白詰草-あらすじ-73話-74話-75話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-白詰草-あらすじ-73話-74話-75話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

白詰草

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
記憶を取り戻しそうになったボクヒに薬を飲ませずっと眠り続けさせるセヒ。ファランはボクヒに飲ませている薬が睡眠薬だと気付きました。
セヒが子供を産んで捨てていたことはみんなにばれました。一番傷ついているのはセジョンです。しかし悪魔のような母親でもセジョンは会いたいようです。そんなセジョンを利用してスンナムとドゥムルを会社から追い出そうとするセヒです。

【白詰草】ネタバレあり

73話

スンナムはソンジュの持っている熊のキーホルダーに気付いた。

そのときセジョンが泣きながら飛び出してきた。
ソンジュはセヒにセジョンに何をしたのかと聞く。
セヒは事実を話したからもう諦めたはずだと言う。
ソンジュは子供をなだめなかったのかと聞く。
セヒは、今後は口を出さないでくれと言う。

セジョンをセヒに会わせたことでウンギルとドゥムルは喧嘩をする。

スンナムはドゥムルにウンギルのしたことを理解してあげてくれと言う。
セジョンのことが不憫だったようだと言う。
ドゥムルは弟の気持ちも知らずにセヒはむごいことをしたと言う。
スンナムはセジョンもいずれはわかることだったと言う。

ボクヒは記憶を取り戻した。
セヒのしたことを知らせなければならないと思い紙に書き始めた。
セヒに見つからないことを祈ります

キム刑事は清掃員になりすましてソンジュに会いに来た。
追われていると言うキム刑事。
誰に追われているのか聞くソンジュに、子供を捜しているのを望まない人だと言う。
子供がいなくなった日のボンチョルの動向を把握した方がいいと言う。
その日に鍵が隠されていると言う。

そこにボンチョルが入ってきた。
キム刑事は慌てて出て行く。

パク秘書はキム刑事に気付いた。
パク秘書はボンチョルにばれたら我々はお終いだと言う。
もう片方の手も失いたくなければおとなしくしろと言う。

ボクヒはスンナムに家に誰もいないから来てほしいと電話をする。
急いで積賢斎に行くスンナム。
ボクヒはスンナムに薬を見せ、この薬を飲むと体がだるくなると言う。
この薬が何の薬か調べてくれと言う。

ボクヒはこの薬のせいでおかしくなったのか記憶が曖昧だと言う。
だから紙に書いたとスンナムに紙を見せようとする。

そこにセヒの声が聞こえてきた。
スンナムは慌てて出て行く。

セヒがボクヒの部屋に入って来た。
ボクヒは寝ている振りをする。
ファランが帰ってきた。
2人の話す声にうるさいと眼を覚ますボクヒ。
ボクヒはファランにトイレに連れて行けと言う。

セヒも部屋から出ようとするが、その時机の上に置いてある紙を見つけた。
あ~、見つかってしまった

その紙にはジュニョンが事故にあったときの様子が書かれていた。
セヒはその紙を破り、グァンシクに電話をする。

スンナムはボクヒから預かった薬を調べた。
その薬は国内未承認で副作用が強く、思考能力が低下し幻覚を見ることもあると聞いた。

セヒはボクヒにユミンが呼んでいると言い連れ出す。
ボクヒを病院に連れて行ったセヒ。
ボクヒにここで待っていると言い、自分はいなくなるセヒ。

ボクヒが座っているとそこにリハビリ中のトラック運転手がきた。
運転手はボクヒを見て驚く。
運転手の妻はボクヒにあなたが車の前に飛び出してきたと言う。
そのせいで夫は体が不自由になったのだと言う。
人の人生を駄目にしたと怒鳴る妻。

そこにやってきたグァンシク。
グァンシクは、自分は事故の目撃者だと言う。
グァンシクはボクヒに事故の時の映像を見せる。
ジュニョンがボクヒをかばって車に跳ねられた時の映像だった。
ショックで倒れてしまうボクヒ。

スンナムはユミンに薬のことを話す。
あの日は薬をすり替えていたのだと言う。
お義母さんに何かあったら遅いからセヒを呼んで確認しろと言う。
もう遅いかも…

ユミンはボクヒが倒れたと聞いた。
一緒にいたスンナムも積賢斎に行く。

スンナムはボクヒにあの薬は悪い薬だったと言う。
だからもう飲まなくていいと言う。
ボクヒは泣きながらスンナムとユミンに謝る。
ジュニョンを死なせてしまったのは私だと言うボクヒ。

74話

ジュニョンは自分のせいで死んだと泣くボクヒ。
スンナムはそんなことはありえないと言うが、ボクヒは自分が死ぬべきだったと泣き続ける。
ユミンはスンナムにこれ以上刺激するなと言う。

ソンジュはボンチョルに1994年4月25日、子供が失踪した日にクムピョ建設で火災が起きたと言う。
その日は火災と失踪で忙しかっただろうと聞く。
ボンチョルは20年以上も前のことだから覚えていないと言う。

ミョンジャがウンギルと一晩飲み明かしたことに怒ったユナはウンギルの部屋に忍び込んで泊まった。
翌朝ウンギルはドゥムルに自分は潔白だと訴えるが、それを聞いたミョンジャは怒ってユナに会いに行く。
これで引き分けですかね

ウンギルはユナになぜ僕の部屋で寝ていたのかと聞く。
ユナは覚えていないと言う。
でもミョンジャとは寝ていただろうと言う。
ウンギルは、あれは酔いつぶれただけだと言う。
ユナはあんな姿を見せられたら普通は謝るはずなのにそれでも恋人かと言う。

ミョンジャが飛び込んできた。
ミョンジャは恋人ではないと言う。
言い争う2人を見てウンギルは2人のことは何とも思っていないと言う。
僕を苦しめるなと言うウンギル。
2人とも負けでした

スンナムはドゥムルにもう一度タクシー運転手に会ってみると言う。
セヒの指示で映像を消したのかもしれないと言う。

ドゥムルはセヒの車に忍び込み、車載カメラの映像を見る。
それにはセヒがボクヒを病院に連れて行くところが映っていた。

ドゥムルはスンナムにセヒがボクヒを連れて行った病院はトラック運転手が入院しているところだと言う。
セヒの車のカメラに映っていた映像を盗み取ってきたドゥムルはスンナムに見せる。
スンナムはこれでセヒに証拠を突きつけられると言う。

ドゥムルはセヒに見せるのは早いと言う。
タクシー運転手に会い、もっと証拠を集めようと言う。

スンナムはコーヒーを飲んでいるセヒにわざとぶつかった。
セヒが洗面所に行っている間にセヒの携帯電話を手に取るスンナム。
セヒの携帯電話にはタクシー運転手の電話番号が登録してあった。
スンナムはドゥムルにタクシー運転手の連絡先がわかったとメールを送る。

スンナムはセヒの携帯を使ってタクシー運転手にメールを送り、呼び出したのだった。
短い時間に素早い動き!

ドゥムルはウンギルにお前が動いてくれと言う。
タクシー運転手は映像を持っているはずだから持ってくるように仕向けろと言う。

ウンギルはセヒの代理人だと言いタクシー運転手に近づく。
運転手はいつまで続けるのかと聞く。
会社からも何度も連絡が来て困っていると言う。
ウンギルは警察が来たらなんと答えるかわかっているだろうと聞く。
運転手は、同乗者は女の子、行先はバスターミナル、そう言えばいいのだろうと言う。

ウンギルは車載カメラを渡してくれと言う。
それは困ると言う運転手。
目の前で映像は削除しただろうと言う。
ウンギルはそれでは不安なのでカメラそのものを破棄したいそうだと言う。
あなたには必要のない物だろうと言う。
脅しにでも使うつもりかと聞く。

ウンギルは欲を出すと痛い目にあうと言う。
プロの手は借りたくないと言うウンギル。
そこにチンピラに変装したドゥムルがやってきた。
運転手の肩を抱くドゥムル。
けっこう似合うかも

家に戻ったドゥムルとウンギルはスンナムに運転手との会話を聞かせる。
ウンギルはメモリーカードを見せ、削除された映像を復元できるかが鍵だと言う。
復元できるようにプロに頼んでみると言う。

車載カメラの映像は復元できた。
それに映っていたのはタクシーにはボクヒだけが乗っていてジュニョンの姿はなかった。

スンナムはユミンに映像を見せようとするが、そのとき、ユミンの電話が鳴った。
ボクヒが家を出たと言う知らせだった。

ユミンとスンナムは急いで積賢斎に向かう。
ボクヒはスンナムに書置きをして家を出ていた。
手紙には申し訳なくて死んでお詫びをすると書いてあった。
スンナムはボクヒの名前を呼び泣きだす。

スンナムはセヒに掴みかかり、あなたのせいでお義母さんが家を出たと言う。
ユミンはスンナムにセヒに手を出すなと言う。
スンナムはユミンにこの怪物を一緒に暮せばいいと言う。
もしお義母さんに何かあったら覚悟しろと言う。

75話

スンナムはバスターミナルでボクヒを捜している。

ユミンはボクヒの捜索願を出した。

ボクヒが家出をしたと聞いたソンジュは自分達も手を貸そうと言う。
ボンチョルはセヒが人の夫を略奪した上に、姑を追い出したと噂させると言う。
セヒも社内で噂されたら困ると言う。
捜索はユミンに任せて自分は仕事をすると言う。

セヒは社員たちにスンナムは当分会社に出て来られないから自分が企画を担当すると言う。
女性社員は明日スンナムと会長へのインタビューがあると言う。
セヒは私が出ると言う。

セヒはボクヒが薬を置いて出て行ったのに気づき、家出している間に記憶が戻ったらまずいと考えた。
先に自分が見つけなくてはならないと思いグァンシクにボクヒを捜せと命令する。

ドゥムルはスンナムに義母は自分が捜すから明日から会社に出ろと言う。
この状況を一番喜んでいるのはセヒだと言うドゥムル。
セヒはインタビューを受けられなくなりました

翌日出社したスンナム。
セヒは、スンナムは忙しいからインタビューには私が出ると言う。
スンナムは、企画提案者は私だから広報担当者と話すと言う。

ユナはボクヒを捜すために会社を早退してあちこちにビラを貼る。
ウンギルがやってきて手伝うと言う。
転びそうになったユナを支えるウンギル。
ユナはミョンジャと約束をしたのにドキドキと胸が高まってしまった。

スンナムにビラを見たと言う人から電話がかかってきた。
病院に運ばれてきた女性に似ていると言う電話の相手。
スンナムはすぐに行くと答える。
まさかインタビューを受けたかったセヒの仕業?

インタビューの時間になっても戻ってこないスンナム。
心配する社員たちにセヒは私が受けると言う。
そのとき広報室から電話が来た。
スンナムと会長のインタビューは終わったと言うことだった。

セヒが会長室に行くとインタビューを終えたスンナムとソンジュが談話していた。
セヒは、インタビューは終わったのかと聞く。
ソンジュはスンナムのおかげで上手くいったと言う。

スンナムは病院に行くのをドゥムルに頼んだのだった。
病院から戻ってきたドゥムルは嘘の情報だったと言う。
スンナムは仕事に穴をあけるところだったと言う。

スンナムはこれもセヒの仕業だと言う。
あの女を野放しにはできないと言うスンナム。
よっぽどインタビューを受けたかったのでしょうね

タクシー運転手はセヒに生きた心がしないと言う。
映像の原本を代理人に持たせたが大丈夫かと聞く運転手。

スンナムはドゥムルにセヒがジュニョンを連れ出したと言う。
だからお義母さんはセヒの車を追いかけていたのだと言う。
明日セヒを告訴すると言うスンナム。
必ず再捜査してもらい、あの女が何をしたか暴いてやると言う。

ウンギルはドゥムルに、セヒは黄龍の後継者だと言う。
世間が知ったら大騒ぎになり、提携や投資が破棄になるかもしれないと言う。
会社が危機に陥ることもあると言う。
ドゥムルはセジョンがジュニョンと同じ目にあったことを考えろと言う。
セジョンがセヒを母親として恋しがるならなおさら罪を償うべきだと言う。

セヒはグァンシクからの電話で車載カメラのメモリーカードがスンナムの手に渡ったことを知った。
セヒはグァンシクに、映像は削除してあるはずだと言う。
グァンシクは復元できるかもしれないと言う。
セヒはグァンシクにスンナムの行動を見張れと言う。

スンナムとドゥムルが歩いているところにオートバイが走ってきた。
オートバイの男はスンナムのバックを盗んで行く。
転んで足をくじいてしまったスンナム。

グァンシクはセヒにスンナムのバックを渡す。
セヒはこれだけかと聞く。
グァンシクは、所持品はこれが全部だが原本は別にあるかもしれないと言う。
私に任せてくれと言う。

グァンシクはスンナムには怪我をさせたし、タクシー運転手とも交渉したと言う。
セヒはボクヒを捜せと言う。
グァンシクはお金を入金しろと言う。

2人の会話を聞いていたボンチョル。
父親としてこんな娘は恥ずかしいでしょう

セヒはスンナムのカバンに入っていたメモリーカードを見るが、中は空っぽだった。
そのときグァンシクから電話がかかってきた。
グァンシクはセヒに早く逃げろと言い、電話が切れてしまった。

ドゥムルに支えながらスンナムがやってきた。
スンナムはセヒにあなたは予想を裏切らない人だと言う。
もうおしまいだと言うスンナム。

刑事が入って来た。
刑事はセヒに逮捕状が出ていると言う。

73~75話感想

スンナムの言う通りセヒは予想を裏切らない行動をします。自分がインタビューを受けるために嘘の電話でスンナムを出かけさせるのは呆れました。
スンナムも次にセヒが何をしてくるか常に考えていなければならないので大変ですね。
いよいよセヒは刑務所に入るのでしょうか。ボンチョルもセヒを見放さないと自分が危なくなりますよ。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください