白詰草-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-白詰草-あらすじ-1話-2話-3話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

白詰草

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
オ・スンナムは優しい両親とかわいい弟の4人家族で裕福な家庭で育っていました。ある日、母の部下の裏切りによって父は亡くなり、家族はバラバラに。
記憶喪失になってしまったスンナムは心優しい夫婦に引き取られ幸せに暮らしていますが、この幸せはいつまで続くのでしょうか。

【白詰草】ネタバレあり

1話

オ・スンナムは書堂(ソダン)で子供たちに礼儀と学問を教えている。
夫はその書堂の養子となって育てられたチャ・ユミンだった。
娘ジュニョンは母スンナムに亡くなった祖母のことを聞く。

昔のことを思い出すスンナム。

1994年、春。
弟と仲良く遊ぶスンナム。
その様子を楽しそうに見ている母ソンジュ。
ソンジュは仕事でアメリカに行かなければならなかった。
寂しがる弟にお菓子をあげるから我慢しろと言うスンナム。

母ソンジュはスンナムたちにお揃いの家族熊のキーホルダーを渡す。
パパと4人、みんなで持っていようと言う母ソンジュ。
母は離れていても一緒だと言う。
アメリカに旅立つソンジュ。

刑事ジュピョンのもとに黄龍物産の裏帳簿が届いた。
ジュピョンはファン・ボンチョルの会社を尋ねて行く。
ジュピョンはお宅の下請け会社クムピョ建設の女子社員が火災で死亡したと言う。
下請け会社のことまで覚えていないと言うボンチョル。

刑事ジュピョンはボンチョルのつけている派手な指輪に気付いた。
亡くなった女子社員と一緒にいた男が派手な指輪をしていたと証言を聞いたばばかりだった。
ジュピョンは見当違いだったと言い帰っていく。

チュ・ギョンファはボンチョルに電話をする。
セヒの誕生日だから顔を見せてほしいというギョンファ。
認知してほしいとは言わないと言う。
ボンチョルは誰が産んでくれと頼んだと怒る。
この男は悪い奴だと決定!

ギョンファはピアノを教えるためにスンナムの家に行くが、スンナムたちは父親とキャンプに行って留守だった。
家政婦に留守番を頼まれるギョンファ。
そこにジュピョンがやってきた。
ジュピョンはギョンファにこの家との関係を聞く。
ギョンファは子供たちのピアノ講師だと言う。

子供たちはキャンプに行ったのではなく、出かけていると嘘をつくギョンファ。
ジュピョンはギョンファの嘘に気付いた。

ギョンファはボンチョルに電話し、刑事が来たことを話す。
ボンチョルは刑事の後をつけて報告しろと言う。
ギョンファはジュピョンのあとをタクシーで追いかける。

ジュピョンが山の中を車で走っていると進入禁止の看板が立っていた。
車を停め、坂道を登っていくジュピョン。
それを見ているギョンファ。

そこにボンチョルの車がやってきた。
ボンチョルは手下たちを何人も連れて来た。
ギョンファはジュピョンが社長の夫に電話をし、チュ・ギョンファは黄龍物産の金を横領していて、黒幕はファン・ボンチョルだと話していたと言う。

ギョンファは私が横領しているってどういうことかと聞く。
名前を借りたのでしょうか

スンナムたちはキャンプを楽しんでいる。
夜になりテントの中で眠るスンナムたち。
父のジホは電話をしてくるとメモを残しテントから出て行く。

道に迷ったジュピョンはボンチョルの手下に囲まれる。
木の棒で殴られるジュピョン。
隙を見て逃げ出し、隠れる。

雨が降ってきた。
スンナムはテントから出て父の名を呼ぶ。
スンナムは弟にパパを探してくると言い、近くを探し始める。

公衆電話を見つけたジホはジュピョンからの伝言を聞く。
ジホは、ギョンファはピアノの先生だから横領とは関係ないだろうと言う。
会って話そうと伝言を残すジホ。

そこにボンチョルがやってきた。
ボンチョルはジホに子供たちはどこにいるのかと聞く。
子供を置いたまま誰に電話をかけていたのかと聞く。

パパを探しに雨の中さまようスンナム。
雷に当たった木がスンナムの上に倒れてきた。

2話

ボンチョルはジホに誰と電話をしていたのかと聞く。
ジホはあなたには関係ないと言う。
ボンチョルはジホを殴りだす。

何度も殴れるジホ。
そこにジュピョンが走ってきた。
ジュピョンはジホの助けに入り、ボンチョルを殴り倒す。
しかしボンチョルはジュピョンを抱え上げ、川に突き落としてしまった。
ジホはその間に車で逃げて行った。

ボンチョルはジホの車を追いかける。
逃げるジホは障害物を避けるためにハンドルを切る。
車は横転してしまった。
頭から血を流しているジホを確認したボンチョル。

そこに自転車に乗ったカン・ドゥムルがやってきた。
ドゥムルはボンチョルに事故かと聞く。
ボンチョルは救急車を呼んだから行けと言う。
去っていくドゥムルは名札を落としてしまったことに気付いていない。
ボンチョルに狙われることに?

実はドゥムルは自転車の後ろにスンナムの弟を乗せていたのだった。
弟は一人でいるのが怖くなりスンナムを探しにテントから出ていたのだった。
弟を見つけたドゥムルは自転車の後ろに乗せたのだった。

スンナムは病院で目を覚ました。
チャ・マンピョンはスンナムに名前を聞く。
スンナムはわからないと言う。

川に落ちたジュピョンは亡くなってしまった。
その上受け取っていた賄賂がばれたという理由で自殺にされてしまった。
妻のモ・ファランは刑事から賄賂の話を聞き、信じられないと言う。
息子のユミンは、パパはそんなことはしないと言う。

ジホも亡くなった。
ボンチョルは部下にいなくなってしまった子供たちのことは他言するなと言う。
スンナムの母はアメリカで交通事故にあい治療に時間がかかるようだ。

セヒは起きたら母のギョンファがいないので外に探しに行く。
母の名前を呼び泣いているセヒ。
それを見ているボンチョル。
ボンチョルはセヒに私と縁があるならいつか会えると考える。

アメリカから戻ってきたスンナムの母ソンジュ。
子供の名前を呼びながら家の中を走る。
ソンジュはボンチョルに子供たちをキャンプ場から呼び戻せと言う。

ボンチョルはソンジュをジホが亡くなった場所に連れて行く。
ソンジュはその場所で母さんが悪かったと泣き叫ぶ。
その日ソンジュは薬を飲んで自殺をしようとした。

ボンチョルはソンジュを病院に運び、外部と接触ができないようにした。

ドゥムルはスンナムの弟の世話をする。
ドゥムルは弟にカン・ウンギルと言う名前を付けた。

家に戻ったソンジュは子供たちの物を全て処分したボンチョルを怒る。
ボンチョルはすべて忘れろと言う。
黄龍物産の社長なのだからしっかりしろと言う。
ソンジュは黄龍物産なんてどうでもいいと言う。
ボンチョルはソンジュの頬を叩き、子供たちが何を望んでいるか考えろと言う。
両親のところに帰ることでしょう

ファランはジュピョンの兄マンピョンに会いに行く。
結婚したことを後悔していると言うファラン。
汚職刑事となってしまった夫のせいで、こんな生活はまっぴらだと言う。

ユミンを引き取って欲しいと言うファラン。
義兄さん夫婦には子供がいないから跡継ぎにすればいいと言う。
ユミンは優しい子供だったのにこのままではグレてしまうと言う。
マンピョンはユミンを連れて来いと言う。

ボンチョルはソンジュがいつまでもスンナムたちのことを忘れないので別な少女に会わせることにした。
施設にいるセヒを見たソンジュは、スンナムに似ているので涙を流す。
ソンジュはセヒを家に連れてきた。

スンナムはマンピョンの家で暮らすことになった。
先にマンピョンの家に来ていたユミンはスンナムに家の中を案内する。
スンナムは庭にある井戸の前で、この家で幸せになれるように祈る。

この家で暮らし始めたスンナムはやがてユミンと結婚し、ジュニョンという娘も授かり3人で暮らしている
スンナムは書堂で子供たちに学問や礼儀について教えている。

3話

書堂で子供たちに学問を教えているスンナム。
そこにカン・ドゥムルがやってきた。
ドゥムルはスンナムのいる書堂の評判を聞きつけてやってきたのだった。

ドゥムルは食事の支度をするスンナムを手伝う。
子供たちと楽しく遊ぶスンナムを見ているドゥムル。

ユミンは医者になった。
病院の理事長スンジェには目をつけられている。
スンジェの婚約者はソンジュの養女になったセヒ。

ユミンの働く病院にファランに金を持ち逃げされたと言う男がやってきた。
男は1週間以内にお金を返さないと母親を刑務所行にすると言う。
ユミンはあの人は他人だから自分には関係ないと言う。

マンピョンは弟ジュピョンのことを調べている。
必ず名誉を取り戻してやると誓うマンピョン。

セヒは黄龍物産の企画開発室室長となり役員たちの前でプレゼンテーションをする。
みんなからは拍手されるがソンジュだけはセヒを認めなかった。

ソンジュと結婚したボンチョル。
ボンチョルはソンジュに、セヒに厳しすぎると言う。
ソンジュは立派に育てたいからだと言う。

セヒは一人で酒を飲んでいると、そこに女性を連れたスンジェが入って来た。
スンジェはセヒに一目もあるし、気まずいだろうから他で飲んでくれと言う。
出て行こうとするセヒにスンジェは、ここは俺の縄張りだから出入りをするなと言う。
婚約者の言うセリフですか?

マンピョンの家にファランがやってきた。
ファランはベトナムの土産を渡す。
マンピョンは仕事が順調で良かったと言う。

ファランは、店は従業員にまかせて帰ってきたと言う。
しばらくここでお世話になりたいと言うファラン。
マンピョンは何日でもいたらいいと言う。

ユミンはファランを連れて行き金が目的なら出て行けと言う。
病院に借金取りが来たと言うユミン。
ユミンは返す当てはあるのかと聞く。
ファランはビジネスを考えていると言う。

ユミンは勘弁してくれと怒り出す。
ファランは誰のせいで医者になれたと思っているのかと言い返す。
自分に似た頭脳のおかげだと言う。
その頭脳が本当にあるなら有効活用をしなさい

ドゥムルは一人息子のセジョンとカン・ウンギルと3人で暮らしていた。
塾を辞めさせられたセジョン。
ドゥムルはスンナムのいる書堂に行かせると言う。

さっそくスンナムの書堂に入ったセジョン。
しかしすぐに逃げ出してしまった。

スンジェはセヒに彼女との写真を送る。
セヒはこんなものを送ってきても私の目標はあなたとの挙式だと言う。
スンジェは素性がわからないからまともな家に嫁に行けないからかと言う。
スンジェは俺があのことを話せばお前は終わりだと言う。
なんだろう? 気になります

セヒはスンジェを叩こうとするが、反対にスンジェに叩かれそうになる。
それをユミンが止めに入る。
スンジェは、今度はユミンを殴る。
スンジェはユミンに身の程をわきまえろと言う。

スンナムはセジョンとジュニョンがいなくなったので探しに行く。
ジュニョンはセジョンに帰ろうと言うが、1人で帰れと言うスンジェ。
スンジェは蛇に噛まれてしまった。

ジュニョンは助けを呼びにいくために走って家に帰る。
しかしジュニョンは走ってはいけない体だった。
2人は病院に運ばれた。

セヒはスンジェに殴られて顔を切ったユミンに薬を渡す。
大丈夫だと断るユミン。
セヒはほっとけないタチだと言う。
ユミンは僕に同情しているのかと聞く。
セヒはあんな男と結婚をする私のほうが哀れだと言う。

セヒはユミンの顔に薬を塗りながら、かっこよかったと言う。

1~3話感想

始まりましたね~。さっそく交通事故、殺人、記憶喪失、出生の秘密など盛りだくさんです。3話見終ってようやく流れがわかってきました。なんだか暗い始まりで、キャストも地味目な俳優たちばかりですが、内容は面白くなっていくのでしょうね。韓国では視聴率がどんどん上がっていったようなので今後に期待したいです。