神との約束-あらすじ-最終回(30話)-結末は!?

韓国ドラマ-神との約束-あらすじ-最終回(30話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

神との約束

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよ最終話のあらすじを書く時がやってきました。
最初は現実離れした設定に入り込めるか疑問だったのですが、今となってはすっかり感情移入しながら見ています。
どうか全員に少しずつでも救いのある結末でありますように。
それでは、最終話のあらすじをご紹介します。

【神との約束】(ネタバレあり)

最終回(30話)

最後の公判が始まりました。
臨戦態勢のナギョンから、後悔はないかと問われたジヨンの答えは意外なものでした。
ジヨンは後悔しているというのです。
治療のためとはいえ前夫との間に子供を作ったこと、その子を育てられなかったこと、そして子供を10年間育て続けてくれたナギョンに対して心から感謝していなかったことを。
ナギョンへの思いを語った後、ジヨンは訴えを取り下げてしまうのです。
このジヨンの言葉に感動しました……

裁判が終わり、ナギョンンとジェウクの関係も終わりを迎えようとしていました。
サンチョンもピルナムも、ヒョヌの命を危険に晒したナギョンを許すことはできません。
家を出て行くしかなくなったナギョン。
幸せを望んで手に入れたはずのものは、全て人から奪ったものだった。だから、少しも幸せではなかったのだと涙を流します。
地位も、妻の座も、そしてジュンソも。何もかも手放すことで、やり直すしかないナギョン。
最後の最後に、初めてジェウクとナギョンはお互いの本音で向き合うことができたのでした。
こうなってしまったのはジェウクの責任は大きいと改めて思いました。

会社を辞める日、ナギョンの部屋をジェヒが訪れます。
もうこれ以上争う理由の無くなった二人。
スンフンとジェヒの弱味が入ったUSBをジェヒに渡し、ナギョンは会社を去ります。
一時期スマートシティの件で険悪になっていたジェウクとスンフンですが、今後もジェウクに教えを請いながら仕事をしていくことに。
ジェヒと穏やかに話しをしているナギョンが、逆に切なかったです。

離れ離れになる前に、ナギョンはジュンソと一緒に遊びに出掛けます。
ホテルの部屋で眠りについたジュンソを見ながら、一生の愛情を誓うナギョン。
そして、ナギョンは離婚協議書を残し、一人姿を消してしまったのです。
ナギョンの境遇を思うと辛すぎて……号泣でした。こんな別れは耐えられないです。

本当に何もかも失ったナギョン。かつて自分を捨てた母親が営む食堂を訪れますが、母親とは言葉も交わしません。
昔、自殺を図った海辺に立ち、20年間を振り返るナギョン。
そして、昔と同じように海に向かって一歩踏み出そうとしたとき。
ナギョンの自殺を止めたのは、他でも無い母親でした。
二人は言い合いをしながらも、長い年月の溝を埋めていきます。
この母娘関係のもつれが、全ての元凶だと思うと……ナギョンはここから幸せになってほしいです

月日が経ち、ジヨンはアナウンサーの仕事を辞めミノの工房で見習いを始めていました。
ヒョヌはキム家に頻繁に出入りするようになり、ジュンソとの仲も良好です。
サンチョンはジェウクに会社を譲り、名誉会長の職についています。
ナギョンは、海の近くにカフェをオープンさせていました。母親との仲も良好のようです。
ジヨン、ジェウク、ナギョン、ミノ。それから子供たちも。それぞれの居場所を見つけ、幸せへ向かって歩み出したのでした。

最終話感想

終わってしまいました……。普通ではない設定とはいえ物語としての派手さはあまり無いドラマでしたが、その分じっくり考えながら見られたような気がします。
それにしても、ナギョンの払った代償があまりにも大きすぎて。10年も育てた子供を失う苦しみは、想像を絶するものです。
母親との和解は、きっとナギョンの人生の中でプラスになるものでしょうが、それで子供を失った穴を埋めることはできないはず。
それぞれの登場人物に救いは残されていたラストだとは思いますが、ナギョンとジュンソの縁は裁ち切って欲しくなかったな……と思ってしまいました。
それでも、子供たちが笑顔でラストシーンを迎えてくれたことにはホッとしました。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください