皇后の品格-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-皇后の品格-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

皇后の品格

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
太皇太后が突然なくなってしまうことになり、王宮は悲しみに包まれてしまいました。それでも死の真相を、究明しょうと声をあげたのはサニー。
ヒョクが何か関わっているのでしょうか?真相究明の声をあげたのはサニーであるのに、サニーが殺人犯として疑われることにも。
ヒョクとユラの裏切りを知って苛立つサニー。ヒョクに対してユラに対して、恨んだとしても太皇太后に恨みを持つはずがありません・・・。
自らの無実を証明するためにサニーがとった行動。ヒヤヒヤするような場面も。ヒョクのせいで危機的状況に陥った、サニーに打開策は・・・・・??

【皇后の品格】ネタバレあり

10話

自分の手で自分の無実を証明しようとしたサニー。
ヒョクの部屋に仕掛けておいた、盗聴装置で無実を証明証と考えます。

ヒョクの部屋に装置の回収に行くものの、ヒョクに気づかれて危機に陥ってしまうサニー。

サニーを助けたのは、警護員であるワンシクでした。
いい人なのか?悪い人なのかまだ見分けられません( ;´Д`)

サニーを連れてある通路から脱出を試みるワンシク。
しかし追っ手に捕まりそうに・・。

そこにピョンが助けにやってきて・・・。

ピョンによって助け出されたサニー。
一方のワンシクは警護部長にサニーの仲間だと疑われることに。

しかし、サニーを逃した責任を取って、死ぬよう命じられたのは敬語部長自身・・・。
今時、自殺をしろ、自決しろってそんなのあり??

太皇太后の遺書が公開されます。

すべての財産をサニーに譲る。
この一件でユラはサニーを殺人犯に仕立て上げるために、太皇太后の遺体から検出された毒をサニーの部屋に。
冤罪どころか・・ユラって怖い女。ワンシク、ユラのどこがよかったんだ?

サニーはピョン、ピョン先生にかくまってもらうことに。
ピョンに警護員であるワンシクの母親の死について真相を聞かされます。
ワンシクの母親をひき殺したのが、夫である皇帝のヒョクだと知ったサニー。

その後サニーは、太皇太后の殺人犯として警察に拘束されることになりますが・・。

11話

太皇太后を殺害した容疑で逮捕されてしまうサニー。

国民からの非難がサニーに集中すると、サニーの教育係をしていたホンは自分が犯人だと名乗り出ます。

自首したホン。
拘置所の中で自殺を図り死んでしまいます。
∑(゚Д゚)

一方の皇帝であるヒョク。
ヒョクは国民に対して、サニーとの離婚を発表します。
仕方なく離婚しなければいけなくなった的なアピール・・・。ヒョクにムッとしてしまうのは私だけ?

しかしそこにサニーが現れ、国民に知らしめるかのように公開的にヒョクと復縁したいと発表します。

難色を示すヒョクに対して、ヒョクの母親でもあるカンはサニーを利用しようと考えます。

カンに提示された条件を受け入れたサニー。

皇帝の娘であるアリ。
母親であるガンヒとある話をしています。
立ち聞きしているサニー

二人の話でサニーはユラが、太皇太后を殺害した犯人なのではないか?と疑惑を抱きます。

皇室経営のショッピングセンターで作家である、ビンセント・リのサイン会が開かれることになり、サニーも参加することに。
皇室経営のショッピングセンター??( ;´Д`)

すべての催し物が終了し、握手会へと移動するサニー。
サニーの背後に男の姿が・・・・。

男から身を守るため、男に立ち向かうワンシク
ワンシクは頭を負傷して倒れてしまうことに・・・・。

サニーは急いでピョンに連絡しますが・・・・。

12話

ピョンに急いで連絡をするサニー

サニーはピョンに連絡を取ったことであることに気づきます。
それは王室内に存在する協力者。それがワンシクであり、チョン・ウビンなのだと・・・。
ウビンとワンシクが同一人物だと気付いた?

病院へと搬送されるワンシク。
サニーはワンシクが怪我をして病院に運ばれたことを伝えます。

病院に搬送されたワンシク。
ワンシクは自分の正体が、ワンシクではなくウビンだとバレそうに。
危機を迎えるワンシクを、すんでのところで助け出したのはサニー

頭の怪我を手術した方がいいと勧められるワンシク。
ですがワンシクは手術を断ってしまいます。
復讐のために今はしたくない・・・

7年前に亡くなった皇后である、ソヒョンの命日がやってきます。
法事が行われることになった皇室。

ソヒョン皇后の法事の準備をするのは皇位継承のあるイ・ユン。
ヒョクは??

7年前のあることを思い出すユン。

ワンシクはユラに対して、ある会話が録音されたファイルを送りつけます。
それを聞いたヒョクはユラに疑心を抱くことに。

ユラの過去を知る為、ワンシクに指示するヒョク
ワンシクはユラの過去を調べたふりをし、ユラの本当の姿を伝えます。
それを聞いたヒョクは、ユラとデートに出かけることに。

ユラを別荘へと連れて行ったヒョク
何かするつもりのようです

別荘についたヒョクは、嬉しそうな笑顔を浮かべているユラを車に閉じ込めます。
そして車に火を放ちながら、ユラに向かってこう言い放ちます。

「今夜、お前はここで死ぬことになる」と・・・。

感想

展開が早くドキドキします。何とか容疑が晴れ皇室へと戻ったサニー。サニーはこれまでのように従順に生きる姿から、脱却し変貌を遂げます。サニーは皇室にいながらも、自由に生きるようになりました。皇室でインターネット放送を始めてみたり、本来の皇室であればありえないこと。
うじうじしていたようなサニーはいないようです。そしてヒョク・・・・。ユラも怖い女だと思っていましたが、ヒョクも恐ろしい男ですね。人を殺めることをなんとも思っていない様子。ユラを車の中に閉じ込めて、火を放つことに・・・。ゾッとしそうな場面です。ユラは本当に死んでしまったのでしょうか??それとも・・・・?




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください