病院船-あらすじ-13話-14話-ネタバレと感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-病院船-あらすじ-13話-14話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自分の父親のガン手術を無事に成功させたウンジェ。
ソウル病院で勤務していた時の宿敵(?)ドフンとも今回の件で和解し、内外の成長を果たすウンジェです。
しかし、ヒョンとの仲にはまだ深まらない溝が…更に二人の間を邪魔するヨンウン。
そして、ウンジェを静かに愛し始めるジェゴル。
一体これからどうなって行くのでしょうーーー!
それでは13話から見ていきましょう。

【病院船】ネタバレあり

13話

 
ドフンがアシスタントをしてくれたお陰で、ウンジェが執刀医となった父親の手術は無事に成功する。
そして、ウンジェとドフンとの仲も和解し、ウンジェはドフンからソウル病院に戻って来るよう誘われるが、このまま病院船に残ると言うウンジェ。
ウンジェは病院船のメンバーを家族の様に感じはじめたのね。

別の日、父親の借金でいつもウンジェの所に押し寄せるサラ金業者に腹を立てた病院船甲板員のヤン・チュンホは、人々を引き連れて直接業者に向かう。
チュンホはウンジェの事を自分の姉の様に慕っているみたい

そのことを事務長(ウォンゴン)から聞いたウンジェは、ウォンゴンと一緒にサラ金業者の元に向かうことに…

行ってみると、暴力団は病院船のメンバーの前に膝を付いて降参していた!
チュンホって強かったのねーー!
ウンジェは、怪我をした暴力団の人々の治療をしてあげる。
チュンホは、これからはウンジェを姉の様に慕って大事にしないといけないと言って暴力団を説教し、膨らんだ借金の金額も現実的な額に調整居してもらうのだった。

その頃、病院船でジェゴルとヨンウンがばったりと会う。
ヨンウンの嘘を知っているジェゴルは、、
「なぜ、そんなに怖がってるの?もしかしてバレるとでも思っているの?」
と聞く。
なんの事かと白を切るヨンウンに、
「なんのことだろうね。」
と意味有りげに答えるジェゴル。

不安になったヨンウンはウンジェの所に訪れ、自分の話をジェゴルにしたのか?と問いただす。
ウンジェは、
ジェゴルはあの時横の部屋に居たんだと答える。
ヨンウンは、この事をジェゴルが誰にも言わないように伝えて欲しいと深刻にウンジェにお願いする。

別の日、海から運ばれて来たダイバーを手術し、無事に助けるウンジェとヒョン。
手術が終わって出てきた2人の前に、ジェゴルが待っている。
そして、ウンジェを夕食に誘うジェゴル。
ウンジェはジェゴルに話があると言って、ヒョンの前で誘いを受ける。

店に入るとウンジェはジェゴルに、
「私は、巨済病院が欲しい。そして、それよりも欲しいのはあなたのお母さん。お母さんを自分のお母さんにしたい。」
と伝える。
その話を聞いたジェゴルは、自分(ジェゴル)を愛する気持ちは無いのか?それとも愛に関心がないの?とウンジェに聞く。
答えに悩んだウンジェは、もし、愛する人が居たとしてもそれはあなたでは無いと言うウンジェ。
ウンジェの答えを聞いたジェゴルは、愛している人がすでにいるからはっきりとそういう事が言えるんだとウンジェに伝えるの。
それはヒョンなのかと聞くジェゴルに、それは違うと答えるウンジェ。
ウンジェのこういうとこはじれったいわねーーー!!
どちらにしても、ウンジェの今の態度は自分に対してより、ヒョンに対してとても残忍な態度だと言うジェゴル。

2人はそのまま別れるが、ジェゴルは自分の言った言葉に後悔するのだった。

病院船に着いたウンジェは、一人残って患者一人ひとりの状況を電話で確認しているヒョンの姿を見つける。
そのままヒョンの様子を隠れながら見つめるウンジェ。

次の日、ヒョンは電話で連絡がつかないグンジャさんと、その母親が気になり、家を訪問することに。
行ってみると、痴呆になったのかグンジャさんは、なにもわからないと言い続けて、そのまま倒れてしまうのだった。

14話

そのまま患者を病院船に運んできたヒョン。
海上事故により海上警察を呼ぶことが出来ず、病院船の中で解決しないといけない事に…

グンジャさんの友達は、ヒョンに何があってもグンジャさんの意識を取り戻してほしいと懇願する。

治療中のヒョンに、父親が失踪したと言う連絡が入る。
今は行くことが出来ないので、母親に頼んで欲しいと伝えるヒョン。

ヒョンの機転でグンジャさんは無事に意識を取り戻す。
ウンジェは、ヒョンにもうこっちは大丈夫だから早く父親を探しに行った方がよいと言ってヒョンを送り出す。

父親は、自分の娘のジウンと約束があるからと言って出ていった事が解る。
ヒョンは妹のジウンの所に行きその話をすると、もしかしたら小さい時に父と約束していた場所に居るのかもしれないと言い、その場所に行くことに。
すると、父親がその場所でシャボン玉をしながら娘のジウンを待っていた。
小さい時に約束したまま行けずじまいだったから、こうやって今娘と待ち合わせをしているんだと言う父親。
ジウンは、そんな父親の横に座って涙を流しながら一緒にシャボン玉を飛ばすのだった。

その後、自分の婚約者を父親に紹介するジウン。
父親は婚約者を見ると、こんなやつは気に入らないと言う。
娘をとる泥棒だ!と言って婚約者を困らせる。
その場面をみていた家族達はみんなで笑い出す。

別の日、ジェゴルとヒョンは2人で話している。
どうやったら、焦ったりしないでそうやって淡々としていられるんだ?と聞くジェゴルに対し、流れるままでいたら、少しでもあの人(ウンジェ)の横に居ることができるから、それだけでも今は幸せなのかもしれない。
と答えるヒョン。

ヒョンに対しては嫉妬していないふり、ヨンウンの仮病を知られないようにジェゴルを監視する…
そんなことは出来ないと、ヒョンの所へ行こうとするウンジェ。
ところが、ヒョンがヨンウンが予約した病院に電話を掛けて確認している所に出くわす。
すると、予約が入ってないと言う事実を知るヒョン。

この話を聞いたウンジェはその場を立ち去る。

一方、麻薬密輸業者が銃を受けて、病院にも行けず立ち往生している。
部下の一人が、病院船にひとり腕の良い医者が居るという情報を話す。
負傷したボスを助けるため、病院船を拉致しウンジェを探すマフィア達。

ウンジェを一人縛り付け手術室に連れて行こうとすると、どんなに立派な医者にもアシスタントだが必要だと言い、一緒に手術部屋に入るヒョン。
勇気あるわー!
そんなヒョンに対し、どうしてこんな不必要な事をするのか?と咎めるウンジェ。
しかし、一人にすることは出来ないと答えるヒョン。

患者の所へ連れて行かれたウンジェは、沢山の人々が銃を受けて死んでいる現場をみて驚く。
そして、そのままボスの元に連れて行かれるのだった。

13-14話感想

いきなりの麻薬密輸業者の登場です。
こんな田舎の巨済島に、急にマフィアが…
凄いギャップ。
そして、マフィアの情報力の凄さ。
こんなちっさな病院船の医者情報まで把握しているとは・・・(笑)
さて、ヒョンとウンジェの仲が曖昧のままの事件勃発です。
無事には通過しないですねやっぱり。
だれも怪我などしませんように…無理かな?
でもだれも死なないでねーーーー!!
それでは15話でお会いしましょうーーー!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。