王女の男-あらすじ-13話-14話-15話の感想とあらすじネタバレあり!

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-13話-14話-15話
人物相関図-キャスト&登場人物-評価&感想など、最終回までネタバレありで全話配信します!

王女の男.jpg

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
反逆の罪で負われていたスンユは首陽の私邸前でセリョンを見つける。感情を抑えられず首陽に襲い掛かるも捕まってしまう。自分の首に刀を当ててスンユを助けるよう懇願するセリョン。王命によって打ち首を免れたスンユは流刑になる。移送される中首陽一派に襲われ船内で出会ったソクチェとノゴルと無人島に逃げ込む。追ってくる一派の中にジョンソをきった男を見つけると隠れていたスンユはその男に刀を向け刺し殺す。
首陽たちには死んだことになっているスンユは傷で朦朧としながらも都に戻ってきた。
これから先はいったいどうなるのか―――

【王女の男】(ネタバレあり)

第13話 復習の序章

ミョンに抱きしめられている姿を見てしまったスンユはその場から去る。
心が変わることはないというセリョンに心を開かせると宣言するミョンは馬を引いて帰っていった。
セリョンの帰りを待っていた首陽はセリョンにジョンソの家族を逃がしたことを問い詰める。それに対しセリョンは家族を殺した者の家で惨めに働くのが法ならば守る必要がないという。首陽は反抗するセリョンをとがめると、人の道理について話していると言い返すもいずれ家族のために正しいことをしたという首陽になおも食って掛かるセリョンを見つめる首陽。セリョンの冷たい言葉に傷つく首陽は部屋を出て行った。

はい、皆さんせーの「自業自得な件」。冷たく突き放されるのは自分の私利私欲に溺れてしまった自分が悪いんですよー

宮殿の前で佇むスンユは打ち首になったものたちの首はどうなったのか尋ねると、野に捨てられてしまうことを知る。
妓楼の元にソクチュを尋ねてきたチルグの手下が訪れていた。匿う妓生たち、ソクチュはいないと答えるも人質を取って脅す。
そこに変えてきたスンユによって返り討ちにあう手下たち。
とどめを刺そうとするスンユを止めるソクチュは、人を殺してもうらみは晴れないと説得される。そして妓楼の女将からは仕事を言い渡される。
婚礼の日取りが決まった。錦城たちは決起について話し合っていた。
ジョンはミョンの介添えを引き受けるよう言われる。納得できないジョンに兵たちを紹介する。
セリョンは母親の言いつけどおり王女の家を訪れていた。前のように冷たい態度ではなく穏やかに話す王女。渡すものがあるといってセリョンに指輪を渡す。
それはスンユが王女として会っていたセリョンに対して送った指輪だった。
王女は涙ぐみながら最後の贈り物だといった。

指輪を見て微笑むセリョン。嬉し切なかろうに・・・こんな気持ちで嵌めたくなかったでしょう。

錦城たちが婚礼の日に決起をすることを知った首陽はジョンも協力者であることを知る。
しかし、婚礼を邪魔するものだけを捕らえ後は放って置くようにいうとスクチュには黙ってるように指示した。
スンユは宮廷で謀反人の家族の行方について聞いているとミョンがやってくる顔を隠しその場をやり過ごすと話しを聞くために戻り聞き出した先に訪れると親子で川に身を投げたことを聞いたスンユはそんなはずがないと問い詰めるとさっさと逃げるように邸内に入っていった。
邸内に侵入しようとするも使用人に袋叩きにされ追い出されてしまい、スンユは二人を思って涙した。
これまでのことを思い出し荒れるスンユは何もかもを打ち消すように刀を振るうもセリョンの姿は打ち消せないでいた。

首陽。いったい何を考えているのでしょうか?
すみません。言わせてください。二度目のサービスタイムです。

婚礼前日、ジョンのところにミョンが来ていた。介添えを喜ぶミョンに対してスンユのためにも断りたかった。スンユと愛し合った女性だ。それでいいのかと問うもミョンは一生かけて償うつもりだという。
出かけるセリョンの後ろを追うスンユ。寺に向かう道で縄を取り出し襲おうとするもミョンの登場によって阻まれてしまう。
髪飾りを渡すミョンにセリョンはお参りをするといってスンユの墓に見立てたものに指輪を置いた。
セリョンは思い返し指輪を取りに行くがそこにはもう指輪はなく、探し歩くと木に何者かが隠れているのを見つける。
想い慕っている人の形見であるから返してほしいというと逃げられてしまう。割られた指輪をみて落ち込んでしまうセリョン。

そんなに許せませんかね・・・。まぁ許せないわなぁ。かつて愛した人を人質に取ろうとするなんていったいどんな気持ちなのでしょか。

婚礼の日両親に挨拶するセリョン。
王女はジョンに無事に戻ってくるように言うと、ジョンはおどけてみせる。素直になれない王女は王様を心配しているだけだというと抱きしめ必ず戻ってきてもう一度あなたを抱きしめますといって婚礼に向かった。
セリョンは母親の話を聞きながらスンユと講義で習った三従を思い出していた。準備中も私はあの人の影になりたかったと涙を流す。
首陽の家に忍び込んだスンユがセリョンの背後に現れる。

第14話 衝撃の再会

セリョンの部屋に忍び込んだスンユは背後から襲いセリョンを拉致する。
部屋にいないことを知ったミョンたちは誰が拉致をしたのか探させる。
婚礼は中止され錦城たちの計画も中止となった。
セリョンを縛りつけ妓楼に戻ったスンユは首陽宛に文を書く。
首陽一派は誰によってセリョンが連れ出したのか考えるも錦城以外にも敵がいると悟る。
セリョンを心配しながらも錦城を捕らえるよう命令する首陽。
そのことを知った王になぜ捕らえられたのかと問われ正直に話すジョン。
大事な叔父をもう失いたくないと王は取調べをするように指示する。
縄を解いたセリョンは物置に来るスンユに襲い掛かるも、相手がスンユと知らないセリョンはスンユを見て驚きを隠せない。
お前の知っているキム・スンはもういないと言われるも生きていたことに涙するセリョン。
妓楼に現れたミョン。スンユは姿を隠しながらセリョンのいる物置へ。
ソクチュにセリョンを連れ出そうとするところを見つかったスンユは卑劣なやり方だと責められる。父親に恥ずかしくないのか?というソクチュを睨みつけ、偉そうに言うなというと皆に迷惑をかけぬよう出て行けといわれる。

ソクチュがいい味出しております。仲間思いでありながらも厳しい姿がかっこいいです。

セリョンに着替えるよう言うも動かないセリョンの服を無理やり解くと、指輪をしまった袋が出てきた。拾い上げ中身を出すと割れた指輪に動揺するスンユ。
山の中を歩く二人。黙ってスンユについていくセリョンは足を踏み外し転んでしまう。
そんなセリョンを立たせ縛っていた縄を解く。
隠れた家でスンユはセリョンを餌に首陽を殺すという。黙ってスンユを見つめるセリョンにスンユはそんな目で見るなと怒鳴る。
父親たちのときのように首をはねた後セリョンのことも殺してやると怒鳴る。
そんなスンユを抱きしめるセリョン。
つらさが無くなるのなら何度でも命を差し出すというセリョンを突き放し刀を切りつけるスンユは、首に傷があるのを見つけミョンに言われたことを思い出す。

スンユもまだセリョンのことが好きなはず・・・。心から憎んでいるわけじゃないのにどうしてこんな切ない展開に。

いまだ見つからぬセリョンを心配する家族たちのところに矢文が届く。
そこにはセリョンを預かった。首陽一人で兵を従えずに来いと書かれていた。
朝目覚めると部屋の中にセリョンがいないことに驚き慌てて外に出ると水を汲んできたセリョンが戻ってきた。
復讐は自分ひとりだけにしてくれというも報いを受けるべきだというスンユにセリョンは、「父はあなたの命を救った」と伝えるが、船で起きたことを話すと父親がしたことにショックを受けるセリョン。
渓谷で身を潜めながら兵を率いるミョンは、危険を感じたら討てというも生け捕りにしろといわれていることを言い返されると、上官は自分だといって黙らせる。
危険だからやめてほしいというセリョンに自分の命を軽んじるスンユ。
生きている家族のためにも会いに行ってほしいというが信じてもらえないセリョン。

本当なのにー。でも今まで王女だったり女官だったり色々うそをつかれてしまったので信じることはできないよね・・・

渓谷に着きあたりを見渡すとスンユはセリョンに向かって矢を向ける。
ミョンたちもスンユに矢を向けると首陽が現れた。
顔を隠すような小心者にと挑発する首陽は自分の命を取れといって歩み寄る首陽に矢を放つスンユ。
スンユに向かって矢を向ける兵に気がついたセリョンはスンユを庇い討たれてしまう。

第15話 苦渋の決断

ミョンの放った矢はスンユを目がけているがセリョンが庇い背に刺さってしまう。
崩れていくセリョンを抱き抱えるスンユは驚きとショックのあまりその場を離れることができない。
変装したソクチュとノゴルによって引きずられるスンユはセリョンに手を伸ばしすがろうとするも強い力でその場から離れていく。
傷のせいで熱にうなされるセリョンは付きっ切りで看病されていた。
ミョンは自分の矢が刺さったことにショックを受けるが首陽は悪くないと慰める。
だが、男をかば宛いたようにも見えたというミョンにそんなはずはないといってなだめる。
酒をあおるセリョンは自分を庇ったセリョンを思い出す。
そこにスクチュが戻りセリョンの無事を知らせる。だがスンユは死のうが生きようがどうでもいいという。
自分の目的を見出せないスンユを叱責し去っていくソクチュ。

なんだかんだ助けてしまうソクチュ。スンユも本当はどこか感謝しているのではと思う。
麻浦を調査しているミョンに首陽から呼び出しがかかる。
真犯人が誰であろうともこのことを錦城の仕業に仕立て王女も始末しようと話す一派たち。
その話を聞いてジョンの心配をするミョンはジョンだけでも救うよう訴えるも錦城に加担したとして取調べをさせようとする。
セリョンが助かるも傷を負ったことを聞いていた王女とジョンの下に兵たちが来た。
王女は庇おうとするもジョンはすぐに戻るからと王女を宥める。女官に王女を任かせて涙ながら引き止める王女の頬をなで部屋を出て行くジョン。
ミョンはジョンに介添えしてもらったときのことを聞くとジョンはそんなことを裏切りだと思うのか?家族を殺され死んでいったスンユに比べれば・・・。というジョンにミョンは、お前なら理解してくれると、だがもう親友ではないと背を向ける。
うなされ目が覚めるセリョンは傷の痛みに苦しんだ。
首陽に不信を抱いているセリョンは犯人について聞かれても目隠しをされていて何もわからないと話すセリョン。
犯人は捕まったのか尋ねると仲間に連れられて逃げたことを知った。

危機的状況の中で愛が深くなっていきますね。ただこんな状況ではなくもっと温かい気持ちになりたいです。
妓楼に妓生を人質にソクチュを呼び出すチルグ。現れたソクチュに手下は次々と倒される。
粉をまきソクチュの視界を奪ったチルグは刀を跳ね飛ばす。危機が迫るソクチュを助けようとスンユが現れた。
錦城とジョンは仲間の裏切りを知り拷問される。それを知った王女は驚きのあまり立ち眩みその場を去る。
王は首陽を責めると王のために王女は捕らえなかったというと次に狙うは自分なのかと問う。首陽はあしらい王を宥める。
王女は首陽を尋ね、二人を助けるよう懇願するも突っぱねる首陽。そこにセリョンが現れ自分の部屋にいるよういうと首陽の部屋に向かった。
首陽に二人は関係ない、個人的に首陽に恨みを持つものだと話す。
そしてなぜ船を沈没させたのかと問うと首陽はどこから聞いたのか聞くも、もう信じられないミョンとは婚姻できないといって部屋を出る。

チルグ、放っておくと確実にミョンにスンユたちのこと話しちゃう。ソクチュ、捕まえちゃって!
明朝、王に呼ばれた首陽は王が首陽に譲位することを伝えると頭を下げて姪の取り下げを願う。
牢でその話を聞いたミョンは立ち去り、ジョンと錦城は動揺を抑えられず泣き叫んだ。
王位を拒否することを拒否するのを作戦としていた一派たちは思い通りにことが進むことを喜んでいた。
落胆する王女の下に帰ってきたジョンは、王女を慰め抱きしめる。
ジョンが一人で酒を飲んでいるところにスンユが現れ、驚き倒れこむも生きていたことを喜ぶ。
妓楼で酒を飲み喜ぶ一派たち、酔い私邸に帰る温寧君は刀を向けられる正体を聞くと手ぬぐいをはずし顔を出したのはスンユだった。

13話-15話の感想

13話。セリョンはどこまでも優しく聡明な女の子なのでしょうか。スンユからもらうはずだった指輪を受け取り捨てることもできず大事に持っている。
スンユは慕っている人の形見だと聞いてどんな気持ちになったのでしょうか。
ミョンは婚姻が近づくとセリョンに贈り物をしたりと距離を縮めようとするがセリョンの心はスンユを向いていることに悔しさをあらわにしてるのが・・・。ざまぁと思ってしまう筆者。
14話。セリョンをさらって目の前に現れるスンユ。セリョンは死んでいなかったことに安堵するも、その目的がジョンソを陥れた首陽への復讐のためと知るもそれで心が晴れるならと命を差し出そうとする。
復讐のためならさっさとセリョンを殺した方が手っ取り早いと筆者は思うけど、草しないのはやはりセリョンを心から憎んでいるのではないんだなぁと感じました
義姉親子がまだ生きていることを信じないスンユ。わからなくもないけど、どこにいるのか聞いてみて後で調べたらいいのに・・・。
15話。スンユを庇って怪我をするセリョン。ソクチュたちによってその場から離れるときの目がやっぱり恨めずまだ思っているんだろうなぁと確信。
ソクチュも突き放すようなそぶりを見せながらもしっかり助けに来るんだからいい男。
王の座を首陽に譲位するという王。いやいや、心が壊れてしまいそうになってるのはわかるけど、ただでさえ好き勝手やってたんだからどうなるかわかるでしょ。
自分たちの身に危険が及ぼうともどうにかしようとする気はないのかと、ちょっと憤慨。
今後の展開が見逃せません。