王女の男-あらすじ-全話一覧-感想ネタバレあり!

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-全話一覧
王女の男.jpg
王女の男
韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-全話一覧
ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王女の男は韓国KBSで2011年に放送された15世紀を舞台にした時代劇ドラマ。
韓国版「ロミオとジュリエット」と呼び声高いこの作品は翌年日本でも放送されました。
親の欲望に振り回された主人公たち。悲しくも美しい恋愛ドラマです。
時は朝鮮王朝時代。王族の教育機関の講師を勤めるキム・スンユ。時の王の娘イ・セリョン。二人は出会い恋に落ちるのだが時代は悲しくも二人を引き離す。歴史ラブロマンスを描いた感動ドラマ全24話
(原題「公主の男」공주의 남자)

王女の男 あらすじ

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-1話~3話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-4話~6話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-7話~9話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-10話~12話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-13話~15話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-16話~18話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-19話~21話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-22話~23話

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-最終回 24話

王女の男 キャスト&登場人物一覧

王女の男 登場人物
王女の男のキャストです。
主な登場人物になりますが、主人公たちとの関係性がわかるかと思います。
oujo01.jpg
キム・スンユ(パク・シフ)
本作の主人公。王室の教育を担当する宗学に所属し王女担当の講師となった。そこでセリョンと出会いともに心惹かれあうも、謀反の罪を着せられて殺されてしまった父の無念を晴らす為に復習を誓う。
何度も命を狙われながらも仲間やセリョンに助けられながら危機を逃れてきた。表向き死んだことになっているスンユは父親を追い詰めた者たちの家に忍び込んでは命を狙っていく。だがセリョンのことを忘れられず命を狙うも手をかけられない。セリョンと危険を伴いながらも逃げ首陽を追い詰めてゆく。
oujo02.jpg
イ・セリョン(ムン・チェウォン)
本作のヒロイン。王女の従姉妹で変わりに出席した講義でスンユと出会い恋に落ちる。
聡明でお転婆な女の子でありながらも意志は強くどんな理由があろうと間違ったことは父親に対しても意見する。
スンユに命を狙われるも死なせたくない一心で体を張って守ってきた。
最初はスンユの婚約者だったが父親の策略によってミョンと婚約させられるも、拒否し続けてきた。
父親を不信に思い家族と絶縁しスンユと家族を築く。
oujo03.jpg
シン・ミョン(ソン・ジョンホ)
スンユの親友。父が首陽に加担することになり、ジョンソから冷たく接され宮廷で孤立した姿を見て父親と共に首陽に協力しスンユの家族を陥れる。
スンユのことを裏切りきれず何度も見逃し、生き残ったスンユの家族を匿う。
もう一人の親友ジョンに婚姻の介添えを頼むも、セリョンが誘拐されるとそのことをジョンや王女たちが仕組んだことにされジョンを捕らえることになり袂を分かつことになってしまった。
oujo05.jpg
チョン・ジョン(イ・ミヌ)
スンユの親友で王女の婿。母親の薬代が払えられずスンユに立て替えてもらっていたり、ごろつきに追われていたりなど頼りない存在だったが、王女と結婚すると男らしく王女を守る男となっていく。
セリョン誘拐、首陽の暗殺を目論んだ疑いでミョンに捉えられてしまう。
スンユが死んだことを知ってひどく心を痛めたが目の前に現れたスンユを見て涙を流し抱き合い喜んだ。
oujo06.jpg
敬恵王女(ホン・スヒョン)
王女。セリョンを可愛がっていたが、スンユとの縁談の話が上がると冷たく接するようになった。
ジョンと結婚してからもきつくあたっていたが、ジョンの優しさに触れ、スンユの死、セリョンの誘拐が起きると昔のように優しくなる。王になった弟を守ろうと必死になるが首陽によっていつも阻まれてしまう。
ジョンを心から愛するようになり子を身ごもる。
oujo07.jpg
キム・ジョンソ(イ・スンジェ)
スンユの父親。右議政として王に仕えていたが、スンユが捕らえられ処刑から守る為辞任した。
その後、文宗が病床に伏せると左議政として宮廷に復帰した。
スンユに縁談の話をするも心慕う人がいるというとスンユの意見を尊重するなど、心優しい一面もある。
自分を追い込む首陽を追い詰めることをスンユに頼むと謀反を企てたとして無実の罪で首陽一派によって殺害されてしまう。
oujo08.jpg
首陽大君(キム・ヨンチョル)
セリョンの父親。セリョンにスンユと婚姻させ手を組もうとするも文宗が王女の婿にスンユを選んだことで、政敵となり、謀反をでっち上げジョンソを暗殺する。ジョンソの家族を抹殺する為何度もスンユの命を狙い、移送する船を沈没させる。
セリョンからは自分のしてきたことを恨まれ絶縁されてしまう。
oujo09.jpg
文宗(ムンジョン)(チョン・ドンファン)
第5代王。病におかされているが。首陽が王座を狙っていることを恐れ秘密にしていた。
首陽の企みを知るとスンユと王女を婚約させるも破談になってしまう。
ジョンと王女の婚礼を見届けると倒れてしまい危篤状態になり息を引き取る。
oujo10.jpg
端宗(ノ・テヨプ)
第6代王。文宗の息子であり王女の弟。気弱な性格で首陽が叔父たちを嵌め処刑しているのを知りながらも断罪できずにいた。王女を頼りにしがちで首陽に甘く見られ言いくるめられていくうちに心が折れていしまい、譲位を譲ってしまう。
oujo11.jpg
シン・スクチュ(イ・ヒョジョン)
ミョンの父親。首陽を制圧する為に文宗に仕えていたが首陽にセリョンとミョンの縁談を持ちかけられ首陽に加担する。ジョンソが左議政になり戻ってくると風当たりが強くなり孤立する。
ミョンを巻き込んでジョンソの家族を追い込み首陽が王位につくように働きかけた。
oujo12.jpg
イ・ゲ(オム・ヒョソプ)
宗学の学士。スンユ、ミョン、ジョンの恩師でもある。友人たちを裏切ってゆくミョンに対し唯一優しく接し宥めていく。
王に忠誠を誓っており、首陽のことを王と認めず端宗復位を企て捕らえられてしまう。助けに来たスンユを説得し助けられずに処刑されてしまう。
oujo13.jpg
イ・ミョンフェ(ハン・ミョンフェ)
首陽の政権奪還に加担しごろつきを使ってジョンソを暗殺した。首陽一派の中でも頭脳派で復讐を狙うスンユや、端宗の復位を求めるジョンたちの動きを知ると何度も阻んできた。
首陽が王になると領議政まで上り詰めた。
oujo14.jpg
クォン・ラム(イ・デヨン)
首陽一派の一人。ミョンフェが考える策略に便乗しスンユたちを追い詰める。
oujo15.jpg
ハムグィ(チェ・ムソン)
ミョンフェに雇われているゴロツキ。ジョンソを殺しスンユを追い詰め無人島に行くも殺される。
oujo16.jpg
チルガプ(チョン・ジン)
ミョンフェに雇われたゴロツキ。スンユの命を狙うも復讐するスンユに襲われ殺される。
oujo17.jpg
チョ・ソクチュ(キム・レハ)
氷玉館の親分で手下に嵌められスンユが乗る護送船に乗り合わせ出会う。
流れ着いた無人島でスンユが追われていることを知ると演技をしてスンユを殺したことにして助ける。
都に戻ると氷玉館に匿う。
男気溢れスンユの身代わりにミョンに捕まるなど仲間思いの男。
oujo19.jpg
ワン・ノゴル(ユン・ジョンファ)
無人島でスンユと出会う。見栄っ張りだが気が弱くスンユとソクチュを兄貴と慕う。
口が軽くセリョンの正体をバラしてしまうなどミスを犯すもののソクチュに見捨てられず大事にされる。

王女の男 評価レビュー&感想

韓国ドラマ「王女の男」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

これまでいくつか韓国ドラマを見てきました。ジャンルは問いませんが決めていたのは話数が長くないものです笑
特に時代劇は本当に長く見ているうちに出演者たちの関係性がこんがらがって来てしまうので、1クールで終了するものを選んでました。
この作品は全24話と短いお話ですので時代劇が苦手な方でも見やすいかと思います。
内容はとにかくセリョンの父親が本当に憎くスンユたちのように恨みました笑。
でも、視聴者にそういう感情を抱かせるほど役者さんたちの演技が素晴らしかったです。勿論、脚本家さんもそれを意図して作成してたのもあるかと思います。
要所で各キャラクターたちの回想シーンがあったので、どんな気持ちで今までいたのか、どんな気持ちで今を生きているのかなどそういうのが読み取れます。
親たちの確執によって運命を振り回される、スンユ、セリョン、ミョンの三角関係もドロドロというよりもミョンの一人相撲?最初は贈り物をしたり優しくするのですが、セリョンの心が開かないとわかるとスンユたち首陽を狙う者たちにその恨みを向けます。韓国ドラマってお門違いな人に牙を向きますよね。正々堂々と勝負しないところが不思議です。
話の展開は「じっくり」といった感じでしょうか。
何度も首陽を討つ為にスンユたちは決起するのですが、ことごとく計画がばれ阻まれてしまいます。だからといって飽きることはありませんでした。1分もないシーンとかも多々ありましたが、そのシーンがないとあれ何でこの人ここに居るんだ?とか、そんな話してたかなとなるぐらい重要なシーンだったりしますのでだらだらとした感じはありませんでした。
20話ぐらいから話は展開していきます。それまでスンユとセリョンの心の動きだったり首陽たちの策略がドロドロとしていましたが、ジョンが処刑されてからは状況が変わってきました。
22話から最終話までは涙なくては見られませんでした。ただ、スンユの最初の頃の様な優しく温かみのある心からの笑顔が見れなくなってしまったのが残念です。
家族と過ごすときに笑顔はあるのですが、やはり陰がある感じで・・・。
スンユ役のパク・シフさんは「一枝梅」を観ていたのでそれからファンでした。パク・シフさんは本当に切ない役が似合いますね。すっとした切れ長のめにどきどきします。
セリョン役のムン・チェウォンさんは「華麗なる遺産」に出演していました。華麗なる遺産は筆者、観ていないのですが、以前見た時代劇ドラマ「風の絵師」の都で一番の美人の妓生役をしてました。可愛らしくて観ていてにんまりとしてしまう女性です。
王女の男の出演者たちを見ていると、あのドラマではいい役だったのに・・・とか、え!あのキャラはあのドラマに出てた人なの?という楽しみ方もしていたので見ていて不思議な気持ちになりました笑。
個人的に好きなキャラクターはソクチュです。
男らしく、仲間思いで、懐の大きい本当に素敵なキャラクターでした。
全体的に観ていて面白い作品でしたが、ところどころ虚しくなり悲しくなってしまいました。しかしスンユとセリョンの悲しい恋愛模様がきちんと描写され、最期は微笑ましく終るので見ていていろんな感情が溢れる作品となっています。
皆さんもぜひいろんな方に勧めて欲しいと思います。