白詰草-あらすじ-67話-68話-69話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-白詰草-あらすじ-67話-68話-69話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

白詰草

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボンチョルはドゥムルの子供の母親はセヒではないかと疑っています。
ドゥムルとセジョンを家に招待するボンチョル。
スンナムはセヒがジュニョンの事故の現場にいたことをトラックの運転手に聞きますが、運転手はすでにセヒとグァンシクから金をもらっていて証言をしませんでした。しかし、セヒの携帯電話にグァンシクから事故の時の動画が送られてきました。

スポンサーリンク

【白詰草】ネタバレあり

67話

スンナムはセヒにグァンシクを使ってトラックの運転手に口止めしただろうと言う。
セヒは意味が解らないと言う。
スンナムはあなたたちの関係を暴いてやると言う。
セヒは好きにはさせないと言う。
スンナムはあなたを今の地位から引きずり降ろしてやると言う。

セヒはグァンシクを連れて行く。
いつから私のあとを着けていたのかと聞く。
グァンシクは偶然会いに行って目撃したのだと言う。
グァンシクは僕もあなたも秘密が多くなったから、お互いに助け合おうと言う。
セヒは、お金は渡すから1回で終わりにしてくれと頼む。
動画を削除して消えてくれと言う。

グァンシクは動画をコピーしているかもしれないだろうと言う。
だから焦らないで僕のことをあなたの手足として働く秘書として思えばいいと言う。
秘密は墓場まで持っていくと言う。
セヒは、必ず約束は守れと言う。
もう会社にも来るなと言う。

セヒがグァンシクと話をしているのを見ていたボンチョル。
ボンチョルはセヒにグァンシクに脅迫でもされているのかと聞く。
セヒは心配するなと言う。
ボンチョルは今夜夕飯を食べに来いと言う。
ユミンは連れて行くなと言うボンチョル。
ドゥムルとセジョンに会わせるため?

スンナムはボクヒに会いに積賢斎に行く。

ドゥムルはセジョンとウンギルを連れてボンチョルの家に来た。
セヒはボンチョルになぜあの人たちを呼んだのかと聞く。
ボンチョルは子供のことを確かめるために呼んだと言う。

セヒはお願いだから黙っていてくれと言う。
ボンチョルはソンジュやユミンには言うはずがないと言う。
ドゥムルは大起業家だと言う。
ユミンと別れてドゥムルと子供のもとに戻れと言う。
なんとしてもドゥムルを手に入れろと言う。
ドゥムルがセヒを相手にもしてくれませんよ

ボンチョルは少しでも楽に生きたいならドゥムルと一緒になれと言う。
そうすればスンナムは消え、ウンギルフードも手に入ると言う。
セヒは絶対に無理だと言う。
スンナムがいると言う。
スンナムとドゥムルは一緒に暮していると言う。

そこにソンジュが入って来たので話は終わった。

食事中、ドゥムルの家族の話になった。
ウンギルは、自分たちは実の兄弟ではなく施設で育ったと言う。
ウンギルは子供の頃、どしゃぶりの中、迷子になっていた僕を兄が自転車で運んでくれたと言う。
ソンジュは、両親はどうしているのかと聞く。

ウンギルは兄の両親は亡くなり、僕の両親は不明だと言う。
当時の記録がないのだと言う。
名前も兄がつけてくれたと言う。
スンナムよりウンギルのほうが息子だとわかる日が近いかもしれませんね

ボンチョルはドゥムルに再婚するつもりはないのかと聞く。
ドゥムルは子育てに忙しく考えたこともないと言う。
ボンチョルは子供には母親が必要だと言う。
ドゥムルは先生に恵まれたので大丈夫だと言う。

ボンチョルはスンナムのことかと聞く。
母親と先生は違うだろうと言うボンチョル。

ボクヒはスンナムに一緒に暮そうと言う。
弱気になっているボクヒにスンナムは治療をすれば大丈夫だと励ます。
スンナムはユミンにボクヒには精神療法が必要だと言う。
ユミンは自分に任せろと言う。

そこにセヒが帰ってきた。
スンナムを見て怒り出すセヒ。
ユミンはお母さんに会いに来ただけだと言う。
帰ろうとするスンナムにセヒはユミンかドゥムルか、1人に決めろと言う。
ユミンはセヒを連れて行く。

ミョンジャとユナは酔っ払って積賢斎にやってきた。
セヒの悪口を叫ぶ2人。
その声に驚き、出てきたセヒに掴みかかる2人。
気分爽快!

スンナムは泣いているセジョンに会いに行く。
スンナムはつらかっただろうと言う。
セジョンはママがどんな人か知りたかったけれど、悪い人だったから腹が立つと言う。
あの人がいい人だったら良かったと言う。
ママが欲しかったと泣くセジョン。

スンナムとユミンはボンチョルに呼ばれた。
ボンチョルはスンナムにユミンと一緒に黄龍流通の仕事をしないかと聞く。しかしスンナムは断ると言う。
会長の承認を得て新企画にとりかかったばかりだと言う。

ボンチョルはスンナムにドゥムルとの関係を聞く。
ドゥムルに見合いの相手を探そうと思っているので、君との関係を聞いていくべきだと思ったと言う。
一緒の家で暮らしているのかと聞くボンチョル。

そこにドゥムルが入って来た。

68話

ボンチョルはドゥムルに君に見合いの相手を紹介しようと思うが、妙な噂を聞いたから確認していたところだと言う。
ドゥムルはその噂とは何かと聞く。
ボンチョルは君とスンナムが一緒に暮していて、親密な仲だと聞いたと言う。
ドゥムルは、僕はスンナムが好きだと言う。
スンナムの気持ちはわからないが、見合いは断ると言う。
ボンチョルはおせっかいだったと謝る。

スンナムはセヒにあなたが私を黄龍流通の担当にしろと頼んだのかと聞く。
スンナムは幼稚なことをせず、実力で勝負しろと言う。

セヒはボンチョルに会いに行く。
スンナムを辞めさせろと頼んだだけだと言う。
セヒはスンナムとユミンを復縁させるつもりかと聞く。

ボンチョルは、ドゥムルがスンナムを好きだと明言したと言う。
セヒは私には関係ないと言う。
ボンチョルは子供のことは考えないのかと聞く。
子供の母親にスンナムがなってもいいのかと言う。
セヒは私の子供だと思ったことはないから、かまわないと答える。

ボンチョルは子供の存在は頭の片隅から離れない物だと言う。
再会してからお前の頭の中で子供の存在が大きくなっているはずだと言う。
セヒは実の子供がいないパパに言われたくないと言う。
いずれにしろパパの望みはかなわないから無駄な努力は止めろと言う。

スンナムはソンジュに新企画を提案する。
ソンジュはその企画を気に入り、進めてくれと言う。
セヒにも企画を出す機会を与えると言うソンジュ。

セヒは何度もかかってくる電話にいらいらして、その番号に電話をかけた。
すると電話に出たのはセジョンだった。
セジョンの声を聞いて焦るセヒ。

セヒはユミンに今回の新開発を成功させてスンナムを追い出してやると言う。
スンナムへの未練が少しでも残っているなら切り捨てろと言う。
ユミンは実現させてくれと言う。
セヒの実力はないと思いますよ

セヒはユナに会社を辞めろと言う。
ユナはあなたに指示をされる覚えはないと言い返す。

ユナはユミンに、セヒはウンギルフードに恨みでもあるのかと聞く。
この前も会社に来ていたと言う。
ドゥムルと話していたが雰囲気がおかしかったと言う。

ドゥムルはセジョンに母親のことを話す。
金持ちの家に育ったママは貧しかった暮らしに耐えられなかったようだと言う。
しかしママはきっとお前のことが恋しかったはずだと言う。
だからママを恨まないで欲しいと言うドゥムル。

セジョンはそれならおばさんに会ってもいいのかと聞く。
ドゥムルはママが何というかわからないから、パパが聞いてみると言う。

ドゥムルはソンジュに新企画をセヒにも担当させるなら話が違うと言う。
スンナム一人に担当させると決めただろうと言う。
セヒにもやらせるなら決定は反故にすると言うドゥムル。

それを聞いたセヒはドゥムルに何の権限があるのかと怒る。
ソンジュは、彼は投資者だから拒否する権利はあると言う。
自業自得だと言うソンジュ。
今回の件は諦めろと言う。
担当できないならまた邪魔をするかもしれません

セヒはドゥムルに仕事まで奪うなんて卑劣だと言う。
会長が君を信じていればこうはならなかったと言う。
無能な上に常識もないと呆れるドゥムル。

2人の様子を見ていたユミンは、セヒのドゥムルへの態度に疑問を持った。

セヒはセジョンに電話をする。
今から会いに行くと言うセヒ。

ドゥムルとスンナムはウンギルからセジョンがいなくなったと聞いた。
みんなでセジョンを捜す。

そこにセヒの車に乗ったセジョンが帰ってきた。
セヒは子供の母親が子供に会っただけなのに何を驚いているのかと聞く。
ドゥムルはセヒに掴みかかる。

それを見ているユミン。

スポンサーリンク

69話

ドゥムルはセヒに何を考えているのかと掴みかかる。
セジョンはドゥムルに止めてくれと言う。
ウンギルはセジョンを連れて行く。
ドゥムルは二度とセジョンの前に現れるなと言う。
セヒは、私は母親だから好きな時に連絡して会ってやると言う。

セヒは嫌なら黄龍から去れと言う。
2人とも目の前から消えろと言う。
そうしたら手を引くと言う。

スンナムは子供を利用するのかと言う。
セヒはスンナムにドゥムルの女房面をするなと言う。
ドゥムルはスンナムに、この人は化け物だから相手にする価値もないと言う。

ドゥムルはセジョンに勝手にいなくなって心配しただろうと怒る。
セジョンはおばさんから会いたいと言って来たのだと言う。
セジョンはパパはあの人は悪い人ではないと言っただろうと言う。
なぜおばさんを苦しめるのかと泣き出すセジョン。
あんな女でも母親が恋しいのですね

ドゥムルはボンチョルの家に行った。
突然やってきたドゥムルに驚いたボンチョルはセヒに電話をし、何かあったのかと聞く。
セヒは今日ドゥムルの子供を連れ出したと言う。
ボンチョルは後先考えずになぜ馬鹿なことをするのかと怒る。
セヒはボンチョルになんとかしてほしいと頼む。

ドゥムルはボンチョルに自分の息子の母親がセヒだということを知っているだろうと聞く。
確かにセヒはセジョンの母親だが、彼女は子供を置いて家を出たと言う。
黙って消えたのだと言う。
再会できた時にセヒから愛する人がいるから捜すなと言われ、望み通りに忘れるつもりだったと言う。

しかし、息子と積賢斎に出入りしていた僕は彼女の悪事を目にしたと言う。
詐欺事件に略奪婚、そしてジュニョンの死まで見たと言う。
既婚者との結婚をなぜ許したのか聞くドゥムル。
ボンチョルは、自分は反対したと言う。

ドゥムルは必死に過去を隠していたくせに、母親面して息子に会ったのだと言う。
ボンチョルはセヒも我が子がかわいいのだろうと言う。
ドゥムルはスンナムと僕を黄龍から遠ざけるためにセジョンを利用しているのだと言う。

ドゥムルはそれなら提携は白紙にしようと言う。
会長と相談して決めてくれと言う。
セヒが絶対に息子に近づかないようくぎを刺してくれと言う。
ボンチョルもセヒを見限ればいいのに

家に帰ってきたドゥムルはスンナムに黄龍を辞める事になるかもしれないがセジョンを守るためだと言う。
スンナムは構わないと言う。
しかし強引な方法はセジョンを傷つける可能性もなると言う。
ドゥムルはあの女に会うよりはましだと言う。

ユミンがスンナムの家にやってきた。
ユミンはドゥムルとセヒとセジョンの関係を知っていたのだろうと聞く。
さぞかし滑稽だっただろうと言う。
スンナムはセヒの過去を利用したくなかっただけだと言う。

ユミンは僕の立場は考えないのかと聞く。
スンナムは私と娘を裏切ったのは誰だと言う。
あなたの家庭を壊すつもりはないと言う。
壊してもジュニョンは生き返らないと言う。

ユミンはセヒが何をしようと構わない、自分は自分の道を行くと言う。
スンナムはそれなら騒ぐなと言う。
ユミンは自分が気になるのは…と言いかけ話を止めて、出て行く。
スンナムに未練があるのですね

ボンチョルの部屋に行くセヒ。
ボンチョルはお前が勝手な真似をするから契約を破棄されそうだと怒鳴る。
セヒは破棄したらいいと言う。
ボンチョルは会長になんて説明すると言う。

ボンチョルは、ドゥムルは私が説得するから当分気を付けろと言う。
子供には接触するなと言うボンチョル。

セヒはドゥムルの弱みは息子だと言う。
電話がかかってきたら出るしかないと言う。
ボンチョルは子供を利用するのかと聞く。
弱みは利用するものだとパパから教わったと言うセヒ。
ボンチョルは損得を考えろと言う。

ドゥムルはセジョンの携帯電話を没収した。

ユミンはスンナムにボクヒを病院に連れて行ってほしいと頼む。
スンナムにお金を渡し、あの家から引っ越せと言うユミン。
ユミンはドゥムルとセヒの関係を知っても気まずくないのかと聞く。
スンナムはこれ以上私に指示をするなと言う。

セヒはスンナムがボクヒを病院に連れて行ったと聞き、追いかける。

診察室ではボクヒが事故のことを思い出しそうになっていた。
そこに入って来たセヒ。
セヒはスンナムに私がいるからあなたは出て行けと言う。
ボクヒは頭が痛いから帰りたいと言う。

スンナムはボクヒを送って行こうとするが、ボクヒはスンナムのことがわからなくなってしまう。
セヒがボクヒを送り、家の前で降ろす。
ボクヒはセヒの車の中に携帯を忘れてしまった。
ボクヒはファランに携帯電話を忘れたからセヒに連絡しろと言う。

ボクヒは事故のことを思い出した。
スンナムに電話をかける。

ボクヒは事故のことをすべて思い出したと言う。
ボクヒはあの性悪女がジュニョンを連れ出したと言う。
スンナムはすぐに家に行くと言う。

携帯電話を持ってきたセヒはその電話を聞いていた。
電話を切り、ボクヒに思い出してどうするのかと怒鳴るセヒ。

スポンサーリンク

67~69話感想

事故のことを思い出したボクヒが危険です。セヒはどうするのでしょう。
ユミンはやっとセヒに愛想を尽かしたようです。それと同時にあんな女のためにスンナムとジュニョンを捨てたことを後悔しているようです。セヒを利用するつもりのようですが、セヒ自体に力がないのですから無理ではないでしょうか。
ドゥムルは本当に良い人で、男らしいのですが、まだまだかっこよくは見えてきません。それが残念です。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください