私の心は花の雨-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-46話-47話-48話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の心は花の雨

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ゲオクに向かって突進していくスチャン・・まさかゲオクを殺す気では・・と恐ろしくなってしまいます。一体スチャンは何を考えているのでしょうか??

今回は46話からお伝えしていきますね♪

【私の心は花の雨】ネタバレあり

46話

ゲオクに迫ってくる一台の車・・轢かれてしまいそうになったところにスチャンが現れ、間一髪のところでゲオクを助け、自分がはねられ、病院に運ばれることに。
・・実は、全てスチャンがゲオクの信頼を回復させるために知人にお金を払い、ゲオクを狙うよう指示していたのだった。
一歩間違えれば死ぬかもしれないのに・・そこまでしてミソン製菓にしがみつくなんて・・

病院に運ばれるスチャン・・自分の命を顧みず、助けてくれた命の恩人スチャンに感謝するゲオク。
しかし、スチャンがお義母さんを助けるなんて・・と何か企んでいるのでは?と怪しむ甥イルラン・・。
スチャンの思惑通りになりましたね・・

その後、スチャンのお見舞いにやってきたヘジュ。
そんなヘジュに「お前は私によく似ているな~娘にならないか?」と話すスチャン・・そんな言葉に「いいわね!」と返すヘジュ。
・・そんなヘジュの冗談に「お父さんの代わりなんていない。冗談でも嫌よ!」と声を荒げるイルラン。
ヘジュがイルランとスチャンの娘だとバレるのも時間の問題かも・・

そんなイルランの姿に驚き「私の父はミン・スンジェただ一人よ」とイルランに話すも、納得いかないイルランはスチャンからヘジュを守ることを心新たに決心していた・・。

一方、ヘジュがソノの家におかずを持ってやってきたことを知るミンギュたち。
しかし、ソノは「今度からは、帰ってもらって・・僕は彼女に興味はない。僕は自分の好きな人を付き合いたい・・何でも思い通りになると思わないで欲しい」とコンニムと別れる意志がない事をミンギュに伝えるソノ・・。
ソノのコンニムへの気持ちは相当強い様子・・

その後、大学へ向かうソノ・・。そこへ兄ドチョルに届け物をするためにコンニムがやってくる。
ソノを劇場従業員ではなく、大学生だと知ったコンニムは「なぜ騙したの?私の知ってるソノさんは誰?・・考えさせてほしい」と去って行く。
ソノは色んな事を隠したままですよね・・コンニムにいつ話すつもりなのかな?

その状況を見ていたヘジュはソノに近づき「コンニムはソノさんの家族の事も家の仕事の事も何も知らない。そんなコンニムが本当の事実を知ったら傷つくのでは?」と話す。しかし「僕たちの問題だ。口出ししないで欲しい」と冷たく当たるソノ・・そんなソノに「絶対、後悔させてやる!」と険しい表情でつぶやくヘジュ・・。
ヘジュは嫉妬から言ってるんだろうけど、ごもっともですよね!

一方、ゲオクの事故はスチャンの仕業だと疑い中のイルラン。
その頃、スチャンは事故を起こした依頼人と病室で酒杯をあげていた・・するとそこにゲオクとドクスが入ってきて、慌てて酒の瓶を隠す。
・・スチャンの演技でその場は乗り切ったが、ドクスは酒の瓶を隠したような気がして、スチャンを疑い始める。

その夜、仕事終わりのガンウクを待ち伏せしていたソノ。
お酒を飲みながら、コンニムの事を打ち明けようとするソノに「コンニムもお前の事が好きみたいだ・・察しが悪すぎるよな・・」と話すガンウク。
謝るソノに「彼女を泣かせるな。彼女の笑顔を守ってやれ」と話すガンウク。
自分の気持ちを抑え、2人を応援するガンウクの気持ちを考えると切ない・・

翌日、スチャンの元へ行くドクス・・しかし、すでにドクスは退院していた。
そのことを知ったイルランはスチャンの家へ・・しかし引っ越した後で、不思議に思うイルラン。
家に帰宅するイルラン・・そこに「遅かったな」と現れるスチャン・・。

