皇后の品格-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

皇后の品格

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
池に思い余って飛び込もうとした、ヒョクをすんでのところで止めることができたサニー。命を助けたサニーに対して、ヒョクはますますサニーを敷きになっていくのではないでしょうか?前回一番驚いたのは、ワンシクの寿命についてだという方も多いような気がします。余命が残り3ヶ月だと、突然降って湧いたような気もしますし。このままワンシクはなくなってしまうのでしょうか?
ワンシクには生きていて欲しいですよね。ラストまでもう少しです!

【皇后の品格】ネタバレあり

22話

サニーだけではなく、ソヒョン皇后の死の真相を追っていたユン。
ユンは事件が起きた日、ガンヒが行ったインタビュー映像にあることを見つけます。

ユンはその時、背後から突然何者かに襲われ負傷します。警察の捜査が始まるものの、目を覚まさないユン。
大怪我なのでしょうか?大丈夫かな?

警察の捜査が進む中、サニーはユンがたおれていた現場でコサージュを見つけます。

警察にコサージュを提出するサニー。
コサージュを見つけたサニーは、ガンヒが事件に関与していると考えます。

ガンヒの元へ向かうサニー。

ガンヒに事件が起きた時、何をしていたのかを尋ねます。
答えるかな?

サニーに問われたガンヒは、一日中部屋から出なかったと答えます。
体の調子が悪かったって

その話を聞きながら、ガンヒの首元をみるとそこには人間によって引っ掻かれたような傷が・・・・。

サニーはユンが引っ掻いた跡ではないかと考えます。
それでも何もなかったふり、気づかなかったふりをするサニー

警察に事情聴取をうけるヒョク。
ユンを襲ったのが皇帝であるヒョクではないかとの疑いに、ヒョクは外出をしていたと証言してアリバイが立証されます。

ユンの体から採取されたDNAについて発表する警察。
誰の何だろう?

ガンヒのものではないと発表する警察に疑問を抱くサニー。
サニーはガンヒを罠に嵌める計画をワンシクと考えます。

ユンが生きていると知ったガンヒ。
ガンヒはユンが入院している、病室へと侵入を図ります。
ユンの病室で携帯電話を探すガンヒ。

ガンヒは携帯電を見つけると手に取ろうとしますが、そこにヒョクとサニーが現れ驚きます。

サニーとヒョクの姿を見たガンヒは、自分がはめられたのだと気づくことになりますが・・・。

23話

なんとかしてガンヒを助けたいと考えるカンは、ワンシクを罠にはめることにします。

そしてそのことがきっかけで、ワンシクが窮地に陥ってしまう事態に。
ヒョクはワンシクが、チェ・ウビンだと気付くと、裏切られ感でワンシクに銃口を向けます。
緊迫感満載です( ;´Д`)

ヒョクに銃口を向けられたワンシクも、ヒョクに銃口を向けます。
にらみ合う感じ

お互いがお互いに対して銃口をむけ合う形になる二人。

ワンシクの部下たちも、ワンシクと同じように皇帝であるヒョクに銃口をみkrます。

ヒョクを止めるサニー。
ですがヒョクはさらに頭に血が上ってしまいます。
サニーはワンシクが、ウビンだと知っていたのにショックを受けた( ;´Д`)

そしてヒョクはサニーにその銃口を向けます。

ワンシクがサニーを守ろうとして、サニーがワンシクを守ろうとする姿。
その姿に呆然とするヒョク。
ワンシクの部下たちは、ヒョクに手をかすことはせずワンシクの味方につくと、ワンシクを逃します。

ワンシクを追うヒョク。
血眼とはこういった感じかな

ワンシクを探す途中、何者かに殴打されたヒョクは気を失います。
しばらくして目を覚ましたヒョクが見たのは、一台の車が自分に向かって走ってくる姿。

慌てたヒョクは逃げます。
逃げながら崖まで追い詰められたヒョクは、そのまま崖に飛び込みますが・・・。

24話

崖に飛び込んだヒョク。
ヒョクは生きていました。

サニーが証拠集めをしていたものをしまっていた、金庫を開けると証拠品を持ち出します。

金庫の中が空っぽだと知ったサニー。
とても動揺しているみたい

ヒョクはサニーが集めた証拠の数々を、火を放ってしまいます。
呆然とするサニーにヒョクは忠告をします。

「皇室に刃向かう真似はやめろ。命の保証はしない」と。

ヒョクの脅迫には屈しないサニー。
サニーは逆にヒョクに対して、ヒョクとカンの悪事の数々を世に中に知らしめてやると言い放ちます。
皇室にやってきた頃の、サニーとは違うね。かっこいい(^ ^)

アメリカから急遽、帰国したウン皇后はサニーとガンヒ。
そしてカン。3人の誰かにアリの後継人に指名すると発表します。

それを知ったガンヒは、サニーを蹴落とすために嘘をつきます。
サニーに自分はいじめられ続けてきたと

その姿を見たアリ王女は、母親が放つ嘘に困惑します。

自分を利用してまで皇室の権力を誇示しようとする、カンとガンヒの姿にショックを受けたアリ王女は一つの決断を下します。

これによってアリの後継人には、サニーが選ばれることになります。
実はウン皇后は帰国する前から、サニーをアリの後継人にすると決めていました

そしてサニーは死んでしまったチョ氏が残した手紙を見つけますが・・。

感想

ワンシクとヒョクの二人が、銃を向けあうシーンは緊迫していましたね。見ているこちらも手に汗を握る展開でした。サニーのことを本気で好きになったヒョクは、おだやかでサニーを守る騎士にも見えていましたが、再度冷たくなったヒョクに残念アン気持ちにもなりました。そしてついにチョ氏が亡くなった真相が・・・。チョ氏は自らで自らの命を絶つ自殺。このことを知ったサニーは、悲しみや怒りがうず巻き絶対に皇室を変えてみせると決めましたね。ラストまで残り2話。どのような結末が皇室に訪れるのか気になります。
・。全然懲りない・・。改心する日が来るのか・・・心配になってきました。ラストまであと数話。このまま追いかけます。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください