私の国-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ナム・ジョンによりバンウォンの暗殺命令が下ったフィ、しかしバンウォンとフィは事前に繋がっておりバンウォンは自分が死んだと偽る。
密書の原本、そしてフィを証人にしてナム・ジョンを糾弾するバンウォン、ナム・ジョンは連行されバンウォンは私兵を取り戻す。

では、今回は10話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【私の国】(ネタバレあり)

10話

ナム・ジョンの刺客から逃げるヨン、フィは矢を放って守ろうとするが逃げるヨンを刺客は捕まえて背中から剣を刺してヨンを殺してしまう。
ヨンを抱きかかえるフィ、ヨンはフィの妹で良かったと言い残して笑みを浮かべながら息を引き取り、フィは怒りに任せて馬を走らせナム・ジョンの屋敷に乗り込む。
矢ばっかりじゃなくてすぐさま駆けつければ良かったのにって思いましたけど、ヨンが亡くなってしまった可哀想ですねー

バンウォンは王妃に自分が王になると宣言したかのように振る舞い、妓房のイファルの行首妓生ソソルも病に床に臥しておりヒジェは悲しむ。
遺言書に梨花楼の行首をヒジェにすると指名すると書かれておりヒジェが読んでいると、その途中でソソルは息を引き取りヒジェの膝の上に倒れてしまう。
クールな感じで最初はあんまり優しくしてもらってないのかなって思ってましたけど、誰よりも皆を大事にして皆の事を見ている人でしたねー

ソノはナム・ジョンの計画に賛同するように自分も父の目指す世に住む住人として生きると宣言する。

11話

呼び出されたナム・ジョンを待つフィ、ナム・ジョンは自分の計画の邪魔をしていたのはフィだったと知り何が望みだと言うとフィは手を組もうと提案する。
手を組めば賄賂として貯蔵していた金瓶を返すと言い、更に見返りとして市場に店が欲しいと言うがナム・ジョンは怪しみながらも提案を飲むことになる。
身分や生い立ちがありますからあれですけどソノに比べて良い服きても少し汚く見えちゃうのがなー色黒だからなのかな?もっと綺麗なフィが見たい

ソノはナム・ジョンに王室への忠誠を誓う儀式である会盟祭が終われば都が手に入ると思っているのかと尋ねると、ナム・ジョンは大義を優先しろと言ったソノの言葉で返す。
そして自分が作る国では王は飾りであり優れた臣下が国を統治、そして名臣が多くいる国を作ると言うとソノはその名臣になる気かと言ってその場を去る。
ナム・ジョンの作る国は今の世の中に近い成り立ちですけど、そこでも自分の地位を確立させようと暗躍して何が名臣ですかねー棚に上げすぎ

市場ではイ・バンガンがフィを見つけるとすぐさま声を掛け、こんな優れた剣士を配下におけるならと言って剣を抜いてフィを試す。

12話

イ・ソンゲは祠堂でバンウォンとの今までの事を振り返って考えており、謁見に訪れたバンウォンはこれから流される血と涙は王のせいだと言って謀反を宣言する。
バンウォンを出迎えるフィ、バンウォンは部下に橋を壊せと指示し自分と王の橋は崩れ二度と戻ることは無いと言うとフィも自分の目的はナム・ジョンだけだと言う。
どういう思いかわかりませんけどフィはどうしてバンウォンに少し気の毒そうな顔をするのか、バンウォンが王に任命されるなんてこと普通に考えてないと思うけど

バンウォンは兵を待機させていたが報告が入りイ・ソンゲが王宮に向かっていると報告を受けるが、バンウォンはフィを待つと言うがバンガンは焦る。
暗闇から馬にのり兵を引き連れたフィが戻ると、バンウォンは山城へと向かい武装している兵たちを取り囲み武装を解除させる。
ここで1話にたどり着きましたねー、関係性的にどうしてバンウォンとフィが繋がってるのかわからなかったけど、なるほどなーって感じ

フィたちも兵を率いてナム・ジョンを妥当するべく酔月堂へと向かい武力で制圧していく。

10-12話感想

6年後が描かれましたけど、思った以上に見た目変わらないですよねー6年経ったならもう少し見た目変えた方が新鮮味が出たのでは?
バンウォンに結構肩入れするフィ、それほど尽くす相手かなー?って思いますけどねー自分の目的で利用しているってだけじゃない感情が芽生えてそう。
1話目で描かれていない今後の残り4話でどうなるか楽しみですねー。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください