を手にしたのにジョンウの父親がミスをし理事長自身も破滅すると思ったが、ジョンウの父親が心臓麻痺で死んだおかげで闇に葬られジョンウの父親が遺した巨額の財産が自分のものになった、と理事長はミニに語る。

理事長ほんとうの悪党だわ。

理事長は全てを失い全てが終わったと思った時に手が届く命綱が唯一のチャンスであり、ミニはまだドユンの妻なのだから病院に行き、ドユンが死のうと生きようとこれはミニに訪れた最後のチャンスだと諭し、状況を見極めてチャンスを掴みなさいとミニの手を握る。
この親あって、この子ありだわね。

ミニは医師からドユンの手術が成功する確率が半々だと聞き出し、成功しても回復すると断言は出来ないし失敗した場合は数日で命を落とすかもしれないことも聞き出す。
ミニとしてはドユンが植物状態なのがご都合がよろしいのかしら。

家でハジン達を待つはハジンの母はチゲが冷めてしまったことを残念がりハジンかドユンに連絡しようとするが、セヨンがもう少しだけかかるらしいと切羽詰った様子で家を出る。

手術室の前にマルスンが来てハジンがいることに驚き、愛人がドユンとどこかへ行き事故の時ハジンが近くにいたことをマルスンに教えると、マルスンはドユンとどこへ行っていたのかとハジンの胸ぐらを掴みどうしてドユンが手術なんか受けているのかと泣き叫んでハジンを責める。

ハジンは責められてばかりで本当に気の毒としか言いようがない。

そこへミニが屈強そうな男2人を連れて現れ止めてくださいとマルスンに声を掛けるとマルスンは泣き崩れ、続けてミニはハジンにここは家族がいるべき場所だと言って追い出そうとするが、ハジンはミニにガオンはどこにいるのかと縋り付く。

ミニは男達を使ってハジンを追い出すが、ハジンはガオンを返してとガオンの名を呼び続け、ミニ以外は怪訝な顔をする。

病院の外に追い出され地面に座り込むハジンの前にミニは悠々と現れハジンがどこまで知ってるのか問いかけ、ハジンはミニの胸ぐらを掴みながらガオンを返してくれたら全てを忘れ何も言わずドユンが目覚めても絶対に近寄らないとすがる。
8年前の記憶を失くす前のシーンが彷彿…。

ミニはハジンの手を降ろさせ、ガオンは養父のチャンの元にいるから大丈夫だと言い、ハジンが二度と現れなければガオンがいい両親の元で暮らせるように約束するから消えてガオンンのママ、とミニは泣くハジンを置いて病院へ戻る。
ミニは母親なのになんて女だ。

セヨンがハジンの元を駆けつけドユンが何故事故に遭いガオンはどこにいるのかと尋ねるが、ハジンは声を出して泣きながらミニの後ろ姿を睨みつけ死んでもあの女だけは許せないとミニに憎しみを募らせる。
ハジンの立場なら皆そう思うはず。

ハジンはミニと一緒に死んで地獄に落ちてもいい、あの女の全てを奪ってやると復讐に燃える。

67話-69話の感想

せっかくガオンがハジンとドユンという両親が揃って幸せの生活が出来ると思いきや、まさかのここで事故!?
ドユンは意識不明、ギヒョンは即死!?
もうこれからどうなっちゃうんでしょうね。
言わずもがな今回の車のアクションシーンも必見でした。
また、ここに来てジョンウがガオンがハジンの子供だと今頃気づいた事にすごい違和感。
とっくに知ってるものかと思って見ていたので…。
ハジンはまた子供をミニに奪われ、ミニに復讐モード!
なんかんやで悪女になれないハジンにはなんとかガオンを取り戻して幸せになって欲しい思いです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください