王女の男-あらすじ-最終回(24話)の感想とあらすじネタバレあり!

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-最終回(24話)
人物相関図-キャスト&登場人物-評価&感想など、最終回までネタバレありで全話配信します!

王女の男.jpg
時は朝鮮王朝時代。王族の教育機関の講師を勤めるキム・スンユ。時の王の娘イ・セリョン。二人は出会い恋に落ちるのだが時代は悲しくも二人を引き離す。歴史ラブロマンスを描いた感動ドラマ全24話
(原題「公主の男」공주의 남자)

スポンサードリンク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
これまでのお話
迎えに来ることを約束し再び離れ離れになるスンユとセリョン。
スンユはジョンソやジョン、イ・ゲの遺志を貫く為にソクチュとノゴルをつれて咸吉道を目指す。
ミョンの家で使用人として過ごすセリョン。スンユが咸吉道まで攻めてきたと知ったミョンに連れられる。セリョンを囮にスンユをおびきだそうとしていることを知ったセリョンは馬に乗りスンユがいるであろう会寧に向かう。そこに現れたスンユたちの兵によって囚われ密偵と疑われてしまったセリョンを殺すよう命じられた。
話を聞いたスンユはそれが誰だかすぐに悟り急いで後を追った。間一髪セリョンを助け出すことができ、二人は再会した。

【王女の男】(ネタバレあり)

最終話(24話)永遠の愛

刀を向けられるセリョンを助けたスンユは怯えるセリョンの頬に触れる。
目隠しをはずして互いに見つめ合う。
なぜこんなところに来たのか尋ねると、ミョンがセリョンを囮にスンユを捕まえようとしていることを知らせる。
部下に見られてしまったことを話すと急いで砦に向かった。
ミョンはスンユを捕まえる為に兵を出すように命じると部下が無謀だと止める。
逆らうのかというミョンに納得し兵を呼びに行く。
スンユは皆にセリョンを任せると会合に向かった。
セリョンを利用し罠を仕掛けようとしたことを話す。敵兵が来るのに備えて周辺の兵を呼ぼうとするも、夜更けに動くのは危ないというスンユ。結局今いる兵だけで迎え撃つことにした。
森に忍び隠れるスンユたち。
ミョンたちはスンユたちのいる拠点に着いた。
しかしそこには誰もいない。周囲を囲っていたスンユたちはいっせいに矢を射ると攻め込んだ。
きりあいになる両兵。状況が不利になると退却しようとすると更にスンユたちの兵が来る。
ミョンの部下はスンユが離れたところからミョンを狙っていることに気がつきスンユが投げた刀からミョンを守る。刀が刺さり崩れ落ちる部下にミョンは声をかけるも逃げてくださいといって死んでしまった。

ちょっとこのシーン。辛いッス泣きました。スンユもこの人殺したくなかっただろうな

拠点に帰ってきたスンユたち。ここも危険と悟り拠点を移動するか話し合うも、最果ての地である咸吉道から引くことはできないというスンユ。
けが人の手当てをするセリョンを見つめるスンユ。それに気がついたセリョンはスンユの怪我を手当てする。
ミョンの家に居たときのことを聞くとひどい扱いはされていないと話す。
私邸に戻って元気に暮らしていると思っていたというスンユに迎えに来るという言葉を信じていたから辛くはなかったと話す。
血生臭い自分は嫌か?と問うスンユを抱きしめるセリョン。
戦って血を浴びて帰るたび自分が人なのか獣なのかわからなくなるというスンユにセリョンは自分には愛おしい人ですと答える。
それを聞いたスンユは立ち上がりセリョンに休むように言うと部屋を出る。

自分のことを嫌いに成っていないか不安がるスンユが可愛いです。

部下を埋葬する為に穴を掘らせるミョン。長年ついてきてくれた部下を見つめるとミョンは泣きながら
「感謝の言葉一つ言えなかった。愚かな俺に従い、守ってくれて本当に感謝してる」といって頭を下げる。
報せがないこと冗談めかしながら話す首陽にソクチュは不満げな顔を見せる。
川辺で話すスンユとセリョン。辛くなったときや誰かを恋しく思うときに来ていたと話すスンユ。
そして今夜は激戦になる。寺で待っていて欲しいというスンユにセリョンはここに残るという。
危険な場所に残して行けないというスンユに生きて必ず私のところに戻ってきてくださいと言った。
ミョンフェが首陽がスンユを倒せないミョンにお怒りだと告げる。
信用を取り戻す為に必ず殺せというミョンフェは万が一に備えて後方で待機していると話す。
出発のときソクチュはすぐに妓楼には帰らず隠れ家に行けという。
都に戻ったら二度と離れないと誓う二人。セリョンは振り返りながら出発した。
作戦会議を開いているとき、敵兵が全兵を挙げて向かってきていることを知った。
両者が向かい合い戦いが始まった。
切り合いを後方で見ていたミョンフェは合図をすると矢を構えさせる。
スンユとミョンが対峙する。激しい戦いだがスンユを倒せないミョンに痺れを切らせたミョンフェが矢を放たせる。
スンユと向き合うミョンの背に矢が刺さる。自分たちの兵なのにミョンを狙うことを問い詰めると自分を助けようとするのかミョンが聞く。
逃げようというスンユに動けないミョンはこれまでの3人でのことを思い出す。
ミョンはお前たちはいつも自分に惨めな思いをさせる。先にジョンのところへ行くといってスンユを矢から守るように突き放すも止めが刺さってしまう。
何もかも忘れていけと言葉を残しスンユは後方で待つ兵を討ちに行った。

なんか辛い。ミョンの死に方は涙が止まらないです。あれだけ救いようがなかったのに最期はスンユを守る姿が悲しかったです。

シエたちは勝利を喜んだ。このまま進むためスンユを先鋒に立つよう言うが、スンユはここに兵を送り続けることで都が手薄となりかく乱させる機会があると言う。
納得したシエはスンユが都に行き状況を報告するよう指示した。
首陽は敵を鎮圧できなかったことに憤慨していた。
スンユを討ち取ることができず死んで言ったミョンを責めるとスクチュは反応するも何も言わない。
武官として最善を尽くしたはずですという言葉に戦場で散るのは武将の名誉だと言い返す首陽。
そんな首陽の言葉にも黙ってこらえるスクチュ。
下がってもいいといわれるとスクチュは部屋を出るとミョンを失った悲しさから怒りに震えていた。
寺に戻るセリョンは女将たちと別れた。
お参りをする王女に驚きながらも状況を報告した。
セリョンは王女からミョンが死んだことを聞いた。あんな者でもジョンの親友だったと思うと胸が痛むという王女に自分は傷つけてばかりだったと話すセリョン。どうしようもなかったのだから忘れなさいという王女。
その時セリョンが吐き気に襲われる。初めて自分が妊娠していることに気がつくセリョンはスンユとの間にできたことを喜ぶ。。

ミョンの死を知った二人は心を痛める。いくら憎くても筆者も辛かった。

うなされる首陽は夢で上王が泣きながら立っているのを見た。自分の手に涙が零れ落ちる。目が覚め自分の手を見るとあざができていた。
シエが囚われたことを知ったスンユたちは状況を説明するように求めた。
中に裏切り者が居て砦が奇襲されたと報告を聞いた後シエからの伝言を聞いた。
スンユとソクチュが話をしているところに首陽が寺に供養に行くと街で聞きつけたノゴルが知らせる。
寺に向かうことを知ったスンユは一人で寺に向かうというとソクチュは一緒に行くと言うが、自分が死んでも首陽が死んでもセリョンは不幸になる。独りにしないでくれと頼んだ。
どうしても一人で行くのかと尋ねるソクチュ。スンユは亡くなった者たちの重いが肩にのしかかり辛かった。その荷をおろしたいというとソクチュは納得した。
寺に首陽たちが来たと知った王女はセリョンに妊娠していることを気づかれないように隠れているように伝える。しかし運悪くその場に来てしまった二人。セリョンが妊娠し誰の子か知った首陽は部屋に閉じ込めるように命じた。
王妃はセリョンになぜこんなことになってしまったのかと責める。
二人に将来はないといってもお腹の子に運命を誰も決められないと言うセリョン。
スンユは寺に侵入し首陽を背後から狙う。亡くなったジョン、イ・ゲ、ジョンソを思い浮かべながらそっと近づく。刀を向けながら姿を現すスンユに驚く首陽。
自分を殺せばセリョンが悲しむというと戸惑いを見せるスンユに自分と変わりないと話す首陽。
スンユは勝てなくても自分の意志を継ぐものが現れ一生苦しむことになるという。
血まみれの手で奪った王座で血の涙を流すだろうというといい刀を振りかざすと、首陽はセリョンはスンユの子を身ごもったと話す。それに動揺したスンユは捕まってしまう。
許しを請えという首陽は続けてジョンソの息子として自分を王と認めればセリョンと逃がすというもそれを拒否するスンユに首をはねるよう言いつける。
叫び駆け寄るセリョンはスンユを抱きしめる。寺で殺生するのかという王妃によってその場は納まる。
しかし首陽は翌日には殺すから牢に入れろと命令する。
引きずられながら引き裂かれる二人。
牢に入ったスンユは意識を朦朧とさせながら首陽の言った言葉を思い出す。
セリョンに子供が居ると知ったスンユは3人で幸せに暮らすことを考える。
セリョンは母親に許しを請うよう説得する。スンユに一度だけ言わせれば3人は助かるというもセリョンはそれを拒否する。王女はお腹の子ためにといって説得するがセリョンは受け入れられない。
さらに王女は子供には父親の顔を見せるべきだと涙を流しながら話すとセリョンは泣き崩れてしまった。
牢に来たセリョンは横たわるスンユを見つめる。中に入りスンユに触れるとスンユが目を覚ます。
何もかも忘れ遠くへ逃げようとは言わない。自分と首陽の間で揺れたのだから最期は自分の望むようにしてくださいというセリョンに、あの世に逝ったら父親とジョンに自分以上に自分を大切にしてくれた女人が居たことを話すというスンユ。そしてお腹に手をやり心で会話をする二人。
生まれ変わってもどうか自分を忘れないでくれというスンユはそのまま意識を失った。

最終話(24話)の感想

一時間弱泣きっぱなしです。筆者は涙腺が緩々なので嗚咽を漏らしそうになるほど。
部下がミョンを庇う姿。誰よりも上司に忠実だった。それが悪事に加担した上司だとしても最期まで従い死んでいった部下。彼を思うと悲しくなります。
結局スンユを守り死んでしまうミョン。そんなミョンを貶す首陽。死んでしまえと思いました。
しかもそれを父親であるスクチュの前で言うなんて!!スクチュも嫌な奴に加担してしまいました。
セリョンの妊娠をしたことを知った首陽はそれをスンユに言うことで油断させるなんて、とことん卑怯な奴だな。
牢の中でスンユに最期は自分の望むことをするように言うセリョン。どんな結末になろうともそれを受け入れる二人は本当に強いと思いました。








2 件のコメント

  • 最初の頃のパク・シフは、誰かわからないし、イケメンでもないと思いました。
    復讐になって、両班の時と違う髪型・服装になってから、かっこいいイケメンと思いました。
    最終話、目は見えなくなったみたいですが、セリョンと幸せに暮らしていて何よりです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。