47話

スチャンの登場に動揺するイルラン・・どうやら退院を早め、わびしい生活を一人で送る姿を見せ、ゲオクにさらに罪悪感を抱かせるよう仕向けた様子。
・・その結果、何かあったら大変だとゲオクが一緒に暮らすよう、促したようだ。
そんなスチャンの行動に不安を覚えるイルラン・・。
ゲオクが罪悪感をさらに抱くように計画するスチャン・・恐ろしい男です・・

一方、ミンギュに「日曜日、劇場に来て、ソノと食事を」と言われたヘジュは上機嫌で劇場へ向かう。
売店で働くソノを見つけ、声を掛けようとするも「ソノさんに連絡があって、仕事が終わったらうどん屋に来て欲しいって」との伝言にコンニムからだと思ったソノの嬉しそうな笑顔を見たヘジュは嫉妬してしまう。
タイミングよすぎるヘジュの登場ww

嫉妬したヘジュはミンギュに「用事が出来たので昼食ではなく、夕食にしてもらえませんか?」とソノがコンニムに会えないよう仕向けた。

その夜、コンニムとの待ち合わせ場所に向かおうとするソノ・・そこにヘジュが現れ「伝言聞いてない?退勤後、うどん屋に来てほしいと」と話し、コンニムからの伝言を自分からの伝言だと信じ込ませるヘジュ。
ひどい!ヘジュがどんどん悪女になっていく・・

その後、ミンギュとヨンシムの待つ店に向かう2人・・。
しかし、その状況に怒ったソノは「君が何をしても君とは付き合えない。君が惨めになるだけだ」と話し、その言葉を聞いたミンギュは怒り、ヘジュは泣きながら店を出てしまう。

泣きながら帰宅したヘジュを見たイルランは心配して追いかけるも、「放って置け」と話すスチャン。
「子どもが泣いているのに放置する親がどこにいる?」と必死なイルランを見て、「俺だったら自分の子どもでもない子をそんな風に思えないな」と不思議そうなスチャン。
やはりヘジュのことになると、感情的になってしまっていますね・・

一方、うどん屋でソノを待ち続けているコンニム。
店が閉まっても来なかったソノ・・結局、コンニムは諦めて帰ってしまう。

翌日、コンニムにこれ以上、隠してはおけないと家の事などを話す決意をしたソノは、コンイムを待ち伏せする。
しかし、ソノを無視するコンニム・・「私はあなたを理解したくて、ずっと待っていたのに・・」と話すコンニムの言葉に「あの伝言はヘジュさんではなくて?」と驚くソノ・・。
誤解を解こうと夜に劇場で会うことにする2人・・。
なぜソノはヘジュの言葉を信じてしまったのか・・コンニムを信じていれば昨日の夜に会えたのに・・

待ち合わせの時間に劇場に向かうコンニム・・。
そこでミンギュから借金をした息子の母だと名乗る女性が「息子があなたの部下につれていかれて帰って来ない・・助けて欲しい」と懇願する所を目撃・・するとソノが現れ「父さん!」とミンギュを呼ぶことに驚きを隠せないコンニム・・。

48話

ミンギュとソノが親子だと知り、「中央劇場の息子」だと理解したコンニム・・そんなコンニムに話をしようというも断られてしまうソノ・・。
ソノが隠していた事を次々と知ってしまい、混乱してしまうコンニム・・

大きな衝撃を受けたコンニムが帰宅すると、ヘジュが待ち伏せし「ソノさんの事を教えてあげるわ」と話すも「彼のお父さんが誰であれ、私が決める事よ!」とヘジュを睨みつけながら去って行くコンニム。
ヘジュは悪あがきしすぎですww

一方、父ミンギュを恥ずかしく思うソノはやけ酒を飲み、その店にいた客と揉めてしまう・・フラフラなっているところをガンウクが発見し、劇場に連れて行く。
ソノを介抱しながらも、コンニムへの気持ちが募るガンウク・・そんな気持ちを紛らわすかのように、ヨニのいるクッパ店を訪ねるガンウク。
ガンウクとヨニは本物の親子のように絆が深いんですね・・♪

ヨニの作ったご飯を黙々と食べるガンウクを見て「あなたは昔から辛い事があると、満たされない心を食事で満たそうとする」と話すヨニ。
・・すると「なぜ僕の好きなった人は、僕から離れていくんでしょう・・コンニムはソノが好きなんです」と苦しい思いを話し、涙を浮かべるガンウク。
ガンウクがはじめて自分の感情を素直に表現しましたね・・辛かっただろうに・・

翌朝、濡らしたヘジュの髪がくせ毛のせいでカールしているのを見て「俺と一緒だ」と話すスチャン。
そんなスチャンに「直毛のママからくせ毛の私が生まれたことを不思議に思っていたけど、おじさんの遺伝子を受け継いだからなのね!」と話すヘジュ・・その話を聞いたスチャンは意味深な表情でイルランを見ていた・・。
スチャンがますますヘジュが誰の子なのかとい疑ってそう!!

その頃、ガンウクの元を訪ねるコンニム。
そこでソノの人となりを褒め、コンニムへの思いは本物だと話し、ソノ自身もコンニムに本当の事を話せず悩み、苦しんでいたと話すガンウク・・しかしコンニムは「代表は私たち家族を苦しめたし、ソノさんは私を騙していた・・正直、混乱している」と話す。

ガンウクに自分の気持ちを話すことが出来たコンニムは、店を出た後「ありがとう」と笑顔でお礼を言い、去って行く。
そんなコンニムを見つめながら「お前の役に立てるのなら、俺はお前の傍にいるよ」と心の中でつぶやくガンウク・・。
コンニムがガンウクの気持ちにいつか気付く日はくるのかな・・

一方、ミンギュの元を訪ねるヘジュ・・。
そこで「ソノさんが付き合っている彼女は、チケット売り場で働いていたチョン・コンニムです」と暴露するヘジュ・・。
その報告を受けたミンギュは「チョン・コンニムについて調べろ」と指示を出す。
ヘジュの嫉妬がどんどんエスカレートしている気がする・・

コンニムと話したいと待ち伏せしていたソノ・・「私がソノさんの立場でも同じ事をしたかもしれない。でも私とソノさんは住む世界が違う気がする」と不安そうなコンニムの手を取り「君さえいてくれれば僕は頑張れる」と話すソノ・・。
好きだという気持ちだけでは、どうにもならない事もあるよね・・・

思い悩みながら歩いているコンニム・・すると町中でぶつかった事がきっかけになり、揉めている母チュンシムを発見し、止めに入る。
相手がヨンイムだと気付き、驚くコンニム・・「あんたは泥棒娘じゃない!」と罵倒し、さらにチュンシムとの喧嘩はヒートアップする。
ソノの母親がヨンイムだということは・・ますます状況は悪化・・

そこで初めてコンニムが濡れ衣を着せられ、劇場をクビになっていた事を知り、大激怒のチュンシム・・その話を聞いていたギテクは怒り、コンニムの手を引いてミンギュの元へ怒鳴り込みに行く・・。

私の心は花の雨 46話・47話・48話 感想

ソノとコンニムの気持ちがやっと通じ合ったかと思えば、あっという間に雲行きが怪しい・・。まぁ、ソノがコンニムに隠し事をしたままだった事がいけないんですが・・ww
お互いの家への印象も悪い中、この恋は上手くいくのでしょうか?そこにヘジュのものすごい嫉妬が加わって・・何だか大変なことになりそうな予感・・。
そして、そんな2人を応援することにしたガンウク・・いつも自分の感情に蓋をし、あまり物を言わないガンウクがヨニの前で見せた涙を本音。見ていて、胸が締め付けられるくらい辛かったです。
せめて、ガンウクがコンニムの事を好きな事がコンニム自身に伝わって欲しいなと祈るばかりです・・。