私がヒロイン-あらすじ-85話-86話-87話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-私がヒロイン-あらすじ-85話-86話-87話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私がヒロイン


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
我が子たちはなぜか敵の娘や息子と縁を結びたがる・・・そんなパク家にチェ家です。
サングもスチャンもびっくりですよね。
ジホとドンジュの恋の行方は??

スポンサーリンク

【私がヒロイン】(ネタバレあり)

第85話

ドンジュとジホが交際していると知ったサングとスチャンは。
あまりの衝撃にサングは血圧が上がり意識を失う。
スチャンも倒れて頭から血を流す。

お互いの家族たちは大慌て。
スチャンの家では伯母スニョンもドンジュとジホのことを聞きウンビョルを問い詰める。

ソヒはなぜスチャンとサングが一緒に病院に運ばれたのか理由がわからずイライラする。
何度ジホに聞いても答えない。

ヨンエとスチャンは、「何も見なかった、無かったことにする」とドンジュに話す。
しかしドンジュは母ヨンエに謝るのだった。

家に帰って来たジホとソヒ。
そこでジホの口から、「チェ弁護士はチェ家の次男だった」と聞かされるソヒ。
ソヒはこの話を聞きジホを部屋に監禁してしまう。

チェ家では、祖母ヘスンが倒れてしまってはいけないと隠していた。
ヨンエは自分の部屋の布団の中にもぐり泣いていた。

ヨンエはウンビョルに、「お願いだからドンジュをたきつけないで」と言う。
ウンビョルもクムビョルも、家族の間で板挟みになり苦しんでいた。

ハンジュとミノは病院で頭を悩ませていた。
弱気になるミノに「あきらめるな」と説得するハンジュだった。

点滴を引きずりながら院内を歩くサングとスチャンは正面からばったり出会う。
そしてお互いの娘と息子の交際を絶対許さないと言い合うのだった。

またまた新たな火種が・・・

スポンサーリンク

第86話

サングとスチャンの入院する病院に運ばれてきた緊急の患者は。
親に反対され心中しようとしたと看護師たちが話すのを聞き2人は嫌な気持ちになる。

監禁されていたジホはつっかえ棒を外し脱出。
クムビョルの携帯とお金を持ち外へ。

家の前には切なく立っているドンジュ。
ジホはドンジュの手を引き走るのだった。

朝サングは退院して帰って来る。
そして「毎日ジホを監視し、戸締りもしっかりしろ」と言うサング。

家政婦が飛んでくる。
「ジホがいない」と言って。

その頃ジホはドンジュと2人海辺に。
幸せな時間をほんの束の間楽しんでいた。

でもドンジュは両親の事が心配そうです

占いにやって来たソヒとクムビョルは。
「引き離せば死ぬ」と言われる。

スポンサーリンク

同じ占い場所にやって来たヨンエと叔母スニョン。
ソヒはヨンエを呼び出し話し合い。

もちろん穏やかに話が進むはずがない。
お互い水をかけ合う激しい喧嘩に。

ソヒは捨て台詞に、「息子を失いたくないでしょ。お金を使えばなんだって出来る」と脅しをかける。

ドンジュとジホは車で家に向かっていた。
その頃サングはじっとしていられずチェ家の家にミノとやって来る。

ヘスンは何も知らない。
ところがサングはお構いなしに、「お宅の孫がうちの娘を誘拐したんだ」と言う。

スポンサーリンク

第87話

ハンジュに電話をかけるドンジュ。
横から携帯を奪いドンジュを問い詰めるサング。

「ソウルに帰ったら伺います」と言って電話を切るドンジュ。

ミノは、「ジホが可哀そうだ。ジホの人生だ」と言ってサングに反発する。

ハンジュもヨンエに、「このままでは自分たちの子供まで敵同士になってしまう。ドンジュなら終わらせることが出来る」と言って説得するも絶対に聞き入れないヨンエだった。

ソウルに帰って来るジホとドンジュ。
ドンジュは母ヨンエに問い詰められ、「プライドよりジホが大切だ」と言う。

ジホも父サングから叱られることは覚悟して帰って来たが、特に何も言わないサング。
その夜、眠るジホを抱え上げ、サングはジホをどこかに連れて行ってしまうのだった。
ジホの居場所はサング以外誰も知らなかった。

ドンジュはヨンエに、「別れないなら家を出て行け」と言われホテルへと向かう。
父スチャンがドンジュを説得にやって来るが言うことを聞かない。

「別れたくないなら親も先祖も捨てるんだ」と言ってホテルから帰って行くスチャン。

ミノからジホが消えたとの連絡がドンジュにはいる。
防犯カメラには家を出た様子が無いと言うミノ。

秘密の隠し部屋??

ドンジュはサングに呼ばれる。
封筒を渡され、海外へ行け」と言われるドンジュ。

「家族を傷つける」と脅されるドンジュ。
「時間が欲しい」と言う。
「3日だけやる」と言うサングだった。

ミノはウンビョルから、「独立運動家をかくまった隠し部屋があるはずだ」と聞く。
そこでミノとクムビョルは、父の書斎の隠し部屋を探すのだった。

スポンサーリンク

第85話から第87話の感想

またまた騒動が起きてしまいました。
1日たりとも心休まる日がないチェ家とパク家ですね。
親の期待を一身に受け、親思いのあのドンジュが。
何と敵の娘ジホと交際していると言うのですものね。
聞いたサングもスチャンも、ヨンエにソヒたちも皆びっくりするとともに怒りがこみあげてくるようです。
相手の素性がどうなのか、知らずに好きになってしまうことありますよね。
明るく優しいジホ。
サングにとってはもちろん可愛い我が娘。
敵の息子とは絶対に許せません。
ジホをとうとう監禁してしまいましたね。
それも誰にも教えず、自分の書斎の秘密の隠し部屋に。
ミノとクムビョルが書斎の床下へ続く扉を見つけます。
果たして無事ジホを助け出す事が出来るのでしょうか。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください