番人!もう一度、キミを守る-あらすじ-15話-16話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-番人!もう一度、キミを守る-あらすじ-15話-16話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

番人!もう一度、キミを守る

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
シワンの間の手がセウォンに迫っています。そしてシワンの父であるユン・スンノ検事長の今までの悪事を、ドハンとなったグァヌが暴いていきます。親子同時に罪を暴けるのか!!スジは間に合うのか!そしてドハン【グァヌ】は復讐を果たせるのか。もうハラハラドキドキ満載です。

【番人!もう一度、キミを守る】ネタバレあり

番人!もう一度、キミを守る 第15話

ヘソン代表はドハンを証人として喚問した。それまでの匿名者がドハンだったと知り驚きつつもほくそ笑むヘソン代表。これでユン・スンノ検事長を失脚させられると思っているのだった。

スジがスネ刑事にセウォンがシワンの家にいると知らせる。セウォンに連絡とってほしいとスネに頼むスジ。そのことに信じられないでいたスネは、スジの話に疑いながらもセウォンに電話する。しかしセウォンは母の電話を無視するのだった。セウォンは一人部屋で待っているときに、シワンの部屋の白いキャンパスが気になる。つい触ってみると、何かしら違和感のある手触り・・・。そこにシワンの母が果物を持ってくる。シワンの母とお友達になった経緯を話すセウォンに、シワンの母は少々驚く。そしてシワンの以前見せた表情と言葉を思い出し、息子が何か企んでいるのではと不安に思うのだった。

ヘソン代表はオ元部長にも証人を依頼していた。しかしオ元部長は聴聞会には姿を見せないのだった。ユン・スンノ検事長は自分への嫌疑が直ぐに晴らされ同情に代わると信じている様子。休廷中のドハンとユン・スンノ検事長は、二人だけの部屋でお互いを牽制し合うのだった。

セウォンはキャンパスの中に何かが隠されていると感じ、その裏を見て驚く。それは恐らく、ユナの絵を描いたものだと思います。その絵を見てセウォンは分かってしまう。シワンがユナを殺したことに。慌てて家から逃げだすように出てきたセウォン。怯えるセウォンの前にスジが現れ、スジはセウォンを抱きしめる。そしてセウォンはスジにシワンがユナを殺したんだと話すのだった。部屋に戻ったシワンはセウォンがいないことに気が付く、そして恐らくセウォンがあれを見たであろうことに、なぜか口元を歪ませ笑うのだった。母はセウォンが急に帰ったことでシワンに尋ねるが、シワンの様子に異変を感じるのだった。そして書斎に行くと、密かに夫のユン・スンノ検事長に電話する。そしてシワンがまた、何かしら事件を起こすのではと怯えて話す。息子の事を何も知らない父であるユン・スンノ検事長は、妻の言葉に耳を貸さない。そんな夫に、シワンがユナを殺したことを告白する。しかしその母の後ろにはシワンが立っているのだった。

セウォンの迎えにスネが駆け付ける。そして母は娘に相談してほしいわと話すと、今まで意地になってたセウォンは母に抱き着くのだった。

シワンのは母自分の話をシワンに聞かれたことに怯えていた。そしてシワンは母に、自分が背セウォンに何かをしようと企んでいることを話す。母はそんなシワンに、母として毅然と言い放つ。「そんなことさせないわ。」しかしそんな母をあざ笑う様に見るシワン。そして息子が怪物だと世間に知れるのは嫌だろ、このまま隠し通せと母を脅すシワンに、母は恐れ慄くのだった。

ボミはギョンスがくれた新しい携帯を前に浮かない顔をしていた。スジはそんなボミを心配する。ボミは自分だけが生き残って申し訳ない、自分だけが幸せになっていいのかと気持ちを吐き出す。そんなボミに、家族はボミの幸せを願っているわと励ますのだった。

聴聞会の休憩中、スジはドハン【グァヌ】に電話していた。スジはボミとギョンスがしっかりと将来を見ていることを話す。お前はどうするんだときかれたスジは自分の犯した罪をちゃんと償うと心に決めていることを話す。そしてドハン【グァヌ】にもどうするのかと尋ねるスジ。ドハン【グァヌ】はスジに嘘をついていたことを話し、中継で自分の話すことを観ていてほしいと言うのだった。

キム検事はあの時、父が引き出しに隠したものが気になり、父がいないときに引き出し開けて中を見ると、携帯とパスワードのようなものが書かれたメモを見つけるのだった。

聴聞会ではドハン【グァヌ】の証言が始まっていた。ユン・スンノ検事長の捜査への不当な介入を告白する。過去のミスを隠蔽させること、米兵絡みの事件で駐韓米軍への批判を回避し、与党の大統領候補の不利な状況を回避する為に、与党を守るために共犯者を出国させるなど捜査妨害をしたと話すドハン【グァヌ】。しかしそのドハン【グァヌ】の証言が全て事実無根だと証言に来たのはオ元部長だった。オ元部長はユン・スンノ検事長側に付いたのだった。そんなドハン【グァヌ】にナム刑事との関係を質問するヘソン代表。ドハン【グァヌ】はユン・スンノ検事長がナム刑事に指示し、スジを殺害しようとしたこと、そしてスジがサミル事件、ミソ洞事件の犯人を突き止めたことを聴聞会で話す。その様子はテレビを通してスジたちも聞いていた。ユン・スンノ検事長が検事総長になるために邪魔なスジを消そうとしたというその内容を証拠はあるかと問われたドハン【グァヌ】。自分の記憶しか頼れないが、ナム刑事が証拠に繋がると話す。ナム刑事が自殺した原因は、ユン・スンノ検事長が妻子をネタに脅したことが原因だと言うドハン【グァヌ】だった。そしてユナの事件も息子シワンの事件で、隠蔽されたとテレビで全国民に話す。ユン・スンノ検事長は、ドハン【グァヌ】に失望したともっともらしいことを言い募る。そして議員へ語りかける。しかし彼の脳裏には自分のしてきた悍ましい真実がよぎっていた。これらには何の確証もないとユン・スンノ検事長は確信している。そしてドハン【グァヌ】自身からも、もう一つの告白がテレビを通してスジに伝えられる。それはユナを助けられたのに自分は見殺しにしてしまったという事実だった。証拠がない今は、まだユン・スンノ検事長の方が有利なまま。この状態で聴聞会は明日にまた引き延ばされることになる。スジはドハン【グァヌ】の告白に体中の力が失われたように座り込むのだった。

キム検事は父キム判事の書斎の机の引き出しから、ナム刑事の携帯とパスワードを持ち出す。父にそのことを尋ねると父は目を泳がせて言い訳をする。その姿にキム検事は今まで父を尊敬していたのにと父を責める。父は息子の目を真面に見ることが出来なかった。そして自分が何とかするといい、キム検事の手にある携帯をまた、自分の引き出しにしまう。キム検事は、ドアの隙間からそんな父の様子を見るのだった。

スジとギョンス、ボミはユナがシワンに連れられて歩く映像を見ていた。ドハン【グァヌ】から送られてきた映像だった。そこにはユナたちから少し離れたところにドハン【グァヌ】の姿が映っているのだった。スジはドハン【グァヌ】に会おうと車を走らせ、電話をかけ続ける。そして教会で会う二人。スジは尋ねる。あの時傍観していたのか・・・なぜなの?今になって話した理由は・・・?スジの怒りにドハン【グァヌ】は淡々と答える。楽になりたいから許しを請いたいから今告白したのかと責めるスジ。強いまなざしでドハン【グァヌ】を威嚇するように見つめその場を後にするスジ。しかしグァヌドハン神父が引き留めるのだった。

ユン・スンノ検事長は自宅に帰ると妻が心配そうに声をかける。シワンは父に向かって「おかえり」と言うが、その表情は父の窮地を面白そうにしている様子。父の姿が見えなくなると、堪えられなかったのか吹き出す始末だった。シワンはまだある計画を構想していた。そのためにもセウォンが必要だった。セウォンに連絡するシワン。しかしセウォンはあの時シワンの部屋で見た絵が恐ろしくて、返信はもちろんしないが、母スネに相談しようとしていたが、出来ないままだった。シワンの間の手がジワジワと迫ってます。何するのか恐ろしくて想像するのが怖いです。

番人!もう一度、キミを守る 第16話

スジはドハン【グァヌ】の告白にどうしていいかわからなかった。ユナの死でシワンを殺そうと学校に行った。あの時自分はユナのためなら何でもできると確信していた。どんな非情なことでも復讐できるなら・・・。だからこそ、ドハン【グァヌ】がユナを見殺しにしたその思いが理解できてしまう・・・。そうボミに言うのだった。

聴聞会2日目。殺人ほう助を問われているドハン【グァヌ】。ヘソン代表はそれ以外に隠し事はないかと事前に確認する。これ以上危険は犯したくないとヘソン代表は考えていたが、ドハン【グァヌ】の行動が予測できず不安だった。聴聞会が始めると、案の定ドハン【グァヌ】がユナを見殺しにした点をついてくる議員たち。ユン・スンノ検事長の罪ではなく、ドハン【グァヌ】の罪を暴くことに集中する。ドハン【グァヌ】はそこで、実父がスパイ容疑で拷問、そして濡れ衣を着せられた過去を話す。その時の検事がユン・スンノ検事長だったこと。そして幼かった自分が無実の父を助けるための行動を起こすために10年の歳月がかかったこと。再審請求しても棄却され、ボミの家族の事件も隠蔽された。再審請求で証言をしてくれるはずだったギョンスの母も殺されてしまった。復讐するために、側近として近づき、ユン・スンノ検事長の悪事を暴くことを決意したことを国民の前で話すドハン【グァヌ】だった。しかしユン・スンノ検事長の悪事は、ドハン【グァヌ】が実息子ではないとあの血液鑑定書を証拠として見せ、さらにはシワンがユナをビルに連れていく映像の一部が消されていることをあげ連ね、ドハン【グァヌ】の証言は全て妄想だと言うのだった。スジはその様子をテレビで観ていたが、ドハン【グァヌ】を救うためにも自分が聴聞会に行くことにするのだった。

聴聞会ではユン・スンノ検事長が、部下であるドハン【グァヌ】の管理を怠り申し訳ないと皆の前で詫びる姿が報じられる。これで聴聞会が終了されると思ったその時だった、なんと死んだはずのナム刑事がスネ刑事に連れられて姿を現したのだった。
聴聞会48時間前、ナム刑事が刑務所で自殺を図り病院に連れていかれた時。実はスネ刑事とドハン【グァヌ】が付添っていた。そしてドハン【グァヌ】はスネにナム刑事が死んだことにしてほしいと頼んだのだった。ナム刑事を守るためでもあり、大事な証拠を確保するためでもあった。ナム刑事は殺人を犯したので重罪である。しかしその犯した罪を告白するのが本当の償いである。スネはそのことを承諾し、死亡報告を報道陣につげたのだった。このことでユン・スンノ検事長が安心して気を許したのは間違いなかった。そして、ナム刑事にも聴聞会での証言をお願いするドハン【グァヌ】。ナム刑事はどうしていいかをまだ迷っていた。聴聞会の様子をテレビで観ていたナム刑事。ユン・スンノ検事長のウソの数々にナム刑事が決心したのだった。ドハン【グァヌ】に人間らしく生きられるだろうかと尋ねるナム刑事に、ドハン【グァヌ】は答えるのだった。

ナム刑事の姿に目を丸くし息を飲み込むユン・スンノ検事長。ナム刑事の証言が始め郎としていたその時、スジは聴聞会に向かっていた。スジはドハン【グァヌ】に会ったあの後、グァヌドハン神父にあるものを渡されていた。それは、キム検事から渡されたナム刑事の携帯だった。スジはスネに連絡し、今から約束通り貴女に逮捕されに行きますと言うのだった。

聴聞会ではナム刑事の証言が続いていた。その内容は衝撃的で、ユン・スンノ検事長を動揺させるに十分だった。そして証拠として携帯の録音があるというナム刑事。その証拠を出すようにとユン・スンノ検事長は促す。携帯の録音はキム判事が処分したとタカをくくっていたのだ。録音が公表されないため、聴聞会は荒れに荒れていた。一人ユン・スンノ検事長は勝ち誇ったようにドハン【グァヌ】を見やる。スジはギョンスに連絡すると、携帯の録音を会場に中継車を通して流すようにとお願いするのだった。聴聞会はこのまま終了すると思われたその時、会場に、そしてメディアに全てに音声が流される。ナム刑事とユン・スンノ検事長の会話。その瞬間、ユン・スンノ検事長の悪事が露呈したのだった。形勢は逆転した。ドハン【グァヌ】が勝ったのだ。

誰もいなくなった聴聞会会場で、スネに逮捕されるナム刑事。そして警察に連れていかれるユン・スンノ検事長。世間は大騒ぎだった。スジがスネの前に現れ、逮捕してと言うのだった。

シワンはユナの事件が再捜査にはいることを母の電話で知らされる。学校の廊下でセウォンと目が合うが、セウォンは逃げ出してしまう。追いかけてきたシワン。セウォンに全てを話す泣きながら言うシワン。セウォンはまた信じてしまいそうになるが、慌ててその思いを振り切り逃げ出す。シワンはそのセウォンの後姿を、意味ありげな目で見るのだった。

スジはスネの取り調べを受けていた。そこにドハン【グァヌ】も同席したいと申し出てくる。そして今までの行動でスジのしてきたことは全て自分が指示したことだと言うのだった。全てを自分が引き受けるつもりだった。それがドハン【グァヌ】のスジへの贖罪だった。

ユン・スンノは取り調べでも自分の罪を認めようとしなかった。謝罪も後悔もなかった。その津堅は異様としか言えなかった。

セウォンは学校でシワンからの手紙を受け取る。とれは遺書のような内容だった。セウォンは慌ててシワンを探す。学校のどこかにいるはず。屋上に行く。どこにもいない・・・。そして屋上の機械室を見つける。中の電気はつかない・・・。扉を開けたまま、中を見ようとするセウォンの後で扉が大きな音をたて、閉められる。セウォンを閉じ込めたのは、やはりシワンだった。扉を施錠し、すぐに誰もが見つけられないように細工し、屋上から降りるシワンの顔には、もはや人ではない悪魔のような笑みが浮かび、本来のシワンの姿が如実に表れていた。イケメンってこういう時凄みをましてもイケメンなんですよね・・・。あ、話がそれました。

ドハン【グァヌ】の告白は全ての責任は自分にあるというものだった。そばで聞いていたスジは何も反論しなかった。ドハン【グァヌ】をずっと誤解していたスネは詫びるのだった。そして後の事は任せてほしいと言うのだった。

セウォンは必死に連絡しようと携帯をかざす。しかし圏外で電話も何も出来ない状態。携帯の電波を妨害する電波をシワンが仕掛けていたのだ。何食わぬ顔で教室に戻るシワン。素知らぬ顔でセウォンはどうしたのかと友人に聞く。そしてセウォンのカバンを持って行ってあげるふりをして、学校のゴミ捨て場に捨ててしまうのだった。学校に迎えに来た母の車に乗り込むシワン。母に父さんに勝つためにすることがあったと言うシワン。母はそのシワンの様子に一抹の不安を覚える。もう息子は以前の従順なシワンの姿ではなかった。自分の本性を母の前で隠そうとしなかった。けれど、今何を企んでいるかは母にもわからなかった。警察の事情聴取に来たシワンと廊下ですれ違うスジ。その時、スジを見てシワンは会心の笑みを見せる。背筋が凍るような笑み・・・。スジを心配して声をかけるスネ。再びスジたちに暗雲が立ち込めるのだった。

番人!もう一度、キミを守る 第15-16話 感想

ユン・スンノの悪事が全て明かされました!!イエーイ!小躍りしたくなる展開でした。死んだはずのナム刑事の登場。スカッとしましたね。そしてドハン【グァヌ】がスジへの贖罪なのか、自分の罪も国民の目で告白しました。隠し事は全て失くしたかったのでしょうね。スジも気持ちを理解できるため、怒りを覚えながらもドハン【グァヌ】の思いを汲み取りました。辛いですこれで後はシワンを懲らしめないと・・・と思っていたら、なんとまだ何かを企んでいました。その毒牙にかかったのはスネ刑事の愛娘セウォンちゃん。最初はほのかな恋心もあったのではないかなと思いますが、シワンの本性を知ってしまい、もう気持ちは離れてしまいました。なのに、あの手紙を見てセウォンちゃん、シワンを探しに走ります。ああ、ここであんな奴ほっておけばいいのに・・・・と心の中で思いましたが、ここはやはりドラマですから、最後までハラハラさせてくれますね。さあ、どうなるラスト!!