神との約束-あらすじ-29話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-神との約束-あらすじ-29話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

神との約束

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
とうとう、残すところあと二話になってしまいました。
見始めたときには予想していなかったほど、色々考えさせられるこのドラマ。
複雑な事情を抱えた二つの家族が、どんな風に決着をつけるのか……。
まずは29話のあらすじから、ご覧ください。

スポンサーリンク

    【神との約束】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    29話

    公判の中で10年間の日々が白日の下に晒されていきます。
    ジュンソが誕生することになったいきさつ。ヒョヌを手放すと覚書を書いたこと……。
    兄を救う道具としてジュンソを産んだから養子に出したのだと主張したいナギョン。
    しかし、ジヨンはヒョヌの命と天秤にかけさせられ、泣く泣く手放しただけだと反論します。
    子供たちを手放すと覚書にサインしたことが争点になりますが、それがきっかけでナギョンの悪事が露呈することに。
    自分の地位を守るために、完全一致のドナーを拒絶した。
    証拠がないと言い張るナギョンでしたが、証人としてジェウクが出廷するのです。
    淡々と語るジェウクに、ナギョンが怒鳴り声をあげる一幕も。
    ナギョンの夫でありながら、ジヨンの味方するジェウク。
    もはや、とことんまで争うしかないところまできているのでした。
    ナギョンとジェウクの間愛情はあったんだろうかと今更考えてしまいました。

    事実をテーマにした生放送の影響は凄まじく、出演者の誰かが降板しなければ収まりがつかないほどになってしまいます。
    会社内でも噂が広まり、ナギョンは苛立ちを隠せません。
    唯一の味方だったオ事務長も会社を辞めてしまい、どんどん孤立していくナギョン。
    さらに、完全一致のドナーを拒絶したことがピルナムにも知られてしまいます。
    ナギョンがどんどん追い込まれていくのが、自業自得とはいえ辛いです。

    裁判の話は広がり、とうとう友達から聞かされてしまったジュンソ。
    ナギョンは自分の母親ではないのかと泣くジュンソ。
    ピルナムはその様子に黙っていることができず、真実を話してしまいます。
    ショックを受けたジュンソは、家を出てしまいました。
    あちこち必死で探し回るナギョン。連絡を受けたジヨンもジュンソを探します。
    そして、二人は警察に保護されていたジュンソの元へ。
    泣きながらナギョンに駆け寄るジュンソの姿を見て、ジヨンは動揺します。
    いくら自分が産んだとしても、ナギョンとの絆を断ち切ることはできないと悟ったのです。
    このシーンはもう、涙涙で画面が滲むほどでした。

    そして最後の公判の日。
    ヒョヌはバケットリストに書いてやり残していた、一人旅を実行することに。
    どんな結果でも応援すると言い残し、ヒョヌは旅に出ます。
    ヒョヌもまた、ジュンソの裁判の件で心を痛めていました。
    それぞれの家族が見守る中、いよいよ公判が始まります。
    そのニュースを見たヒョヌは、いてもたってもいられず裁判所へと走るのでした。
    ヒョヌは病気を乗り越えて、本当にいい青年になったという気がします。

    スポンサーリンク

    29話感想

    ジュンソがいなくなってしまった時のナギョンの様子。本当に鬼気迫るものがありました。
    必死に、なりふり構わず子供を探す……そして再会した時の涙も。迫真の演技に、こちらも涙が止まらなくなってしまいました。
    親子関係って本当に難しいものだなと思わせられます。ジュンソとジヨンの間にも、何か特別な絆があるはずなのに、ナギョンとの関係には敵わない。
    設定的にはナギョンがいわゆる悪役なのに、ジュンソの立場から考えると逆転してしまうのかもしれないと思うと。
    最終話の着地点が気になるところ。大人たちはもちろんですが、子供たち二人がこれ以上傷つかないエンディングを迎えてほしいものです。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください