王になった男-あらすじ-15話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-王になった男-あらすじ-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

王になった男

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソウンの父ホジュンが殺害されてしまった。
これは、大妃とジンピョン君の仕業だった。

そして、大妃を廃母にするために、
ギュは自ら、キョンイン大君を殺害したことを
大妃に話し、大妃もまた、ハソンやソウンを殺害しようとしたこと、
ホジュンを殺害したことを自白した。
このことにより、大妃の廃母が決まった。

【王になった男】ネタバレあり

15話

宮殿の門の所にケガを負った兵士が1人が急いできた。
兵士は四大門が破られました。反乱軍です。と言った。そのまま兵士は倒れてしまった。
チャン武官は宮殿の門を閉めるように命じた。

ジンピョン君は門が閉じられた門の前まで来たが、そのまま西宮殿へ向かった。

ハソンとソウンはジンピョン君が反乱軍を率いてきたことをチョ内官から聞いた。
そして、便殿へ行き、チャン武官からギュの書状をもらった。書状には
「王様。申し訳ございません。私の不手際でヌルハチへ送った王様の密書が失われました。私は密書を必ず探し出しますが、万が一に備えて王様は密書について
 一切、ご存知なかったことにするのがよいでしょう。この書状はご覧になったらすぐに燃やしてください。」と書かれていた。
ハソンは書状を読み、チャン武官に頼りになる将軍がいるかを聞いた。
チャン武官は咸鏡北道兵馬使のカン・インボクの名前を出した。ソウンもまた黄海道の兵馬使のキム・ギジュンへも兵符を送るように言った。
そして、軍隊が来るのに四日がかかることが分かった。
それぞれが自分たちの役割分担を決め、ハソンはギュから来た書状を燃やした。
それぞれの役割を分かっているのですね

ジンピョン君は西宮殿へ着いた。
大妃は主上からの刺客が来たと思ったが、ジンピョン君が来たことで安心した。
だが、ジンピョン君はチスを連れてきたことには驚いた。
チスはギュを人質として大妃の前に出した。
大妃はジンピョン君にキョンイン大君を毒殺したのはギュだと言った。
そして、チスは父の仇だが、命は助けてやる。という事を言った。
大妃はホンを王座から引きづり降ろせ。と言うと、ギュは笑った。
ギュは
「いくら私を奸臣だと言われてもそれを理由に王様を引きづり降ろそうとしても国民の信頼を得ている王を追い出せば名分も大義も反逆に過ぎません。
 結局、大妃様は逆賊の首謀者になられるのです。私に仇を討つと仰りながら自滅の道に立っているのですからこれを笑わずにいられましょうか。」と言った。
ジンピョン君は
「大妃様。名分のない謀反ではありません。主上が道理を捨てこっそり後金と手を組んだという証拠があります。」と言い、
ジンピョン君はチスの所に行った。ジンピョン君は
「コソン君。大妃様に密書をお見せせよ。」とチスに言った。
だが、チスは
「お見せすることはできません。今はそれを持っておりません。」と答えると、
ジンピョン君は
「どこにある?」と聞いた。
チスは
「それは…言えません。」と言い、ジンピョン君がチスの胸ぐらを掴んだ。
その様子を見たギュは
「ジンピョン君。兄と父親を殺したシン・チスと手を組み王座に就こうとは馬鹿なのか?純粋なのか?だったら、綿日に言ってくれればよかったのに
 私ならジンピョン君を可哀想に思い慈悲を施すつもりで一度くらい王座に就けてやっただろうに」と言った。
ジンピョン君は刀を抜き、
「後一言でも喋ればお前の舌を抜いてやる。」と怒った。
ギュはそれでも、
「下品なネズミが龍になる夢見るとは。笑えるではないか?」と言い笑った。
ジンピョン君はギュを殺そうとしたが、大妃が止めた。
大妃は先ずは主上を降伏させなさいと言った。
チスはどうして、密書が宮殿にあると言わないのでしょうか

チスは大妃に呼ばれた。チスは全権をもらうかわりにハソンとソウンの首を持ってくることが条件となった。
チスは兵士にホゴルを連れてくるように指示を出した。

次の日、ホゴルがハソンに会いに来た。
ホゴルはギュが、チスとジンピョン君によって捕まっていることを話した。
そして、チスはギュの名札と一緒に書状を渡してきた。
書状には
「宮殿の門を開け奸臣イ・ギュの処刑を許可すれば反乱をやめる。」と書かれていた。
ホゴルはギュを助けてほしい。とハソンに頼んだ。
ハソンは考える時間をくれ。と言った。

ハソンは宮殿の中で一番高いところで悩んでいた。そこにソウンが来た。
ソウンはギュのことを聞いてハソンを心配してきていた。
ハソンは
「わからない。答えが分からず迷っていた時にいつもそばにいてくれた都承旨がいないからどうしたらいいのか確信が持てない。」と言った。
ソウンは
「王様。私がお尋ねしたことを覚えていらっしゃいますか?」と聞いた。
ハソンは
「何の…劉備と趙雲のことか?」と聞き、
ソウンは
「はい。王様が劉備でしたら息子と忠臣のうちどちらをとられますかとお尋ねいたしました。お答えくださいませ。」と答えた。
ハソンは
「私が劉備だったらどちらも諦めないだろう。罪のない臣下や民が傷つくのは許せないからだ。」と言い、
ソウンは
「はい。王様はそのようなお方です。答えがないと思っても答えを見つけられ、誰もが出来ないという事に出来るとお答えになるお方です。今度も間違いなく
 答えを見つけられるでしょう。私は信じております。」と言った。
ハソンは
「ありがとう。」と答えた。

ハソンは大殿に戻ると宣化堂が待っていた。
宣化堂は宮殿を出て行くべきかとどまるべきかを悩んでいたが、ハソンに宣化堂に罪はないから残りなさい。と言い、
宣化堂は喜び、密書を持ってくることにした。
宣化堂にとって、ハソンから残っても大丈夫と言われたことが何よりうれしかったんですね

ハソンはチャン武官にチスたちに書状を持って行かせた。
その書状には朝参に参加するには都承旨を連れてこなければならない。と条件が書いてあった。

チスは書状を読み、チャン武官にジンピョン君と一緒に参加すると言った。
そして、お互いの護衛武士は10名と決めた。

チャン武官は宮殿に戻った。これはすべてハソンの計画通りだった。
ハソンは密書があるため、分かっていたことだった。
しかし、その時、宣化堂が殺されていることを知った。
宣化堂が持っていた密書はなくなっていた。
ハソンはチョ内官にだけ、密書を捜すように言った。

ハソンは大妃に会いに行った。
大妃は玉璽を渡せ。や、民に芸人であること、その芸人の妻であるソウンの事で脅してきた。
だが、ハソンは好きなように。と言ってそのままその場を離れて行った。

チスはギュに会いに行った。
チスは命を助ける代わりにハソンに王座を退き降伏すると言わせることと言った。
ギュは
「王様は王様のご意志通りに行動されます。私の言う事に意見もなく振り回されるお方ではありません。今まで見ていて分かりませんか?」と言った。
チスは
「あの卑しい偽物の王のために自らの命を捨てるというのか?」と聞いた。
ギュは
「何が卑しく何が偽物だと言うのです?あのお方がなさった事は全て民と国のためになること。卑しいなどと言えないし偽物とはさらにとんでもないことです。」と答えた。
チスは
「これこそあの芸人が言った通り、馬鹿らしいというのだ。」と言い、
ギュは
「馬鹿らしい…その通りです。天を見ずに地面だけを見て自分の足先だけを見ている大監とジンピョン君のような者には決して分からないでしょう。」と言った。
チスは
「吐き気がしてこれ以上は聞けないよ。あの芸人が明日の朝参にそなたをつれてくるようにと提案した。」と言い、
ギュは
「王様が朝参を開かれるのですか?」と聞き、
チスは
「怖いもの知らずだろ。朝参が何をするところだか知っているのだろうか。」と聞いた。
ギュは
「王様は脅迫すればするほど堂々となさるお方です。反乱軍と戦うことを決心なされたのでしょう。」と答えた。
チスはその場を離れた。

次の日、朝参が始まろうとしていた。だが、密書は見つからないままだった。

ギュはチスとジンピョン君に王に会わせてほしい。と言った。
ジンピョン君は自分たちも一緒という条件でギュはハソンの所に行った。
ギュは生き残る方法の話をハソンにした。
その時に話した二番目の方法を使うようにと言った。
そして、ギュは仕える事ができて思い残すことはありません。と言った。
ギュの決心は固いのか

そして、朝参が始まった。
ハソンはギュの縄をほどいた。だが、チスは宮女から密書を受け取り、ジンピョン君はギュの罪を問うた。
チスはハソンに玉璽を押されているが本当に知らないのか。と聞いたが、
ハソンは悩んでいた。
だが、ギュは自分の責任だ。と言い、そして、ギュは立ち上がり、兵士から刀を奪ってジンピョン君を刺した。

ギュもまた、ジンピョン君の部下に斬られてしまった。

ハソンはすぐにギュの所に向かおうとしたが、チャン武官たちに止められてしまい、
「鶴山。」と叫んだ。

15話の感想
反乱軍を率いるジンピョン君は廃母がいる所に行き、
そして、朝参に参加するため、ギュを連れて宮殿に入った。

チスとジンピョン君は密書をたてに、ギュの罪と
王であるハソンを王座から引きづり降ろそうとしていたけど、
ギュが、まさかのジンピョン君を刺すとは思わなかった。
そして、ジンピョン君に斬られてしまったギュ。

ギュの命はもう助からないのでしょうか。
次回は最終回。どのような展開になるのか。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2件のコメント

今までの韓ドラ宮殿ドラマで凄く短いのが…少し残念でした(泣)
韓ドラにハマって還暦前の私が韓国語を勉強し始めました。
これからも韓ドラ宮殿ドラマ応援しています。

歴史ドラマにしては短めでしたよね。
韓国語すごいですね!私もいつか字幕無しで韓ドラを視聴できるようになりたいです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください