病院船-あらすじ-1話-2話-ネタバレと感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-病院船-あらすじ-1話-2話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ハン・ジウォン、2年ぶりのドラマ復帰作の「病院船」。
そして、初の医者役でCNBLUEのカン・ミヒョクと共に主演を張ります。
舞台は、韓国で2番目に大きい巨済島。
10年前に釜山とつながる橋が建設され、観光地としても有名になっている所です。
以前この島は、「冬のソナタ」「星から来たあなた」でも少し登場しましたが、メインになるのはこのドラマが初めてですね。
自然豊かでのどかな島を背景に、それぞれ事情を持った若い医師の葛藤と成長が描かれます。
いつも美しいハン・ジウォンを3人の若い男性(ドラマの中の設定は30代だけど)が囲み、ロマンスも期待大です。
それでは1話から見ていきましょう!

【病院船】ネタバレあり

1話

暴風雨の中で、方向感覚を失い動くことが出来ずにいる船の中で甲板員が腕に怪我をしてしまう。
その話を聞きつけたのか、ソン・ウンジェ(ハン・ジウォン)が病院船の中を走り出す。
これから起こることの予告みたいね。

現在。
朝にジョギングをしているウンジェの前で、車の衝突事故が起こる。
そして、ウンジェは応急処置をしながら、ストレッチャーに乗ったまま病院に到着する。
そのまま手術室に向かうウンジェ。

一方、軍医上がりで保健所の抽選で、病院船に乗ることになったジェゴル(ィ・ソウォン)とジュニョン(キム・インシク)は暗い表情を浮かべる。
一番行きたくない配属だったよう。

そして、特別な事情で病院船に自ら志願した内科医師のグァ・ヒョンも病院船に乗り込む。
看護師達は、都会の雰囲気を醸し出しカッコイイヒョンにメロメロ。

その頃、ソウルの病院ではウンジェがさっきの事故の患者の手術をする。
危険な状況を冷静に回避し、無事に手術を終えるのだった。
しかし、ウンジェのした手術をマスコミの前で自分がしたように公表する外科医のドフン。
その理由は、ウンジェを最年少外科課長にするために功績をまず自分に渡せと言うことの様だ。

手術が終わったウンジェに老人が息を切らして近づいて来る。
島で暮らす母親の紹介でわざわざ訪ねて来た様だ。
こんな事が何度もあったのか、ウンジェは母親に対してうんざりしていた。

ウンジェが交通事故から救った患者は、大変な富豪の息子であった。
病院もこの息子の入院で大金が入った様子で、このままウンジェの昇進も順調の様子。
そして、この息子はウンジェの事が気に入るのだった。

一方、島で暮らすウンジェの母親が身体の不調を訴える。
しかし、島なので病院に行くのは難しく、結局次の日に訪れる病院船で診察をしてもらうことになるのだった。
診察の日、ウンジェの母は病院船のヒョンに見てもらう。
そこで、心臓が少し気になるので大きい病院で見てもらうと良いと言われる母。
母親は、ヒョンの事が気に入り、今度娘を紹介すると言って、ヒョンにウンジェの証明写真を渡すのだった。

一方、病院でウンジェは忙しく走り回り、食事も取れない程だった。
しかし、そんな渦中ソンホ(富豪の息子)がコード・ブルー(緊急招集)のベルを鳴らし、遊び半分でウンジェを呼び出す。
そして、札束の入った封筒をおもむろに渡そうとするが受け取ろうとしないウンジェに、何か必要な事があったらなんでも叶えてあげると冗談ぽく話すソンホ。
そんなソンホに呆れて言葉も出ないウンジェ。

そんな中、治療を受けるついでに娘に会いに来たウンジェ母。
ウンジェに電話をかけ、島から今日も診察を受けに行く人が居ると言う母。(自分だということは隠して)
ウンジェは以前の老人のこともあってか、冷たい対応をするのだった。
娘に気を使って、結局会わないまま島に帰る事に…
これが最後になるとも知らず…(涙)

こうして母親が訪ねてきたことも知らないウンジェの元に電話が来る。
島で母親と一緒に暮らしている母親の妹から、母親が倒れたという連絡だった。
急いで、ソンホに頼んでヘリコプターを出してもらい、島まで飛んで行くウンジェ。
しかし時遅く、ウンジェが着いた時には、母親はすでに心拍停止の状態で横たわっていた。
自分に出来ることは、死亡申告だけだと良い、時間を確認するウンジェ。
そして、あの時の母親からの電話で、島から診察を受けに来ている人というのが母親だったことを知り、胸を痛める。

一方、ジュニョンとジェゴルは、患者の病名を間違えたりと失敗を連発していた。
その時、一人の子供が腹痛を訴え、おじいちゃんに抱きかかえられながら病院船を訪れる。
内科のヒョンが子供の状態を見るが、今すぐにでも手術をしないといけない状況であることが分かる。
しかし、外科が居ないため手術は出来ず、気象状況も良くないため、ヘリコプターを派遣することも難しい状態のため、うろたえる船員達。

そんなどうしようもない状況下で、突然ウンジェが病院船に現れるのだった。

2話

子供の病状を見て、すぐに手術に取り掛かったほうが良いと言うウンジェ。
手術部屋が無いため、歯の治療で使う椅子を手術台にすることに…
しかし、ウンジェの行動を軽率だと思ったヒョンは手術に反対する。
ウンジェは時間を待つほど助かる可能性が低くなると言い、ヒョンを言い負かし、手術を敢行。そして30分で成功させる。

忙しい一日が過ぎ、宿舎へ帰るヒョンは、ウンジェを何処かで見たように感じる。
お母さんがくれた写真だよ!!

そして、全ての人が家に帰った船の中に残ったウンジェは、母親の診療記録を見て涙ぐむ。

次の日船の中では、こんなにも実力のあるウンジェが何故病院船に来ることになったのかで話がもちきりになっていた。
理由を知るウォンゴン(キム・グァンギュ)は、ウンジェに言わないで貰いたいと言われた事を守り、皆には秘密にしていた。
一体何があったのかしら…

そして、ウンジェの事を思い出すヒョン。
以前お母さんからウンジンの写真をもらったと言い、その後お母さんは元気か?とウンジンに話しかける。
しかし、ちょうど側にいたウォンゴンに、ウンジェの母親は亡くなったんだと言うことを聞くヒョン。
その話を聞き、ウンジェに申し訳なく思うのだった。
ウンジェに母親の事について謝るヒョンだが、ウンジェは謝罪なんて必要ないと言い、ヒョンを冷たくあしらう。

その後、緊急患者が現れ、患者は意識を失う。
状況から、すぐに開腹しないといけないと判断したウンジェは、ヒョンに患者に挿管するように指示する。
しかし、トラウマからか(なにがあったのかはここではわからない)その手が震えて動かないヒョン。
そんなヒョンを見かねて、自分でやり遂げるウンジェ。
そして、今、島の病院では手術ができる医師が居ないと言うことを知り、その場で開腹手術を執行するウンジェ。無茶だと止めるヒョンに対し、
「このまま患者を殺すのか、患者の命を私に任せるのか選択しなさい!」
と言い、ヒョンに手術を手伝わせる。
ウンジェは、手術があら方済むとそのまま救急車に乗って病院に行くのだった。

島の病院の委員長の目に止まったウンジェは、この病院で働かないか?と勧められる。
しかし、このまま病院船で働きたいので、この病院の救急当職としてなら良いと返事をするのだった。

帰るのに着替える服がなく、血の付いた洋服のまま病院を出るウンジェに着替えを差し出すヒョン。
帰る道を何度も間違えるウンジェに道を教えてあげる。
方向音痴なのね(笑)
そして、もう一度謝るヒョンに対し、今回はヒョンのお陰で早い処置が出来たと言うウンジェ。
その言葉に少し安心し、笑みが溢れるヒョンなのだった。

しかし次の日、ウンジェを雇った院長が、ウンジェとの契約をなかった事にしてほしいと言い出す。
ウンジェがソウルの病院で大きな医療ミスをしたからだという理由からだった。
その話を聞き、病院を去るウンジェ。

過去の回想。
心臓マッサージをしているウンジェ。
しかし、患者はそのまま亡くなってしまった様だ。
そして、ドフンはウンジェを酷く攻めるのだった。

昔の記憶をたどって気持ちが重くなるウンジェ。
ウンジェが病院船に来た理由はこの医療事故?からなのかしら?まだよくわからないわね。

一方、父の病院でウンジェの噂を耳にしたジェゴル。(ジェゴルの父親がさっきの島の病院の院長)そのことを病院船で話したことにより船の中で噂になり、みんながウンジェを避け始める。
そして、船長のソンウはウンジェに対し、事故の話しを聞いた事言い、ウンジェにこの船から降りろと言うのだった。

そして、1話で出た場面。
防風で船が立ち往生する中、乗組員の一人が腕を大怪我する。
そこに駆けつけたウンジェは、怪我の状態を見ると、斧を消毒し乗組員の怪我した腕に向かって振り下ろす。
その状況に慌てる乗組員と医師。
ウンジェはどう判断しての行動だったのか…

1-2話感想

久々のハン・ジウォンにメロメロです!
本当に変わらない姿でとっても美しいーーー!!
しかし、カン・ミニョク達男性陣が皆実年齢20代なので、少し無理ある設定のようにも感じつつ…
でも、まあジウォンの存在感と演技力でなんとかカバー出来るでしょ。
初回から母親を亡くしたり、病院を追い出された(のかな?)と事情のあるウンジェ。
そして、他のひと人にも何の事情があるんだろう。
これからわかりますね!
終わりには斧を振りかざすウンジェでしたが、この状況をどう乗り越えるのか…
次回も楽しみです!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください