番人!もう一度、キミを守る-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-番人!もう一度、キミを守る-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

番人!もう一度、キミを守る

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スジたちはボスがドハンだと確信します。そのためにドハンを教会に呼んでグァヌ神父と二人が仲間だと確認しました。けれど、スジを捕まえるためにキム検事も動いていました。さあ、スネたちもスジを捕まえるために向かっていますよ。果たしてこのまま捕まってしまうのでしょうか。そしてドハンの正体を知ったスジたちは、どうするのでしょうか・・・。

【番人!もう一度、キミを守る】ネタバレあり

番人!もう一度、キミを守る 第11話

グァヌ神父は駆けつけてきたスネ刑事たちに、中には誰もいないと言う。しかしキム検事は教会の中をすぐに確認するように指示する。しかし中には誰もいない。ドハン=グァヌとスジ、ギョンスとボミはスネ刑事たちの目を盗んで教会から逃げる。しかしギョンスとボミは見つかってしまう。ボミは刑事に掴まり、ギョンスはその場を逃れる。しかし連行されるボミは防犯カメラを見つけると、突然苦しいと座り込む。ギョンスはボミを救出するために動き出す。銃声の音がする。スネたちはその音に走り出す。ボミには一人の刑事だけが付いていた。スジとドハン=グァヌも見つかってしまう。しかし、スジが機転を利かしドハンに銃口を向けて車に乗せ逃走する。キム検事は目の前のスジとドハンに手も出せずにいたが、すぐに追跡を始めるのだった。一方ギョンスはボミを無事に救い出す。

スジはドハンにギョンスの母の事件が解決したらユナの事件などユン・スンノ検事長の悪事を世間に公表するように言うが、ユン・スンノ検事長はそんな一筋縄ではいかない人物だとドハン=グァヌに言われる。当時実父は無実の罪で逮捕されスパイ容疑で6年間服役し、その後もユン・スンノ検事長の存在に苦しめられ心が壊れ、酒を飲む様になり母を殺めてしまったのだった。当時の拷問が原因だとわかり、ドハン=グァヌは何度も再審を請求した。証人も見つけたが、その証人は突然失踪する。それがギョンスの母だった。ユン・スンノ検事長は自分が犯した罪を忘れ今ものうのうとしている。そして更に高みの地位につこうとしている。ドハン=グァヌはそのユン・スンノ検事長を倒すべく全ての人生をかけているのだった。グァヌの父がどんなに恐ろしい経験をしたのかは、あの精神病院での様子からグァヌは想像していたのでしょうね。どんなに辛い月日だったのか・・・。

キム検事は車載カメラの映像ナム刑事がスジを殺害しようとしていた様子とドハンがスジを救出する様子をヘソン新和合党代表に渡していた。それがユン・スンノ検事長を倒すことだと信じていた。

スジたちは隠れ家にみな集まっていた。そこでどはん=グァヌは話し出す。当時父のスパイの偽証をギョンスの母がしたのだ。父の会社の経理を担当していたゴギョンスの母はギョンスを身籠っていた。脅され偽証した母はその時の事が原因で鬱になってしまったのだった。グァヌに何度も証言を依頼され、ようやく意を決した矢先にギョンスの母は姿を消してしまったのだった。そのために再審請求は結局見送られてしまったのだった。恐らくギョンスの母のことを知った毒蛇の仕業だと推測したドハン=グァヌ。スジたちも同意見だった。そしてその毒蛇がナム刑事だとしる4人。そのころユン・スンノ検事長はキム検事がヘソン代表に渡した映像を目にしていた。ドハンへの裏切りに怒りを覚えるユン・スンノ検事長だった。ドハン=グァヌはナム刑事を人事聴聞会に引きずり出そうとスジたちに話すのだった。

キム検事たちは道路に車ごと放置されたドハンを迎えに行く。手錠で車に繋がれたドハン。ふてくされた演技を冷めた目で見るキム検事だった。

スネ刑事の娘セウォンはユン・シワンと同じ美術部だった。セウォンは刑事の娘ということで学校ではいじめられていた。そんなセウォンにシワンは興味を示していた。セウォンはシワンをまた違う意味で意識しているのだった。

スジ、ギョンス、ボミは新たなミッションに入っていた。ギョンスは警察に潜入する。スネたちの会議中だったが、そこにはボスであるドハン=グァヌもいて協力的だ。上手く仕掛けをして警察を後にしようとするギョンス。しかし怪しんだマ刑事がギョンスを追いかけ声をかける。キム検事やスネ刑事たちはあの教会が怪しいと睨んでいた。あの神父も仲間ではないかという意見に、ドハンはさりげなく牽制する。ギョンスはマ刑事に部署を尋ねられ名札がなくて問い詰められる。しかし窮地をドハンが助けに来る。ギョンスは警察を無事に出ることに成功するのだった。ナム刑事は教会の出入り口の防犯カメラを観ていた。そこにはドハンが入っていく姿が映し出されていた。あの時、スジたちに呼び出され入っていった時の映像だ。ギョンスはナム刑事が何のサイトや影像を見ているのかを探るための装置をあの刑事の部屋に仕掛けたのだった。しかしそのためにはさらにナム刑事の携帯により近づかなくてはならない。ドハンがナム刑事の携帯に近づくことにするのだった。キム検事はあの精神病院でのドハンと神父の会話を聞いてからドハンの事をずっと怪しんできた。ドハンもキム検事がチェ・ヘソン議員に情報を流した事実を知っていたので、いつものふざけた態度を取りながらも、キム検事を警戒するのだった。ユン・スンノ検事もドハンのことを慎重に警戒する。ナム刑事からの情報でドハンの行動と言葉を慎重に探るユン・スンノ検事だった。みんなが腹の探り合いです。誰が味方か敵か・・・・。

ドハン=グァヌはスジがユナを失った事件を思い出していた。スジの悔しい思いを自分は痛いほど知っている。だからこそあのユンボの悪事を掴んで覆い詰めなければと心に決めるのだった。

ギョンスは母に会いたかった。元気にしているのか・・・。その思いをスジに話すギョンス。スジはそんなギョンスの母への思いを同じ母として受け止めるのだった。

シワンのは母息子シワンのことを気にしていた。数学の成績が落ちているから家庭教師を変えよう、そうしないとお父さん(ユン・スンノ検事)と同じ大学に入れないわよとシワンに言う。シワンは表情には出さないが、いい加減腹が立っていた。シワンの机にシワンの絵のデッサンが置かれていた。自分が描いたのかと尋ねると、シワンはいや、描いてもらったんだとだけ答える。母はとても気に入ったお友達なのねとシワンに言うと、シワンは意味ありげな表情で、付き合えば面白そうなことになると答える。母はその表情と口調に何かしら嫌な雰囲気を感じるのだった。シワンの部屋の様子はスジたちのPCに様子が映し出されていた。シワンの今の話もスジは聞いていた。しかしその友達がまさかスネの娘セウォンだとはまだ知らなかった。

ドハンはスジの母親が体調が悪いことを教える。見張りの刑事は2人だけだから、会って来いと伝える。スジが母親に会えるように見張りの刑事に話しかけてスジに機会を作るドハン=グァヌ。スジは家の中にそっと入る。スジの母はスジとユナの写真をじっと見つめて手で触り、ベッドに横になっていた。その背中が余りに寂しそうでスジは声をかけるのを一瞬ためらう。こんな寂しい思いをさせているのは自分だと、ただ辛かった。けれど母の顔を見たくて、声を聞きたくてスジは母に声をかける。そして母とつかの間の再会を果たすのだった。

ドハン=グァヌ見張りの刑事たちを食事に誘ってスジが母親に会う時間を作っていた。途中トイレに行くと言い、刑事たちから離れたドハン=グァヌはスジにもう時間だと伝えに来ていた。そしてあの時の事を思い出していた。そう、ユナがシワンに連れられてビルに向かった時、ドハン=グァヌはそれを見ていたのだった。スジを逃がすため車でその場を離れようとしていたドハン=グァヌは、そこでナム刑事に阻まれる。ナム刑事はユン・スンノ検事の指示でドハン=グァヌの動きを読んでいたのだった。車にスジが潜んでいないかと探るナム刑事が、ドハン=グァヌの車を調べようと今まさにするのだった。

番人!もう一度、キミを守る 第12話

ドハン=グァヌの車を調べようとドアノブに手をかけたナム刑事。しかしそこにスネ記事から電話が入る。何をしているのかと聞かれてスジの目撃情報でここに来たと答えるナム刑事だった。スネ刑事に上司の報告なしに動くなと叱責され仕方なく引き返そうとしたナム刑事だったが、その一瞬をついてドハン=グァヌの車のドアを開けて中を調べる。しかしスジの姿はなく、仕方なくその場を諦めて離れるナム記事だった。そしてそのことをユン・スンノ検事長に報告するのだった。

スジは家の影に隠れていた。ドハン=グァヌの車が見えると、急いで乗り込むのだった。スジはどはん=グァヌに、長年復讐の為に偽名でユン・スンノ検事長に近づいたことを尋ねる。そしてシワンのことも尋ねる。ドハン=グァヌは、シワンが恐ろしい人間であることに薄々気が付いていたことをスジに告白するのだった。ただ、ドハン=グァヌはまだスジに話せていない何かがるような思いつめた顔つきだった。そんなドハン=グァヌの様子には気が付くことなく、母に会えた感謝を伝えるスジだった。スジと別れたドハン=グァヌはその足でグァヌ神父本当のドハンに会いに行く。そしてそこでスジには言えなかったことを告白する。それはシワンを監視していたあの時、ユナがシワンに連れられて行く姿を見ていたのだった。あの時のシワンは数日前からユナを付け回して機会を狙っていたことを監視していたドハン=グァヌは知っていたのだ。しかし助けられたのに、ドハン=グァヌは躊躇したと告白する。事件が起こればユン・スンノ検事長を追い詰められると言う思いと助けるべきだという迷い。けれど迷っている間に事件が起こってしまったのだった。後悔をにじませ涙するドハン=グァヌだった。

ナム刑事はユン・スンノ検事長の指示でドハンが何者かを調べていた。そしてドハンが、かって内縁の妻殺し、スパイ容疑で服役した男の義理の息子であることを突き止める。警察に戻り自分のパソコンでネットニュースを見ると、10年ぶりに戻った失踪者としてギョンスたちが偽記事を載せた内容を驚きで検索する。顔はぼやかしてあるけれど、ギョンスの母親だとすぐに分かる内容です。閲覧するその様子は全てギョンスたちに筒抜けだった。そしてその記事を載せた記者にナム刑事は直ぐに連絡を取る。しかしその記者はボミ。ナム刑事は仕組まれたこととは知らずにボミに失踪者に会いたいと打診する。ボミは慎重にナム刑事を誘き出すために答えるのだった。ギョンスはいてもたってもいられずナム記事にすぐにでも連絡を取ろうとするが、ボミとスジはそれを引き留める。そしてボミは今までずっと言わずに置いたことをギョンスに告げる。それは、ギョンスの母親はすでに殺されていると言うこと。勿論スジも分かっていた。しかしギョンスの気持ちを思い言葉にしなかった。改めてそのことを告げられたギョンスは、心のどこかでは思っていたことを言われつい腹を立て屋上に行き、一人で母の事を思い出す。母の誕生日にギョンスは青いスカーフをあげたこと。そしてそれを巻いて外出するようにと話す。ギョンスは周囲に母がうつ病だと言われることが嫌だった。あの日、母がスカーフを巻いて外を歩いている姿を学校帰りに見かけたギョンス。俯いて歩く母の姿。ギョンスに気が付いた母はギョンスを見るが、ギョンスは友人に母がうつ病だと言われたため声をかけたくなくて、そのまま遊びに行ってしまう。母の姿はそれが最後だったのだ。ギョンスはあの時母に声をかけなかったことをずっと後悔していたのだった。

ナム刑事はユン・スンノ検事長にドハンの生い立ちを報告していた。ドハンが、自分たちがスパイ容疑で逮捕した男の義理の息子だと言うナム刑事にユン・スンノ検事長は眉を顰める。実の息子ではなく義理の息子?加害者の息子ではなく被害者の息子?ユン・スンノ検事長はその矛盾した事実に疑問を抱く。そしてナム刑事に今、ネットニュースに出ている失踪者が現れた内容を伝えるが、ユン・スンノ検事長のネットニュースにはそんな記事は出ていない。ユン・スンノ検事長はこれが誰かの仕業だと感づく。ナム刑事はユン・スンノ検事長との会話を録音していた。それは今までの会話も全て。これはナム刑事の保険だった。録音の事実をドハン=グァヌが突きとめスジたちに証拠として利用できることを教えるのだった。ナム記事はギョンスの母の失踪者記事を気にして新聞の販売店に見に行く。しかし新聞記事には出ていない。しかしテレビやネットの動画に失踪者の犯人が刑事だったと報じるニュースが流れる。そのことに以上に反応するナム刑事。そのことでユン・スンノ検事長に助けを求めるナム刑事。ユン・スンノ検事長は自分が調べるからとナム刑事をある場所に向かわせるのだった。

その頃、ヘソン新和合代表がユナ事件の再捜査を撤回したことをテレビで告げていた。キム検事は突然の裏切りに驚くがヘソン代表は自分の立場を有利にするための行動だと言い、ユン・スンノ検事長が検事総長になることを阻む意思があることは今も違いないと平然と答えるのだった。

ナム刑事がユン・スンノ検事長に指示されて向かっているのはどはん=グァヌの実父が入院している病院だった。スジからそのことを知らされ動揺するドハン=グァヌ。ナム刑事が実父を消すために向かったことは明白だった。国立医療刑務所にいるドハン=グァヌの父。父を救うためにもドハン=グァヌはユン・スンノ検事長の家を訪ねる。そこでユン・スンノ検事長はどはん=グァヌの生い立ちをしっていることを告げる。勿論本当は違うのだけれど、グァヌではなくドハンとして、実父が幼少時に亡くなり苦労したことを知られたくなくて嘘をついたとドハン=グァヌは告白する。するとユン・スンノ検事長はドハン=グァヌのことを信用し、ドハン=グァヌの本当の父、
イ・シニョクのことを悪しざまに言い出す。震える思いを何とか堪える。そしてドハンに今、ナム刑事がイ・シニョクに面会していることを言い出す。イ・シニョクはナム刑事をすぐに思い出していた。あの酷い取り調べの記憶に体が硬直する。一方ユン・スンノ検事長はドハンが本当はグァヌではないかと勘ぐっていた。ドハンの様子を見ながら、ワザとドハンに本当はグァヌではないのかと問いただすユン・スンノ検事長。そしてナム刑事からの連絡で、イ・シニョクが面会のすぐあとに手首を切ったようだとユン・スンノ検事長はドハンにそのことを素知らぬ顔で告げるのだった。父の事を言われ、咄嗟にでた表情からユン・スンノ検事長に虚を突かれたドハンだったが、何とかその場を言い逃れ、自分をドハンだと信じ込ませることに成功するのだった。ドハン=グァヌは父の元にすぐに駆け付けたいという思いが表情に出てしまいますが、それを必死に別の感情に変え、ユン・スンノ検事長を騙しますが、この演技がキム・ヨングァンくん凄いなあと思いました。

ドハン【グァヌ】はいてもたってもいられない思いでいたが、スジから父イ・シニョクが辛うじて峠を越えたこと、そしてこれはドハン【グァヌ】を試すためにユン・スンノ検事長が仕組んだことだと指摘し、父の元に行こうとするドハン【グァヌ】をスジは行かせないように説得するのだった。ユン・スンノ検事長は本当に汚い人ですね。人を何だと思っているのでしょうか!ナム刑事はドハン【グァヌ】が父の容態を気にして現れるかと病院で待っていたが、現れないとユン・スンノ検事長に報告していた。キム検事がイ・シニョクの病室にやってきた。そこにいたグァヌ神父ドハンと全てはユン・スンノ検事長の仕組んだことだとわかっていることを、そしてキム検事はこの事態は自分の責任だと詫びるのだった。自分も協力したいと申し出るキム検事だった。

ドハン【グァヌ】はキム検事が自分の本当の正体をしっていることに驚く。そしてキム検事から全てを知ったうえでユン・スンノ検事長を捕まえるためにどうするのかと尋ねる。そしてユン・スンノ検事長を捕まえればスジが戻れるのかと聞くのだった。キム検事はスジを助けたいというそれが目的なんですね。スジ一筋の人です。

イ・シニョクの病室の見張りの刑事からイ・シニョクの毛髪を手に入れたナム刑事。ドハンが本当にドハンなのかをユン・スンノ検事長からの指示で確認するために鑑定に出すのだった。

キム検事はドハンとグァヌ神父たちに協力する為に驚く行動にでる。スネ刑事の元に行き、スジやボミに情報を郵送で送ったりしていたのは実は自分だったと偽証するのだった。突然の告白に驚くスネ刑事だった。スネ刑事は笑って相手にしませんが、キム検事はスジの為にこんな行動に出てしまいました。そのことを聞いたドハン【グァヌ】は急いで取調室に向かう。まさかキム検事がこのような行動に出るとは思ってもいなかったのだ。面と向かってキム検事に正気かと問うドハン【グァヌ】。キム検事は協力するからスジを家に帰してほしいと頼む。そのために自らの全てをかけて行動に起こしたんだとキム検事は決意を伝えるのだった。

番人!もう一度、キミを守る 第11-12話 感想

ドハン=グァヌの父の事が分かりました。濡れ衣を着せられ酷い拷問を受けて心に傷を受けてしまった父は、義理の母を殺してしまったのでした。その原因はユン・スンノ検事長とナム刑事。そしてスパイ容疑を晴らすために、かって偽証したギョンスの母親に再審の為に証言を依頼したところ、ギョンスの母も殺されてい住様子。もう全てはユン・スンノ検事長が諸悪の根源です。この男を果たしてどう懲らしめていくのか・・・・。中々一筋縄ではいかない悪党です。再びイ・シニョク父が心の傷をえぐられ、手首を切ってしまうと言うショッキングなことが起きてしまいます。更にはキム検事がスジたち番人のボスだと自首してしまいます。さあ、これからの展開はどうなってしまうのでしょうか!中々想像していることを覆してくれるドラマであります。