猟奇的な彼女-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレありで紹介!


韓国ドラマ-リッチマン-あらすじ-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

猟奇的な彼女

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王女の大切な指輪は。
行方不明の恋人からの贈り物のようです。
そして王女が度々王宮を抜け出す理由とは・・・。

【猟奇的な彼女】ネタバレあり

第5話 理由

捕まって尋問を受けていた質屋の男は。
チョン・ギジュンの手下の男にあっけなく殺されてしまう。

王は、ヘミョン王女が度々王宮を抜け出す事を知り、理由を聞くのであった。
「答えられない」と言う王女は軟禁される。

どうやら王女が持っている大切な指輪は。
廃妃になったヘミョン王女の母の指輪だった。

かつて王女はミン・ユファンから指輪を受け取り、母が生きていると聞かされる。
「来月15日にここで会いましょう。連れてきます」と言われ、それからずっと待ち続けているヘミョン王女。

王宮を抜け出すのは、恋人探しではなく母に会うためなのでしょうか

軟禁中の王女は何も口にしない。
心配しているキョン・ウは王女の鉱物であるエイを持って来る・

そんな王女の部屋の扉に挟まれた1通の封筒。

「遅くなりました。話があります」と。
差出人の名前にミン・ユファンと書かれた手紙だった。
まだ日が明るいうちに、王女は王宮を抜け出すのだった。

待ち合わせの場所に向かったヘミョン王女。
そこにやって来たのはミン・ユファンではなかった。

チョン・ギジュンの手下だった。
王女に刀を向けるギジュンの手下。

危機一髪を救ったのはカン従事官だった。

王女は王宮へと走って帰る。
カン従事官を振り切って、王女を追って来るギジュンの手下。

追われる王女は街中でキョン・ウに助けられるのだった。

第6話 正体

王女は追われる。

キョン・ウに助けられた王女はあまりの恐怖に気を失ってしまうのだった。

カン従事官は王に言う。
「王女を捜さなければ。奴らの根城、拌村(パンチョン・王の許可が無いと入れない場所)に入れてください」と言う。

カン従事官は自分の傷の手当てもせずに王女を捜していた。

チョン・ギジュンは、王女を狙ったがしくじったことで、部下ウォルミョンを平手打ち。
「カン・ジュニョンより早く王女を見つけるのだ!」と命令する。

王女が外出中だと知っているチョン・ギジュンは、「王様にそのことをわからせるのだ」と言う。

一足先にキョン・ウ親子は王様に、王女が命を狙われていたことを話す。

「王女は療養に出したのだ」と王妃には伝える王様。

キョン・ウに王女への手紙を託す王。
「そこにいる間はキョン師匠に従い、つつましく暮らせ」と記されていた。

キョン・ウにお礼の一言がなかなか言えない王女です

月明りに酒を飲む王女とキョン・ウ。
王女は酔った勢いで「ありがとう」と小さな声でキョン・ウに言う。

恥ずかしさのあまり部屋へと直行するヘミョン王女だった。

その頃宮廷では、チョン・ギジュンが王に話があると言う。
「王女は祭りの日に王宮を抜け出し、男達と酒を飲んでいた」と報告する。

「王女の婚礼を急いだほうがいい」と王に進言するチョン・ギジュンだった。

王女はキョン・ウの事を思うとドキドキして眠れなかった。
同じくキョン・ウも王女の事を想っていた。

街を2人で散策する。
王女の足が止まる。

ずっと先に、笠を被った1人の男が。

ミン・ユファンのようである。
王女が待ち続けていた、母に会うには一番近い存在の人物だった。

第5話から第6話の感想

チョン・ギジュンは王女の命を狙っています。
ミン・ユファンだと偽り王女を呼び出すのですが、危機一髪を救うカン従事官。
とっても素敵です(^▽^)/
いつもクールなカン従事官ですが、王女を守るその姿にはほれぼれしますよね。
キョン・ウも王女の命を助けます。
王女は命を狙われていることもあり、療養と言う形でキョン・ウの家で寝食を共にしていますね。
お互い顔を合わせれば、対立するキョン・ウとヘミョン王女。
次第にお互いの心の中で大きな存在となっているようです。
キョン・ウと王女を快く思っていないのはダヨンです。
欲しいものは絶対に手に入れると言うダヨン。
この先キョン・ウとヘミョン王女の大きな壁になりそうですね(≧∇≦)





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください