私の恋したテリウス-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-私の恋したテリウス-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の恋したテリウス

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テリウスも追い詰められているし、ヨンテの身も危険が迫ってますね。
テリウスはエリンに危険が及ばないよう身を隠しています。
過去のことがあるので…
それでも影で見守っていてくれるんだと思わせてくれる安心感。
宅配の袋を通じてやり取りする様子に、ほっこりします。
さて、黒幕は誰なのか、情報員の中にいる裏切り者は?
テリウスの過去の事件についても真相がわかってくるのでしょうか。

それではさっそく10話のあらすじから見てみましょう。

【私の恋したテリウス】(ネタバレあり)

10話

2年前の中国。
詐欺師のチョン・インスは韓国の警察に追われていた。
逃げている途中で車で連れ去られ、顔を整形させられる。
生きたかったらチョン・インスは死んだことにして、ヨンテとして生きろ。
いうことを聞け、法的には死んでいるんだから、気をつけて生きろと言われていた。

現在
電話ボックスで刺されていたヨンテの元にボンが来る。

殺し屋は、黒幕らしき人物にヨンテは死んだと報告する。
電話を受けた人物は、イ・ヨンヒ部長にコールズプロジェクトを進めるよう支持する。

ヨンテは、ジヨンの兄の手術で助かる。
眼を覚ますヨンテ。ボンのことを「 ブラザー」と呼ぶようになる。
ジヨンのお兄さんは産婦人科なので、ヨンテは女性用の入院服を着てる笑。どうしてもヨンテが絡むとギャグになるのがおもしろい〜

ヨンテはボンに守って欲しくて連絡した。
ボンは、背後にいる人物を話し、証拠を渡せば守ってやると条件をつける。

カバンを使って賄賂を渡していたことを認めたヨンテ。
カバンのシリアル番号は、地下鉄の駅番号、コインロッカーの番号、暗証番号だった。
ムン室長を殺した黒幕は「声」と呼ばれていて、ヨンテも声しか知らなかった。
Jインターナショナルは、コーナーストーンという武器以外も扱う、軍事複合体の韓国支部だった。
政界や経済界、情報員の中にも手下がいて、ポーランドの洋服店ゴールドクローバーは東ヨーロッパの支部だった。

タロットカードの魔法使いのカードは殺し屋のケイを示し、女司祭長は何を指すのかと聞くと、それ以上は砂時計を返してくれたら話すと言う。
ところが、砂時計にはUSBは入っていなかった。

実は、砂時計で遊んでいたジュニが、USBを見つけて持ち歩いていた。
ある日、ウナの家で遊んでいて落としてきていた。
誰の手に渡るかで国の運命が別れるようなものを、子供が持っていて無くすとか。こういう緊張と緩和が絶妙〜。

局長と話すジヨン。ヨンテを匿う場所と、身分を与えて守って欲しいと頼む。

ソンミの夫が浮気していると思い、エリンが夫の携帯をラ・ドウに頼んでハッキングする。
英語の会話が聞こえ、カフェにいることがわかるとカフェに向かうソンミたち。
女に話を聞くと、夫をヘッドハンターするための交渉をしていたと言われる。

一度は信じたけど、ソンミの夫の通話の中で「コールズプロジェクト」という単語が聞こえた。
相手の女の携帯位置を調べると、保健福祉省の大臣が講演会をする小学校だった。
そこにはマンションの子供達、エリンの子供も参加していた。

ある施設で人が死に、それがコロナウィルスで故意に作ったものだと知るボンたち。治療薬もワクチンもない。

ソンミの夫と女が大臣を狙ったテロを起こそうとしていると気づき、防ごうと向かうジヨンたち。

小学校の講堂には生物兵器を仕込んだ爆弾が仕掛けられる。

11話

大臣の補佐官と、講堂にいるウナに連絡が入り、子供達を避難させる。
避難する中、女が大臣に襲いかかるが、ジヨンが助ける。

ボンも爆弾を見つけるが、ソンミの夫と争いになる。
その後、爆弾を止める線を切らなきゃならないんだけど、どの線を切ればいいかわからない状況でボンが切ったのは、ジュニが好きな緑の線。すっかりパパ目線だなぁ。

女は、クララ・チョイといい、新しいワクチンを政府に売ろうとして断ったため、大臣は狙われてしまった。
ワクチンを開発したのは、ケースという会社でコーナーストーンが絡んでいる。

爆弾を仕掛けたソンミの夫と、クララ・チョイは連行されるところを射殺される。
ソンミの夫は、産業スパイでコールズワクチンの技術をケースに流していた。
ソンミには、夫は不倫女とアメリカに発ったと合成写真を見せて嘘をついた。
真実を知らせるよりもいいだろうと…。
ソンミは夫とは結婚届けを出してなくて同居人だったんだって。いきなりマンションの住民がテロの犯人としてでてきてびっくり。実は赤いヒールの女(クララ)もサンリョルの奥さんぽかったんだけど、それは違ったみたいね。

結局、テロによって世間が不安を募らせ、政府はワクチンを買うことに。
テロの目的、狙いはこれだった。

ジヨンが、ワン・ジョンナムという人物に頻繁に電話していることを突き止める、クォン副院長。
住所がエリンの向かいの部屋だとわかり、部屋に行く。
そこにエリンが入ってきて、副院長に捕まってしまうエリン。
エリンを餌に、テリウスを捕まえる作戦だった。

ボンにエリンが捕まったことを知らせるジヨン。
ボンは、デス・プロトコルを使うしかないという。

ボンはわざと捕まり、その代わりにエリンが解放される。
ボンたちの作戦は、護送車がマンホールの上に止まったところで車を爆発させ、ボンが死んだと思わせることだった。

護送中、作戦場所とは違う場所で車が止まり、爆発してしまう。

12話

ボンは死んでしまい、もっとチェックすべきだったと自分を責めるジヨン。
副院長の指示に違いない、許さないと。

ウィルスに怯える市民たちが、コールズワクチンが有効だとの報道により、摂取する人が増え、ケース薬品の株も上がった。

キングスバッグに行ったエリンは、ジヨンからボンが死んだと告げられ、店も辞める。
辛すぎるエリンは、済州島の実家に戻り、カフェで働きながら過ごす。

安全なアジトに移るという時に、ヨンテが姿を消す。
ヨンテという証人にも逃げられ、カバンも見つからないため院長に作戦を中止するように告げられてしまうジヨン。

エリンの働くカフェに入ってきた学生に、コーヒーの配達を頼まれる。
配達場所に向かうと、そこにボンがいた。
爆発した時、護送車の人に手錠の鍵を渡され、爆発するから逃げ伸びろと言われて間一髪車から降りていた。
エリンに一番最初に伝えたかった、会いたかったというボン。
もうほぼ告白〜!それにしてもボンを助けてくれたのは誰だろう?

エリンはボンを実家に連れて行き、両親と子供達に会わせる。
エリンはお母さんと海にアワビを取りに行く。
ボンを助けた時に言った、母親が海女さんだったというのは本当だったのね。その前はカーレーサーと言ってたのは嘘だったみたい笑

ボンは、夕食を食べてそのまま家に泊まる。
イビキをかいてぐっすり眠るボン。
昼間に近所の人たちの頼みごとを全部聞いてあげていて、疲れていた。
果物の収穫とか家の電球交換とか。いつもはエリンのお母さんがぜんぶ手伝ってあげていたみたい。エリンはそのDNAをついだのね〜。一見平凡なんだけど実はなんでもできるみたいな。

ヨンテは「あの人」に会いに行くけど、会えず。
代わりの人に、今度裏切ったら許さないと言われる。
ヨンテは、今度こそまともに生きたいと伝える。
ヨンテ〜!まともに生きたいならボンと一緒に居るべきでしょ。どうしてそっち行っちゃったの。

ボンは、ジヨンたちにも会う。
誰が助けてくれたのか、誰が殺そうとしたのかをこれから調べると言う。

ソウルの家が売れたと連絡が入り、ソウルに戻るエリン。

その時、ウナの家に以前盗聴器が仕掛けられたシールの一つが冷蔵庫の中から見つかり、剥がして机に置く。
同時に、子供部屋にあったUSBも見つけ、盗聴器のそばでエリンに電話してしまい、殺し屋に聞かれてしまう。
USBの中にはエリンの夫のプロフィールも入っていた。

ボンはヨンテをかくまっていた部屋に行くが、ヨンテはいない。
そこへ物音がしたので銃を向けると…

エリンはマンションを売るのをやめマンションへ。
ウナもマンションへ向かう。
話を聞いていた殺し屋も…

10話〜12話感想

ギャグ担当だと思っていたママ友も、危険に巻き込まれそう。
日常的な話と、スパイやテロなど壮大なはなしが混ざっていて、重くならないのがいい。
けど、やっぱりスパイ、テロ、陰謀などはちょっと話が複雑になってきてちゃんと見ないとよくわからなくなりそう。
サンリョルの家にあった赤いハイヒールはなんだったんだろう。
どうせなら、クララもサンリョルの奥さんだったら良かったのに。
それはやりすぎかな。

とにかく、エリンとウナが危険な状況で終わった今回。
ボンは助けに来られるのか…
続きが気になりますね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください